スポンサードリンク

シュタイヤーってどんなところ?

オーストリア オーバーエステライヒ州の古都、シュタイヤー。

シュタイヤーの地図

シュタイヤーの写真・旅行記

2010年8月5日 ウィーンからグラーツ行きの特急列車に乗ったわれわれは、グラーツの一つ手前の停車駅ブルック・アン・デア・ムーア(Bruck an der Mur)で下車する。 ブルックは人口1万3千人の小さな町だが、ミュルツ川がムーア川に合流する地点である。 ムーア川はアルプスの水を集め、ここから南に流れ、グラーツを貫流し、行く行くはドナウ川に合流して、黒海に注ぎ込むらしい。 大きな川の合流点であると同時に、幾つかの小さな谷もここに集まり、古くから交通の要衝だった。 恐らく歴史は古いのだろうが、13世紀にボヘミヤ王オタカール2世が開発したとの記録が残っているらしい。 その後物資や文化の交流中心であり続け、今もその面影を残している。 この駅も、ウィーン、グラーツ、ザルツブルグ(クルンテン州経由で)と、この国の3大都市と結んでおり、今なお鉄道網上の重要点なのだ。 新しくてきれいな駅を出れば、やや寂びれている感じの駅前ホテルを左に見て、静かな道路が真っすぐに町の中心に向かっている。 数分歩けば道幅が狭くなり、左右に商店が目立ち始める。 そして間もなく、広々とした広場に出る。 広場は町のスケールに比べれば広大で、昔の繁栄を偲ばせている。 入口の左隅にひと際目立つベネチア風の建物があり、15世紀のものだそうだ。 ブルックの町は18世紀の終わりに大火があり、2軒しか残らなかったそうだ。 それが本当ならば、この家こそその内の1軒だろう。 近づいてみれば現在はパン屋となっており、それならばパンでも買ってみようと中に入る。 ひと気のないままに、しばらく美味しそうなパンを物色していたが、客に気づいた娘さんが奥から出て来る。 しかし間もなく昼食の時間でもあり、特に買ってみようと思うパンは見当たらなかった。 私は娘さんに申し訳なさそうな顔をしてお詫びすると、娘さんはニコニコと愛想よく許してくれた。 しかし店のシャンデリアはベネチアン(ムラノ)ガラスらしく、その派手なたたずまいは異彩を放っている。 これは「日本のみなさんにぜひ紹介しないと」と思い、撮影の許可を娘さんに求めたら、これも喜んで許したくれた。 私はこの町に来て初めて出会うパン屋の娘さんのお陰で、すっかりこの町が好きになってしまった。 写真は「ソフィーさんのマイページ」(訪問54カ国、文章1,590件 写真6,770枚)、にあります。 http://4travel.jp/traveler/katase/ スイスの写真が美しい「片瀬貴文さんのマイページ」(文章625件 写真2,400枚) http://4travel.jp/traveler/takafumi/ ブログの作成日順に並んでいる、文章主体の「片瀬貴文の記録」(文章1,650件) http://blog.alc.co.jp/d/2001114 (片瀬貴文)

ウィーンから乗って来た列車は 私をホームに残して ブルック・アンデアムーア駅を去ってゆく

オーストリーの駅には 喫煙ゾーンが指定されている

ブルックアンデアムーア駅の 立派な切符売り場

ブルックアンデアムーア駅の地下道階段 中央に走るのはて荷物運搬用のベルト

こんな小さな駅にまでマグドナルドが進出している 不慣れな旅行者に与える安心感は 少なくない

ブルックアンデアムーア駅の売店 私はここで「ロト」を買ってみた 3ユーロだった

少し塗料の剥げかかった ブルックアンデアムーア駅の駅前ホテル

ブルックアンデアムーア駅前の道を歩くと 行く先に時計台や尖塔が見えて来る

ブルックアンデアムーア駅

ブルックアンデアムーア駅前にあるカフェは サッカーの有名選手が経営しているようだ 飾り窓にたくさんのカップが並んでいる

ブルックアンデアムーア駅前通りの 花壇 色の配合がうまい

ブルックアンデアムーア駅近くの 引き込み線がある工場 建物のデザインが凝っている

この立体交差をくぐれば ブルックアンデアムーアの街が始まる

ブルックアンデアムーアの 広場に面する家々

ブルックアンデアムーアの広場から見える尖塔 恐らく教会だろう

ブルックアンデアムーアの横丁

ブルックアンデアムーアの広場には たくさんのテントが並び カフェを楽しむ人が絶えない

ブルックアンデアムーアの町役場

ブルックアンデアムーアの広場に面する 建物

ブルックアンデアムーアの広場に面する建物のうちで ひと際目立つコーナーにある建物 18世紀末の大火に焼けのこったものとおもう

ブルックアンデアムーアの広場の一隅に 古い井戸があり このような鉄のカバードームが目立っている 細工の見事さにしばらく見とれる

ブルックアンデアムーアの広場に面する古い建物の 細部

ブルックアンデアムーアの広場に面する 古い建物はパン屋だった 店に入るとベネチアガラスのシャンデリアが目立つ