スポンサードリンク

ティラってどんなところ?

ティラ島は、サントリーニ島とも言われるアトランティス伝説の島。紀元前からの歴史と遺跡、火山活動が造りだした切り立った断崖の頂上に、積もった雪のように輝く白壁の家々、そこから見渡すエーゲ海に沈む夕日、と見所は多い。

ティラの地図

ティラのブログ旅行記

あじあん日記 > 海外旅行フォトアルバム一覧 > 表紙 > 写真サムネイル

2009年10月5日 ... No.23. インティラホテル. No.24. インティラホテル部屋 · << 前へ 1 2 3 次へ >>. このフォトアルバムに関するコメントを書く・読む (0). コメントはありません。 コメント入力フォーム. 名前, 削除キー, ※コメントを削除する時 ...

悠久のリビア(キュレーネ) - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

2010年3月19日 ... 古代からギリシャで最も美しい島として知られていたティラ島(現サントリーニ島)から の植民者が町を建設しました。 ヘラクレスとヘルメスの列柱。 これが130mも続い ています。 つづく(中村 亜希子) お忙しい中、毎日のお願いで、 ...

2008年8月 - 奥様は海外添乗員

2008年8月31日 ... ギリシャでの正式名称は【ティラ】。 ところでお気づきかな?この島の風景がどうして これほど素敵な絵になるのか。それはこの島に入ってようやく実感できることかも知れ ないけど…ポイントはズバリ、海! そもそもこの島ははるか大昔から ...

北アフリカ - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

2010年9月6日 ... 古代からギリシャで最も美しい島として知られていたティラ島(現サントリーニ島)から の植民者が町を建設しました。 ヘラクレスとヘルメスの列柱。 これが130mも続い ています。 つづく(中村 亜希子) お忙しい中、毎日のお願いで、 ...

2010年3月 - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

リビアは歴史と浪漫、古き良き時代のノスタルジアを感じさせてくれるように感じます。 リビア東部の古代ギリシャの植民市・キュレーネ。 古代からギリシャで最も美しい島 として知られていたティラ島(現サントリーニ島)からの植民者が町を建設しました。 ...

北アフリカ - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

リビアは歴史と浪漫、古き良き時代のノスタルジアを感じさせてくれるように感じます。 リビア東部の古代ギリシャの植民市・キュレーネ。 古代からギリシャで最も美しい島 として知られていたティラ島(現サントリーニ島)からの植民者が町を建設しました。 ...

ティラの写真・旅行記

大きな旅行が出来るのは最後だと思い、中欧・南欧を周って来ました。 3月9日~3月25日の短期間ですが、夜行列車、夜行バスをフルに使って11ヶ国周遊してきました。 ギリシャ、アルバニア、マケドニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、トルコ、カタール の順に行きました。 ほとんどそれぞれの国の首都を1~2日しか観光してません。 アルバニアは情報が少なく、どんなとこなんだろうと思っていましたが、わりと普通でした。

アルバニアの行き方について情報が少なくて心配でした。 自分はギリシャのアテネからバスで行くことにしました。 ラリッサ駅には国際バスチケット売り場がありましたが受け付のグラサンかけた、いかついおっさんがここでは扱っていないと言っていました。 英語も通じませんでしたがあきらめず表の看板にアルバニアって書いてあるじゃないか的なことを言ったら、なにやらメモ用紙になんか書いて渡されました。 道行く人に聞いてみると鉄橋を渡ったラリッサ駅の近くにある旧駅の方に行けとのこと。 JOYトラベルという会社が、20:00出発のバスを出している。 バスは次の日の9:30にティラナのスタジアム前に着きます。 中心部まではそっから歩いていけます。 その日に行っても余裕でチケットが取れました。

アルバニアに入国したのは4:30過ぎ。 国境間にはDUTY FREE SHOPもあった。 入国すると、何台かのタクシーが客待ちしていた。 無論自分はバスできたので、そのままバスに乗り込み首都のティラナに向かう。 出稼ぎにきていたアルバニア人が、アテネの待合室からずっと親切にいろいろ教えてくれたり、助けてくれたので気が楽だった。

朝方はすごく冷え込みました。

国境からしばらくはずっと山道を走ります。

朝食休憩では、自分の他に数人が車内に残っていました。

途中、アドリア海に沿って走ります。

なんか全体的に暗いイメージでした。

9:30に都心から南西にあるスタジアムに到着。 徒歩でスカンデルベルグ広場を目指す。

マザーテレサ広場というらしい。

マザー・テレサことアグネス・ゴンジャ・ボヤジュは1910年8月26日、オスマン帝国領のコソボ州・ユスキュプ(現代のマケドニアのスコピエ)でアルバニア人の家庭に生まれたらしい。 マケドニアのスコピエにもテレサの像が建っていた。

!! ○クドナルドのパクリやないかい笑 マザーテレサ広場にあるファーストフード店KOLONAT

ダシュモラト・エ・コンビット大通り。

市場主義経済移行後の1990年代にネズミ講が流行し、1997年にネズミ講の破綻を契機とする暴動が発生。 現在に至るまで尾を引いているといわれている。。ってどんな国だろうと思ってびびってたけど、自分が見た限り表面上は普通だった。

一日中歩きまわって疲れた。 アジア系の人には会わなかった。

中心に位置するスカンデルベグ像。 中世アルバニアの民族的英雄らしい。 19世紀にアルバニア人の民族意識が高まると、オスマン帝国からの独立を目指したスカンデルベクは民族的英雄として高く評価されるようになり、アルバニアの独立運動と国民統合に大きな役割を果たした。

とんがった建物はジャーミア・エトヘム・ベウト。 イスラム寺院。 内部はフラスコ画がびっしりと描かれている。

国立歴史博物館。 300Lek。 ガラガラだった。 トイレは綺麗でした。

自分一人に、各部屋の監視員がついて来ました。 この人たち一日中暇だろうなぁと思いました。 ただ、人によってずっと監視してる人もいたり、無視して読書を続ける人もいました。

ただ見るだけです。

自分の中で、外国の博物館や美術館は安全で綺麗なトイレが使える場所だと思っています。

人がいなさすぎて怖い。。

荷物をロッカーに預けるのに200Lekと言われましたが、帰りに受付の人がいなかったのでそのままロッカーから荷物を出してでちゃいました。

町の中心に立つ時計塔。

月、木だけ開いているみたい。 たまたま開いていたので10Lek払って登ってみる。 内部はぼろぼろで階段がきしんでいて怖い。

西側。 スカンデルベグ像が見える。

北西側。 博物館が見える。

東側。 山脈が見える。

しばらく時計台の上でボケーっとしてました。

ビックマックセット420Lekなり。 味もかわらないです。 マケドニア行きのバスの時間をつぶすために2時間くらい座って休んでいたが、たまに汚い身なりをした子供たちがやってきて、お金くれとしつこく付きまとってくる。 店員さんに見つかると外に出て行った。

マケドニア共和国との国境地帯にはディナラ・アルプス山系の2000m級の山々が列を成している。

ティラナ城という表示に従って行って見たが、あるのは古い城壁くらい。

18:00にMiniriホテル前からマケドニアのスコピエに向けて出発!! 鉄道駅近くにあるDrite Agencyとスカンデルベグ広場近くにあるTirana metoropolという旅行会社がマケドニア行きのバスを扱っていた。 確か20ユーロくらい。 しかしこのバスはコソボ自治州のプリシュティナ行き。 寝過ごしたらコソボ自治州まで行ってしまう。。と思って必死に起き続けようとしたがあえなく撃沈 笑 結局起こされてスコピエ近くのどっかのガソリンスタンドに夜中3時すぎに降ろされた。。 スコピエで降りるのは自分だけ。。 不安。。。

わかり辛いかもしれないが、駅の裏側。 写真に小さくバスが写っているが、そこにアルバニア行きを扱っているJOYトラベルがある。 夜行で35ユーロです。 3:30くらいに国境につきます。 ネットでは、入国時に10ユーロの入国税がかかるとのことだったが、要求されなかったです。 6:30あたりに朝食をとります。 入国してからしばらくいくと道が悪くて揺れがやばかったです。

クルッと見ると駐車場。 そして前にアップしたバス停もここにある。 奥に見えるのはエアポートホテル。これで深夜、早朝の便でも大丈夫!ってか、タクシーでも市内まで15分位だと思う・・・

館内。 全然西欧の空港に引けを取らない、と言うよりここより更にボロい空港ざらにあるし。 多分この前の建物は物凄いボロボロだったんだろうね。 旧共産圏の国々は一気に近代化を進めてるので下手な西欧の空港よりも近代的。 館内、Wifi無料!

ただし、空港ハンドリングは・・・もう少し訓練が必要。 今回マレブ使用でチケットはエコノミー。でもワンワールド上級会員なのでビジネスクラスのカウンターでチェックインしようとしたら「ここはビジネスクラスです」って。 なんとなく予測してて「ワンワールド上級会員なのでエコノミーでもビジネスクラスでチェックインできます」って言っても「訳わかんない客だわ」って感じでため息交じりでそのままチェックイン。 訳わかんないのはお前だ!

出国審査抜けてゲートへ。 ブリッジは無いので、なんとなくどこかの地方空港かLCCターミナルっぽい。 ただ綺麗なんでその点非常にポイント高い。

喫茶店、免税店も完備。 トイレも綺麗だし。結構これ重要!

そしてビジネスラウンジ。 これまたソフィアや新千歳と同じで、一か所のみ! 一応・・・・右がラウンジの入口、左が非常口!見た目一緒じゃん!

ここに入ってまたひと悶着。 ワンワールド上級会員と言うカテゴリーを理解できず、「ここを利用できるのはビジネスクラスの乗客かプライオリティーパスを持ってる人だけです」って。 だから「マレブの職員呼んで確認してもらってください」って頼んだ(マレブの職員、空港にいないけど!)。 そしたら「今回は特例で利用していいですよ」って!ゆるーーーーい、ってかいい加減! い、いや、僕は正式に利用資格があって、別にごり押しじゃない!でもなんかお情けで入れてもらった感が! この辺の人的トレーニングがアルバニアには必要かも。 そしてラウンジ。 ドアとは雰囲気が全然違って綺麗だし機能的。 写真左側の窓の外はゲート。

この写真の位置から180度回るとPCエリア。

スナックも完備。ここからは長距離線ないのでこんなものでしょう。 飲み物も結構あった。全てセルフサービス。

入った時はそれなりに人いたんだけど、ルフトハンザのフランクフルト行き、オーストリアのウィーン行きの客が多かったみたいで、この便のボーディングが始まる頃には僕一人に! マレブのC客はこのラウンジ利用しないのか!?それともC客いないのか!? そしてマレブのブダペスト行きも搭乗開始。 バス降りてからの撮影。 さて、近代的な建物にアルバニアのサービスが追い付くのはいつの日か!?

➛旧エンヴェル・ホッジャ美術館 http://www.panoramio.com/photo/28186359

➛アルバニア人は、8世紀にスラブ民族がバルカン半島に移住してくる以前にこの地に広く住んでいたイリュリア人の末裔といわれています。彼らはいくつもの部族に分かれ、統一国家をもたなかったため、ローマ帝国、ビザンツ帝国、ブルガリア帝国、セルビア帝国、オスマン朝と歴史を通じて常に大国の支配を受け続けてきました。 ➛中世の英雄スカンデルベク像 http://www.panoramio.com/photo/113614

➛クロックタワー http://www.panoramio.com/photo/10539334

➛大統領府 http://bit.ly/cPkq3b

➛第2次世界大戦後はエンヴェル・ホジャ率いる共産主義国としての歩みを始めましたが、共産主義理論の見解の相違から、それまでの援助国とことごとくたもとを分かち、ついには鎖国政策をとるにいたりました。 ➛コングレスパレス http://www.panoramio.com/photo/14664550

➛マザーテレサ広場とティラナ大学 http://www.panoramio.com/photo/3618769

➛マザー・テレサ像(ティラナ大学) http://bit.ly/aPR5EK

➛1990年には、市場経済を導入し、共産党の一党独裁時代も終わりましたが、急激な経済の自由化の波に国民はついていけず、1997年のネズミ講事件により、経済が破綻、国中が大混乱に陥りました。 ➛ティラナの街並み http://www.panoramio.com/photo/113717

➛国立歴史博物館 http://bit.ly/dsLabJ

➛世界遺産、ベラトとジロカストラの歴史地区の街並みを形作っているのは、この地域特有のクラ(「塔」の意)と呼ばれる石造りの家屋で、オスマン帝国時代に建造されたものです。 ➛博物館都市(ジロカストラ) http://www.panoramio.com/photo/1650000

➛混乱から10年が経過した現在、経済は順調に成長し、旅行者もそれに従って増えており、インフラはまだ充分整っているとはいえないものの、ローマ時代の遺跡や、美しい自然は訪れる人を惹き付けてているようです。 ➛ティラナの風景 http://www.panoramio.com/photo/126807

➛ベラトにもオスマン帝国時代の町並みが保存されており、2005年に世界遺産に登録されていた「ギロカストラの博物館都市」の拡大登録という形で、2008年に世界遺産リストに加えられました。 ➛博物館都市(ベラト) http://www.panoramio.com/photo/984843

➛博物館都市(ベラト) http://www.panoramio.com/photo/3238027

➛ブトリントは、アルバニア南部のサランダ県にある都市遺跡です。 ➛ブトリントの劇場跡 http://bit.ly/bWmaAH

➛ブトリント博物館 http://www.panoramio.com/photo/31746949

➛古い教会 http://www.panoramio.com/photo/25523895 ●名所・史跡(スライドショー)/アルバニア http://bit.ly/b1800l

ふもとの街で聞いた国境はこっちだという言葉を信じ、モンテネグロのすごい山道をぬけると、アルバニアとの国境があった。 すごい山の中だったけど、ちゃんと検問もあった。そしてその検問のおっちゃん、今からティラナ行くのか、ならこっちだ、と言って地図を書いてくれた。しかも、大事な車での乗入証の裏に。アルバニアで最初のやさしさにふれる。

国境から山を下りて行くと、小さな湖があった。そしてそれを渡るのがこの木の橋。交互通行でしか通れない。崩れないことを祈りながら渡る。

検問のおっちゃんが地図を書いてくれたにもかかわらず、迷ってしまった。ここはShkoderという大きな街。街がほこりっぽくて、中国の街みたいだ。

そして来た道を引き返しティラナ方面と思われる道をいくが、途中から真っ暗になるので不安になる。ガソリンスタンドで道を聞くと、快くこっちだと教えてくれた。 ガソリン入れないか?といわれたので、まだ余裕はあったが御礼に入れた。15ユーロ。気をつけて!といってくれた。気のいいおにいちゃんだった。

Shkoderからティラナまではひたすらまっくらな道をいく。舗装されている道もあるのだが、たまに未舗装道路になる。 途中、警察のスピード違反の検問が何回かあったが、奇跡的に捕まらなかった。街に潜んでいるケースが多く、だんだんとどのあたりにいるのかわかってくる。追い抜かれた車はたいてい捕まっていた。

ようやくティラナに到着!国境から3時間、120Km。かなり疲れた。そしてティラナは結構でかい街でホテルまで迷う。この綺麗な建物の前にたむろっている人たちがいたので道を聞く。 ちなみに、この建物は大学のようだ。

すると一番左側のひとが、まー、コーヒーでも飲んでいけという。真ん中の人は元兵士らしく、英語が喋れる。右端の子どもはなんかしらんけどよく喋る。しばらくコーヒー飲みながら団欒。かなりなごむ。 コーヒー代はいらないといわれたので、お礼にタバコをあげると、とても喜んでくれた。長距離ドライブの疲れもふっとぶ。

そしていわれたとおりにいくと、ホテルにすぐに到着。もう22時30分だ。

ホテルの前は大きなロータリーになっている。建物もとても綺麗なので、散策してみた。 この建物はオペラと書かれている。

これがおそらく博物館。

これがホテル。のっぽなビルだ!とさっきのおっちゃんたちが教えてくれたが、まさにそうだ。

何かの像があり、向こう側は官庁だと思われる。ライトアップしてとても美しい。

こっちが教会。

散策できるようになっている。

美しい!

こっちも。

何人かで掃除をしていた。

ぐるっとひとまわりしてホテルに戻る。

部屋も綺麗だ。

部屋からさっきの景色が見える!

こんな感じ。

翌朝。久しぶりにまともな食事をする気がする。

コーヒーもうまい。

こんなベランダで食べることも出来る。

車の通りが多いので空気はいまいち悪いが。

広場の真ん中にあるあの像に後でいってみよ。

フロント。チェックアウトをすませる。

ロビーもなかなか綺麗だ。

ホテルの横にあった店でバッチなどを買う。 バッチを買った後、タクシー乗り場のおっちゃんに、マケドニアに抜ける道を聞いた。すると山道で短い距離か、平地で遠い距離かと言われたので、山道でも短い距離がいいというと、その方面にいく道を丁寧に紙に書いて説明してくれた。ほんとに親切なおっちゃんだった。その地図もとても正確だった。

ホテルを車で出発してこの像の横にとめる。名前が書いてなかったから(書いててもわからなかっただろうが・・)、結局誰かわからなかった。建国の人か!?

像のアップ。結構かっこいい。

像から見たホテル。ビルみたいなホテルだが快適だった。

博物館は昼間はこんな感じ。

やさしい人ばかりで、とても満たされた気持ちでティラナを出発!この道の正面に、昨夜いった大学も見える。9時前だ。

こんな道も市街地にある。古い車と新しいベンツのような車が混在して走っている。

マケドニアに行く道にはいりしばらく走っていると牧歌的な風景があったので車をとめて景色を見る。

道はゴミなどが散乱して汚いものの、こんな景色を見ていたら癒される。

アルバニアでよく見たのがこんな形のバイク。前が荷台がついた2輪になっていて、後ろがバイク。不安定に見えるが、便利なのだろう。

タクシーの運ちゃんが言ってたように、だんだん山道になってきた。

景色はとても綺麗なのだ。

どんどん標高があがっていき、山の尾根のようなところを走る。

下を見ると谷が深い。

このあたりが頂上で、下っていく。

霧なのか霞んでいるのかわからないが、幻想的な風景だ。

こんな山の上にも集落がある。

山の向こうのElbasanという街が見えてきた!結構大きな街のようだ。

十字架があったりする。

Elbasanの街に入る。街の道になり少し道がわからなくなる。

地図を見ようと思ったら標識を発見。4つともアルバニアの街だが方向はあっているようだ。

Elbasanを通過。

また山に向かって走るようだ。

すると、川沿いの道になる。鉄道も平行して走っている。

そして電車を抜く。あまりに景色が綺麗なので、電車の窓から写真を撮ってる人もいた。

快適~。

鉄道と交錯しながら車は走る。

まだまだ川沿いが続く。

これが鉄橋。

何かの工場があったりする。

そして国境に向けてまた上る。国境付近では洗車場の呼び込みが多かった。

まっすぐ行くとアルバニアの都市、左に行くとマケドニア。ここは左折。

ついにマケドニアのオフリド湖が見えてきた!

そして国境。ティラナから3時間かかった。Elbasanまでの山越えに1時間30分もかかったから仕方ない。 この国境でも今からオフリド湖にバカンスにいくおっちゃんに声かけられた。今回のルートを説明していると、それはいいね!と言ってくれる。おっちゃんはお父さんと一緒に、湖畔で1泊のバカンスだそうな。短いね、と嘆いていた。 アルバニアではいろんな方がとても親切で、ほんといい国という印象だ。それほど発展している国ではないが、人の心はあったかく幸せなんだろう。 ~⑧につづく~

ティラナの中心地、スカンデルベク広場。 アルバニアで一番賑やかな所。

昔の独裁者の家。 カラシニコフを持った警備員がいた。

独裁者の家の周り。 カフェなどがある。

どっかで見たような、、、。

大学の近くにあるスタジアム。

ピッチはきれい。

ティラナ駅。 子ども達がサッカーをしている。 とても、一国の首都の駅とは思えないほど荒れていた。

列車の窓は割れていたり、とても営業運転出来るようなモノには見えない。

なんだか、列車がかわいそうに思える。

宿泊したホテルの部屋。 エアコンの効きもよく、清潔で快適だった。

ホテル近くの魚屋。

こ、これはカエル!

こういう店が多かった。 美味そうだったけど、食べてません。

ティラナからバスとミニバスを乗り継いで行った クルヤという観光地。 写真はお城からの風景。

この辺りは水が美味いらしい。

指定席。

帰りのバス車内。 少年がこっちを見ている。

夕食はラム肉。 これが、美味い!

翌日はバスでフェリーの出発地、デュラスを観光。

遺跡。

手前の古い建物と奥の近代的な建物とのコントラスト。

バスはやっぱりボロ。

デュラス駅。 ここも、また・・・。

表紙はティラナ空港外観。こちらは内部。アリタリアが深夜着だったので、空港目の前のホテルに1泊。35E。空港前にホテルもう一件あり。

翌朝バスにて市内まで。250レク

市内着。

デュラス行きバス乗り場

横が駅

バスにてデュラスへデュラス駅&バスターミナル

デュラス市内

列車でティラナに戻る

スカンベルグ広場

ERAレストランにて臓物グリル

1800のバスにてプリスティナへ20E

コソボ、モンテネグロよりシュコダルに戻ってきました。バスはロジャヘホテル、モスク前に停車。ロータリー挟んで向かいからティラナ行きバス頻発。

ティラナに戻る

雨のティラナ

マックないのでばったものならあります

おしまい

アルバニアの国旗。

Verzaci Hotel. 空港から歩いて5分。 真夜中に着いたので便利でした。 B&Bで30ユーロ。 www.albania-hotel.com

ホテルの部屋からの風景。 山に囲まれたのどかな雰囲気です。

モダンなティラナ空港。 ここからダウンタウンまではエアポートエキスプレスバスが1時間おきに出ています。 30分で200Lek。 Lekがなければ2ユーロで乗せてくれます。 快適。

スカンダーベッグ広場のPalece of Culture. 

Historical Museum.

アルバニア国立銀行。

広場とわりと高級なティラナインターナショナルホテル。

アルバニアの英雄スカンダーベッグの像。

色鮮やかな政府の建物。

クロックタワー。 1820年に建てられた。 高さ35m。

Mosque of Ethem Bey.

アルバニアの伝統工芸品を売っているお土産屋。

メインストリートのBvd Deshmoret Kombit.

ティラナの町は山に囲まれています。

Lana Riverはティアナの町の中心を流れています。

ピラミッドと呼ばれているカルチャーコンファレンスセンター。 ここにもWelcome President Bushの看板がありました。

マザーテレサ広場にある大学のメインビル。

同じく広場にあるAcademy of Arts.

Academy of Artsの広場を挟んで反対側にあるArchaeological Museum。

総理大臣のビル。

Shkurtit通りにあるモダンなアパートメントブロック。 

カラフルな建物がティラナの特長です。

1930年代のイタリア様式の建物。

公園には噴水やカフェがあり、素敵な街並みです。

イタリア文化でしょうか? そこらじゅうにお洒落なカフェがあります。

アルバニアの通貨。 レク。

ダウンタウンまでのバスのチケット。 200レク。 

国境

ティラナの街並み

国境からの道のり。バス通りまで歩いて30分程度。

入国直後の街での生ビール

エルバサンの休憩ポイントでの生ビール

エルバサンのバー

エルバサンの街並み

峠。観光バスのちょっとした事故で渋滞発生。

ティラナへのミニバス

ビール

リゾット

ティラナ駅

ティラナ街並み

ティラナ街並み

ティラナ街並み

マケドニアのオフリドの街の湖から丘を越えた反対側の市場付近でSTRUGAへの乗り合いタクシーを拾う。

STRUGAのバスターミナル

STRUGAのバスターミナル

国境の先へ

国境の先へ

アルバニア側から見たオフリド湖

国境からアルバニアへの道

国境からアルバニアへの道

ティラナ駅

ティラナのマザーテレサ空港