スポンサードリンク

コペンハーゲンってどんなところ?

デンマーク最大の島、シェラン島の東側にあるスカンジナビア最大の都市。緑が多く、多数の宮殿や美術館、博物館、公園が点在し「北欧のパリ」と呼ばれている。チボリと人魚の像で有名。

コペンハーゲンの地図

コペンハーゲンのブログ旅行記

世界一周旅物語(せかたび)- 2005年07月 アーカイブ

2005年7月31日 ... デンマークの首都コペンハーゲンでは、バイキング(ビュッフェ)形式のレストランが 多かった。 ... コペンハーゲンにやってくる観光客のほぼすべてが「人魚姫」を見に 行くという。そんな「人魚姫」の像をコペンハーゲン市に寄贈したの ...

2007.03 デンマーク: shoの旅行記~気の向くままに歩いて行こう~

今日は、朝から中央駅のすぐ前にあるツーリストインフォメーションに行き、 コペンハーゲンカード(CPH Card)を購入しました。 ... コペンハーゲンだけではなく 、アジアのエロまで紹介されています。 日本では春画と言われてた大昔の文化ですね、 ここの ...

北欧 - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

コペンハーゲン大学在学中に書き上げた小説「徒歩旅行」や、 1835年に出版された イタリアへの旅行を綴った「即興詩人」などの小説も有名です。 この作品は、発表当時 かなりの反響を呼び、ヨーロッパ各国で翻訳出版されてアンデルセンの出世作となりまし た ...

アイスランドの旅⑤ ヨーロッパ最大のヴァトナ氷河 - 地球浪漫紀行世界 ...

2008年3月3日 ... また来ます!では。 Unknown (ナカムラ): 2008-03-04 21:03:07: 「わ」さん コメント ありがとうございます。 北欧はコペンハーゲン、オスロ、スットクホルム、イエテボリ 、ヘルシンキなどの大都市以外の場所がお薦めです。 ...

08/08 - およよな生活 - アイスランド旅行記 -

8時10分発のスカンジナビア航空SASでコペンハーゲンCopenhagen(CPH)へ向かう予定なの だが、6時にはまだホテルで朝食を食べてい ... 1時間ほどでコペンハーゲンに到着。 妻はレゴショップを探して空港を走り回る。やっと見つけたが、日本のおもちゃ屋と ...

日々徒然 > 海外旅行レポート一覧 > レポート

デンマーク・コペンハーゲン / 旅行記 コペンハーゲン. 渡航時期, : 2005年09月. 投稿 日時, : 2006/01/04 18:59. << 前ページへ 1 2 次ページへ >> ... コペンハーゲン郊外 のローゼンボー離宮. ローゼンボー離宮. << 前ページへ 1 2 次ページへ >> ...

世界一周旅物語(せかたび)- デンマーク(Denmark) アーカイブ

デンマークの首都コペンハーゲンでは、バイキング(ビュッフェ)形式のレストランが 多かった。 ... コペンハーゲンにやってくる観光客のほぼすべてが「人魚姫」を見に 行くという。そんな「人魚姫」の像をコペンハーゲン市に寄贈したのが、コペンハーゲン ...

世界一周旅物語(せかたび)- 2006年08月 アーカイブ

衛兵交代というと、昨年は、ストックホルム、コペンハーゲン、ロンドンと見ることが できました。それ以来久しぶりの衛兵交代見学。存分に見ることができました! チェコ プラハ 写真. あのコツっ、コツっ、という靴の音は、いつ、どこで聞いてもいいです ...

世界一周旅物語(せかたび)- チェコの首都プラハ観光 アーカイブ

2006年8月31日 ... 衛兵交代というと、昨年は、ストックホルム、コペンハーゲン、ロンドンと見ることが できました。それ以来久しぶりの衛兵交代見学。存分に見ることができました! チェコ プラハ 写真. あのコツっ、コツっ、という靴の音は、いつ、どこで ...

新婚旅行から、身近なところまで・・・ - 北欧の旅・デンマーク

コペンハーゲン・港 .. No.26, デンマーク・コペン .. デンマーク・コペン .. No. 27. デンマーク・コペン .. デンマーク・コペン .. No.28, 電車の売店で買った .. 電車の売店で買った .. No.29, コペンハーゲン中央 .. コペンハーゲン中央 . ...

アイスランド - およよな生活 - アイスランド旅行記 -

8月8日(木), ストックホルム -> コペンハーゲンCopenhagen(デンマークDenmark) -> ケプラヴィークKeflavík(アイスランドIceland) -> ブルーラグーンBláa Lónið -> セルフォスSelfoss. puffin, 8月9日(金), セルフォス -> ソルスモルクÞórsmörk(の 途中 ...

アイスランド帰国報告 - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅のお話し

2007年7月20日 ... Unknown (中村亜希子): 2007-07-25 13:28:58: アイスランドへは、最短ルートで成田 空港からスカンジナビア航空でコペンハーゲンを経由し、アイスランドの首都・ レイキャヴィクへ入ります。すごく遠いイメージがありますが、 ...

ブログテーマ[世界一周(ギリシャ・トルコ)]|世界一周ブログ(略して ...

コペンハーゲンで別れたのだが、次の年の. 1999年もまたヨーロッパを一人で旅行する こととなり. ギリシャを訪れた際突然電話してみたら. 家族みんなで大歓迎してくれて数 日間お世話になった。 そして2004年アテネオリンピックに次ぎ今回も ...

オリジナル旅行 - 奥様は海外添乗員

10月20日 マドリッドからスペイン新幹線AVEでバルセロナへ FCバルセロナ/ FCコペンハーゲン戦を観戦 (バルセロナ泊) 10月21日 バルセロナから帰国の途 へ (機内泊) 10月22日 日本着 5日間あれば夢のサッカー三昧を体験できます。 ...

《20-a》 コペンハーゲン (i-パルケン・シュタディオン) - - 旅行記 ...

2002年7月20日 ... 日韓ワールドカップ2002が終わったばかりの7月、まだ欧州のリーグ戦は始まっていませ んが、この日はここで、FCコペンハーゲン(デンマーク)vsクラブ・ブリュージュ( ベルギー)のプレシーズンマッチが行われます。 ...

18歳でヨーロッパ一人旅、自分がどう見られるか心配 旅のQ&A ...

デンマーク:*コペンハーゲン→ ドイツ;(ハンブルグ)→(ケルン)→ オランダ: アムステルダム→ ベルギー:*ブリュッセル→(ルクセンブルク)→ フランス:*パリ→ マルセイユ→*ニース[モナコ]→ イタリア:ミラノ→*ヴェネチア→(フィレンツェ)→* ...

アンデルセンの国・アンデルセンの町 - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフ ...

2009年3月22日 ... コペンハーゲン大学在学中に書き上げた小説「徒歩旅行」や、 1835年に出版された イタリアへの旅行を綴った「即興詩人」などの小説も有名です。 この作品は、発表当時 かなりの反響を呼び、ヨーロッパ各国で翻訳出版されてアンデルセンの ...

コペンハーゲンの写真・旅行記

旅行ではなく出張で行ってきました。 今回はテーマを特化した視察出張だったので、 600枚近く撮った写真のうち仕事以外は数十枚(T_T) 95%は仕事で過ごしましたが、合間に見たコペンハーゲンと その近郊をちょびっとお知らせ。

成田からスカンジナビア航空にて出発。 前日の台風直撃(欠航も相次ぐ)から 出発が懸念されたけど無事出発。 満席なのか、窓側(キライ!)指定を変更 してもらえず、我慢の11時間半フライト(T_T) 機内食はJ○Lなみにちょっとしょぼいかも。 最近はどこも経費削減ですね… 機中、ちょっとPCあけて仕事して 映画は「Toy story3」を観て、ちょっと泣く(T_T)

ともかく11時間半は長い! 去年Finland行ったときで9時間半。 ちょうどヘルシンキ上空を過ぎるも 「まだ2時間~?!」 ホテルは、コペン街中のScandic Copenhagen。 とても便利な場所です。 ツインのシングルユース。 木目調で温かい雰囲気でよかった。

バスルームもかなり広いでした。 冷蔵庫もあり! ポットはなし。 スリッパもなし(と思ったので持参)。 しかも無線LANがFree of chargeで使えます! 6泊ステイ。居心地よかったでした。

ホテル部屋のゴミ箱は分別仕様。 はい、真面目に分別しましたが、 ビール缶が入りきりません…

コインは慣れるまで大変。 そもそもDkrの計算が大変。 おかしいな、と思いつつ担当者に成田で 替えといたほうがいい、現地も高いから そんなに変わらないと言われて、成田で 替えた。1DKR=17.40円 コペン空港で、、、、15.4円! 自分を信用したらよかった(T_T) 900替えたので1800円もコスト違うぞ! (でも今回は視察なのでこんなにいらんかった)

視察先の某National institute. なんかそこいらへんのオブジェまで デザインチック♪

視察先はどこにいっても Coffee Teaとデニッシュなどお菓子 でおもてなしくださる。 とても嬉しいが大きいので、ご飯の ときにお腹がすかない、ということも。 そしてどこも必ずオシャレなペーパー ナフキンが敷かれています。 ちなみにミネラルウォーターは500ML 200円くらい、ビールは330ML85円くらい。 うーむ、ビールのほうが安くつく。

このInstituteの学食(一応大学の施設でもある) から出張ランチを出してくれた。 とっても美しいオードブルがいっぱいいっぱい なんですが、お味は、北欧の味(-_-;)

おおっ! 去年親しんだFinlandのMAITO 牛乳じゃないか~。 フィンランド語はローマ字読みでOK なので、意味はわからんがなんとなく 親しみがわいた。 デンマーク語は、さっぱりわかりません。 ロシア語に近いのか?

コペン市の北隣の市。 郊外の住宅街の雰囲気。 ちょうど終わりかけの紅葉だったけど 大変大変美しかった。です。

2件目の訪問先でシナモンロールを 出してくださる。 正直成田をたってから口にしたもので 一番美味しかったかも (でも超甘い~)

老人ホームなのに、なにげに ジョージジェンセンの時計が!

ヤコブセンの自宅あった周辺。 このあたりは、ヤコブセンの建築物 密集地。 マニアにはたまらんかもですが、 わたしは興味なし・・・

わかりやすいポスト。 どこでもこれです。 中央駅の郵便局にはこの形の 貯金箱も販売中。 どこの国でも考えること同じね。

ほんとにデンマーク語は 読めない・・・

ホテルの外観。 コペン市内ではいいほうだそうです。 一応スーペリアクラス。

中央駅。 ホテルから歩いて5分くらい。 仕事スケジュールは強烈なので 朝、出発前に駆け足で行ってみる。

ヨーロッパらしいホーム。 切符は不要で簡単に入れる。 電車の中で切符もってなかったら大変。 ヨーロッパはどこもそうですね。

デンマークの「飛び出し坊や」 発見。でも、やはりデザインが 洗練されてるかしらん・・・

ランチに寄ったお店。 結構有名店らしい。 シティホールのすぐ近く。 PUKだったか。伝統的なデンマーク料理 (ローストポーク)ですが、 これは結構美味しかった。

上のお店の中。 ちょっとレトロな雰囲気のある バールって感じでナイスです。 当然酒は飲ます…(-"-)

この建物は1600年代築だそうで 世界で一番古い集合住宅だそうです。 今でも普通に住宅として人が住んでいる。 しかも、この棟がいっぱいあって かなりの棟数あり。 デンマークでは?黄色がなぜかよく 使われていた。 精神的に落ち着くとかだそうです。

妙なカレンダー発見! 1週間が8日?! このなぞはいまだ解けていません。

これは夜の食事会。 ストロイエの真ん中あたりだったかと。 他人に連れて行ってもらうと全くわかりませんね。 かなりの有名店らしく予約がほとんど とれないらしい。 味は・・・北欧ですね。

中日で出た日本食ランチ! (T_T) 普段海外で日本食食べたいとか全然 思わないのに、今回はこの演出、 感動した。 疲れがピークに達しているころでした…

Fotexというスーパーにて。 物価、やはり高いような気がする。 でも時々びっくりするほど安いものもあり。 基準がよくわかりません。

某訪問先にて。 このように必ずお茶やお菓子を ご用意くださる。 マナーよく、ナフキンとお皿も♪

コペン市の通勤は70%が自転車だそう。 朝の風景は、「ここは中国かベトナムか」並み。 恐ろしいです。 そして、この自転車専用道路があるので、 知らない人はあやまってこのテリトリーに 入るととんでもないことになる。 かなりのハイスピードなので、事故になります。 デンマークに行く人は気をつけましょう。 人間優先ではないので。

夜のチボリ公園。 ここもホテルから歩いてすぐ。 ここは倉敷かとおもた。

一番お世話になったホテル裏にある スーパー Fakta こぶりなスーパーだけどまずまずな品揃え。 22時までOpenしてます。

これもよく見るスーパーNetto よく庶民的といわれていますが 確かに、ちょっとした生活用品 衣料品などもあり、安め。 でも品揃えはちょっと、かな?

有名なマチルダのココア。 甘い甘いデンマークで意外とクールなココア。

はまったのがコレ! WASABIピーナツ。 かなり効きます。 某視察先で、これが出てきたときは驚き。 ダニッシュにも人気?

明るいうちのチボリ公園。 もちろん中には入っていません。 通りすがり。 残念ながら雨の朝。

ショッピングストリート、ストロイエの 中心地あたり。 古きよきデンマークの建築物が並んでいます。 石畳が続くので、ちょいロマンチックよ♪

同じく街中。 デンマークっぽいカラーですね。

ここは超お勧め。 デンマークに行ったら絶対行ったほうがいい。 国立博物館。 なんと無料です。 かなり広いので、半日でも十分遊べる。 時間がないので、1時間で退出(T_T) (急きょ午前中フリーになった日に行く) 10:00-17:00です。(月休)

小学生の社会科学習?も。 かわいーん。

かなり見応えあります。 めちゃ広い。 時間かかります。 古いものが弱い人はちょっと空気悪いかも。 ベトナムでベトコンの呪いにかかってから どうも苦手な場所が増えたかも…

とはいえ、デンマークらしいポップなデザインも。 とっても古い建物と現代アートのコントラストが ステキです。

カールスバーグ博物館。 ここは11時からなので、行けず。 ビール飲めるわけじゃないです(-"-) かなりまともな博物館なのと、 建築系の大学の先生いわく 空間の使い方は他では見られないすごさ らしく、本当は行きたかったんですが…

シティホール横のアンデルセン像。 フツーに突然歩道にあります。 何を憂いているんでしょうか…

コペンのちょっとだけ中心地からはずれると もうこういったモダンな現代建築物(住宅) が並びます。 ほかにもすごいのがいっぱいあるけど 今回仕事がらみなので、UPはちとやめときます。

某視察先の住宅でごちそうになった フツーの家庭料理。 ハーブのきいた温かいお料理でした。 パンまで手作り。 デンマークはキャンドル利用率が高くて スーパーはすごいです。 どこに行っても必ずキャンドル使い。 火事の発生率はどうなんか?と ついつい現実的な発想をしてしまう自分が悲しい。

これも訪問先のアプローチ。 結構どこにいっても、このように 国旗をあげてくれていました。 なんか、古き良き日本みたいですね。 どの訪問先でもとてもハートウォーミングな 歓待でした~(^^)

おもてなしのデニッシュまでに国旗♪

これは世界遺産のロスキレ大聖堂の すぐ横のレストラン(めちゃ雰囲気いいです) でのランチ。 かなり人気店で満員。 予約していたのでOKでしたが。 しかし、このプレートで水で食べろって(-"-) 酒やろ、酒もってこーい! といいたいステキなオードブル盛り合わせでした。 (ちなみに量が結構あるのでお腹いっぱいです)

ロスキレ大聖堂。 今回の決死のハード視察で唯一、急きょ、 見学させてくれた観光名所。 ロスキレは、1700年?頃まで首都だったそう。 街並みは古き良きヨーロッパでかなり雰囲気 よいです。 コペンよりいいかもねー。

大聖堂の中。 この中、王家の棺(中身があるかどうかは不明) がかなり多くて、ちょっと怖いです。 写真撮りまくりの人もいましたが、 わたしはいやーん(-.-) 地元の人も観光客が多い。 入場料いります。確か25Dkr

ロスキレ郊外の訪問先にてバス降りた風景。 ち、地平線ですか・・・(*_*) デンマークはなんと国で一番標高の高いところが 170mくらいだそうです。 飛行機で降りるとき、窓から見て第一印象 「ぺ、ぺったんこの国?」 山というものが1つもないそうです…

最後の最後の訪問先で出してくれた お茶とクッキー。 クッキーはここだけでした。 お茶は、ハーブティーORコーヒー どこにいっても2種類~3種類の飲み物を 用意してくれていました。 本当にハートウォーミングなデンマークの 人々でした♪ カップもシンプルだけどオシャレやねぇ~

ホテルの前の池の風景。 なんだか落ち着きます。 でも、滞在中ほっとんど曇り。 たまに晴れ間が出てもすぐ曇る。 冬場はさみしい北欧ですね。

このパレスホテルの塔はドイツの

市庁舎で結婚式があったらしい。着飾った人達が出て来ました。

アンデルセンの像

流石、道路脇にちゃんとこんなものがありました。

クリスチャンハウンへお寿司を食べに来ました。 グリーンランドから帰って来て、この店、LETZSUSHIを見つけたので、今回で2回目です。

私の好きな LIDO へ行って、旅の締め括りとします。

結婚式の後、ここで記念撮影をしていました。一緒に撮らせて頂きました。

幸せの極みでしょうか。お幸せに!

この LIDO は、空港駅から二つ目で下車し、海のほうへ5,6分歩いたところにあります 。空港で待つよりここで過ごした方が良いので、ぎりぎりまで居ました。 また、来ます!

コペンハーゲン中央駅

和食屋のようでした。お休みなので、メニューがよく分かりませんが。

これ、パトカー?でしょうか。

市立美術館

隣の市庁舎へ入ります。

夜明け前のサン・モリッツの風景です。 今日は、ここからチューリッヒ空港まで列車で行き、コペンハーゲンへ約1時間半のフライト。 その後、荷物を空港に預けて、寝台車へ乗り込みます。

駅前のホテルなので、荷物が重いときはとても便利です。もっと煩いかなと思っていたのですが、それ程遅くまで電車が動いていないので、静かに眠れました。

サン・モリッツからクールへ行く列車の最後尾にレティーシュ鉄道100周年を記念して、当時の1等車両がありました。 日本のツアーがその車両に乗っていらしたので、ちょっと入らせていただきました。

車両の入口にある荷物置き場の窓枠もアールデコ。コートハンガーも木製でした。

当時を伺わせる木製の扉

私は、前の1等車両へ移動しました。 続きます...

Zurich中央駅

コペンハーゲン中央駅

これからこの列車で10時間掛けてアムステルダムまで行きます。

出発は18時38分です。

定員3名のところを一人で使用します。二人だとそれだけ安くなります。隣は男性3人でとても窮屈そうでした。

隅に付いている洗面台です。3人分のコップと石鹸、タオルがありました。

目が覚めたら、ドイツのケルンでした。ここでもたくさんの人が降りました。朝の5時ごろです。

時間を前日に言っておくと、その時間に朝食を持ってきてくれます。私は、7時にしました。

ドイツの朝も皆早いですね。私はまだベッドの中から見ていますが。

やっとアムステルダムが近ずいてきました。

10時20分位に到着しました。 今日の夕方、7時過ぎにまたこの列車でコペンハーゲンに帰ります。 凄く疲れると思ったのですが、よく眠れた勢か、帰りの飛行機の方が疲れました。寝台車はフルフラットですからね。

ベッドにするとこんな風になります。帰りの列車なので、向きが反対になっています。

アムステルダム中央駅前でバス、トラム等の停留所や案内をしているボランティアの人に出会いました。去年は見かけなかったので、お話を伺うと、4年前からあったそうで、市のボランティア団体だそうで、赤いジャンパーやカバンが可愛いですね。皆さんも駅前で見かけたら、何か訊ねてみて下さい。親切に教えてくれますよ。

昼間に見学した、世界遺産のクロンボー城の沖合を通過するところです。世界で唯一、お城の尖塔が灯台になっているようです。日が落ちて、尖塔以外のお城の姿は暗闇の中でした。

美しい運河の風景

遊覧船上より眺めた岸辺のマーメイド

マーメイド(人魚の像)

マーメイドの側にある公園の噴水

とある場所でノミの市が・・・

市内の広場

華やかなコペンのカーニバル

同上

同上

世界的に有名な美しいチボリ公園

同上

同上