スポンサードリンク

バゴーってどんなところ?

バゴーは、ミャンマーの古都。13世紀から16世紀にかけて、モン族のバゴー王朝の首都として、下ビルマの中心として栄えた。交通の要衝でもあり、ヤンゴンから約80km。
シュエターリャウン・パゴダ(Shwethalyaung Pagoda)、マハーゼディー・パゴダ(Mahazedi Pagoda)、シュエグーガラー・パゴダ(Shwegugale Pagoda)など、多くのパゴダがある。
シュエターリャウン・パゴダには、映画「ビルマの竪琴」の背景となった巨大な寝釈迦がある。994年にモン族の王によって建立され、王朝の滅亡と共にジャングルに埋もれたものを1880年に英国人によって発見された。
活気ある市場も見所。

バゴーの地図