スポンサードリンク

モンタナってどんなところ?

スイス。

モンタナのブログ旅行記

真夜中のピザの巻 (ユキノヒノシマウマ)

2006年8月24日 ... だが思ったよりも大きかったとはいっても、そこはモンタナの田舎町、さすがに我々が この町に到着して、今夜の宿を求めて数件のモーテルやキャンプサイトを周った後の、夜 11時前という時間帯ともいうことになると、まともな食事がとれる ...

ブログテーマ[ショップ]|食べて歩いて遊んでスペイン!

今年はマイケル・ジャクソンとハナ・モンタナ(米国のティーンエイジ・アイドル)の 扮装が人気と聞いたんだけど・・・・ マイケル、どこぉ~~? いつも応援ありがとう ございますm(u_u)mクリックしてね↓↓↓ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報 ...

ユキノヒノシマウマ: イエローストーン関係 アーカイブ

さて、コディの町からイエローストーンの西口を利用して公園内に入った我々だが、 ちょっとした買出しも兼ねて、マンモス・ホットスプリングスからルート89を通って公園 の北口を抜け、ドライブで約30分のところにあるモンタナ州のガーディナーという小さな ...

蓼科木もれ陽の中で… > 国内旅行フォトアルバム一覧 > 表紙 > 写真 ...

2008年6月11日 ... クレマチス・モンタナルーベンスという花、綺麗ですね! 白樺とレンゲツツジ、確か 去年もこの組み合わせで見せてくれた記憶がありますけど、もしかして同じ場所かな。。 。No.23が素晴らしい風景写真ですよね! ...

シカゴ現代美術館の巻 (ユキノヒノシマウマ)

2005年6月30日 ... 現在モンタナに滞在中の者です。 先日、思いつきでシカゴへ旅行しました。 こちらの ブログを、かなり参考にさせていただきました。 とても楽しい街だったので(垣間見た だけですが)また行きたい!と熱く思っています。 ...

イエローストーンの北の巻 (ユキノヒノシマウマ)

2006年8月20日 ... さて、コディの町からイエローストーンの西口を利用して公園内に入った我々だが、 ちょっとした買出しも兼ねて、マンモス・ホットスプリングスからルート89を通って公園 の北口を抜け、ドライブで約30分のところにあるモンタナ州のガー ...

モンタナの写真・旅行記

モンタナ州の州土面積は日本の国土総面積とほぼ同じらしい

9日目。晴れ。今日はモンタナ州北西部の街、カリスペルに向かいます。

そんじゃ出発。

I90Wへ

I90W

モンタナ州マンハッタン・・・

I90W。山道を行き

街が見えてきた

I90W。Butteの街へ寄ってみますか。

Butteのビジターセンター

ビジターセンター内。なにやら覗き穴が

覗いてみたらプラント発見。

Butteの街を散策です

丘の上へまで行くと、プラントがあります。この辺りの土地は金や銀、銅などの鉱産物が豊富で総延長5000kmもの採掘トンネルがあるそうです。1870年~1920年代当時「地球上で最もリッチな丘」と呼ばれてました。当時の街は飛躍的に発展し街の中には鉄道網もあったそうです。今も採れるのかな?

丘の上から見た、Butteの街

丘の中腹にあるプラント。現在、創業してません。

Butteの街北東にある、バークレーピットを見学です 入場料$2払う

トンネルくぐって・・・

バークレーピットです。水は赤サビ色、アルミニウム、銅、コバルトの鉱物が混ざっているそうです。

バークレーピットのプラント

Butteの街見学終了、再びI-90Wを西へ

I-90W。ミズーラを抜けて、州道93号線を北へ

州道93号N。カリスペルまで112マイル、180kmです

州道93号N走行中。そういえば道路工事多いな~。冬は雪が積もるから、夏に工事が集中しちゃうんですね。と自分で勝手に納得する・・

州道93号N。なんて書いてあるんだろ?ロシア語のような文字列

州道93号N。山が近くなってきた。

州道93号N。今度は湖です。

州道93号N。フラットヘッドという名前の湖。

州道93号N。真っすぐ

州道93号N。もうすぐ、カリスペル

PM4。カリスペルの街に到着。

今夜の宿、エクスペディアで予約した「アウトローイン」です。オイラにピッタリのホテル名だ・・

ホテルの斜め前にあった「サルベーション・アーミー」スリフトストアです。使えそうな中古品探し・・。結局使えそうな品が無かったです。家具だらけでした。

晩飯を買いにスーパーへ

PM6。まだ明るい。ちょっと遠出します。

カリスペルの民間空港

州道2号線。山間の道を走り

州道2号線沿いにある、アムトラック「ウエスト・グレイシャー駅」駅舎内にお土産店があります。カリスペルの街から約40kmの場所にあります

ウエスト・グレイシャー駅。ホーム側。

ウエストグレイシャー駅の時刻表。1日上り下り1本ずつしか来ない・・。1時間後に西行きの列車が来るから待ってみよっと。

ウエストグレイシャー駅前にある、ガソリンスタンド。ロッジも近くにあります。

PM8:40過ぎ、東から列車が来たよ。

エンパイア・ビルダー号。シアトル&ポートランド~シカゴ間を46時間かけて走る列車です。寝台室と普通席の2種類があります。寝台室は3万円以上するらしい。

ウエスト・グレイシャー駅に停車中の エンパイア・ビルダー号

エンパイア・ビルダー号の客車。 オール2階建の客車みたいです。 いつか列車で旅したいな~

列車も見たし、ホテルに戻りますか。 9日目終了。

モンタナ州の州都エレナからボールーダー温泉まで車で約40分。すでに夕暮れが迫っていました。

I15を降りてこんな田舎道をどんどん進みます。

着いたのはこんな薄汚い外装の建物。ここがボールダー温泉。

この部屋に泊まりました。その夜は、屋外プールで夜の9時まで約1時間半たっぷり季節外れの水泳や湯遊び。。9月とは言え、屋外プール内は快適でしたが、プールから一歩出るとものすごい寒さで身体がちじみあがる思いをしました。でも安心、屋内にも温泉施設(立ち湯)があったのでしっかり暖まることができました。ホッ~。

暗くて写真がピンぼけですが。。。。温泉の紹介。

温泉のロビー。すべて木造でアメリカなので短い歴史と趣きを感じます。

翌朝。。。霜が降りていました。

ここにも。。

温泉源。アメリカでも湯気は立ちます。当然ですね~。

昨夜は暗くて見えなかった温泉宿の建物。ホテルなんだけど、雰囲気ベッドのある温泉宿のイメージ。外観に反して泊まった印象はGOODでした。

昨夜、遅くまで騒いだ温泉プール。

温めのプールで何時間も遊ぶのもいいですね。

もちろん、プール入り口にはどこにも共通の注意書きがありました。

宿泊棟からプールに向う途中のテラス。決して華やかさはないですがアメリカンスタイルの湯治場を想像して、十分リラックスできました。

朝、レストランのテーブルに生けられた花。各テーブルに違った花が置いてあって、何故かすごく印象深く楽しめました。

ボールダー温泉。アメリカにいる事を忘れさせる癒し系の温泉でした。グレーシャーの旅の最後に訪れることが出来てシアワセでした。。

オマケです! アメリカのこんな田舎(失礼!)の温泉宿でもゴミの分別をしていました。日本でも家庭だけでなくホテルや旅館でも早く分別をすべきですね。

イーストグレーシャーにあるグレーシャーパーク駅を東部から来た貨物列車が通過していきます。機関車3両が牽引してその編成が長いこと。。。しばらく貨車の列が途絶えることがありませんでした。でも何か日本と違う。。絶対に違うところが写真の中にあります。間違い探し。。お判りでしょうか?単線なので走る線路の方向は決まっていません。

貨物列車の最後尾です。クイズの答えは最後のの写真で。。

グレーシャーパーク駅。今でも1日1往復のシアトル方面からの旅客列車が公園を訪れる観光客を乗せてこの駅に着くそうです。何十年か前はさぞ華やかな駅だったんだと思います。駅舎の造りが違います!!

駅の目の前、徒歩3分のところに由緒ある立派なホテルがありました。ここはお勧めかも。王子は泊まってはいませんが列車で訪れるならここが最高ですね。

グレーシャーパーク駅を車で出発して、線路沿いハイウエーをウエストグレーシャーに向います。途中、先ほど駅で見かけた列車に追いつきました。

列車の先頭に追いつきました。ディーゼル機関車3両で牽引。

先頭列車を車で捕らえることができました。

クルマは貨物列車を追い越してしまいました。いづれ、この鉄橋を渡るはず。。。。しばらくカメラを抱えて待ちましたが列車は来ませんでした。

先回りしてウエストグレーシャーにあるBELTON駅に着きました。

この駅も利用が少ないと見えて駅の中は観光案内所のようになっていましたが、当時の出札カウンターの設備がそのまま残っています。判りますよね。

BELTON駅の線路。アメリカの鉄道見直しました。駅構内でもPC枕木とロングレールが標準。

しかも、日本の新幹線レールで使われている「60N」をも凌ぐ強靭なレール!!!もう一度見直しました。

BELTON駅、実はGOING TO THE SUN ROADの西の入り口であるウエストグレーシャーにありました。皆様お気づきだったかな?

さてさて、鉄道クイズの答えです。写真に写っているのは貨物列車と線路と信号機。列車の最後尾にテールランプ(反射板)が無い。。正解です。反対側を向いた場内信号機の設置位置が妙に近い、これも正解。もう一つ決定的な違いがあります。信号機の赤色が一番下の位置にある!これが王子の答えです。判りましたか!?日本では道路交通信号含めて赤色は一番上に位置してます。理由は上にあるほうがより遠くから見えるから。。。ここだけおかしい?かも。どなたかご存知でしょうか?

街外れの小高い丘から見た、モンタナの州都エレナです。清楚でかつコンパクトな街で背の高い建物はありません。写真右隅にひときわ背の高い教会が見えます。

州都ですので、州議会などのオフィスがありました。結構威厳のある建物なので、興味をそそられます。土曜日の夕方でしたが中を見学させていただきました。

中に入ると、吹き抜けのドーム。

州政府のオフィス廊下。まだmだ現役できれいに使われています。

二階に通じる階段。荘厳さすら感じます。

建国当時は鉄道の開通が大イベントだったのですね。

飾り窓からエレナの街並みが見えます。

州議会。残念ながら工事中でした。

裁判所。

建物の装飾がお洒落ですね。

州知事のお部屋。土曜日でしたが副知事に廊下で会った際、挨拶していただきました。フレンドリー。。。

州政府のエレベーター。エレナの街には高層建築がここにしかないのでこの辺りでは貴重なもの。しかも、内張りは木製。。。豪華でした。

再び、州政府建物の外観。

花文字で、「MONTANA 2008」と書いてあります。

先に紹介した教会。

ステンドグラスもありました。

礼拝へはホンダの軽トラで。ホンダアクティ660ccのAWD。地元に人に聞くと最近の原油高で日本の軽自動車が人気になりつつあるとか。。左ハンドルかどうかは確かめるのを忘れました!

モンタナ入植当時の開拓者の家。木造の半地下構造で今も残してあります。人は既に住んでいませんが、当時はこれで冬の寒さを凌いだようです。丸太作りですが200年以上経っても腐っていません。乾燥した気候なんでしょうね。

Lake Macdonald からGoing To The Sun Road(GTTS/1930年代に開通した山岳道路)を走りLogan Passへ。早朝なので駐車場も余裕で確保。Hidden Lake Overlook Trailを歩き始めます。Mt.Clements(2670m)

Big Horn Sheepが観光客の間をゆうゆうと横切って行きます。

素晴らしいHidden Lake と Bear Hat Mountain の眺め。

花の盛りは過ぎていてベアグラスは見られなかったが、まだ何種類かの花は咲いていた。これはJasper Flower?!

Logan Pass の東側に位置するLunch Creek。

緑に包まれた Reynolds Creek。

St.Mary Lakeに浮かぶ Wild Goose Island。写真でよく見るこの景色は見落としてしまうほどの小さなポイントでしたが、運良くRed Bus が止まっていたので気付くことが出来ました。

Two Medicine Lake への途中、車を降りて0.7miほど歩いてRunning Eagle Fallへ。ここも水量の多い時期なら上からと洞窟の中からの2段の滝になる。

2日目はGlacier Park Lodgeに泊まります。ここは実際には公園の敷地外。シカゴとシアトルを結ぶアムトラックのEast Glacier Park Station の前にある。

ここに座ってのんびりと夕焼けを見るのもよし、友人とチェスに興ずるのもよし、、広々と気持ちのいいホテル。

いよいよメニーグレイシャーエリアに入り、最初に現れた湖がLake Sherburne. Many Glacier というくらいだから昔は多くの氷河が存在していたが2030~2050年頃にはグレイシャー国立公園の氷河は消えてしまう運命にあるらしい。

Swiftcurrent Lake とMany Glacier Hotel。 ここには3泊するのです。期待が膨らみます。

Grinnel Glacier Cruise & Hikeというツアーに参加。Swiftcurrent Lake~Josephine Lake~Grinnel Lake ガイドの説明付で3時間半ほどの大人気のツアーです。

Josephine Lakeの桟橋。どこからともなく1頭の鹿が現れ桟橋の下をくぐりブッシュの中へ消えて行きました。

Many Glacier Hotel/ 園内のホテルはどこも備品は同じ物を使っているよう! ほとんどの部屋はシャワーだけで、それも取り外しの出来ないタイプ。ちょっと苦労しました。

ホテルのテラスからの眺め。朝焼け、夕焼け、星空。どの景色もため息もの! 特に、時差ぼけのため深夜に目が覚めて見た時の星空の素晴らしかったこと!

乗馬の早朝ツアーもある。馬が優秀なので初めての人も安心して参加出来ます。

国境を越えカナダのウォータートン国立公園へ。2763mの Chief Mountain が雄大な姿を見せてくれます。しかし、このハイウェイは大きな牛があちこちに出没!気をつけなければいけません!

Waterton Lake

ウォータートンから車で20分ほどの Cameron Lake。こちらは家族連れでボートを漕いだり、湖畔を散歩したりとのんびり優雅な感じでした。

かの有名な Prince of Wales Hotel ホテルのまわりには何もなく、真夏の青空のもとではちょっと趣に欠け味も素っ気もなかった。

実際はこの何倍も美しい夕焼けなのです。上手く撮れないのが残念です。

朝焼けのSwiftcurrent Lake

風もなく、穏やかな湖面は鏡のように周りの景色を閉じこめています。

Redorock Fallへのトレイルを歩きました。ゆっくり、のんびり歩いて2時間半くらい(往復)

Redrock Lake。毎日天気に恵まれて、今日も山々が湖面に映し出され、どこもかしこも絵になる風景です。

Redrock Fall/ この辺りは名前の通り、岩肌は赤くちょっと不思議な光景です。

3頭のムース(母親と2頭のベビームース)を発見! 母親は空腹だったのか夢中で水草を食べ、元気いっぱいの子供達はトレイルを横切り山の中へ入って行きました。

FisherCap Lake/ トレイルから20~30m横道に入って見つけた湖。微妙な色合いの静かな場所でした。

メニーグレイシャーエリアは湖の小石も赤い色が多い。

Swiftcurrent Lake を1周する平坦なトレイルを歩きました。釣りをするには許可がいるみたいですが、のんびり釣り糸を垂れているのも良さそうですね!

公園内最終日、GTTSを戻ります。 ファイアーウィードの花はいつ見ても美しい!

Logan Pass Visitor Center

Lake Macdonald Lodge/ この日は昨夜山火事があったらしく辺りが煙幕を張ったよう。遊覧船に乗ったけれど、山並みは全く見れず残念でした。

ロッジの外の公衆電話。しゃれてます!

ビール大好きの私達。この Moose Drool はムースも涎をたらすほどおいしい!?という黒ビール。毎日飲んでいました。

カリスペルのGlacier International Airportには、こんなに大きなブラウンベアが飾ってありました。アーメン!

公園内に入ってからしばらく車で走ったところ。

右見ても左見てもすんごい綺麗で、たくさん写真撮ったけど、帰ってきて写真見てみたら、同じ様な写真だった・・・。下手っぴってことですかねぇ@@

公園内には至る所に、名もなき滝が。

雪は遠くの山のてっぺんに少しあるくらい。

川の水。こんなきれいなの初めて見る。感動です@@

アップにするとこんな感じ。どこが水の境目だからわからないくらい。

夕焼けもすごい。(さっきから、すごい、きれい、の連発で、語彙が少ないですね++)本当にこの公園は他の公園と比べて人が少なくて、誰もいない浜辺で、夕焼けを一人占めでした。 キャンプに遅めについても、全然場所は開いているけど、9月になるともう既に閉まっているキャンプ場もいくつかあるので注意。

鳥がいるの、見えるかな?あまり見たことのない、近寄っても全然飛ばない変な鳥。カモフラージュが上手。周りに溶け込むのが上手くて羨ましい。。

ハイキング7時間。ここはちょうど半分の地点にある湖。キャンプ場があって、許可を得れば宿泊可能。

今回の旅行で使ったBillings空港。

空港の丘から眺めたBillings 市。

空港の丘から眺めたBillings 市。

Billings市の観光案内所/商工会議所。立派な施設

高速道路を時速120キロで走行中に撮った90号線と94号線のジャンクション。危ないかもしれないけれど、ご覧のとおり周りの交通状況はこうだったので。。。

Pompeys Pillar 国立公園/記念碑。昔、Lewis & Clark がこの地域を開拓したときに上ったのがこの岩。198年前のClark のサインが岩に盛り込まれている。

Pompeys Pillar の岩の頂上から眺めたYellowstone川。のどかですねぇ。

Pompeys Pillar の岩の頂上から眺めたYellowstone川。のどかですねぇ。

Forsyth町の裁判所。

Forsyth町のダウンタウン。人口1,944人。標高767メートル。大草原の中の小さな町。

Colstrip町 の炭鉱。大草原の中から突然4本の高い(ビル25階に相当する)煙突が現れた!

Colstrip町の中心部。炭鉱とは対照的にどのお家も丁寧に芝生が整備されていた。人口2,346人。標高774メートル。

Little Bighorn 古戦場国立公園の入口。ここは19世紀にCuster 将軍が西部開拓の際に先民族と戦った場所である。

Little Bighorn 古戦場国立公園の記念碑とお墓。

Little Bighorn 古戦場国立公園の記念碑とお墓。

Little Bighorn 古戦場国立公園の記念碑とお墓。

Billings市に戻って本日宿泊のSheraton ホテルのお部屋1610/1611。Billings のネオンを眺めるとこうなる。それにしても今日は820キロも運転しちゃった!!

Billings市に戻って本日宿泊のSheraton ホテルのお部屋1610/1611。Billings のネオンを眺めるとこうなる。それにしても今日は820キロも運転しちゃった!!

食事を前にして記念撮影といきたかったが、失敗だね。こういう写真はどうすればうまく撮れるのかな、フラッシュをたくと窓ガラスに反射するし、露出時間を長くすると自分が動いちゃうし。。。

食事を前にして記念撮影といきたかったが、失敗だね。こういう写真はどうすればうまく撮れるのかな、フラッシュをたくと窓ガラスに反射するし、露出時間を長くすると自分が動いちゃうし。。。

Greycliff Prairie Dog 州立公園。ここから本日の楽しみが始まる。

Prairie Dog のズームアップ写真。リスの種類だが、鳴き声が犬と雀をあわせたようで面白い。50センチまで近づいて撮った写真もある。それにしても周りの草を食い尽くしてモグラのような穴を掘って自由自在に生きてますねぇ。これが農家だったらえらい被害だろうけど。