スポンサードリンク

コスってどんなところ?

コス島は、エーゲ海南西部、ドデカネス諸島にあるギリシャの島。島の大きさは東西40km、南北8kmで、ギリシャよりトルコに近い。肥沃な平野と不毛な高地をもつ島である。人口は約30,500人。
島には、長い砂浜と大きなホテル、そして閑静な村があり、観光が主な産業である。島の住民の多くは農業に従事しており、小麦、とうもろこしに加えて、ブドウ、アーモンド、イチジク、オリーブ、トマトやレタスなどが栽培されている。
港と島の人口の中心である町、コスは、観光と文化の中心であり、多くのホテル、レストランやナイトクラブなどの白い建物が建ち並んでいる。町の港の入り口には、ロードス島の聖ヨハネ騎士団によって1315年に立てられた要塞がある。
医学の父、ヒポクラテスは、このコスで生まれたと考えられている。町の中央にはヒポクラテスの木と呼ばれるプラタナスの巨木があり、この木の下でヒポクラテスが医学を教えたと言い伝えられている。そのヒポクラテスを記念して、この町に国際ヒポクラテス財団の本拠地とヒポクラテス博物館がつくられている。
コス島は、紀元前11世紀にドーリア人によってカレスに植民された。そして、その後デロス同盟としてペルシャ人を2度退けた。紀元前366年にコスの町は造られ、すぐに、のちに東ローマ帝国となるローマ帝国の一部となる。その後、島はベネチア人によって征服され、ロードスの聖ヨハネ騎士団に売却された。200年後、トルコの侵入の脅威に直面した騎士団は島を去り、1912年にイタリアに占領されるまでの400年間、トルコがコスを支配することになった。第二次世界大戦では、島はドイツによって占領された。戦後、イギリスの保護領となり、1947年にギリシャに譲渡された。

コスの地図

コスのブログ旅行記

旅の案内人のブログ - 東京の名所をスナップ2

No.121, 昭和記念公園のコス .. 昭和記念公園のコス .. No.122, 木馬館大衆劇場 木馬館大衆劇場. No.123. 高幡不動の菊祭り 高幡不動の菊祭り. No.124, 甲州街道、 御陵と高 .. 甲州街道、御陵と高 .. No.125, 百草園の紅葉ライト . ...

コスプレ気味なクライマックス|諸岡なほ子の『旅の途中のスウィート ...

nahokoの諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』の記事、コスプレ気味な クライマックスです。

2008年9月 - 奥様は海外添乗員

2008年9月18日 ... いづれにしてもBodrumからのショートトリップじゃ、港に近いコス・タウンで のんびりするのが正解だろうと。 ... 代わりにコス・タウンの散策にLet's Go! ってことで、島の中心となる旧市街へ。この島は少し南に位置する ...

コスの写真・旅行記

9月23日は秋分の日。 カンクン近郊にある世界遺産のチチェンイツァに行くと、年に2回しか見られないククルカンの降臨が見られます♪ さて、そんな貴重な年に2回のこの時期なのに・・・ カンクンのお天気ときたら、ちょっとご機嫌斜め・・・涙 はやく太陽さん顔を出しておくれぇ~!!!!! 今日はカリブ海いちの透明度をほこり、ダイビングのメッカでもある、 コスメル島でしか手に入らない、素敵なお土産をご紹介します☆ 自分に買っても、どなたかに買って帰っても♪ きっと喜ばれること間違いなし!!!!

コスメル島には自分の名前を指輪に掘ってくれるおじさんがいる、小さなお店があります☆ 指輪はサイズが選べて、一個30ドル位から。 他にもネックレストップやブレスレットなどにも名前や好きな言葉を入れることができます!! ただ、一個つくるのに時間が15分から30分くらいかかってしまいます。

ですが、もっと手軽にできる新パターンが誕生していました☆ 世界中のコインを集めるのが趣味な、ご機嫌なお兄ちゃん。 指輪にももちろん、名前を彫れますが・・・!

なんと! 鍵にまで!! 鍵をつけとくキーホルダーに、 さりげなく奥さんや旦那さんの名前入りの鍵をつけてみては!? 可愛いじゃないですかぁ~!! しかも、こちら5分ほどで出来上がり、お値段も5ドル程度 ※この鍵はお兄ちゃんが用意している鍵です!この鍵では家のドアは開けれません 名前彫りのお兄ちゃんは・・・・ 『 これは、心の扉を開く鍵なんだよ 』  なぁんて、恥ずかしいこと言ってました♪ 新たなコスメル島のNEWお土産に~♪

固有種のトードフィッシュ。ちょっとおまぬけっぽい顔がとてもかわいい。

フグ。いつもは逃げられちゃうけど、ナイトでは、ゆっくり遊んでくれました。

セノーテの中で唯一見られる生き物、キャットフィッシュ。なまずの一種なんだって。

セノーテの水はホントに澄んでいてきれい。光と水の美しさに言葉を失う瞬間の連続だった。

クイーントリガーフィッシュ。

今回の旅行で一番楽しみにしていたコスメル。 あいにくカンクンの天気は悪かったけど、コスメルの天気はまずまず。 カンクンからリビエラマヤまでは車で1時間ほど。 プラヤ デル カルメンからはフェリーでコスメルへ。

プラヤ デル カルメンから45分程でコスメルに到着。

天気が心配だったけど、コスメルはいい天気。 あわてて日焼け止めを塗りなおしました。

透明度はまずまずなんだけど、思ったより魚がいないなあ・・・・ 種類も同じなものばっかり。

青蛍光色の筋が入ったお魚。

水深は結構深いはずなんだけど底までくっきり見えるから、やっぱり透明度は抜群。 でも近くで魚が見られないのが残念。

一面ブルーの世界。 本当はもっと熱帯魚が見たかったんだけど・・・ 2スポットでスノーケルをしましたが、どちらも魚影は濃くありませんでした。

珊瑚もそれほど多くないし。。。

コスメルの港へ帰ってきてランチタイム。

クルーズ船も停泊していました。

ランチの後は市内散策。 ブラジルから来た女の子3人と一緒に街歩き。 ほとんどが観光客向けのお店。

南国のクリスマスツリー。。。

観光のオンシーズンとあって、欧米の観光客であふれていました。 フェリー乗り場で写真を撮っていたら、ガイドさんがやってきました・・・

プラヤ デル メンにフェリーが到着する頃には日もすっかり暮れていました。 ここからカンクンまではまた車で戻ります。 ツアーで一緒になったブラジル人の女の子3人とカウントダウンする事に。。。 その子たちはすでに大晦日ディナーを予約してしまってあるので、その後のカウントダウンは一緒にやろうね♪と約束してホテルの電話番号を交換しました。

大晦日は特別メニューでビュッフェのみ。 ワイン1本のサービスがありました。

デザートもしっかり頂きました。

ブラジル人の子達のホテルでシャンパンを飲んでカウントダウン。 プール前のモニターには、カウントダウンの大きな時計がスクリーンに映し出されてました。 メキシコでは元旦にぶどうを食べて願い事をするんだとか。

ホテルのスタッフとも乾杯♪

ちょっと飲んだ後は、早速クラブに。 行ったのはホテルゾーンにあるDADDY O 久しぶりのクラブ♪ LAに住んでた頃を思い出しました。

カウントダウンのイベントは飲み放題でUS$80。 欧米から観光客がたくさん来るためか強気の値段・・・

結局朝4時半まで飲んで踊ってましたが、何と彼女たちのフライトはその日の朝7時半。 とってもパワフルな3人でした。 ちなみに私はホテルで昼まで爆睡してました・・・

ダイブショップで、説明を受けます。 Cカード保持者も、体験ダイビングも一緒にはじめます。

器材をセッティングし、トレーナーやガイドの指示を待ちます。ドキドキ。

イルカに「キスして!」のサインを出します。 来てくれるかな?!、ドキドキしながら待ちます。 来た来た、正面から見るイルカの顔は 笑ってる顔に見えるんですよね~。 イルカが真正面に!!

あまりの嬉しさと楽しくて、実は水中で 私は笑っちゃいました。。。 出来上がった写真見て、びっくりです。 イルカも笑ってるでしょ!!

ビデオルームで、ダイビングプログラムの ビデオを見ます。 英語ですが、これを見れば大体のエクササイズが 理解できると思います。

元気なイルカ! 遊びたくて、遊びたくて うずうずしてました。

アシカのクリっとした瞳が とっても可愛いの❤

見て下さい、このポーズ。 なんて、お茶目なんでしょう♪ NENA,15歳です。

どこまでもマイペースなマナティ達。 1日、マナティみたいに過ごしたい。

マナティもしっかり、キスを覚えます???

初めての水中洞窟、ドキドキしながら 入ります。中にはカリブ海の固有魚で 1メートルあるターポンフィッシュが 洞窟と海を出入りしてます。 ターポンフィッシュは、ここの場所でしか 見れません。

綺麗な海、青が違うんですよね~。 お魚達も気持ちよさそう!

マダラトビエイが優雅に泳いでました。 12月~3月までは、乾季で水温が26度まで 下がり、マダラトビエイが良く見れます❤ ラッキー体験ダイビングでした☆★☆

バラクーダも1メートル以上あって 大きいです。

たつのおとしご、一人ぼっちでした。。。

アガベアズールが一面に、アロエに似てますが アロエではありませんよ~。

メキシコの雰囲気が漂ってます。この建物の中で試飲できます。

レポサド、ボトルも可愛いです。

マール・ミックス、色が綺麗です。 後ろにあるボトルは、ボトルを握ったように指の跡が付いてて、ちょっと変わってます。

メスカルと言えば、黒塗りの陶器に入ったボトルをイメージしてしまうのですが、素敵な瓶に入るとお洒落に見えます。

夕日が沈んでいくのを見ながら、ここの海に入れなかったことで気持ちも沈んでいく。

こちらはコスメル側のビーチ。プラヤデルカルメンと比べると、かなり汚い。

その波止場にあるわけのわからないアートオブジェ。

気分転換にショーを見よう

このショーも最前列で見たのは良いけれど、やはり暗くて、ストロボもたけなかったので、かなりぶれてしまいました。

このショーも最前列で見たので、かなりの迫力がありました

巨大スクリーンとのコラボはかなり企画的に面白かったです。

次の日は一日中クルージングだったので、まずはジャクージでのんびり。そして外を見ると、朝日の光線がきれいに海に放たれてました。向こうに見える島々はおそらくキューバでしょう。

またある時はジャクージの天井を眺めて、ただひたすらボーとするだけ

そして今日はプロムナードでケーキフェアです。プリンセスほどの規模ではなかったけれど、それなりにおいしいケーキがありました。やはりチョコレート系です。

あのギターを食べたかったのだけれど・・・

このチョコもいけそうです

もうちょっとギターのクロースアップ

目が転々とします

これだからクルーズはやめられないけれど、健康に良くありません

ここの海もとても綺麗でした。

パラダイスビーチというところです。ここでのんびり遊びました。

ビーチからまたタクシーに乗ってターミナルに戻ります。タクシーの中からの景色です。

クリスマスツリーも飾ってありました。

メキシコの旗があります。

バフェで遅いお昼ご飯を食べて、今度はプールで泳ぎます。スライダーにも挑戦です。

船の中にあるお菓子のおうちです。

ターミナルに戻ってきました。いろんなお店が集まっています。

パラセーリングも出来るようですが、見るだけにしておきます。

かわいいロバ?

船に戻ってきました。

3隻の船が来ています。

コズメルの町並みです。

ミニチュアゴルフも盛り上がりました。

本日のディナーです。 ツナのたたきのような感じで、おいしかったです。

オニオンスープだったかな?

今年もあったタコベルのよりおいしいケイセディアです。

お肉です。

これはまた違うお肉料理です。

ペンネパスタです。

チーズケーキです。

歌&ダンスの時間です。台の上に上がっている人も・・・

盛り上がっています。

今夜はおさるさんがぶら下がっていました。

3日目の朝、コズメルに着きました。お天気もいいです。

海の色もとても綺麗です。 去年とは違うターミナルに着きました。 ここからタクシーでビーチに向かいます。

デルソルで何か買って帰ろう・・・このお店には紫外線で色が変わるいろんな物があります。