スポンサードリンク

シンガポールってどんな国?

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアのマレー半島南端に隣接するシンガポール島を領土とする都市国家。430万の人口のうち、75.6%が華人である。熱帯雨林気候 熱帯海洋性気候。

シンガポールの地図

シンガポールのブログ旅行記

海外格安航空会社の一覧 - いつもこころにヨーロッパ

2008年8月19日 ... アジア・オセアニアの格安航空会社. Jetstar (ジェットスター・オーストラリア) · Virgin Blue (ヴァージンブルー・オーストラリア) · Air Asia (エアアジア・マレーシア) · Tiger Airways (タイガーエアウェイズ・シンガポール) · Jetstar Asia (ジェットスター ...

2倍のここどこ!|諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

2012年10月29日 ... ということで、わからないながらもシンガポールあたりかなと思ったのですが、 シンガポールとくればそれを取り囲むマレーシアとのくみあわせがすぐ頭にうかびますが 、それじゃおもしろくないので、マレーシアとインドネシアにしてみました。 以上。

コーヒーのテイクアウト: shukran@world

2006年5月26日 ... シンガポールにはホーカーズという小さな屋台街がたくさんあります。もともとこういう ところの食事が大好きなので、その時は1週間、昼夜を問わず毎日のように通っていまし た。チャーハン、焼きそば、汁ビーフン、水餃子、豚の角煮など、本当に ...

踊れないスチュワーデス物語 : ブログ不具合について - ライブドアブログ

2009年3月5日 ... 私はシンガポールからのメイピンと申します。今年から、このブログ読み始めました。 無事にハワイに着いてよかったですね!ハワイの引っ越することを読みながら、私は2年 前日本に留学した時のことを思い出した。私も最初の部屋で何もなく ...

チャイナタウンのチャイニーズ・ニューイヤー・パレードへ行ってきたの巻 ...

2005年2月16日 ... Tomotubbyさんへ ほとんど中華系のシンガポールに比べると、シカゴのチャイナタウン は規模もずっと小さいのですが、アメリカの白人地帯である中西部にあることで、 エスニック度はかなり高いです。 そちらへもお邪魔させていただきますね。

世界一周旅物語(せかたび)- シンガポール航空で出発 アーカイブ

2006年2月11日 ... この度の搭乗が決まったのは、「シンガポール航空(SQ)」。民族衣装サロンケバヤを着 たスチュワーデスさんで有名な航空会社ですね。旅行雑誌などでも常に上位ランクに 選ばれているので安心して空の旅から楽しめそうです。 ボクらの「せか ...

スッポン?: shukran@world

2006年5月21日 ... 中東・アフリカから日本に帰るときは、南回りか北回りを選ぶことになります。南回りで あればタイ、シンガポール、香港などが定番の経由地です。ある時、シンガポール経由を 選びました。「あのホテルで点心を食べて、あそこでは鶏の足を食べ ...

シンガポール、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行 ...

シンガポール・旅行情報の発信サイトのトラベログ、トラベローグ、TRAVELOG 。国内、 海外の旅行記、旅行日記、旅行体験記、トラベル日記、旅行写真集、旅行フォト アルバムを、無料で作れる旅行専門のブログ、サイト.

コメント - アメーバブログ

2005年12月10日 ... 2回目は大学のゼミのR教授がシンガポールで挙げた結婚パーティーに参加した時。 そして今回3回目、サンノゼで6年ぶり! 僕はてっきりKさんは台湾で住んでいると思っ たら2年前旦那さんの仕事の関係でアメリカに移住して来たらしい。

Singapore Seafood Republic @ 品川 GO AROUND THE WORLD ...

2009年11月6日 ... GO AROUND THE WORLDのSingapore Seafood Republic @ 品川に関する詳細 記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)ここは異国。入口に待ち構える生きた カニたち。潮の香りが満ちた天井の高い店内。繊細なお料理とがっつりと ...

2006年12月のブログ|食べて歩いて遊んでスペイン! - アメーバブログ

2006年12月31日 ... 友人の1人もシンガポールへ旅行して、 蘭の花をお土産に買って来てくれました。 赤い 方は日本の天皇陛下の蘭だそうです。 皇后陛下の蘭もあったよと言ってました。 ウルコ の蘭ってのは無いから代わりにコレを選んでくれたのでしょうね。(オイ ...

南インドの旅⑤ ミナクシー寺院とコモリン岬 - 地球浪漫紀行世界紀行 ...

2008年2月27日 ... 雲を抜けてから、ようやく顔をだしました。 (おまけ) 言わずと知れたマーライオン 今回は 、シンガポール航空利用だったので、帰りに少しシンガポールに寄ってきました。 シンガポール航空のキャビンアテンダントさんたちは、皆キレイで親切です

天皇の蘭でショボ豪華|食べて歩いて遊んでスペイン! - アメーバブログ

2006年12月30日 ... 友人の1人もシンガポールへ旅行して、 蘭の花をお土産に買って来てくれました。 赤い 方は日本の天皇陛下の蘭だそうです。 皇后陛下の蘭もあったよと言ってました。 ウルコ の蘭ってのは無いから代わりにコレを選んでくれたのでしょうね。(オイ ...

シンガポール土産| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

2007年1月17日 ... 久々にシンガポールのお土産のご紹介です。 ビンタン島でマッチのお土産を手に入れ ました。 最近マッチを見ることもなかったので、とっても嬉しかった。 こちらは、ビンタン島 のホテルアンサナのお部屋にあったのもの。 このマッチのデザインが ...

shukran@world: 旅行・地域 アジア

2013年4月2日 ... 米マクドナルドがシンガポールで今月始めた十二支にちなんだ動物の人形コレクション 販売で、イスラム教徒に配慮してブタ(日本のイノシシに相当)をキューピッドに差し替え たところ、中国系の客から苦情が相次ぎ、同社は22日に謝罪した。

極上の旅、バリ島へ行ってきました - 楽園HAWAII - ライブドアブログ

2014年2月24日 ... バリ島までは、今はガルーダインドネシア航空で直行便が出ていて便利なんですが、私 たち夫婦はANAマイラーなのでマイルがたまるシンガポール航空で、シンガポール経由 で行きました。ANAもジャカルタ経由であるんですが、アジア最大の ...

切手博物館!| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

2006年7月29日 ... 切手博物館!-切手博物館♪ それは切手好きにとっては、まさにパラダイスに聞こえる 響きである。 そうシンガポールには切手博物館があるのです。 旅前にそれを知ったとき は嬉しさのあ.

香港マイタン日記(旧シンガポール奮闘記) - マカオ潜入記 - トラベーる

香港に在住しているので何回もマカオを訪れています。 市内観光、カジノ、ポルトガル 料理、スペシャルスパなど見所満載です。。 マカオ(澳門)日帰り潜入記 ターボジェット http://amet.livedoor.biz/archives/50236847.html マカオ潜入記part2 タクシー事情

シンガポール・オーチャードロードに最新モール誕生|リサのLOVEハワイ

2014年7月4日 ... シンガポール・オーチャードロードに最新モール誕生☆- 私も昨年のGWに行きました シンガポール とっても楽しかった&また行きたいシンガポール この夏、シンガポールに 行かれる方もいらっしゃるの.

タイ、マレーシア、シンガポールのビザは必要? 海外旅行Q&A(アジア)

2月に初めてのバックパッカーとしてタイ、マレーシア、シンガポールなどを回ってみよ...

配慮しすぎて失敗した例: shukran@world

2010年1月25日 ... 米マクドナルドがシンガポールで今月始めた十二支にちなんだ動物の人形コレクション 販売で、イスラム教徒に配慮してブタ(日本のイノシシに相当)をキューピッドに差し替え たところ、中国系の客から苦情が相次ぎ、同社は22日に謝罪した。

旅程決定~| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

旅程決定~♪-旅行が決定しました。 シンガポール・マレーシアお買い物とビーチで のんびりパックの予定でしたが、 シンガポールこれだけいれば、完璧でしょ!&ついでに インドネシアで.

海外の情景 今日の一枚: ・シンガポール - ココログ

2010年4月9日 ... オーチャードロードにあるシンガポール政府観光局のインフォメーションオフィス. 建物 自体斬新なデザインですね。 ロゴマークも多民族国家をあらわしていろいろな色が 重なりあって国の形になってますね。 と言う事で最後のレポートは ...

世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

... カンボジア土産 ( 11 ) · ギリシャ土産 ( 3 ) · グァテマラ土産 ( 11 ) · コスタリカ土産 ( 6 ) · ジャマイカ土産 ( 2 ) · シンガポール土産 ( 10 ) · スイス土産 ( 2 ) · スペイン土産 ( 11 ) · タイ土産 ( 34 ) · チリ土産 ( 2 ) · バハマ土産 ( 4 ) · フランス土産 ( 21 ) · ベトナム土産 ...

シンガポールの写真・旅行記

なんとなくノリで男四人のシンガポール。 はたしてその場のテンションで乗り切れるか。こうご期待! ★登場人物★(年齢順) ①R(♂) ②俺(♂) ③T(♂) ④K(♂) 別にホモじゃないです、いやまじで

表紙のLINE画面の通り、ささいな現実逃避から動き始めた今回の旅行計画。 紆余曲折を経て「今回は」俺のごり押しでシンガポール旅行に決定! ありがとうございます! というわけで池袋の『マッシュマンズカフェ(写真)』で男三人、楽しく旅行の計画を立てました。

オサレな空間で計画を練り練り練りね。 意外と真面目な四人なので、計画はすげー綿密につくりました。 まあ予定通りになんていかなかったけどね!

今回我々が使う航空会社は今はやりのLCC! スクート航空です! この選択は大正解!座席狭くないしアテンダントさん親切だし もうメシの有無以外は普通の航空会社と変わらないわコレ!って感じでした。 ただ台湾乗換の計9時間フライト・・・さすがに長いわ・・・

まあ実際乗ってる間は男子会トークであっさり過ごせました。 九時間ぐらいはけっこうなんとかなるもんっすね。 日本から4時間程度で台湾の桃園空港着。 そこで乗換なんだけど、結構即搭乗だったので ちょっとなんか買ったり食べたりってほどの時間は無かったっすね。 台湾から同じ機体に再搭乗し、あとはチャンギ空港まで一直線! ひゃっはー!

そして来ました旅行当日。 AM11:50離陸のため、成田空港第二ターミナルでAM9:00にチェックイン。 全員奇跡的に寝坊はなし!すげえ!嘘みたい!(ハードル低) 空港でKの彼女さんに会ったりして とりあえず和食!食っとこうぜ!ってことで、 成田の『おぼんDEごはん』で朝ごはん。 写真の定食は1200円ぐらい。ご飯味噌汁お替り自由。 さよならだ我らが愛した和食よ。 ここの店は普通においしかったです。(小並感) あとは出国して両替とかしたり。

んでもってチャンギ空港着はちょい遅れの夜20時半ごろ。 いやー広いし綺麗だし過ごしやすい空港。 入国審査は完全無言で超あっさり。楽なもんやね。 とりあえずは空港で両替。 比べてみるとシンガポールドルは現地で両替したほうがお得な模様。、 出来る限り両替は現地でしたほうがよさげ。

チェックインすんだら速攻晩メシだー 夜遊びだー てなわけですぐさま地下鉄乗ってクラークキーへ行こう! シンガポールの夜遊びといえばクラークキーらしい! けど地下鉄の切符買うのにちょっと苦労。 自動券売機は10ドル以上のお札がつかえないっぽい? 両替してもらってなんとかいけました。

そしてクラークキーの賑やかさ。 めっちゃ人いるね! 六本木みたいだなー 土曜の夜だからかなー とにかくもー腹減りMAXで適当な中華料理店に突入して飯食ってまずはシンガポールの夜景にかんぱーい!! ・・・うおおおおお・・・LCCで飲み物はずっと全く飲んでなかったから! タイガービールが! 超! うめえええぇぇッ!!! 沁み渡る・・・っ 続いて適当に頼んだ中華料理もまじうめえー! いやー幸先いいねーみたいなノリだったけど チェックレシート見て一同爆笑。 ビール(中)一杯が千円以上だこれ! シンガポール酒税やべーな!! ・・・てなわけですいません、俺ら実はあんま金ないんで タクシーでおとなしくホテルに帰って綺麗な姿勢で即寝ました。 夜遊び?何それ美味しいの?

二日目。 よくねて元気いっぱい!ヒルトンは朝飯もうまい! というわけで最初は地下鉄シティーホール駅からのラッフルズホテル観光。 お土産ゲットしに行きましょう。

ラッフルズホテルのドアマンのおっさん 超かっこいい。絶対強い。

そしてお買い物。 日本の女子力高い人たちに人気らしい(笑)アラブ系香水のお店! 香水瓶がめっちゃ綺麗!!!

というわけで男四人はそれぞれのフィアンセのために お土産の香水瓶をじっくり選ぶわけです。 気が付いたら一時間ぐらいずっとこの店で香水選んでたよ! 必死すぎだよ男四人!

すいません訂正します じっくり選んでたのは男三人でした。 残りの一人は特にフィアンセがいませんので、イライラしながら 待ってくれていました。 まじごめん!T!(半笑い)

Tへの謝罪のおごりも兼ねてブギスのスイーツ通りへ。 まんごーぽめらさご?とかいう名物スイーツをいただきます。 うん、冷たくてうまーーーい Tの怒りすらも爽やかに冷ましてくれた様子。

しかし俺らの火照った体を覚ますには氷が足りない! というわけでマンゴーかき氷! 冷たくてうまーーーーーーーーーーーーい! 乗ってるイクラみたいなのはフルーツ汁のイクラみたいな人工物でした。 なんだろうねこれ。美味いからいっか 今回行ったのは記得吃甜品(ジデチデザート)というお店でした。 すいてたしお勧めっすわ

体力回復したのでタクシー拾ってリトルインディアへ。 アラブストリート→リトルインディアは 地下鉄よりもタクシーのほうが楽。 シンガポールのタクシーは小銭もきっちり帰ってくるし 騙しもほぼない!こういうのいいよね。

リトルインディアでは俺の嫁が欲しがってたアクセサリーをみんなに捜してもらいました。 結局見つからなかったけど助かった、さんきゅーみんな。 そういえば、この街歩いてるときどういうわけか一瞬Rが俺らからはぐれちゃって 「ああ、あいつとはもう二度と会えないな」 「思い返せばいい奴だったなあ、さようなら」 みたいな空気になったけど 冷静に探したらわりとすぐ再会できました。 残念。

というわけで人ごみは避け、 さくさくと次の目的地、チャイナタウンへと地下鉄で移動。 もうこっちの地下鉄は完全に慣れたわー余裕だわー(ミサワ風) チャイナタウンにはなんかすごいブードゥー教のお寺がありました どう見ても積み込みすぎだろ ディズニーツムツムかよお前ら!!

そしてやっと昼飯!! マクスウェルフードセンター!! ここでのお目当ては当然ー ゴゴゴゴゴ・・・

さあ体力は全回復! ここで晩飯にむけ、英語堪能なTに 晩御飯のチリクラブをホテル経由で予約してもらいました。 やっぱ英語は喋れたほうがいいのな。 Tかっけえー。 てなわけで今夜はこの旅のメインイベント! マーライオンとチリクラブ、夜通しマリーナベイサンズでカジノ三昧だ!! ホテルで呼んだタクシーで向かうぜ!!

うおーーーーーーーーーーーーーーーー 本物だーーーーーーーーーーーーーーーーーー うおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー やべえええええええええええええええええええええええええ 男四人のテンションは最高潮へ。 全然がっかりしねえよすげえよこの景色!!

興奮冷めやらぬままチリクラブへ。 マーライオン近くのノーサインボードというお店。 一人50ドルのチリクラブ込みコースをオーダー。 意外と安いねーって喜ぶ俺ら。アホ。

なにこれ旨い やっべ旨い まじ旨い 写真は焼きそば的なやつ

うそだろ旨い やばいわ旨い すごいな旨い 写真はエビにピーナッツ乗せまくりました的なやつ

チリクラブはもー旨い 言うことないぐらい旨い カニってこんなうまかったっけって旨さ これは食べとくべきだねー! って騒いでました。大満足。

食べ終わって大満足してレシートを見ると 代金は一人当たり100ドルでした。← …うおおおおおおおサービス料と税金たっけー! 飲み物も結構たっけー! 倍になってんじゃん!! ちなみにこの後、全員がホテルにパスポートを置いてきたことに気づいたので ベイサンズのカジノ(パスポートの提示が必要)に行くのはすっきり諦めて、爽やかに就寝とあいなりました。 なんか健全な旅になったなあw

さあ旅も最終日、三日目の朝! ホテルもチェックアウト! 二日間THANKSヒルトン! 最高だったぜ! ちなみにここでTとRが部屋の冷蔵庫のミネラルウォーターをがっつり飲んじゃってたことが判明。 お値段まさかの一本8シンガポールドルだってw ミネラルウォーターだよ?高すぎわろたw 今日はまずケーブルカーでセントーサ島へ向かい ユニバーサルスタジオシンガポールを満喫です!! リゾートリゾート!!

んで午後五時ごろまでバッチリ満喫して、残りの時間は昨日行けなかった マリーナベイサンズへ。 セントーサ島から出るタクシーはそこそこ混んでた。20分ぐらい並んだかな? けっこう待つね。

頼んだカクテルはレッドブル。 この景色とこの場所、この瞬間に乾杯。 極上の景色とアルコールにしばし酔いしれる。 ・・・そーだよソフトドリンクだよレッドブルは。知ってる! いちおう酒飲むのやめといたんだよ!帰りの空港酔ったら怖いから!! ああ大人な俺!かっこいい!

マリーナベイサンズの屋上!! クデタというバー。 立ち飲みだけど展望料はなんと無料!太っ腹! ここでカクテルタイム。夕焼けと夜景を見るのです。

干し肉買おうか迷ったりしながら、昼飯のフードセンターを目指します なんつーかチャイナタウンってあれだね すごく商魂たくましい感じがするね 日本のお土産やさん的な店が駅前にめっちゃ並んでました

はい出た チキンライスです、天天海南鶏飯店です 天天の店だけめっちゃ並んでてわろた。 30分待ちぐらい? でもここでやさしいTとKが代表して並んでくれました。 そこでそんな二人にジュースをおごってあげた俺はたぶんもっとやさしいです。 味?そりゃ旨かったです!コスパ良すぎです

で、リトルインディアだけど とにかく人多い! インド人多い!! インド人もびっくりだよ!!!

部屋も綺麗でした。 こういうのでいいんだよ、こういうので。 でも一泊二万円ぐらいするんだよなあ。 ※写真は公式サイトより転載

今回はみんな海外初心者だったので、安全面を考えてHISのツアーを利用しています。 なのでホテルへはHISの専用バスでサクッと移動。 ホテルまでは一時間。 今回のお宿はヒルトンシンガポール。 なんかホテルのロビーでピアノ演奏と生歌とかやってんの。 かっこいい。 ※写真は公式サイトより転載

ラッフルズホテルから地下鉄でブギスへ。 とりあえず暑いからかき氷でも食おうぜ!と思ったけど お目当ての店はまだやってないみたいだからアラブストリートへ。 アラブストリートではなんかモスク?的なのを見ました。 イスラム教かな?ガチ勢の人がお祈りしてたんで 騒がず静かに見て静かに帰ってきました。 宗教関係ではふざけない俺ら。その辺は大人。

ていうかすごく天気いい! ラッフルズホテルは環境もいい! お土産買ってトイレ借りて帰ってきました。 いやーいいトイレだったなあ。

ちなみに入園の朝の時点でトランスフォーマーの待ち時間は80分待ちでした。 え?日本より空いてるんじゃなかったの?って感じでしたが 遊び大好きな俺らは迷うことなくエクスプレスパスを購入。 こっちのエクスプレスパスは全アトラクションに一回ずつ使えるスタイルで めっちゃくちゃ便利でした。買うべき。 全部乗るなら絶対お得。

そしてこの後はホテルで荷造り、夜中のチャンギ空港から日本に帰って終了です。 ちなみに夜中発のフライトだったんだけど、出国後フロアに気軽にシャワー浴びれるとこがありました。シャンプーソープバスタオルドライヤー付きで八ドルだったかな。 夜便の人は寝る前に利用するといいかも。超気持ちよかった。 その後のことは特に面白くないので省きます。 うん。特に面白くないからね。 最後にRのドヤ顔でお別れです。 ご視聴ありがとうございました。

思うに中華料理って基本ハズレ少ないよね。 そう考えるとさ、チャイナタウンに属するここのフードコートにもハズレが少ないのは自明の理だよね。 …しかし しかしだ このハズレの少ないフードセンターで、Rという男は 衝撃かつ特大のハズレを引き当てるのである それがこの写真である …おわかりいただけただろうか どう控えめに見ても「セロリアップルジュース」と刻印されている この恐怖のミックスジュース あろうことかハーブ大嫌いのRは 数十種類に及ぶレパートリーの中からこれをみごと選び抜いたのだ ここに …この旅最大の悲劇が生まれた

セロリアップルジュースの悲劇を目の当たりにした我々は この期をもってホームキャンプへと一時帰還し、傷ついた心と身体を癒すことにした。 まあわかりやすく言うと 赤道直下の日差しとセロリジュースの味わいにちょっとだけ疲れたので、 ヒルトンホテルに帰ってお昼休憩がてら 屋上プールあたりでのんびりしよーぜーって話になっただけ。 というわけで 行ってみるとこのプール、 屋上だけあって、 空が広い。 空が青い。 すごくいい。 不思議と時間がゆっくり流れる気がしたんです。 結局ここでうたた寝して過ごした数時間、 これが今回の旅でいっちばん贅沢な時間だった気がします。 たまには こういうバカンスもいいよね?

やばい! ユニバーサルスタジオ超楽しい!! 俺的ランキング 1、トランスフォーマー 2、リベンジオブザマミー 3、モンスターロックンロール それ以外も超楽しかった マジで来てよかった

なんか喉乾いたねーってことで、ここでKがヤシの実ジュース購入。 R「俺それ飲んだことない」 T「あー俺もない」 K「マジで?結構うまいよ飲む?」 チューチューゴクゴク R「・・・」 T「・・・」 K「な?美味いだろ」 結論→そうでもない

チェックイン時にバスタブ有or無とガーデンビューorシティビューの質問位ですんなりチェックインできた! 日本語通じないし、フロントのお兄さん英語のわからない私に一生懸命伝える。いやぁードキドキした(≧∇≦)

RISEで朝食

気になるプールの淵 腰をかけたり、乗り出したりするとライフセーバーさんに笛を吹かれまちゃいます。

ライトショーがはじまりました。

スリマリアマン寺院

部屋からの景色 ライトアップキレイです。

ライトアップされた夕日とプールからの摩天楼TIME

世界1大きい観覧車と言われたスターフライヤーも今は2位か?

ルームキーを差し込んで希望の階へ行きます。

感動です(≧∇≦)

小腹が空いたので軽食

荷物置いたらすぐに、プール!(≧∇≦)

ガーデンビューからは、植物園が見えます。

自分に酔っちゃいます。私素敵(^-^)/

アラブストリート サルタンモスク

ナイトサファリ

夜のプールは少し寒そうです。

いい感じに日も沈んできたので入水。 あーーーーー この景色をずっと楽しみにしてきたのでテンションMAX!

SMAPの経済効果も薄れてきた頃でしょうか。日本人少なかったです。

ザ!バカンス(≧∇≦)

バスに乗ってやっとこさマリーナベイサンズへ到着。うわぁ 高いなぁー! 入り口はどこだべさ

地上57階からの景色

USS

友達に頼まれる当地タンブラーGET

リベンジ.オブ.ザ.マミー 舐めてはいけない危険な乗り物(>_<) アトラクションに乗り込む前に荷物をロッカーに預けなくてはならなくて、その時に嫌な予感がした。

朝ごはんをホテルで食べます。クロワッサンが焼きたてで美味しい! 昨日まで朝ごはんで愚図っていた娘がクロワッサンだけ3個も食べて満足してます。 昨日までの交通機関利用の反省を生かし、ホテルでタクシーを呼んでもらってプール道具を抱えて本島のマーライオンパークへ。 タクシーの運転手には「ライオン見たいの?!」と笑われましたが、夫はどうしても写真が撮りたいそうなので。 MBSの姿を眺めて進むと、マーライオンの周囲は人だかり。 ipadで写真撮影している人が多くて、時代を感じます。 人混みと共に記念撮影をし、フラートンホテルにタクシーを捕まえに移動。するとホテル手前でも直ぐに流しのタクシーがやって来る。 アドベンチャーコーブへ、と言うと「リゾボ?」 何度か聞き返してリゾートワールドって事が判明。シンガポールの英語、私には聞き取れない事が多いです。

タクシーでリゾートワールドに到着。お目当てのプール、アドベンチャーコーブへ歩いていきます。 これが遠い!夕べ駅からホテルへ歩いたより遠い。おばあちゃんもぐったり。 門前までタクシー乗り付けることが出来ない場所なんですね。 開園の10時到着を目指したのですが、遅れてしまいました。 しかし、平日のためか空いている感じ? 大人SD32子供SD23がシンガポール航空搭乗券割引料金、シニアがSD26で入場券買って入って、ゲストサービスでカバナを借ります。 カバナは小さな屋根付き休憩所。カーテン、シーリングファン、椅子二つ、バスタオル二枚、水二本、ミールクーポンSD10分、セーフティボックスがついて一日SD68。おばあちゃんを強い陽射しのデッキチェアにずーっと座らせることは出来ないので借りました。ホント借りて良かった!午後には全部のカバナが埋まっていました。 ネットで調べたらSD80とあったので、カバナも平日キャンペーンだったのかも。(場所で値段も違うようです)イルカと泳げるプールも半額キャンペーンでした。 着替えを済ませ、娘夫チームはスライダーに並び行き(40分待ち。でも凄く楽しくてファストパスを買えば良かった!そうです)、おばあちゃんチームは流れるプールへ。

熱帯魚と泳げるプールに人が並んでなかったので私だけ一泳ぎ。スゴーイキレイ! しかし、途中で海水を飲んでしまい、死ぬかと思いました(笑) あとはおばあちゃんと浮き輪にのって流れるプールを1周します。途中、この熱帯魚がアクリル壁越しに見えたり、エイが見えたり、洞窟を通ったりとても楽しかったです。20分は流れてたような?充実した長いプールでした。

館内のカフェテリアでランチ。確かSD20ちょっとだった。 お昼ご飯の後はおばあちゃんはゆっくりするというので、私だけ波のプールへ。 波の大きさが日本の波より大きくてオモシロイ! ここで偶然娘夫チームと合流、一緒にうつ伏せで降りるスライダーに並びます。オモシロイ! しかし、この後は物凄い行列ができてしまい、スライダー系は諦めます。120センチに微妙に足らない娘は二種類しかスライダーに乗れません。 でも、大きなバケツの遊びにも可愛いスライダーがあり、こちらは乗り放題! 早目の三時にプールを上がります。 娘は帰りたくなくて赤ちゃんプールにポッカリ浮かんで拗ねています。ライフセーバーのお兄さんが心配して手を伸ばそうとする位微動だにせず浮かんでました。時々声かけて返事させ、お兄さんを安心させようとはしたんですが。 着替えてタクシーで本島のオーチャードの高島屋へ。 タクシー乗り場は行列だったのですが、タクシーもガンガン来るのでスムーズです。 高島屋でお土産のTWGの紅茶ジャム等を買い、フードコートで夕飯。娘は何も食べたくない!しかし、BENGAWANSOLODで買った生菓子、オンデオンデとクエ・ラピス(SD4.5)は美味しいと食べました。オンデオンデは、パンダン味の餅に椰子糖がとろっと包まれココナツフレークがまぶされたもの。団子好きにはお薦めしたいお菓子。クエラピスはスパイス入りのバームクーヘンで超しっとり美味しい。 そして、高島屋のタクシー乗り場かららくらくホテルに帰りました。

娘を寝かしつけて、夫と飲みに出ます。 ビーチ沿いの「ビキニバー」へ。 おばあちゃんが居るから二人で飲みに出られます。 瓶ビンタンビールとつまみにナチョスのハーフポーションをオーダー。 ハーフポーションって、このナチョス、日本で言うと大盛り!

折角なのでシンガポールスリングもいただきます。 海岸沿いの席でキャンドルの灯り、花火のショーも漏れ見えて良かったです。

朝食は南インド料理のベジタリアンレストラン「KOMALA VILAS」へ。朝7時から地元の人でほぼ満席です。 写真はペーパードーサイ。ドーサイは米粉と豆の粉で作るクレープの様なもの。 美味しい!私は大好き!夫は「普通」。 しかし、米粉ゆえお腹が一杯になり、娘とおばあちゃんは残食。4つ頼んだ私が悪かった。 レシートがないのですが確か一人SD5位だった気がします

ホテルからタクシーがジュロンバードパークへ。 開園の8:30を目指して行ったためか、日曜なのに空いてます。 入園料はトラム付き、シンガポール航空搭乗券割引で大人3人子供1人でSD92.65。トラムは乗り降り自由で1周のみ乗車可。 インコに餌があげられるローリーズファームにトラムで行って餌を買うと、インコがやって来ます。 下を見ると孔雀が歩いており、何故か鶏もいました。建物の屋根にはイグアナか?!と思うような大きなトカゲが日光浴をしていました。 ローリーズファームを出て、フウチョウやサイチョウの檻も見ます。 娘はサイチョウを見ていて檻の前の溝にはまり足を擦りむきます。 鳥好きさんは足元にも注意しましょう。

滝のあるエリアの餌やりの時間にあわせてトラムで移動。 滝エリアの餌は、生きた虫! 夫は虫がつかめず餌やり断念。娘と私はやりました。虫がくねくねするので持つのも大変。 写真の鳥はどこにでもいる鳥。囲いに入り込んでます。

カンムリバト。草をくわえて歩いて橋を渡ってて、すれ違いました。

こんなのも近くで見られます。 トラムで1周して、ランチウィズパロットでランチしながらオウムのショーを見ます。大人3人子供1人シンガポール航空搭乗券割引でSD74.7。 後半写真なくてすみません。 ここでおばあちゃんと私はホテルに一回戻ります。 タクシーでオーチャード通りのパラゴンへ。SD18。パラゴン5階のインペリアルトレジャーで夕飯の北京ダッグの予約をします。 私はシンガポールの英語が聞き取れないので電話予約は自信がなく、直接来ました。おばあちゃんはその間に靴売り場でお買い物。税金払い戻しの手続きをして、フットマッサージへ。 タクシーに乗ってホテルに戻ろうとするとタクシー行列! 待っている間に夫にメールするが返信なし。 タクシー来ないのでMRTでリトルインディアへ行ってホテルへ。通勤ラッシュ?という混雑でした。 ホテルからレストランはタクシーで行くが、娘夫チームが予約時間になっても来ない! 娘が5時まで遊んだらタクシー大行列、バスでMRTの駅へ移動、地下鉄で来るそうです。 予約から30分遅れではじまった北京ダッグの夕食は、これはもう絶品! 最初の砂糖で食べる皮が、パリパリこってりで最高! ダッグの残った肉でチャーハンか焼きそばを作ってくれるのですが、チャーハン美味しい! ダッグ1羽とスープと小さい前菜とチャーハンで満腹。他の何を頼んでもきっと美味しそうな感じ。 北京ダッグ1羽は要予約でSD75。 でも、この旅で一番美味しかった料理でした。 タクシーで(空いてました)ホテルに戻り、夫婦でHODPODAでビールSD25飲んで就寝。

ホテルは朝食なしの予約だったため、テッカセンターのフードコートに朝食をとりに出掛けます。

「アー・ラーマン・ロイヤル・プラタ」で、プレーン、オニオン、バナナのロティプラタを買います。 この店だけ行列が出来ています。

職人さんの熟練の業。どんどん焼かれています。

プレーンとオニオンは同じ皿に盛られ、具なしのカレーソースが添えられています。

バナナプラタとマンゴーラッシーの写真。 プラタ3種でSD4、飲み物は隣の店でマンゴーラッシー、ライムジュース、テ(甘いミルクティ)でSD4.5。 美味しい! しかし、娘がほとんど食べずにホテルに戻りたいとぐずりだす。生暖かい屋外のテーブル、沢山の異国の人々、ジャックフルーツなどの独特の香り等にカルチャーショックを受けた様子。

ロティプラタだけでは足りなかったので、別の屋台でお粥とフルーツをシェア。お粥も美味しい!

娘はパパとホテルに先に戻り、おばあちゃんと私はウェットマーケットを見学に。 羊肉のお店に行列が出来ていたり、どんな料理に使うのか判らない野菜が売っていたり面白かったです。 魚屋は私たちが帰る頃には店仕舞いしてました。

愚図る娘を引っ張り出すため、急遽リバーサファリとナイトサファリに出掛けることに。 その前にアラブストリートでちょっと買い物します。 ホテルでタクシーを呼んでもらってサルタンモスクへ。外から眺めただけ。

玄関マットが欲しかったので、アラブストリートの手近な絨毯屋さんに入りました。 買わないけど(買えないw)、最高級のコムシルクの絨毯を見せてもらいました。(コムは産地の名前) 最高にしなやかな手触り!裏も綺麗で、店員さんが両面使えるよって言っていました。 この写真は夫が欲しいと言った絨毯。

娘が気に入った鳥の模様のコムシルクの絨毯。 絨毯の産地や特徴をネットで調べておいたのでお店の人との話が早いです。絨毯は偽物が多いので本物の特徴等を熱く語ってくれました。

アラブストリートから歩いてブギス駅、MRTでオーチャードへ。駅のエレベータのスピードが日本より速く、おばあちゃんはちょっと大変。 MRTの表示は大変分かりやすいので、乗り替えもらくらく。

オーチャード通りのION地下4階のフードコート「フードオペラ」で昼食。 駅からフードコート直結のエレベータがあります。 席を取っておなあちゃんは座って待ち、夫と二人で、フライドホッケンミーSサイズSD5.8、キャロットケーキSサイズSD5、チキンライスセットSD7、ラクサSD5.5を買ってきて皆でシェアします。 写真なくてすみません。 綺麗なフードコートでどれも美味しいです。 娘はキャロットケーキ(大根餅の卵とじ)をパクパク。 そして、味香園のマンゴーアイスSD5! テイクアウトしてフードコートで食べます。 ふわふわ美味しい!

胡桃のお汁粉SD3も購入。上品な甘さで絶品!冷房で冷えた体に優しい感じ。 デパートもタクシーも冷房が効いているので、日本から持参したパシュミナのストールと綿スカーフが大活躍しました。 パシュミナはアラブストリートにお手頃価格で売っていました。 IONでは「twelve cup cake」でカップケーキを購入。シンガポール航空の搭乗券で2つ買うと1つオマケのキャンペーン。 おばあちゃんと夫は、照りの美味しそうなジャーキー?を購入。

IONのタクシー乗り場からリバーサファリへ移動。IONの中にはこんなアーとも。

リバーサファリとナイトサファリは下調べしてません。まー、なんとかなるかなあ、と気楽に二つのセット券を購入。 リバーサファリはボートで川をめぐるアトラクションがボートのメンテナンスのため中止。 そのためか?土曜日なのに空いていてどの展示もよく見えて満足。 屋外の展示も、屋根があったので日射しが遮られていて良かったです。 敷地外にも続くジャングルの風景に癒されます。 ただ広いのでおばあちゃんはくたびれてしまったようです。

リスザル

パンダ! もちろんメインは川の生き物です。マナティも水槽のこちら側に寄ってくれてよく見えました。写真がなくてすみません。

リバーサファリを出て出入口のレストランでお茶します。ビールジョッキの様な大きいグラスで出てきました。スプライト、コピ、テが各SD5.2、黒米汁粉アイスのせSD7も頼みます。これも優しい甘さで美味しいです。 そして、歩いてナイトサファリへ移動。 17:30頃に到着するとゲートが開いたところ。日本語トラムを予約に行きます。 と、「一人SD10で19:40のトラム」と言われ 「お金取られるんだ~。良いよ、英語のトラムで」 となりました。後でこの判断を後悔します。 バーガーショップでポテトと水を買ってきて座ります。 しかし、待っても待っても門が開かない。 18時半になると凄い人数の人。ここで不安になり、日本語トラムの予約に行くと、もう20:40以降のトラムしか空いていませんでした! 園内マップをもらうと、エントランスのゲートは17:30オープンだが、園内に入れるのは19:30からと書いてある! 中国語?では時間でなくて日没後とあったのでインフォメーションで聞くと19:00開場とのこと。 あああ、英語のトラムで一番に乗るには、門の前に並ぶのね… ここまできたらしょうがないので、入り口脇のステージのファイヤーショーをみて、行列が動き出したら並んで入場。英語のトラムに乗れたのは20:10位。おばあちゃんはヘロヘロです。 ナイトサファリ自体は快適で面白いです。柵も無いのに、何で肉食動物が草食動物エリアに入って来ないか不思議。 トラムから降りたらタクシー乗り場へ。 行列でなくてホッ。ホテルに帰ります。 ホテルに帰ったらおばあちゃんと娘を寝かせて1階のバー「HOSPODA 」へ。 BOHEMIAという生ビールが美味しい! ダークとライトと二種類あります。MサイズでSD11、LサイズでSD14。二人でおつまみ頼んでSD61。

シンガポール航空なので、ベジタリアンヒンドゥーミールを事前にオーダーしてみました。豆のカレー2種類。スパイシーで食が進みます。チビ娘にはチャイルドミール。夫は普通の機内食。 デザートはハーゲンダッツのバニラ! シンガポール航空のCAの制服はエキゾチックで美しく、それだけで旅行気分が盛り上ります。

6時間半でチャンギ航空のターミナル2に到着。 物凄くきれいな空港!蘭の花に囲まれた鯉の泳ぐ池で娘は大興奮。 この池のそばの写し絵コーナー(木版画板の上に紙を置いてクレヨンでこする)で遊んでから入国。 タクシーでホテルへ。SD19.48でした。

羽田国際ターミナルで朝食。 ホットドッグセット3個とソフトクリーム1個で2,780円なり。 鳥好きの娘がコーヒーカップを写真に撮ってというのでパチリ。

ヴィレッジホテルアルバートコートのデラックスルームのツインを隣部屋で予約。 部屋は二階建ての棟のビジネスウイングにあり、こじんまりした感じ。エレベータはすぐに来るし、個人客ばかりで静かだし、とても快適でした!(細かい事はクチコミに書こうと思います。) 3泊で1部屋SD790.95を2部屋です。 お得でキャンセル出来ないプロモーション(キャンペーン)で予約したので、全員無事に来られて良かった。 おばあちゃんが朝5時には起きてごそごそしてしまうので、朝ゆっくり寝たい夫には2部屋取って良かったです。

翌日8/9土曜はナショナルデーのため、シティエリアは交通規制があり、タクシーでシティエリアには行かれません。 1週間位前から部分的に規制されるようです。 この時期、逆にシティエリアに宿泊してナショナルデーの花火を楽しむのも有りかも。 「ガーデンズバイザベイでシャンパン飲みながら花火をみよう」というチケットが販売されいました。確かSD60位… そんな訳で、マーライオンに会うのは別の日にして、ホテルの1階のレオカフェで夕御飯。 こちらのホテル、中庭を挟んでH型で、1階はレストランやバーが 入ってます。

焼きそば、ベビーカイラン炒め、ビーフのスパイシー炒め、シーフードチャーハンに、ビール1つとソフトドリンク3つでSD90位。 味はどれも美味しいです。普通に美味しい。 量は、どれも日本人の1人前という感じ。

食後に「320Below」というアイスクリーム屋さんへ。クリーム液に液体窒素を混ぜて目の前でアイスを作ってくれます。 写真では分かりにくいですが、製造行程がガラスの衝立越しに見えて面白いです。

かぶりつきで見学する娘。

メニューは黒板に書いてあります。ラムレーズンとレモンを注文しました。 味はあっさりで美味しい!口当たりがすごく軽くて、舌の上ですっと溶けます。 ホテルからは前の道を横断して5分くらい。 お店のホームページによると、営業は金土日曜日だけみたいです。 アイスを食べたらホテルに帰って寝ました。

マリーナベイサンズをいろんな角度から撮影してみました。

真正面から撮影。よく見る風景です。

左下から撮影。この角度、なかなかいいかもしれませんね、

斬新な形がひときわ目立ちます。

夕方に撮影。これもなかなか綺麗に撮れました。

ロビーにはたくさんのショップが並んでいます。

これもショップです。でも高そうなので却下。(笑)

通路が一直線に伸びているのが印象的でした。ゆっくり歩けば5~6分かかりそうです。

毎晩一時過ぎに清掃業者が入って、床を磨きあげています。すごく手入れが行き届いているという印象を持ちました。

タワー2で撮影。

タワー1で撮影。

全面ガラス張り状態なので中はとても明るいです。

部屋もなかなかの広さ。子供2人が添い寝扱いで、家族4人宿泊しましたが、十分の広さが確保されていました。満足度抜群でした。 初めてルームキーをさした時に、自動的にカーテンが開く演出は最高でした。

外を散歩しました。

真下から撮影。変わった角度もいいですね。

所狭しと植物が植えられています。この雰囲気は大好きです。

道を隔てた所に、カジノをはじめ有名なショップが入った建物があります。

宿泊者は地下道を通じてカジノへ行くことができます。勿論ブルートレインもカジノに挑戦しましたが、結果カジノに3000円の貯金をしてきました。(笑)

コンベンションセンターです。

ウィンドウショッピングに挑戦。軒並み有名なブランドが入っていて敷居が高いブルートレインでした。(笑)

ゴンドラに乗りたくてやってきました。以前ラスベガスのベネチアンに宿泊した際、家内と乗ったのが忘れられなくて・・・昔の話ですけど。

行ってみると、結婚直前のカップルが記念撮影をしてました。お幸せになってくださいね!!

ゴンドラは2人乗りだそうで、家内と娘、そして私と息子で別れて乗りました。

マリーナベイサンズといえば、プールですよね。勿論挑戦してきました。

テレビで見たあの風景が飛び込んできました。一挙にテンションが上がりました。

SKY PARK には NORTH GARDENとSOUTH GARDENがありTOWER 1 と TOWER 3からエレベーターで昇ることができます。

プールと反対側の風景です。これも絶景でした。

SOUTH GARDEN には水着をはじめ簡単なものが買えるショップがありました。でも、品ぞろえはイマイチでした。

本当に水面が続いているように見えました。「凄い!!」の一言に尽きます。

朝9時ごろに訪れましたが、たくさんの人が既に泳いでいました。

水深が10㎝程度で、人が歩いて入れる場所が2か所あり、それぞれカメラを持った人たちがシティーの撮影を楽しんでいました。絶景でした。

子供も例外ではありませんでした。一目散にシティーの風景を見に行きました。

凄いですね。

角度を変えても凄いの一言。感動しきりでした。

この景色を楽しめるのは宿泊者だけです。(ラッキー!!)

水は正直冷たかったので長くは泳げませんでした。

一般人はこちらになります。ちょっと狭いかも・・・

「来た以上は泳がなければ・・・」滝に打たれる気持ちで、我が家は全員泳ぎました。そばにいた日本人が撮影してくれました。

水面ぎりぎりで撮影。

波打ってます。

「水はどこに流れているの?」と長男の疑問が・・・一緒に泳いで行きました。勿論カメラを濡らさないように・・・

泳いだものしか知り得ない現実ですね。何かほっとしたようなしないような・・・

夜9時過ぎに再び訪れました。夜景が最高でした。

少しアップで撮影。

しばし見とれていたブルートレインでした。

食事会場は3か所ありました。今回は2回ともTOWER1にある「RISE」で朝食をとりました。

品ぞろえが豊富で味も抜群でした。

フルーツもたくさん置かれていました。

どれもおいしかったです。

飲み物を撮影。

シェフがオムレツや目玉焼きを即興で作ってくれました。とても美味しくて感心しました。

息子も満足。

味にうるさい娘も大満足でした。

もちろん頂きました。

部屋には持ち帰り自由な絵葉書が置いてありました。

細かなサービスが行き届いています。因みに、全室無線LANが設置してありますので、部屋からもメール等のチェックができました。

成田発羽田着の便なのでまずは羽田まで。 首都高の入り口前ですでに大渋滞。 これでは間に合わないと、急遽道路情報で空いている入谷から乗ることに。 でも走行中、飯倉?神田?そうです間違えてしまいました。 しかも渋滞…羽田から電車移動なので焦りまくりです。

予約していたP4到着です。 一般車入口は渋滞でした。

猛ダッシュで間に合いました。

スカイアクセスです。 始発なので座れて良かった。 やっとホッとしました。

空いてます。

成田の風景。

第1に到着です。

わくわくします。

1年ぶりです。 去年は北ウィング、今年は南ウィングです。

初めての個人手配で、またまたミスです。 夫と上の子と、私と下の子で飛行機の便が違うのです。 まあどうにかなるでしょうと・・・ おバカな私です。

やっと遅ーいお昼です。

夫と上の子が乗る便です。 出発が30分ほど早まりました。

一足先に出発です。

私と下の子が乗る便です。

出発が20分の遅れです。

一息入れます。

下の子の食事、穴子丼です。 まあまあだそうです。

私はカレーです。 少し辛いかな?美味しかったです。

軽食です。

チャンギ到着です。

ここで到着に1時間近く差が空いてしまった為急ぎます。

人の流れについて行きます。

ユナイテッド着のT3へ移動。 無事合流し、両替を済ませタクシーでホテルへ。 32シンガポールドルでしたが、30シンガポールドルにしてくれました。

コンラッドです。

11階のコネクティングです。

良い感じです。

関西在住の私が敢えて成田から11:55に出発する飛行機に乗るために、朝6:13発の新幹線で品川に行き、そこから成田エクスプレスで空港第2ビルに向かう計画を立てていました。 新幹線は定刻に品川に着きましたが、その時点で次に乗るべき成田エクスプレスは運転を取りやめていました(写真の「ウヤ」が示す通り)。駅員さんの指示に従って、JRの日暮里駅から京成線の日暮里に入り、そこからスカイライナー(9:25発)に乗って成田に行けば、時間的にも余裕があります。 ところが時期柄、成田空港方面は非常に混雑していて、乗りたかったスカイライナーは満席となっていました。次のスカイライナーは10:05発の第2ビル着が10:41。出発時刻の1時間前にチェックインが締め切られるスクートのカウンターに、時間前にたどり着けるでしょうか。

シンガポール行きに利用したスクート(Scoot)TZ201便です。無事に乗ることができました。この便は台北経由なので、同地で乗り継ぎをします。 1時間ほどの乗り継ぎ時間となっていますが、搭乗ゲートに着くと数分で機内に通される感じで、食事やショッピングの時間はありませんでした。飲み物は自販機で買えますが、台湾ドルの硬貨が必要です。

スクートの機内 搭乗当日は8/9で、シンガポールの独立記念日でした。着陸後の機内アナウンスで "Happy National Day!" とあったのが印象的でした。機内から花火が見えました。

ここから8/10です。 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイから見たマリーナ・ベイ・サンズ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内のフードコートでチキンライス (S$2.80) を食べました。

多民族国家ですよね

マーライオン公園のマーライオン

マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン。不気味な雲です。

Ayataka

かつて2007年のモヤさまシンガポール回で、出発点だった「マーライオン」(笑)

ここから8/11です。

となりのホテルで洗濯機と乾燥機を使わせてもらいました。それぞれS$5ずつです。

洗濯機も乾燥機もこのタイプ・このデザインの硬貨でないと使用できません。

クイーンストリートのバスターミナルからマレーシアのジョホール・バルに行きたいと思います。

バス代はS$2.50、非常にわかりやすい場所で売られています。

JB Sentral駅。ジョホール・バルの出入国審査施設に隣接するような形です。なお、ここの入国に際しては、指紋を採取されることはありませんでした(後日KLの空港で採られましたが)。 両替所でS$20.00をRM50.00に替えました。領収書等は一切なしです。

JBでもチキンライス。値段は失念しました。

気まぐれで頼んでみたTeh Tarik(※飲みかけ)です。そのおいしさに感銘を受け、その後マレーシアで数回注文してしまうのです。

帰りはシンガポールMRTのクランジ駅までのバスに乗ります。チケットでは$表示ですが、支払いはマレーシアリンギRM1.00です。

ナシ・レマッ (Nasi Lemak, S$4.50) です。

ココナッツジュース (S$3.50) です。暑いときに本当に救われました。

セントーサ島のマーライオン。

ホテル近所のホーカーズでラクサ (S$4.00) を食べました。ついでにコーヒー (S$1.40) も飲んだはずです。

中央右側の店で食べました。見えづらくてごめんなさいでも写真を撮りづらい雰囲気が町全体に漂っていて

シンガポールのチャンギ国際空港に来ました。今回は乗りませんが、シンガポール航空のA380機です。

私はジェットスター・アジア 3K557便ででベトナム・ホーチミンに向かいます。

【1998年】セントーサ島某所です。

【1998年】おそらくセントーサ島のマーライオンです。

【1998年】マーライオン公園のマーライオン。当時は水を吐き出していなかったようです。

日本円JPY20,000をシンガポールドルSGD242.40に替え、事前に両替してあったSGD10.00と合わせSGD252.40となりました。2日余りの滞在で、シンガポールドルの残額はS$40.15(≒\3,300)でした。

シンガポールの文化・風俗・注意点

 シンガポールにおける宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンズー教が主なものです。信者は、その宗教戒律によって食を禁止される食物もあるので、会食などの際に注意が必要です。また、国民の多くが習慣や風習を尊重する熱い信仰心を持っているので、批評や言動など、うかつな行為が誤解を招くこともありますので、注意が必要です。

 年間を通じて高温多湿な気候にあるため、著しく体力が消耗するので、十分な休養及び水分の補給が必要となります。

 罹りやすい病気は、高温気候による皮膚疾患、風邪、気管支の疾患があげられます。皮膚病については身体を常に清潔に保つことで予防できますが、風邪は湿度の加減で治りにくいので注意が必要です。

 水道水は、直接飲むことができますが、一度煮沸させる方が無難です。レストラン・屋台は、シンガポール環境省の定める既定により衛生ランクが「A」、「B」、「C」の3種類に分けられ、店先に掲げられています(Aが一番衛生的)。

 予防接種の義務はありませんが、デング熱(蚊を媒介とする)、A型及びB型肝炎には注意しましょう。特に、最近ではデング熱の感染者が増えています。