スポンサードリンク

オーフス バス サービスってどんなところ?

オーフス(”Århus”)は、コペンハーゲンに続くデンマーク第二の都市である。人口は約29万人。1928年に創設されたオーフス大学でも知られる。
ユラン半島(ユトランド半島)の東岸、オーフス湾に面した港湾都市である。農作物の他、石炭や鉄もこの港から主に輸出される。近隣の都市としては、約100キロ北にオールボー、85キロ南のフュン島にオーデンセが位置する。
948年に、司教座がおかれた。北海、バルト海交易の隆盛とともに発展し、14世紀にペストが大流行した際も、さほどの人口減少はみられなかった。16世紀から17世紀にかけては、その人口はコペンハーゲンを上回っていた。
オーフス郊外に、デンマーク消防博物館がある。数十台の消防車や、古い消防器具などが展示されており、この種の博物館としては世界最大級の規模とされる。また、同じく郊外にあるモースゴー先史博物館では、グロウバレマン(”Grauballemand”)と称される2000年前の炭化死体が展示されている。