スポンサードリンク

インターラーケンってどんなところ?

スイス、ベルナーオーバーランドの中心部に位置する。アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山をひかえ観光で賑わうこの地域の中心地。アルペン登山の理想的な出発点。

インターラーケンの地図

インターラーケンのブログ旅行記

スイス、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信 ...

スイス・インターラーケン ⁄ 旅行記. スイス・パリ7日間の旅(その2). reported by Can ( 2005/10/30 17:21 ) ... そのまままだ暗い市内を散歩がてら インターラーケンオスト駅まで10分少し歩いた。ここからユングフラウヨッホへ向かう 電車に乗 ...

世界一周旅物語(せかたび)- スイス(Switzland) アーカイブ

2006年8月19日 ... クライネシャイデックまでは、グリンデルワルト[Grindelwald]やラウターブルンネン[ Lauterbrunnen]、またインターラーケン[Interlaken]からも列車がアクセスしています。 スイス ユングフラウヨッホ 登山列車 ...

ホテルのクリスマス・イルミネーション スイス: 海外の情景 今日の一枚

2005年12月23日 ... ヴィクトリア・ユングフラウ・ホテル/インターラーケン/スイス. クリスマスがもう まもなくですね。日本は所により大雪で、停電や、交通機関が混乱したりとホワイト クリスマスとのんきに言ってる場合でない所も出てきていますが、各国の ...

冬のヨーロッパ 夜景4 スイス ホテルロビー: 海外の情景 今日の一枚

2005年11月1日 ... ここはスイスのリゾート、インターラーケンにある高級ホテル、ヴィクトリア・ ユングフラウ・ホテルのロビーです。外は白銀の世界、シーンとした夜でした。ホテルに 夜チェックインしてこの光や飾り付けを見て、身体ばかりでなく心も暖かく ...

海外旅行日記 - ユングフラウヨッホへ向かうトンネルの途中駅の展望台 ...

タイトル, ユングフラウヨッホへ向かうトンネルの途中駅の展望台から2. 目的地, ヨーロッパ > スイス > インターラーケン. ホテル ツアー 航空券. 場所, ユングフラウ ヨッホへ向かうトンネルの途中駅の展望台から. 時期, 2007 年 4 月 ...

海外の情景 今日の一枚: ・スイス

インターラーケンから列車でラウターブルネンへ。そこから急勾配の山肌をケーブルカー でグリュッチュアルプへ。今度はそこからゆっくり走る登山電車でミューレンの村へ約20 分。 ラウターブルンネン谷のそそりたつ崖の上に鳥の巣のようにこの村はあります ...

スイス、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信 ...

2009年7月15日 ... 5日目は登山鉄道に乗ってアルプス登山インターラーケンの街から急勾配の電車に揺られ 、見える景色に気持ち高まりながら高山病も徐々に増していった。頂上に到着した頃には 頭痛と眩暈がしていたが、スフィンクス展望 ...

海外の情景 今日の一枚: 2005年11月

ここはスイスのリゾート、インターラーケンにある高級ホテル、ヴィクトリア・ ユングフラウ・ホテルのロビーです。外は白銀の世界、シーンとした夜でした。ホテルに 夜チェックインしてこの光や飾り付けを見て、身体ばかりでなく心も暖かくなった事を 覚え ...

bluecompasstrip > 旅のスケジュール

2004年07月22日~2004年07月29日, 【12-0407】スイスチューリッヒ(市内フリー)→ ルツェルン(カペル橋等)→ベルン(大聖堂等)→インターラーケン→グリンデルワルト (ユングフラウヨッホ)→バスにてアンデルマットへ(フルカ峠等)→アンデルマット ...

世界一周旅物語(せかたび)- 2006年08月 アーカイブ

クライネシャイデックまでは、グリンデルワルト[Grindelwald]やラウターブルンネン[ Lauterbrunnen]、またインターラーケン[Interlaken]からも列車がアクセスしています。 スイス ユングフラウヨッホ 登山列車. ボクらは、天候によって今日もユングフラウ ...

ねーさんはどこへ行く > 海外旅行レポート一覧 > レポート

2005年5月21日 ... 今宵のホテルはインターラーケンの老舗ホテル。 夕食はホテルのレストランでコース ディナー。 途中となりのグループのおじいさんが「おれは ... 残念ながら小雨の振る中 、インターラーケンを出発。どうか雨よ、止んでください。寒いし。 ...

インターラーケンの写真・旅行記

スイスのインタラーケンに行った時の写真です 天気に恵まれたのでいざ!

メンヒかユングフラウです(^^; 白い煙のようなものは、山に積もった雪が強風にあおられて飛び散ってる様子なんだそうで

これはアイガ―!北壁です!

表紙にしてあるクライネシャイデック駅です。

ユングフラウヨッホの展望台から

同じく展望台からの一枚

同じく展望台から

同じく展望台から氷河を映したのですが…雪に埋もれて見えないですね^^;

個人的にスイスといえばこんな街並み、という一枚を

パラグライダーやりました。 広場の側とかで申し込みできるので、アクティブな方ならぜひ! 写真の場所から飛び降りるので、最初ドキドキするかもです

パラグライダーしながら写真OKです

空から湖を激写ー!

朝もやの街並みをぱちっとな

午前2時、スイスに入国した頃に眠気が限界に達したのでQuarten辺りのサービスエリアで休憩。目覚めたらこの景色でした。目的地 Luzernまで後1時間程。

サービスエリアにて、

Luzernに到着、この日は市内を散歩してさっさと寝てしまいました。

27日快晴、電車でGrindelwaldまで日帰り旅行です。

電車に乗ってこんなにワクワクするのは久しぶりでした。

Meiringen駅付近。

Brienz駅付近。

乗換駅のInterlakenに到着。1時間程待ち時間があるのでスーパーに昼食の買出しに。

なぜか日本庭園。

個人的には好きですが、こんな所にまで出店するとは、、、、、折角の景色が、、、

頂上でFirst Fliegerを楽しんだ後歩いて中腹まで下山します。

電車はさらに高度を上げていきます。

Grindelwaldに到着!

更にロープウェイに乗って上を目指します。

感無量。

山を降りるのがもったいない、、、

水がでらうま(名古屋弁でものすごくおいしい)です。

水と緑が豊富すぎる。

至福の一杯。こんな空気の良い所で最高の一服と一杯。

日帰りはもったいない。

Luzernに戻る。そして次の日28日にフェリーに乗ってBeckenriedに向かったのですが、なんとカメラを忘れてしまいもうやるせない気持ちでその晩はやけ酒を飲むはめに、、、、

リヒテンシュテイン城、(現在も城主が住んでいるため見学不可)

リヒテンシュテイン、これと言ってなにもありません。ただ小さい国。

29日快晴、Luzernを出発しLiechtenstein経由でInnsbruckに向かいます。

リヒテンシュテインの国旗を彩った花

期待はずれのLiechtensteinをでて午後四時Innsbruckに到着です。

Innsbruckはビルとビルの間にちょくちょく現れる山の風景が、町にいながらもホッと出来る瞬間をつくってくれます。

便乗した友人のピーター

市内観光

イン川。

この日宿泊したGerlosのペンション。booking.comでInnsbruckのホテルを予約したつもりが何かの間違いで約50キロ離れた山の中にあるここに滞在することに、、、ちなみに冬はスキーシーズンで一杯だそうです。

チェックインして早速散策です。山の中だけあって快適な気温です。

食前酒2杯目はバイスビールで。その後食事をしながら5杯ほど飲んでしまった。

泊まったペンションの前にあった小さな教会。ベランダでまたさらにビールを飲んでました。

夕食はホテルの人に教えてもらったオーストリア料理の店へ。食前酒1杯目。

30日朝曇り、Salzburgに向けて出発です。

途中Krimmlの滝へ寄りました。落下高380メートル、オーストリアで一番高いそうです。調子に乗って近くまでいったらずぶ濡れになりました。

しかしまあ~スイスもそうだけどここも水がきれいすぎる!

川下に向かって少し散歩。その後Salzburgに向けて出発!

St.Sebastian墓地。

約3時間かけてSalzburgに到着。

ウエートレスのお姉さんは美人で親切でした。

城塞への道

城塞への道2

城塞。

St.Peters墓地

ドーム広場

Kollegien教会

ここで遅い昼御飯。ピーターは運転しないのをいいことにビールを頼むという卑怯な行動に、、、、

丘の上から見たSalzburg. この日ザルツブルグで泊まる予定でしたが、ピーターと話し合った結果プラハに6時間かけて戻りました。久しぶりのドライブ旅行で初めて旅行記を作ったのでうまく仕上がってませんが最後まで目を通してくれた方、ありがとうございます。

CO-OP発見! ヴェスト駅前にもオスト駅前にもあります。

CO-OP店内。 規模が大きい!! 日本では見ない野菜もある大きなスーパーマーケットです。駅の売店に比べて安かったです。 焼きたてパンがオススメ!50円くらいからあり、80円くらい出すとおいしいパンが買えます。

CO-OP店内。

CO-OP店内。

CO-OP店内。 レジ前のベルトに買いたいものを乗せ、前のお客さんの商品と磁石で区切ります。レジの方の操作でベルトが流れ、順番がきたらお会計です。

オスト駅(東駅)。

HOOTERS発見!! ご存知ですか?店員さんが巨乳ばかりのレストランです。入ったことがないのですが、店員さんの制服がタンクトップらしいです。

ヴェスト駅(西駅)。

ヴェスト駅のホーム。 改札はないので、切符を持っていればすぐに電車に乗れます。バスから電車に乗り換えるのも便利!この写真ではわかりにくいですが、ホームとバス停がとても近いんです。 階段も無く、帰りは電車を降りてすぐに道に出れるので楽々です。

アーレ川。

アーレ川。

ヴェスト駅(西駅)周辺は木造の建物がたくさん。

ウンターゼーンと呼ばれる旧市街。 右上はウンターゼーン教会の時計塔。

かわいいクリスマス飾りをしているホテルがありました。

インターラーケンでは、どこからもすてきな山が見れます。

なんと、馬に乗った警官が犬を連れてます。 日本ではなかなか見れない光景。

カジノ・クアザール。 150年前に建てられたのだそう。小規模なので、カジノというより歴史的建造物として見学したほうがいいと思います。

ヘーエマッテ。 草地らしいのですが、私が行ったときは雪景色でした。 ベンチがあるので、夏は地元の人がくつろぐ場所になっているそうです。

アーレ川。

このボーダーを越えたら憧れの国”スイス”です(^^)

国境を超えると、すぐ牛の大群に遭遇!!!!

スイスの空! 日も落ちかけ...

スイスでの宿泊は-ROYAL ST.GEORGES(ロイヤル サン ジョルジュ)- このホテルのエレベーターがすごく可愛かったです(^^)

お部屋...ちょっとコワカッタです。 トイレとお風呂にびっくりしました。 色んな所にライオンがいて落ち着かなかった....。 無駄に広かったです。

ホルン演奏をジックリ観察~

Dinnerは、スイス名物の”お肉のフォンデュ”

デザートtime リンゴ変色しちゃってますが、アイスは美味しかったです

ユングフラウヨッホ目指します→

停車中で電車に乗ったりして遊びました。日本では絶対できないはず...

スイスらしいお家が沢山!! まさにハイジの世界です

家と同じ所に雲が!!!

雪!

前から電車が来てるのに、気づかず....

到着!!

乗り換えてヨーロッパ最高地点の駅を目指します→

-(アイスメーア駅)- アイスメーア=氷の海という意味 標高3160m

真っ白な世界が広がっています

ヨーロッパ最高地点の鉄道駅

-Mönch(メンヒ)- 展望台を出ると目の前には、メンヒ(4099m)が大きく迫ってきます! すごい迫力です

ロッタルホルン(3969m)&ユングフラウ(4158m) アルプス三大名峰の一つのユングラウ(4158m) ユングラウ=うら若き乙女 という意味です

風がすごく強いので、長時間外にいるのは無理でした。

人間が豆粒に見える瞬間....

下が見える!! 一面、網になっていて、ちょっとすりる感が味わえます(^^) 雪が積もらないようにする為かな?

エレベータに乗りスフィンクス・テラス(3571m)に出ると、360°パノラマ展望台に出ます!

-Aletsch Gletscher (アレッチ氷河)- アレッチ氷河(約24km)は、周辺の一帯とあわせて世界自然遺産に登録されていて、山の奥まで続いています

アイスパレス/氷の宮殿へGO→

アイスアイスアイスーーーーーーー!!!!! ツルツル滑る~ ユングフラウ氷河を掘って作られたトンネルで、床・壁・天井・すべて氷で出来ていています

氷の彫刻クマさんor 白くまさん

ネズミ~

ペンギン~

こんな小さな穴にもスッと入れちゃいます! お尻冷たかったです....

ペンギン2~

模型 駅舎はレストラン、ショップなどが備わった複合施設になっていて、ココアがオイシイから絶対飲んで!とスイスに来る前から言われてたので、飲んでみたけど、美味しかったです。 ここで飲むココアは、また違う味で不思議な感じ、より一層美味しさが増した気がしました。 しかし韓国人一行様がみんな辛ラーメンを食べているのを見て、雰囲気をぶち壊されました。真横にいた韓国人の人もラーメン....。 また右隣にいた日本人(北海道から来たオバサマ)と韓国人の方と色々会話した事もいい思い出です(^^)v

-クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)- Lunch time クライネシャイデックレストランでソーセージ! この旅でソーセージ何本食っただろうと数えたくなりましたが、スイスのソーセージとポテトは、ドイツの物より美味しかったです。 完食(^^)v

クライネシャイデック駅

ヨーゼフ!!!!!! 遠くにいた私は、この犬が見えた瞬間「ヨーゼフ!!!!!!」と走って近寄りました。生ヨーゼフです(^^) 感動したけど、すぐに現実に戻されました。 彼と写真撮るには、幾らか払わなきゃ駄目みたいで.... スイスの景色と、ワンコがよく合う(^^)

日が当たってる村or町がすごく幻想的に見えました!!!

川の水も澄んでてすごく綺麗でした。 勿論、空気も澄んでて、心が落ち着く場所です。 川の流れの音を聞きながら、のんびり散策したくなりました(^^)

ジュネーブのお店で"シュレック"のキンダーサプライズ見つけました!!!! シュレックのクッキーマンが大好きな私は3っGET☆ 日本では未発売なので、テンションも上がります↑↑↑

パリに向かう為、ホーム待ち

19:23発(TGV6584)2等に乗りパリへ向かいます→

車内.... 出ました、クッキーマンが出ました!! すごい運の確立です。 後の2っは、シュレックの箱から取ったはずなのに、でてきたのは車.....。

牛が壁にっ…!?

やっとブリエンツを出発です。 駅のすぐそばが船着場です。

ブリエンツの町並み。 山間に滝が見えます。

行き先の天気は不安です。。。

どうやらブリエンツのみ晴れているらしいです。 そこだけ日光が差しています。

船のデッキに。。。 牛はいいとして(スイスらしい?) 意味不明。。。

断崖絶壁と緑。そして湖の青。

洋館と滝。

湖畔に広がる町。 その上を緑の山が守ります。

城? ちょっと新しめ。

風景を撮るのに牛が邪魔です。。。 風景とあっていないよ。。。

途中、いくつかの停泊地に止まります。 住民の足としての船でもあるのかもしれません。

船からすごいもの見つけてしまいました。 アイスクリームの自動販売機。。。 堂々とSelf-Serviceと書いてあります。。。

Iseltwaldという停泊地。 リゾート地という言葉がぴったり。

各家々にボートが。。。 水上ガレージ。。。

継ぎの停泊地、Niederriedに到着。 船旅もまだ半分です。

天気は全くよくならず。。。 雲がすぐそこまで。

ホテルのようです。 湖畔にビーチパラソルとデッキがあるのがいいですねぇ。

湖に並ぶボート小屋。

Bonigenの町。

湖畔にたくさんのホテルが並んでいました。

この山の向こうにはアイガーやユングフラウが、、、 あるはず。。。

湖にかかる紐にとまる鳥達。。。異様です。。。

プリエンツ湖から支流へ。 インターラーケンへ向かいます。

船員のおっちゃんは一休み。

スイス国旗とスイスの風景を。

大分都会になりました。 ちょっと日本の田舎に似てる?

住宅密集地です。

おっちゃんは監視の仕事に入りました。 いよいよインターラーケンに到着です。

ここにきて水の色が少し変わりました。 温泉みたいな色。

インターラーケンの駅。 さぁグリンデルワルドに帰りましょう。

途中、高速道路のSAにて昼食。 SAに置かれていた戦闘機。

電車に乗るのも楽しかったが、走る姿はもっといい。 バスの車窓から

インターラーケン近くの、トゥ-ン湖畔の風景 バスの車窓より

へーエマッテ広場の緑地は、あちらこちらの展望台から飛び立った、パラグライダーの着陸地となっている。

へーエマッテ広場からユングフラウが、かすかに見える。

インストラクターが同乗する、タンデムフライトなら、初心者でも大丈夫と、同行者T氏の話。 パラグライが趣味のT氏は、明日の自由時間に飛んでみたいと。 高所恐怖症の私には、とんでもない話。

インターラーケン到着 へーエマッテ広場付近でバスを降りる。

丁度夕刻時で、次々とパラグライダーが下りてきた。

現在の温度28.5℃ 気圧計と湿度計が、他の面に設置されている。 へーエ通り沿いにて

五つ星ホテル、ヴィクトリア・ユングフラウの前を走る、観光ミニトレイン。

カジノ

インターラーケンからグリンデルワルド行きの電車。 グリンデルワルド近くにて、バスの車窓より この後、グリンデルワルトに到着。 ホテルにチェックイン後、近くのレストランで夕食・就寝。 

シエインデッガー

チューリッヒ空港、鉄道駅はエスカレーターで下の階へ。

チューリッヒ空港駅、電車は混んでませんでした。

・・・ところが時間に正確?と聞いていた電車が10分遅れでベルン到着。 結局ベルン発18時39分に乗ることに。

5番線で電車を待ちます。

トゥーンに到着、多くの人がここで下車。

トゥーン湖も曇り空

シュピーツ到着

インターラーケンはもうすぐ

終点インターラーケンオストには19時35分着

このインターシティで来ました。

インターラーケンオスト駅

駅からスーツケースをガラガラ引きながら歩いて約5分、インターラーケンホテルに到着。

インターラーケンホテル

ホテルのフロントデスク

ホテルの人はとても親切でした。

ヘーエマッテから、ユングフラウ初見参

街で一番目立っていたホテルスプレンディッド

翌日の朝食は6時30分より、ベネチアと同じく朝いちは日本人のツアーの皆さんでいっぱいでした。

これは二日目、グリンデルワルトから戻った後

アーレ川

ホテル近くの教会

旧市街

チョコレートがこんな感じで売ってました。

中央広場

教会の夜景