スポンサードリンク

マルタってどんな国?

マルタ共和国(―きょうわこく)、通称マルタは、南ヨーロッパの国。首都はバレッタ。地中海に浮かぶ島国で、共和国である。ミニ国家の一つ。
長靴のようなイタリア半島が、シチリア島を蹴っているとすると、その下に弾かれた小石のような位置にある。公用語は、マルタ語と英語。イギリス連邦と欧州連合に加盟している。
カルタゴ、共和政ローマ時代に既に地中海貿易で繁栄し、その後一時イスラム帝国の支配に入ったこともある。それに抵抗して戦ったマルタ騎士団がこの土地の名前を有名にした。
冷戦 東西冷戦の終結を告げる歴史的なマルタ会談の舞台としても知られる。1989年12月3日、当時のミハイル・ゴルバチョフ ゴルバチョフ・ソ連共産党書記長兼最高会議議長とジョージ・H・W・ブッシュ ブッシュ大統領(第41代・父)がマルタで会談し、戦後40年間続いた冷戦の幕引きを世界にアピール、欧州新秩序づくりへ向けての一致協力をうたった。

マルタの地図

マルタの写真・旅行記

去年はなんとなく海外には行かなかったけど、年末から行きたい気持ちがどんどん湧いてきて、勢いで申し込んだマルタ共和国ツアー。バカンスのシーズンではないので、人少な目でのんびり観光できました。 ヴァレッタ→青の洞門→マルサシュロック→イムディーナ→ポパイ村→ゴゾ島→スリーシティーズとまわりました。 今後行く方の参考になれば幸いです。

マルタ共和国のツアーはANA、ターキッシュエアライン、エミレーツ航空を利用するものがあるみたいですが、マイル貯めてるのでANAを利用してるツアーにしました。 行きの分は何にも言わなくてもマイル追加されてたけど、帰りはフランクフルト→成田分だけ処理されてなかったので、後日自分で申請しました。お国柄ですかね。荷物預ける際にカード見せればいいんでしょうが、チェックイン作業で忙しい時に仕事増やすのもな・・・と思って遠慮してしまう。まあ、自分で申請した方が確実ですw ANAだとフランクフルト経由。フランクフルトで1泊してから翌日にルフトハンザで移動でした。フランクフルトで泊まったホテルは何回かお世話になってるibisでしたが、写真を撮るほどでもなく。エレベーターが3機あるのに、全然やってこないというのが一番印象に残ってますwせっかくドイツに来たけど、宿泊先は中心地から離れていて、着いたのも夜だし、全然観光できず(´・ω・`)

ルフトハンザででたサンドイッチ。シンプルだけど、美味しかった。でも足りないから、空港で買ったパンも食べました。この日はランチついてないのです。飛行機からはアルプスの山々が見えました。

マルタ島が見えてきました!海に太陽光が当たって不思議な感じ。曇ってるな?

着いたのはお昼過ぎなので、さっそく首都ヴァレッタ観光に向かいます。晴れてきた!

ここはヴァレッタのメイン通り。一番人がいました。

もともと騎士団の宿舎だった建物で、現在の首相官邸。

ヴァレッタの海までの道。すごい高低差です。シドニー並みです。 出窓がカラフルでかわいいですね。

アッパーバラッカガーデンからスリーシティーズが見えます。スリーシティーズはツアーに入ってないので、自由行動の日に行きます。私の大好きな海事博物館があるみたいなので!

再度ヴァレッタの街。お祭りの日らしく、音楽隊が歩いてました。

しかし、それ以外の通りは日曜日というのもあって、店は開いてないし、人はいないし。

メイン通りにあるカフェ・コルディナ。ガイドブックにも載っているお店です。

街を一通り見た後は、騎士団長の宮殿へ!現在ここは大統領府と議会があるので、すべてを見ることはできません。また日によっては開放されていません。

歴代騎士団長の肖像画と甲冑が置かれています。 マルタ島に来るにあたり、マルタ騎士団について調べておくと全然面白さが違います。今回はツアーだったので、ガイドさんが全部説明してくれましたが。 オスマントルコによって騎士団がロードス島から追い出されたエピソードは、漫画『夢の雫、黄金の鳥籠』で見たなぁ!と思いながら解説を聴いてました。

天井も床も見どころたくさんです。 写真不可でしたが、タペストリーの部屋というのがあって、帆船の描かれているものがありました。それこそ写真に撮りたかったのに・・・(;^ω^)

歴代の統治者(大統領など)の肖像画が置いてある部屋。

今の大統領は女性らしいです。 この旅行に行く数カ月前、マルタ島で政府を追及していた女性ジャーナリストが暗殺された(車が爆破された)事件がありました。末端の人は逮捕されたらしいですけど、黒幕はまだ、だとか。うーん、どこの国も政治の世界は・・・。

マルタ島は元イギリス領なので、エリザベス女王の若かりし頃の肖像画もありました。

こちらの部屋はマルタ騎士団とオスマントルコの戦いを描いた絵画が展示されています。

マルタ島をオスマントルコの海軍が囲っている様子。上じゃなくて下の方に飾ってほしい(;^ω^)見えにくいよ

この方は戦争がなくなって、豪遊していた時の騎士団長らしいです。身に着けてるものがフランスの貴族っぽいですね。古い肖像画では本当に騎士団長?ってくらいヒョロヒョロした人物も(失礼w)いたので、ずいぶん違います。

すごい色のアイシングケーキ・・・w

メイン通りに戻ってホテルに向かいます。おもちゃ屋さんの前にプレモービルの騎士団長が(^^♪

宿泊したホテルはbe.Hotel。 Bay Street Shopping Complexというショッピングモール併設なので、ホテルをでれば騒がしいですが、特に室内では気にならなかったです(部屋の位置によるかもですが)あと、買い物には便利だと思います。イギリス資本のマークス&スペンサーがありましたし、典型的な土産物屋もあります。レストランもスーパーも徒歩圏内です。 私は追加料金を払って1人部屋。ツアー参加者とシェアすることもできたんですが、知らない人と一緒はさすがにね。。

毎回ヨーロッパのトイレを見るたび思うのですが、トイレの紙の位置おかしいよね?w使いにくい!w

アメニティはしょぼい。ほぼ自分で持ってきてるから別にいいんですが、後日補充がされてなかったのがちょっと。。。 というわけで、荷物を置いたので、近所のスーパーへGO!

部屋は広さ十分。きれいでしたよ。

ハムのコンソメとは珍しい。もちろん買い!

ホテルから徒歩3分くらいにあるArkadia Food Express。 スーパーに行ったら恒例のクノールちぇーーっく!!w けっこう種類ありますね。

イタリアが近いだけあって、パスタの種類が多いです。欲しい種類あった♪

マルタワインもすごい種類・・・しかも安い。どれ買っていいかわからーん。マルタ産と書いてあってラベルが可愛いやつをチョイス。 ちなみにこの近くにQMarketというスーパーもあります。

スーパーをでたら可愛い猫さんがいた!ふわふわで目がクリクリ!

というわけで、初日から買い過ぎ。 コンソメはハムとベジタブル。左下はクノールのブロッコリースープ。タコのガリシア風の缶詰は、ぎっしり詰まっていて美味しかった。ワインは2本買ったけど、後から気づいたが赤ワインを2本買ってしまっていた・・・そして後で、白ワインを追加してトランク重量との戦いにw チューブタイプのトマトペーストもマルタ土産の定番だそうで。トーストに塗ってとろけるチーズをのせて焼けばピザトーストの出来上がりです。 マルタはばらまき用のお菓子の種類が少なくて、悩みました。チョコが挟まったビスケットと適当に選んだ飴はドイツのものだけど、もらった人はそんなこと気にしないだろうとw

マルタ島の名物お菓子gallettiとtwistees。gallettiは思ったより重いクラッカーでした。左のパスタはBarillaのtortellini(トルテリーニ)。ラビオリのように詰め物をしてリングの形にしたパスタ。これはハムとチーズが入ってます。これが225gもしてですね・・・この後リコッタチーズとほうれん草(250g)のも見つけちゃって、パスタは全部手持ちになりました・・・

道が真っすぐに延び坂の多いヴァレッタ オールドベーカリー通りを含めストリート散策が楽しいです

■Castille Hotel Valletta■ ヴァレッタの中心部に位置しているのでとても便利なホテル

Malta Fun Trains Bugibba(ブギバツアー45分)は、9:30から毎1時間ごとに出発しています 大人5ユーロ、子供12歳まで3ユーロ

■聖ヨハネ大聖堂(St John's Co-Cathedral)■ ※日曜・祝日は休館日です ヽ(*・ω・)-oo-(*・ω・)σ行きましょー

(゚◇゚ノ)ノ!!うわ スゴカーッ 聖ヨハネ准司教座聖堂の天井画は、巨匠マッティア・プレッティ作「円蓋の絵画」によるもので、床には墓碑銘や絵が描かれた400枚もの大理石板が敷き詰められています。

アングロバイエルンラングの礼拝堂

みんな拝んでいきました (*μ_μ人

ハンドヘルドオーディオガイドを無料で貸し出してくれるので、日本語に変換してガイドを聞きながら礼拝の聖地を見てまわれます

鷲 (紋章) 鷲は強さ・勇気・遠眼・不死・空の王者や最高神の使者とも考えられています トルコ軍にロードス島を攻略され、マルタ騎士団がローマの皇帝カール5世によってマルタ島をもらい受けた時に鷲が形式として使われました

マルタ国立図書館前のQueen Victoria像

主祭壇  (゚0゚ノノ)オオーッ!凄いっ

Philermosの聖母の礼拝堂

数千年の時を越え地中海文明とカトリック教が見えてくるようです

「聖ヨハネの斬首」の絵もありました、画家カラヴァッジォが残した作品の中ではインパクト大です!

ヒサッチがかじりつく o(゜Д゜)oジーーーッ   (⌒u⌒;)、、買っていいよ

聖堂内は騎士団を構成する8つの礼拝堂に分けられ、それぞれの守護聖人に献堂されています。

■St George Square(セントジョージ広場)■ 強風で噴水の高さが低かったけど夜の噴水は色光が綺麗ですよー

火のある暖房で夜の食事のムード満点 ♪アッタカインダカラァ?(*^(ェ)^*)ノノ【《囲》】ストーブ

美しいマダム  ヨーロッパ人はやっぱ絵になるなぁ?

Tourism horse-drawn carriage malta マルタ名物の観光馬車

ヽ(^▽)ノ ワオオ-ッ!! ヽ( ≧▽≦)/ 港グランドハーバーと三都を望む見晴らしの良い展望デッキ

ここで記念写真w

【Malta's History】 11世紀キリスト教十字軍が発足 1113年、聖ヨハネ団knight of the Order of.St.Johnがパレスチナに創設される 1291年、騎士団はイスラム教徒によって聖地パレスチナを占領されたがギリシャのギプロス、ロードス島に場所を移し「異教徒に対する防御の盾」として復活。 1522年、オスマントルコ軍によってロードス島から追われたマルタ騎士団は、新たな永住地としてマルタ島をローマ帝国の皇帝カール5世からもらい受けます。

しかし侵略とマルタ騎士団を追い詰めようとするトルコ軍が再び攻めてきて、1565年に大包囲戦“Great Siege”と呼ばれる戦いではシチリアからの援軍を得てついに勝利を収めます。 ところが平和な時代が長く続かないのはどこも同じでした。 1798年、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍と戦わずに降伏してしまったのです。 フランスによる支配下はたった2年間で終止符が打たれます、それはイギリスに援助を要請してフランス駐屯部隊をマルタ島から一掃した後、英国統治が160年間続きましたが、1974年には共和制を宣言してマルタ共和国が誕生しました。

■騎士団長の宮殿(Grand Masters Palace)■ 今ではマルタ衆議院、マルタ共和国大統領オフィスにもなっていて一部を公開しています

真っ青ww

カラフルな出窓

マルタ騎士団のガレー船とオスマントルコのガレー船による海上戦の様子が描かれています。 Grandmaster Ramon(騎士団長ラモン)の絵画も飾ってありました

宮殿内部は、上院議会ホール「王座の間」、「赤の間(天使の間)」、「小姓の間」や、ペレロス騎士団長が私費を投じて織らしたゴブラン織りの三大陸を描いたタペストリーや、グレートシージ(大包囲戦)の名場面などが見られます。

宮殿兵器庫にはマルタのソブリンHospitaller騎士修道会の武器や防具など、十字軍時代の貴重なコレクションが展示されています 廊下に並ぶ中世の甲冑も含めすべてが本物!

こちらの鎧のスーツはイタリア・ミラノ製かな カッコいい!

火縄銃をつきたてられ Σヾ(`□´;||| ノ  Don't shoot meー!!

バレル式のストリートオルガンも聞けた♪

マルタ人の芸術家ジョヴァンニ・ボネロの手により描かれた当時のマルタとゴゾの風景

ネプチューンの中庭から中へ入って行きます 営業時間9:00ー17:00(最終入場16:30) 宮殿武器庫と国家部屋合同入場料のチケットは、大人8ユーロ、60歳以上のシニア6ユーロ、6歳?11歳の子供4ユーロ

まるでファイナルファンタジーみたいな世界ww

1530年のマルタは火器の使用が急速に戦争を革命化してゆきました。

敬礼!!(ノ*´_U`)-oo-(*`・∀・´)ノ さぁ行くじょ

セントジョージ広場に戻ってきました

20:00を過ぎるとライトアップ

シッ、・・・

宗教は大多数がカトリック なので日曜日がお休みのところが多いです

槍 聖ヨハネ准司教座聖堂には騎士団総長のジャン・パリゾ・ド・ヴァレットが納骨堂に葬られています

刀剣

マルタのお巡りさんだw

City Electric Cabs ヴァレッタの街を走る電気カー

正午12:00の砲撃はお見逃しなく!

Faiya!

(*'-')*'.') П__...:γ:...__П 噴水

重さ110ポンド(50kg)とかなり重そう

鎖帷子と盾には、弾丸によるへこみや剣や刀などの傷が残っている

1565年のトルコ軍との包囲戦で戦った大砲もあります

コレクションはアロフ・ドゥ・ヴィニャクールとラ・ヴァレッテと、最も重要な総長ふたりのものを含む16世紀ー18世紀のものが保持されています。

甲冑の防弾効果バッチシ

Amorino Malta 営業時間8:00ー22:00 イタリアのアイスクリーム屋さん

お見事なバラの形のジェラート! かわいすぎるぅ?ww

早く食べないとすぐに溶けちゃうよー (●≧з≦)っ⌒。....

カップorコーンのどちらかで ジェラートは3種類選びます。 コーン:大5ユーロ/中4ユーロ/小3ユーロ

■Victoria Gate■ 英国ビクトリア女王の名にちなんで1885年に建てられました グランドハーバーから都市へのメインゲートです

この辺でマルタ花火大会があったけど最終日の4月30日はゴゾ島に滞在していたから見れなかった、 (*┳ω┳)ノ残念。。。

商人が使用する歴史ある倉庫

■BARRAKKA LIFT■ 上昇の為のエスカレーターは1ユーロ必要 Upper Barrakka Gardens(アッパー・バラッカ・ガーデン)に登ります

Malta Artisan Markets 市場でミニオンのクッションを発見! スチュアート購入♪1.5ユーロ

ナイスビュー(゚∇^d)

あっという間にバラッカの庭園です 超楽チン!

いずれは地中海クルーズもやってみたいなぁ

MSC Crociereが出航していきます いってらっしゃ━━.+゜ヾ(*・ω・*)゜+.゜。━━い!

Dokaaaaaan!!!

石灰岩塔の下には、兵士の遺体の埋葬を象徴する巨大なカタファルクがあります

カンノーロ(cannolo)です シチリアで有名なお菓子 うまっ♪

Lower Barracca Garden(ロウアー・バラッカ・ガーデン)からの眺め マルタ大包囲戦(英国提督&マルタ市民であったアレクサンダージョンボール)の記念碑がある公園

(dun-mikiel-xerri牧師の記念碑)政治活動者でマルタ愛国者 ナポレオン率いるフランスの規則に対抗して1799年に射殺されました

■Upper Barrakka Gardens(アッパー・バラッカ・ガーデン)■ ナイスビュー!!(b~_^)b

内装がとても優雅です(o˘v˘o)

メニュー表は写真付きで親切です

ロマンチックなお菓子たちw

チーズやジャム&ハニー、オリーブオイル、キャンディ、パテなども販売しています

マルタ騎士のレゴくん

バスターミナル

DATES KIOSK マルタのパンやデザートが並んでるw ここの売店はおすすめ!

■Siege Bell War Memorial■ 攻城ベル戦争記念館は、1940年ー1943マルタ包囲戦で命を失った7000人以上の人々を称えるために1992年に建立されています。

Marsamxett Harbour(マルサイム・シェットハーバー)方面に出ます

スリーマ行きのフェリー乗り場

ヴァレッタ⇔スリーマ間 所要時間は5分、1.5ユーロ

坂と階段が多いヴァレッタです

トンネルをくぐるとValletta Waterfrontへ行けます クイーンエリザベス号だ!

はぁ?い!!

マルタ十字 8つの角をもつ意味は、騎士道における「忠誠心・敬虔さ・率直さ・勇敢さ・名誉・死を恐れないこと・弱者の庇護・教会への敬意」の美徳からきています

~~匸Pヽ(*´ω゚*)y САFЁ ТΙМЁ☆彡

Dome of the Carmelite Church を眺めながら

昼間は観光客など賑わっていますが夜は静寂です

バラッカの庭園

■Auberge de Castille Valletta■ ヽ(゚Д゚ ) マルタ首相府 カスティーユ広場にあり、近くには証券取引所やアッパーバラッカ庭園があります。またヴァレッタの最高点に位置しフロリアーナとグランドハーバーのエリアを見渡せます。

毎12:00と(16:00)には、時報を知らせる伝統的な大砲の合図が発射されます

マルタ いいところだなぁー(¨*)(‘-‘*)

d(d´w`*)ムフフッ

メニューの多さには戸惑いましたが、マルタ伝統スイーツ「ハニーリング」をこちらのお店でも頂きました

4人乗りです

゛ヘ( ̄(エ) ̄ヘ)マルタテディベア

Arrivederci! 

運よく衛兵の交替式が見れました!

■Caffe Cordina■ http://www.caffecordina.com/ 175年以上の歴史ある老舗店

■D'OFFICE bistro■ http://d-officevalletta.com/ AM10:30ーPM10:00(金・土はPM23:00まで) ※店内の飲食は予約が必要です「外での飲食は予約不要」

"Republic of Malta" (●゚ω゚)o【1974年12月13日にイギリス連邦内のマルタ共和国となり 2004年5月1日に欧州連合EUに加盟しました】ヽ(゚ω゚○) マルタ また訪れたい国です。*゚+.★

アコーディオンを弾くおじいちゃん 本場もんヨーロッパの生演奏が聞けました♪

グランドハーバーを見渡すと、フォートセントアンジェロの砦やヴィットリオサやセングレアの都市が見えます

MAP2011年版を参考

海に囲まれています

ほんと要塞みたい

めちゃくちゃ固いのかなーと思い、たたいたり割ったりしたけどそんなに固くなく普通に噛めた ( ̄?; ̄)モグモグモグ

アラゴンのラングの礼拝堂だったかな!?

リパブリック通り

ESPRESSO WITH MILK 

営業時間は平日18:15ー23:00、土日12:00ー15:00、18:15ー23:00 カジュアルレストラン

Tirami su  (*´≧д≦)vオイシーーー!!

CAPPUCCINO GREEN RADY

ハーブやジャム、チョコレート、ドライマンゴーも売っています

エスプレッソやコーヒーの他には、フレッシュジュース、ミルク、紅茶、ビール、ワイン、ウィスキー、スイーツ(カップケーキやヨーグルト、パイ)があります

Balluta Bayから眺めたところ すぐ近くにホップオンホップオフバス停留所があります

■CAFFE BERRY Sliema■ http://www.caffeberry.com/ 営業時間 月?土8:00ー19:00、日曜休み 店内かなり狭くて座席数少ないです、でもおいしいコーヒーが飲めるので大人気      

マンゴーお持ち帰り♪ いやぁ?行ってよかった、美味しかった◎◎◎ 日本人の留学生たちもきて、お客さんが次から次へとやってきましたが店内入りきれず大人気店でした。

カップルや友達同士が多かったです。おひとりさまも何人か来ていてみんなゆったりとくつろいでいました

階段を降りるとイタリアンな雰囲気

やっぱバルコニー席の方がいいでしょー

SPAGHETTI NETTUNO 11.95ユーロ イカの入ったシーフードパスタを注文 1人前をシェアして出してくれましたw 人≧∀≦*))アリガトウゴジャイマス

LOCAL RABBIT 15.5ユーロ ウサギ肉はマルタ郷土料理

ブラジオーリ(Bragioli) 15.5ユーロ 牛ひき肉を薄切り牛肉やベーコンで巻いた煮込料理

玉子が入ってる

スタッフはみんなフレンドリー イケメンいたw

夕方からは混雑し始めるので少し早めに行った方がいいです

■Piccolo Padre(PIZZERIA & TRATTORIA)■ http://www.piccolopadre.com/ セントジュリアンの海岸に沿って建つ、ロケーションの良い焼きたてピザやパスタが食べられるお店

セントジュリアンの海辺を見ながらトラットリアのピザ、パスタ、ブルスケッタ、グリル料理やデザートを頂けておすすめです!

ここのレストランにはマルタ大統領、イギリスの首相、政治家、芸術家や多くの著名人たちが訪れる場所として有名なんだそうです。

HPにあまり紹介されていない穴場のレストラン Denominazzjoni TA’OriġiniKontrollata(DOK)マルタで認定されたワイン 品質が保証された地元ワインも飲めますよー

こちらは本格的なエスプレッソ マルタ十字、カッコいいなー

カプチーノにマルタ十字

地元の人はかぶりついて食べるそうですが、レストランではフォークを持って食べました 臭みがなく鳥に似た味

地中海で獲れたシーフードを堪能できます♪ ロブスターおいしそう!

ロブスターのスパゲティも旨かった

身が、ぷりっ ぷりです! (*ゝω・)o―∈~いっただっきまぁーす♪

■La Maltija restaurant■ http://www.lamaltija.com/ マルタおもてなし雰囲気バッチシのレストラン

カニの甲羅割り、硬い(汗。)

つけ出しのブロッコリーとポテトの量が半端ない お通しなのにポテトがほくほくでめちゃくちゃ美味しー!

ウサギの煮込み

パスタの茹で方 はアルデンテ 歯ごたえある食感もパスタの美味しさもさすが メニューには揚げイカもあってそっちもおいしそーだったなぁ (*゚Д゚)つ━くコ:彡━ 

店内はお宝の宝庫 (人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

先祖の蝋人形かな!?

店員さん「ピールを持ってみな!」というので 持たせてもらうと写真まで撮ってくれましたw 窯と床にマルタ十字の紋章

Soppa tal armla(未亡人のスープ) 約みじん切り野菜から成るスープはcheeselet(チーズ)とポーチドエッグ添え さっぱりめだけど旨かったなぁー♪

セットメニューランチをチョイス パンチの効いた濃厚なトマト味のペンネ! (,,゚∀゚,,)Ψ ゥマゥマ 写真はないけどパンが付きます

注文したFtira、ピザとはちょっと違う伝統料理 今から(w>ω<w)こんがり焼かれます♪

■Nenu the Artisan Baker■ http://www.nenuthebaker.com/ 営業時間は火?土11:45ー14:30、18:00ー22:30      ※日曜日は11:45ー15:00のみ      (月曜日が定休日です)

今日のスープ トロトロなマッシュルームのスープ これがまた超うまっ♪

木材バルコニーが壁にずらずらと並んでいるぞぉー

かくれんぼ

ここでTVを見れます、いいねー

カップケーキ、レモンケーキ、ブルベリースムージー、ホットスナックを注文 ((“(人ω・)(・ω人)”))

インテリアが凄すぎるw

ロコペりさん 紛れ込む|-^)

ハニーリング(Small Honey Ring) 定番スイーツはこちらでも頂きます♪

イケメンいたww

店内でも食べれますが、天気の良い日はやっぱ外のパラソルの下でw

伝統的な「Ftira」を食べられるお店 階段が透明なのでミニスカートだと危険(笑)

シチューやホットポットどれもおいしそう うさぎ料理もありますよー

店員さん「ちょっとこっちきてみな!」っていうので ついていくと厨房内の石窯を見せてくれましたw 100年以上使ってるそうです

Minestra(ミネストローネ) スゴーク(人´∀、`〃)オイチイー♪

Ta 'Zeppi Cirwilla Ftiraのベースに薄くスライスしたジャガイモ、薄切り牛肉、トマト、ニンニクとパセリをトッピング。量が多くて食べきれなかったけどとにかく美味しかった ぅまっΨ(・ε・,,★))((☆,,・з・)Ψぅんま

キニー(Kinnie) ビターオレンジ風味のコカコーラ飲料 ∪ヽ(*^ω^これ大好き!

マルタの田舎の風景

■ D'Office, Valletta■ http://d-officevalletta.com/ AM10:30ーPM10:00(金・土PM11:00まで)

サンジョルジュ広場ヴァレッタ中心地の裏路地にあって、マルタ料理&地中海料理を食べられる居心地のよいビストロ店、小さな家族経営のレストランです

■Caffe Cordina■ http://www.caffecordina.com/ 営業時間は月?土8:00ー19:00、日8:00ー16:00 1837年に設立、1944年バレッタにコーヒーショップを移転、美しいインテリアの内装とパラソルのある屋外席でのんびりとお茶を楽しめます

単品のリゾット 少し固めに茹でたお米に、鶏肉や豆、チーズなど具だくさん、クリーミイで濃厚な味のリゾット 全ておいしくて v(,,>∀<,,)v 大満足です!

料理を待っている間も楽しい空間 見てたら全部欲しくなる ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

予約なしで行ったけど、お昼のピークを過ぎた後の時間帯だったのでお店の中に入れてもらえました。サービスは満点です♪ (予約なしだと通常外での飲食になります)

お店の看板オリジナル絵画

o(=ёェё=) ホテルのネコ

朝ごはんの時間 地元の餌やりさんから餌をもらいに集まってきた

o(=・ω・=o)♪黒猫のタンゴタンゴタンゴ

餌の心配なさそーだ

d(=`ェ´=)b食った食った! 昼間は木陰や車の下でごろごろしてます えーなぁ~。

■Independence Garden Sliema(インディペンデンスガーデン)■ ちょっとした庭園で猫(=^ω^=)ノがおります

ε=== ( =´∇`=)ニャ~ン おっ!マルタの猫が寄ってきたw

(ノ≧▽≦)ノ.*おやつあげる

+.(っ´∀`)っ゚+.゚おいでー♪   ニャ?ン(=^・^=)

The Westin Dragonara Resort, Malta ホテルの立地がSaint George's Bayの近くで海岸に沿って建っています ヒルトンホテルにはとてもかないませんが、部屋が広くて快適です

~( ^-x-^)スピピピ ピー.oO

*ΦωΦ)/ >゜)###)彡 エサくれニャー

γちょっと待っててねー

ヘ(^・・^=)~ ミャーミャー これはおねだりだな

ヽ(∇⌒= )アリガトニャー ふっ かわいいやつ、 |* ̄ー ̄|/" ヾ|* ̄∇ ̄*|またねぇー♪

オーノー!!ヽ(●´w`○)ノカワイイーヽ(●´w`○)ノw

か、かわいいーっ!! +.゚:。スリスリ(〃’ω’人’ω’〃)スリスリ.+゚。: ~(= _ _)ミ-

呼んだらこっちきた!

~(=^-ェ-)ス-ス-.oO

トコトコトコ.....(((((ヾ( o=^・ェ・)o 

(=゚ー゚)ρエサモッテル-?

ミャー! Ψ=^∇^*=Ψ すんごい人慣れしてる

ニャッ(=`∇´=) いつも餌もらってるだろ

┃^‥^=) ジイー...............

-(^._.^)ノ! この中にもネコちゃんいました ~(=^--^) .oO ゴロゴロ

バイバ-イヽ(o・ω・o)ノ゛

ここもネコpoint!です

スピノーラ湾

(=?。?= )~ ミーミー

ヾ( o=^・ェ・)o ~(=^--^)ムミ 夜になるとどこからともなく猫が現れます

ガリガリ、ガリガリ、ΦwΦ=)ツ+

=゜w゜= にゃー

バレッタにあるアッパー・バラックカ・ガーデン

βyё βyё≡≡≡ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(´▽`*) U>ω<) 「ワンッ!」

テクテク階段を上がってくるUo・ェ・oU"ワンコ

猫ボックス!?

zzz((=_ェ_=)お昼寝中よ、

''o(U・ω・)ヽ(~-~ よしよし、  なでなで

一人でお散歩中かな!? ▽・w・▽クゥーン

ビクトリアゲート近くにあるSant orsla Str malta

マルサルフォンや、シュレンディや、マルサシュロック、青の洞門も行きたかったなぁー、、 時間が全然足りないです。 要塞の壁、石灰岩の建物、カラフルなバルコニー、印象的な教会、綺麗な海、美味しい料理やデザートをもっとたくさん満喫したかった

>>ヽ(*`ε´*)(ノ>0<)ノ ふぅ?、もう腹いっぱい もっと色々な地中海料理を食べたかったけれど、マルタ料理は量が多くて1皿でお腹いっぱいになってしまいます。

これなんかすごくいいなぁー

(/-(エ)-?;)クマッタ おやつがもうない、

レストランの奥はカウンターバー

戦利品です♪ カップラーメンが激マズですヾ(゚Д。il|! ((((;@@)。。こんなにまずいの食ったことない!!!

(*;д;)ノさよぉーならぁー!! マルタは本当にいいところですね これから行かれる方もぜひ楽しんで来てくださいね☆

地下ですが明るい店内

マルタ十字のジュエリーゲット!*.:。+゚☆

マルタのパン 焼きたてが食べられますよー

ヾ(=゚・゚=)ノ何かくれニャ!

マ シ ゙ ヵ ヮ ェ ェ ー !!!

ここもネコpoint!

マルタ島チルケウワ港から送迎車で約1時間 ホテル「ウェスティンドラゴナーラ・リゾート・マルタ」に到着

ピンクの外観のホテル あっ!猫

ぴょ?んw

朝食付きだからしっかり食べに行きます

白が基調の落ち着いたエントランス

ウェスティンのお部屋の中はシンプルです 残念ながらバルコニーからの景観が今ひとつ、、 (o´Д`o||

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープなどはありますが、歯ブラシ・ヒゲそり・スリッパは無し

キングサイズなみのベット でかっ! 2つともメチャクチャでかいぞー

くつろぐ( ´▽)-3

ORVM(ラウンジ&ピアノバー)が見える

///||ョ∀・*)。o○(地中海だぁ)

プールの向うは海に降りていけます

泳ぐにはまだ早く 5月中旬からがシーズンです

プールは少し小さめ

普段は穏やかな海岸です

のーんびり(●-Д-)ゞ*:.。.:*

Corinthia Hotel St George's Bay Malta(コリンシア ホテル セント ジョージズ ベイホテル)が見えています

カニもいる

小魚だ

こっちはSaint George's Bayです

海岸で遊ぶ♪

ハイジー  クララー イタリア語で別れのシーン 声がそっくり!

St.George's Bay Bay Streetにはたくさんのお店が並んでいます

周辺のホテル客がbeachで日光浴中 (o_□_)oポテッ ( _ _)( _o_)グオー

St.George's Bayの周辺は夜になると観光客で賑わうお店でいっぱいです

Bay.Gelato D.I.Y 自分たちでつくるアイスクリームに挑戦! 好きなジェラートと果物をトッピングして量り売りするお店

楽しい体験ができますよーww めちゃくちゃだ (ノ××)ノ▼ヽ(_ _;)

インターコンチネンタルホテル周辺は、ベイストリートショッピングセンターもありました。

スチュアート マルタだから中世ドラキュラ時代を置いてるw

MR FINGER テイクアウトフーズが沢山ある (σ~o~)σウマソー

ダンス ダンス♪ヾ(^o^)ゞヾ( ̄◇ ̄)〃

ナイトライフの中心地でクラブやバー、カジノがあり夜遊び族向けの娯楽がいっぱい

キニー(Kinnie)も4種類ある

portomaso business towerの近くにはアウトレットとArkadia Foodstore スーパーマーケットは品ぞろえ良かったです

フルーツカップやお寿司まであるぞ

美容室 チョキチョキv

San Giuliano Catering Ltd サンジュリアーノケータリング株式会社が(サンジュリアーノ、ラファエル、ジラソーレ)3軒のレストラン運営しています

テラス席に出てスピラノ湾を眺めながら、ピザ、パスタ、サラダ、自家製バーガー、魚、ケバブなど軽食が食べられるお店

※朝食が9:30ー11:30の間で毎日提供されています

■Gululu - Kcina Maltija■ http://gululu.com.mt/ マルタ料理のカジュアルレストラン、うさぎ料理、マルタのソーセージ、ヤギのチーズ、揚げタコもあります

(←左)GIRASOLE RESTAURANT パスタ、肉、魚料理、パエリア、地中海料理の食べられるお店 営業時間は18:30ー23:00

■Spinola Bay■ スピノーラ湾は、昔は小さな漁村で騎士団の狩猟用仮宿舎や礼拝堂や村落がありましたが、現在では数ブロックのアパートメントやホテルやパブにかわり若者に人気の観光地へと変わってゆきました

網にかかった魚を横取り すかさず猫に与えるクニ像 ♪"ヽ(=^゚ω゚)^<+ )))>< _(-ω-`

スリーマへと向かいます テクテク ((((o^ー^)o ...(((〃・・)ノ遠い

何故LOVEが逆さま!?

(´´ж`*)おじいちゃんと(・∀・∪)oワンコ

√\o(^ )♪ 釣り

マルタのふしぎな鍵 ドラクエシリーズの鍵を見つけてマルタの扉からいろんな国へ行くのと同じ意味合いなのかなぁ!?

あっ! いたいたww

Luzzu(ルッツ)の目は、古代エジプトの王権と健康の象徴である「オシリスの目」からきています。 オシリスは、エジプト神話に登場する豊穣と冥府の神様 2000年以上前、地中海で交易していたフェニキア人達が船につけていた目の名残。 船に目があると船が自分で危険を避けてくれるそうです。 また、ブルーの部分が多いのは聖母マリアの色からだとか。

猫と漁師さんの像

マウントカーメル聖母の大聖堂が見えます(左)

■Independence Garden Sliema■ インディペンデンスガーデンは緑の空間とスリーマの遊び場です

セントジュリアンからスリーマまで、海岸沿いの遊歩道がずーっと続いているからランニングをしたり散歩するのがおすすめです タッタッタッε=ε=ε=ε=┌(;・_・)┘

サンジュリアンズ湾に面した公園 猫<ΦωΦ>pointです!

Piccolo Padre(PIZZERIA & TRATTORIA) http://www.piccolopadre.com/

スリーマの駐車所で見つけた腰から下の部分の壁画or落書き!?を発見!! ※アーティストはスリーマにいるフランス人で、イタリアに顔の部分があるみたいですよw

■CAFFE BERRY Sliema■ http://www.caffeberry.com/ (*´∀`*)p■~~~■P(*´∀`*)コーヒタイム♪

Malta Figolli 復活祭で食べられるお菓子

フェリー乗り場から徒歩5分ほどの Triq Manwel Dimechストリートを歩いた右側にお店があります

おおっ、この光景が見たかった カンゲキ―゚.+(〃ノωノ)゚.+(≧∀≦`*人―!!!

ヴァレッタを眺めて

愛嬌たっぷりww

・゚・(。つ∀≦。)・゚・。イイ-

マルタでは苺づくしフェスティバルもやってるみたい (*⌒ω⌒*人

いいカモー

スリーマにあるBRATWURST HOTDOG おじさんのパーカーの背中は"TRY MY SAUSAGE"(笑)

フェリー乗り場周辺には、土産物屋やカフェが軒きを並べていました

GIRASOLEレストラン

この辺だけでなく道路を挟んだ向かい側にあるレストランもいい雰囲気でしたよ

San Giuliano Catering Ltd

それにしても遊歩道に突然『love』の逆さま文字 予測できない何かが起きるのかな??

写真はLuzzu Luzzuに似ている漁船でkajjikというのもあります 元々はフェニキア人が海上貿易に使っていたもの、ギリシャやローマとの抗争戦に敗れてフェニキア国家は消滅してしまったんだそうです

SAN GIULIANOレストラン

■La Maltija restaurant■ http://www.lamaltija.com/ 料理長のMr Charles氏はマルタで1997年に最高シェフに選ばれています

Black Knightの甲冑╋ 中世の騎士団ブラックマスターも黒を着ていたなぁ ここのレストランも最高位だぞー!てアピールしてるのかな

ちょっと覗いてみたりもするが、 さっぱ意味が分からん

おいしー料理も頂いてきたので ウェスティンドラゴナーラリゾートホテルに帰ります

ベッドが広々 ありがたやー! 寝心地良さですぐに爆睡。o○ZZzzZZzz

翌朝 スーパーマーケットで買った桃を頂く♪ キニーがすっかりお気に入りに

おはよーございます! 本日ピーカン、朝から暑い

地中海を前にして マルタでヨーロッパの伝統を感じるものがたくさんありました 未だ解明されていない神殿などは謎の多いところです。 あっという間の8日間でしたw (ノ〃・∪・)ノヽ(≧∀≦@)ノ さようなら? マルタ! ヨーロッパ旅行なら次はイタリアに行ってみたいな

いやぁー、ほんと昨日まで風が強くて寒かったのに 今日はまるで嘘のよう、急に外が暑いです (("Q(ω・´o).: パタパタ

今日はみんなテラス席で朝食をとってるな

Pastizziを頂く♪ Pastizziはマルタのペストリーで一番おいしかったです

頂きまーすっ♪

泳いでみたかったぁ?。。

Dragonara Casinoが見えます テーブルゲームやスロットや食事ができるみたい

公共ビーチ

THE TERRACE(テラスレストラン)に行きます

普通に無難にチョイスv

朝食ブッフェ?夕食ブッフェまで テラス席と中でも食べられます

水球の練習中

備え付けのウォーターサーバーでのどを潤す レモン水を(/◎ヽ)ゴクゴク

ヨーロッパの人は日光浴が好きだなあ

港町だからたくさんクルーズ船が出ているw サンセット&ナイトツアークルーズや、人気のブルーラグーンツアークルーズほか色々あるみたいなのでスリーマに来たら船着き場の看板ものぞいてみてねー

ナイフで綺麗に皮をむくクニ 何故フォークで食べる?

CAFFE BERRY ESPRESSO(BLUE ARABICA)♪ トリップアドバイザーでスリーマ№1のカフェ屋さん

マルタ島観光、 ?♪ヽ(*^ω^*)ノ ダイジェスト■マルタ猫&レストラン編■ ?♪ヽ(*^ω^*)ノ ダイジェスト■バレッタ編■ラストへと続きます。

みんなが餌をくれるので(*ΦωΦ*)たちが住みついてます

■Balluta Bay■ セントジュリアン湾を通り過ぎてバルータ湾まで来ました

江ノ島の稚児ヶ淵みたいなとこだなー

(o_△_)oゴロン ヘ(_ _ヘ)

夜になるとスピノーラ湾も多くの人で賑わってきます 【乾杯!】´)艸(` )、q_(^¬^*)ψ、┏(^0^)┛┗(^0^) ┓♪

あぁー もう帰国するのか?、、 。・゚・(ノД`)・゚・。 チェックアウトは12:00  もっといたかったな

冷蔵庫・ポット・インスタントコーヒー・紅茶がついてます ドライヤー・アイロン・貴重品入れもあります

スリーマから出るHop on Hop off Busは「maltasigheeing supreme travel社」があります。 http://www.maltasightseeing.com/ 大人20ユーロ、子供(5-15歳)13ユーロ 運行時間9:00ー15:00、日曜日は14:00まで South tourは赤のバス、North tourは青のバスです

セーラームーンやってる セーラームーンのうさぎ うさぎはマルタの食材ww ピーターラビットのお父さんもパイにされて食べられてたな?

HUGO'S BURGER BAR 巨大ハンバーガーがずらりと並んでるぞ

Luzzu Cruises ハーバークルーズ、ゴゾ島&コミノ島、マルサシュロック市場などへ(コースは選択式)行くボートです

ミ( 'Θ' )彡カモが餌をねだって寄って来ます

■Caffe Raffael Malta■ 営業時間は12:00ー23:00

おはよーございます!

雲が多く風の強いお天気ですが「ガルルウッ」 だんだん晴れてきましたw

クニが起用にナイフとフォークを使って切って食べる 何故 かぶりつかない?

プラムを大量にとってきて食べました

外はちょっと肌寒いので今日は中で

種をきれいに取って実をきれいに分けてるぞ!

■Ebsons Comino Ferries■ http://www.cominoferryservice.com/contact.html コミノ島へのボートは他社でもたくさん出ています。 スピードボート、大きなまたは小さなボート、低速または高速ボート、オープンまたはクローズボート、いずれかのタイプのボートでコミノ島に行きます。

ゴゾ島からだと10分もかからずコミノ島に着きます

往復サービスチケットをここで買いました 大人15ユーロ、5?12歳は半額 行き9:00から毎30分ごとにボートが出ていますが、帰りのボートは毎1:00時間ごとに(最終ボートは18:00迄です)

わくわくv(*^0^*)v

Blue Lagoonに到着ヽ(^◇^*)/ ♪ パラソルとデッキチェアがいっぱい並んでるー 10ユーロぐらいで貸してます

でも、、 |ι´Д`|っ < だめっぽ・・・ 風が出て泳ぐにはちょっと水が冷たかった

ちなみに右奥の方へ進んでいくと、SAN NIKELAW BAYがありコミノホテルが建っています

ヨーロッパ人は絵になるw

ゴゾ島の玄関イムジャール ゴゾフェリーターミナルの近場からコミノ島行きのボートが出ています

コミノ島の海水平均気温ですが、 1月?4月は15℃前後、5月?6月は20℃前後、7月?10月は25℃前後、11月と12月は19℃前後(あくまで参考です)

トカゲがあちこちチョロチョロ顔を出しています

トカゲの島ww

─゚+.((d(。・ω・。)b)).+゚ イイ─☆

よっ!

美しすぎるー

海水浴も日光浴も楽しめますが、日差しが強くて塩分濃度は高めです

ゴロゴロ( (((_△_)

ボートで一緒だったお姉ちゃんたちだ、 恐る恐る冷たい水に入っていって

キャーキャーwww

水死体?

ぐぅーぐぅー(mー_ー)m.。o○

海岸線は切り立った石灰岩の崖で線引きされています

お昼を過ぎるとだんだん暑くなってきて、水につかる人たちが徐々に出てきました _,_,_ミミミ゚+.(っ´∀`)っ゚+.゚_,_,_ バシャバシャ

風が強くて波があるから宙に浮いているようには撮れませんでした・・・

屋台ブースのまわりはゴミ箱もちゃんと置いてあります

泳がない人も多いので混んでいます

小腹が空いてこれはいいねー♪

ここはのんびりと出来ていいなぁー♪♪

飽きない

ミックスソフトアイスクリームを頂く♪ 濃厚!!(o^u^o)

こちら、ほぼ貸し切り状態 ???ヘ(´∀`ノ。・゜゜シャバシャバ???

次は、コミノット(Cominotto)周辺を回ります

マルタ島のチェルケウア湾の方から出ているコミノフェリーコープさん http://www.cominoferries.com/

帰りのボートはコミノ島の洞窟(Cave)を回ってくれます

うわぁーっΣ(゚□゚(゚□゚*)  こんな海の色 見たことがない!!

出たっヾ(゚▽゚ゞ)綺麗なブルー色だぁ!

風さえなければ青の洞門に負けず劣らずです コミノ島万歳!!

クリスタルラグーンと呼ばれるエメラルド色の入り江に来ました

いやぁ?超楽しかった◎◎◎ ハイシーズンは激混みになるので、泳がなくても綺麗な海を十分に見れたので行って良かったー

ゴゾ島の玄関イムジャールに戻ってきました

~⊃。Д。)⊃  ゴロ~リッ 日向ぼっこ♪

コミノ島とコミノット(Cominotto)は、わずか100メートルで区切られ隣接しています (((○u∀u)ノ♪

子供が遊んでも安心な感じです

こちらのお姉ちゃん、足長っ!

こちらはあまり大きなヨットやクルーズ船は入れません

GW中だから日本はどこも人でいっぱいだろうなぁ?

ゴゾ島の中心地ヴィクトリア(Victoria) チタデルを見て回りました"ヾ(^▽゚*)> マルタ島観光、 ■Malta後半 マルタ島  宿泊はウェスティンドラゴナーラリゾートホテル(・ω・)/♪■へと続きます。

Blue Lagoon それにしても、本当に美しいなぁー

前方にCominottoが見える! コミノットは完全な無人島です

見事なエメラルド色です!

ここはもしかして

まだ15:00過ぎ ヴィクトリア(ラバト)へ観光しに行こーっと!

ゴゾ島が見えます

結構みんなトカゲ追いまわして撮ってました 私たちも ヘヘ(^^ ゙ ====

今回の航空会社はエミレーツ♪ エミレーツ航空は1985年に僅か2機の航空機で創業したけど、ドバイの発展とともに今では人気の航空会社に!

CAさんは美女!!

よっこらせっ

ドバイ国際空港のエレベーター

24時間店舗が開いているのがいい さすがだドバイ国際空港

マルタ・ルア空港に到着 送迎車でチルケウワ港に行ってゴゾ島を目指します

途中、マルタ島北部にあるポパイ村も見えました ヽ(;▽;)ノ きれーい!

ここで実写版を撮影したんだとか 1980年 アメリカ映画 原題:Popeye 監督:ロバート・アルトマン 出演:ロビン・ウィリアムス、シェリー・デュヴァル

チルケウワ・フェリーターミナル(Cirkewwa Ferry Terminal)内 乗船時刻がくるまで待ちます

30分くらいでゴゾ島のイムジャール港に到着

ターミナルを上がってゴゾフェリーに乗船 フェリーの中は前方がカフェテリア、後方がコンビニのあるラウンジです

Hop-on Hop-off Bus ゴゾ島の乗り降り自由の観光バス http://www.city-sightseeing.com/tours/malta/gozo.htm

o(*・ー・)〇"ぐっ o(*・▽・)ノばーい" ゴゾ島からマルタ島へ移動

マルタ島のチルケウワ港からフェリーでゴゾ島にGo! いったんマルタ島とはお別れです またね~ヾ(∀≦*

たくさんの船が停泊中

港の崖上の方に歴史ありそうなルルド教会(Lourdes Chapel) 崖の中腹にあるのはマリア様の彫像かなぁ!?

あっ!カラフルな舟

Luzzu 地元の漁船 こっちはおそらくkajjikの方だと思います。

ヽ(@´∀`@ バルコニーが広め

3つのプールがあります

遠くにはゴゾの農園が見えます

ホテル建物はゴゾの農家を現代風にアレンジしたものだそうです。

お部屋はシック

テレビ・冷蔵庫・電気ポット・インスタントコーヒーや紅茶・アイロン完備

シャワーと浴槽は別々、Good!

洋館の廊下って感じで・・・暗めでちょっと怖い

シャンプー・リンス・ボディーソープなどはあるけど歯ブラシやヒゲそりは無し、ドライヤーはついてます

なんかシンプルww

ソファーはふかふかです

夕日をバックに 教会が素敵です

マルタ猫o(^・x・^)o発見!

サボテンが多い

照明のランプが中東っぽいのは近いからかな!?

20:30頃にだんだん陽が沈んでいきました

港町って感じ♪

朝食はビュッフェスタイル

マルタはイギリス領であったことからイングリッシュ・ブレックファースト

(σ。ゝω・)σ Pastizziはサクサクのペストリー 全部おいしかった!

階段を降りて2Fの朝食レストランへ AM7:30から

翌日の朝

アズールウインドウへ行く途中の採石場

島にある建物はここから切り出された石でつくられています

ボートに乗りアズールウィンドウ周辺を回ります 15分ぐらいかな、4ユーロ/1人

アズールウインドウの船着き場

洞窟を抜けて外の海に出ます

アズールウィンドウを下から眺められます

笑顔に見える♪(・▽・人)

ブルーグロットっぽいところも回ります 晴れていればもっと青いのに・・・

崖の上にアリゲーターが!

(σ-_)σ‥‥× ここから先は立入禁止の看板 今はアズールウインドウの上を歩けず (υ´ω`)アーア(´ω`ι)ザンネンダー.....

とにかくだだっ広ーい!! 見て回るだけであっという間に乗り継ぎ時間です

季節的には早いけれど花も少し咲いていました

寒いからダイバーが防寒用ウェットスーツ着て潜ってます

ダイバーたくさんいるね

いずれは崩れ落ちゃうのかなぁ!?

特にブルーグロットは、シュノーケルとダイビングポイントです

■Azure Window■ グロビゲリナとして知られているマルタの石灰岩で作られています。 侵食を受けやすい岩※アーチが崩壊する前にぜひ訪れて見てね☆彡 ※2017年ついに崩壊してしまったという情報が・・・(やっぱりね、、)

アズールウインドウのそばの岩場 面白い地形で楽しめますよー

コンビニは品ぞろえ豊富

お次は、 イムジャール港からコミノ島へGo!(/^ω^)o 往復チケットサービス 15ユーロ/人 コミノ島の名前の由来は、カレーに使われているクミンが生い茂ってたからとか

コミノ島です とても美しい湾で有名 寒波がきて水が冷たくて泳げなかったけど。。。

コミノ島のお次は、 ゴゾ島中心街のヴィクトリアを散策!o(^ω^\)

ヴィクトリアはゴゾ島の人々にはラバト(古い名前の方)で呼ばれています

旧市街と近代的な地域が入り混じっていますが、喧騒を離れた静けさがあります

赤のminiが街並みにマッチしてる

ねじれた裏通りが続いてます

各家の玄関わきにはマリア様やキリスト教の聖人が表札のように飾られていて、家族や訪問者や道行く人を見守ります

蜂蜜色の裏路地

出窓から∪・ω・∪ がのぞいてる! ベンジーww

戦士の守護聖人となったセント・ジョージ

【Bon Bon】 ヴィクトリアのバスターミナルそばにあるイタリアン・アイスクリーム屋さん

TRIQ IR-REPUBLIKAという道路の坂を上がっていきます。

カフェするところが並んでます

ここはオープンカフェにもなっています。

目の前には、お土産屋さんがたくさんあるよー

広場の近くにゴゾ島のインフォメーションオフィスがあります。

╋о(`・д・´)♂マルタ騎士団フィギアが沢山 お土産にどうぞw

ハニー・リングはマルタの伝統的なお菓子です 外側の生地はセモリーナ粉で作られていて、薄くパリッとしています。中のフィリングは黒蜜・蜂蜜・オレンジピール・シナモンなどの香辛料がきいて濃厚な味がします

■St. George's Basilica, Malta(セントジョージ・バシリカ聖堂)■ インディペンス・スクエア広場のそばでヴィクトリアの中心に位置するバロック様式の教会です。1672年-1678年の間に建てられました。

中は金箔の装飾を施し絢爛豪華ですが神聖な気持ちになります。

お祈り(*・人・*)( ̄十 ̄)

壁や天井は聖書の物語を描いた絵画で埋め尽くされています 絵画はバロック期の芸術家マッティア プレティが手掛けたものです

坂にはレストランも数軒ありました

裏路地めぐりが楽しい♪

ゴゾ島の主婦がボビンを使って編んでるポスター 実際にレースを編んでるところが見たかったなぁー。。

■Cittadella■ 大城塞の城壁 城壁は大規模な復興工事&修繕中でした

坂を上ったところに大城塞Cittadellaと大聖堂があります。

大聖堂の中はCloseで見れませんでした・・・すごく残念。。 (TωT)だまし絵が見たくて来たのに、、 要塞城壁に沿って歩くとお土産屋さんがありました

フィリグリーやガラス製品を売っています マルタの伝統レースも(Maltese Lace または Bizilla Lace)勿論あります!

ショップの隣には鐘がありました

このまま撃ったら自分たちの城壁を壊しちゃうような・・・

一気に攻め込まれないよう迷路みたいな造り

軍事的で戦略的で完璧な視点で構築されてます

海が見えるw

大城塞(チタデル)内のほとんどの建物は廃墟と化していますが、まだ裁判所として使用されているみたいです

より平和な時代にはこの規制は解除され、ゴゾ島の人たちは城壁の下で落ちつき、現在のヴィクトリア(ラバト)に繁栄した街をつくりました。

Bishop Davide Cocco(1684年~1711年に司教に任命された日)の像 教会の上の方にSaint Ursula(聖ウルスラ)の像

360度のナイスパノラマビュー(^o^ゝgood!!

Bistro&Loungeで夕食をとります

キウイのスムージー ヽ(*^▽^)◆おいしぃ

Ravjul(Ravioli) 定番のリコッタチーズ入りラビオリを頂くw

Aljiotta(アリオッタ) お魚のスープおいしぃっ!!

子供用のファミリープールもある

夏は緑豊かでお花もいっぱい咲きます ハイシーズンはホテルは人でいっぱいだろうなぁ?

水が冷たくて泳げません、残念・・・il|(´ωノl┴┬

ホテル内をお散歩

レモンの実を発見!

でかいぬいぐるみを機内に持ち込んだ人が没収された(笑)

おおーっ |●゚∀゚从゚∀゚●|♪ マルタ島が見えてきたぞ!

ケンピンスキーホテルに帰ります

翌日12:00チェックアウト ゴゾ島とお別れです、イムジャール港まで送迎車で送ってもらいました

マルタ島のセントジュリアンにあるウェスティンドラゴーナホテルに到着 コミノ島へはゴゾ島からの方が近いのでゴゾ島滞在中に行きました。 ゴゾ島滞在観光、 ?♪ヽ(*^ω^*)ノ ダイジェスト■コミノ島編■へと続きまーす!

チェックイン

■independence square victoria gozo(インディペンス・スクエア広場)■

夜はライトアップ☆彡

ケンピンスキーホテル・サン・ローレンツ(Kempinski Hotel San Lawrenz)に到着

城壁から見える景色は異国情緒たっぷり、農園の向うには教会が見えます

丘は新石器時代から人が移住地としていました。 この大城塞はバーバリ人の海賊やサラセン人による攻撃からの避難所としても用いられたそうです _〆(・ω・)。

1565年の大包囲戦の後、1637年までゴゾの住民は彼ら自身の安全のために、大城塞の中で夜を過ごすことを法律で義務づけられていました。

COSTA CAFFE 空港内のあちこちにあります

Cannon fire!!ファイヤー

ゴゾ島の中心地(ビクトリア)のマップ ヾ(^-^*)ゴゾ島には、いろいろな見るべき古代の場所もありますが、その中でジュガンティーヤ神殿はユネスコ世界遺産にもなっています。 また、美しい海の広がるゴゾ島は海辺のリゾートとしても人気があります。

マルタ共和国の旅行記 動画youTubeはこちら↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=YJtFdSQisiQ

コミノ島の詳細は、 ?♪ヽ(*^ω^*)ノ ダイジェスト■コミノ島編■へ

+++ +++  ~(=^-ω-^) ++++ 黄昏れてる

時間に余裕があれば、大聖堂博物館、考古学博物館、民俗博物館、ゴゾ自然博物館、旧刑務所、旧火薬マガジン、穀物サイロ、バッテリーおよび第二次世界大戦のシェルターをゆっくりと見てみたかったです。

階段もあるので傍まで行けますよー

足場が悪いので厚底のサンダルで行きましょう

ホテルのハニーリングは柔らかいw

ポパイやオリーブやプルートがいるんだってぇw

プールビューのお部屋 やったぁー♪

私たちは行きませんでしたがショッピングセンターもあります。 ■the Duke Shopping Mall http://www.thedukegozo.com/ ■Tigrija Palazz http://magro.com.mt/retailpage.aspx?pg=66

脱走ー!

隠れんぼw

移動中の景色も素晴らしかったw

今回はチュニスからフェリーでマルタに渡ろうと考えていたが、いったんイタリアを経由することになりそうなので時間的に無理で飛行機の予約をとっていた。 チュニス午前3時45分発、午前5時半にマルタのマルタ国際空港着。 ヒルトンを予約していた。 朝から精力的に動いて観光する元気もなかったので ダメ元で午前6時過ぎにヒルトンに向かい、アリーチェックインができないか 聞いてみた。 結局お金を余計に払うことで午後1時まで違う部屋を貸してもらい仮眠。

ヒルトンはスリーマにある。観光には動きやすかった。 ホテルの前にはフェラーリやポルシェ、アストンマーチンなどの高級車が停まっていた。

さすがにあまりプールに入っている人はいない。 室内プールの方は泳いでる人がいた。

遠くにカジノがみえる。 今回は時間的に余裕がなくていけなかった。

市内散策。 ヴァレッタのみ観光することに。

海岸線に渡って道路があり、景観が楽しめる。

ヒルトン近くのバス停でスリーマからヴァレッタへ。

トリトンの噴水。

リパブリック通り。右側には劇場。

観光客はこの通りに特におおい。 チュニスでは日本人は見かけなかったが、マルタでは 日本語を話している人もよくみかけた。

旅行する前に持っていたマルタの知識は東西冷戦の終わりとなったマルタ会談くらい。あとは最近のパナマ文書を追及していた女性ジャーナリストの爆殺事件など。

聖ヨハネ大聖堂

1577年に建築されたとのこと。

マルタはシチリア島の南方に位置する島国。主要な島はマルタ島とゴゾ島、コミノ島の三つ。

世界史をしっかり勉強してからマルタにくるといろいろと興味深いものがあるかもしれない。

このチュニジア、マルタ旅行中は毎日雲一つない晴れの日が続いた。

路地にはネコが目立つ。

日本人にもマルタは留学先として人気があるらしい。

要塞都市

学会でもないかぎりマルタに来ることは今後の人生においてないだろう。

ハル・サフリエニ・ハイポジウム神殿なども行ってみたかったが、昔のようにいそいそとバスで移動して時間を惜しんで観光するスタイルはしんどくなってしまった。

真っ青な海。

戦勝記念塔の鐘。 第二次大戦で戦死したマルタ兵の慰霊のための建造物。 ヴァレッタからスリーマ行きのバスに乗って帰ったが、ホテルからだいぶ遠いスリーマの駅で降りてしまった。同じスリーマというバス停でも場所はバラバラらしい。海岸沿いの道をひたすら歩きながらホテルへ向かった。

翌日の早朝にオーストリア経由で関西空港へ帰国。 せわしない旅行になってしまった。 帰国日は4月1日。翌日からは新しい勤務先。

小さな魚が泳ぐのが見られます。

陸上にも船があり、写真が撮れます。

湾に向かって左端に、遊具が揃った公園がありました。子供達のストレス解消に、思いっきり遊びます。言葉は通じなくとも、仲良く遊べました! そもそも下の子なんてまだ日本語すら話せないんだから、問題ないや。

ホテルへ戻ってきました。 宿泊先のパレスホテルからTowerというスーパーマーケットまで歩く途中にケーキ屋があり、そこで買いました。うーんスイーツは日本の方がおいしい??

ブランコ等々、いろんな遊具があります。 日本の遊具と大差ありません。

湾沿いをぐるっと市が出ています。 湾沿いの道には、飲食店が連なっています。

昼ごはん、色々なお店がありますが、どこも混雑。 子連れで入るのも疲れるので、テイクアウトできる店で買ってきて、ベンチで食べました。 白身魚のフライ、美味しかった! 子供達も食べまくりました。またなにより、マルタのレストランは量が多いです。

今日はマルサシュロックの日曜市へ行きます。 スリーマ→バレッタバスターミナル→マルサシュロック とバスを乗り継ぎます。 マルサシュロック行きは大混雑。一本乗り過ごして、座って行きました。 国籍によっては、並んでるところを簡単に横入りしてきます。強い気持ちで、ガードすることが必要です。

昼過ぎに帰りのバス停へ向かいます。 帰りのバスはものすごい行列! 本数も少なく、何本乗り過ごしても次々人が来るので乗れる気がしません。 そんな中、アメリカ人っぽいバックパッカーが、バスに全然乗れないんだ!と英語で話しかけて来ました。 私は奥さんに日本語で、確かに乗れないから逆向きのバスに乗っちゃおうか、ここから出れば、どこだろうとここより空いてるから!と言いました。 するとアメリカ人が英語で、俺もそう思う、逆に乗ろう!と言いました。 日本語分からないはずなのに、なぜか完璧に通じていました。同じ問題を抱えているとき、何となく身振り手振りから何を言っているのか伝わるんだろうな、と感じた不思議な出来事でした。

カラフルな船がいっぱい停泊しています。 昨日、バレッタで見た、マルタの目が付いた船です。

マルサシュロック着。 ちょっと手前のバス停で大多数の乗客が降りました。我らもあまり下調べしてないので、続いて降ります。 5分ほど歩くと、港沿いに出ました。 この小さな湾をぐるりと囲むように市がでてます。

子供達、完全に時差ボケです。 3時?4時には起きます。 恒例の朝の散歩。Ghadirというバス停側の海岸沿いの遊歩道を歩きます。まだ真っ暗です。 治安の心配は、全く必要ないと思います。

キレイな街です。

海もきれいで、水辺好きの息子も大はしゃぎ!

逆光ですが、キレイな眺めです。

結局、空港まで行き、そこからスリーマへ戻りました。アメリカ人はもっといいルートを知ったらしく、そうそうに途中下車して乗り換えていました。おれらに一声も掛けていかないことに、私はいらつきましたが、海外の人に詳しい奥さんは、それがアメリカ人だ!と言っていました。なんとなく理解しました。

快晴の空にカラフルな船が映えます。

日曜日以外の人出はどんなもんなんだろう?

ホテルで朝食後、スリーマのバスターミナルへ向かいます。教会の鐘の音で、鳥が羽ばたきます。

日曜市はかなりの人出。 この辺りで勝手に写真を撮っていたら、奥さんとはぐれました。 待ち合わせ場所を決めていなかったのですが、湾に沿った市場なので、往復してればそのうち出会えます。

奥さんも奥さんで、はぐれてもコーヒー飲んで楽しんでいたようです。 1時間くらいはぐれてましたが、私は小銭しかなかったので、自販機でよくわからない炭酸飲料を飲むことしかできませんでした。。

ベランダで地中海を眺めながらのティータイム。 彼らは今日も夕方には就寝してしまいました。 明日も早起きです。 さて、今夜は大晦日です。海岸沿いのレストランは早く店仕舞いをしていました。19時にはほとんど閉まっていました。スリーマの年越しは、静かな年越しでした!

トルコからマルタへのフライトもターキッシュ。古い小さな機体でした。ここでミスが、、3席確保した座席が、2席とだいぶ後方の1席に分かれてしまっていました。 やむなく嫁と娘が1、私と息子が2としたのですが、2も通路を挟んでいました。2歳の息子が通路を挟んだ席に一人でおとなしくできるわけもなく、やむなくひざに乗せ、2時間くらいだから我慢しよう、と思っていました。30分経過後くらいに案の定、息子がお母さんのとこへ行く!とぐずりだします。すると後ろの席に座っていた欧米人男性が、並びの2席と交換を申し出てくれました。人生で一番のThank you so much!! が出ました。 マルタ空港着。イミグレ長蛇の列。理由は職員のやる気ですね。。おれらがパスポート渡しても、隣の職員と私語に夢中でした。かなり大らかな国民性の予感。次は税関です。えー、なんと営業終了しています。ノーチェックです。素通りです。 空港からホテルへはMalta transferという送迎サービスを日本から予約しておきました。我々もいい加減なもんで、乗り場を調べていなかったので、少し右往左往しました。空港の端が乗り場でした。皆様は予約した際は場所を調べておくことをおすすめします。全く調べないと、普通に動くと行かない方向にあります。 そんなこんなで、無事にスリーマのThe Palace ホテルに到着しました。

バレッタ行きのフェリーに乗ります。 10分ほどでバレッタへ行けます。

マルタで有名な、目の付いた漁船が置いてあります。

奥さん、パンを買ってるだけなのに、絵になります。パンを買ってるだけなのに。

フェリー乗り場へ出ます。 逆光ですが、対岸にはバレッタの街。

時差ボケです。子供が。 朝の3時過ぎに起きました。 やむなく、息子を連れて散歩へ出掛けます。 とてもキレイなヨーロッパの街並みを散歩します。寝不足だけど、ちょー楽しい! 早く日が昇った景色が見たい!! この写真はスリーマのフェリー乗り場付近です。

バレッタのフェリー発着所へ着。 人間より多いと噂の猫がお出迎え。

バレッタの街。 どこで写真を撮っても絵になります。 スマホの加工機能など、不要です。

ステキな街です。

子供達もテンション高く走り回っています。 ただし、マルタは鉄道がなく、車が多いです。 こう走っていると地元のおばさまに、車が多いから気をつけなさい、と言ってもらいました。

スリーマから見えていた教会が見えました。 息子をおんぶする奥さんがスタイリッシュに映ります。

押しボタンがWAIT。

空の色が違います。

発着所からバレッタの街へ登っていきます。 かなりの急坂。一人づつ子供を抱っこしているので、ツライ。

ホテルへ戻り、ようやく夜が明けてきました。 部屋のテラスからの地中海ビュー!

バレッタが近づいてきて、みんな写真を撮りまくります。

ホテルで朝食をとり、街歩きを開始します。 ホテルの前にはステキな教会が。

子供達、完全に時差ボケです。 16時には熟睡してしまいました。 一人で街へ出て、晩御飯の買い出しです。 スリーマの海岸沿いにあるTiffany's Bistroという店でピザをテイクアウェイ。パン好きの奥さんへパスティッチを。←これはどこで買ったか忘れました。 あとはPjazzaGelateriaというお店でコーヒーを買って来ました。海岸沿いにはテイクアウェイが可能なお店がいっぱいです。店員に聞くとやってくれます。

マルタの市街地へ出ました。 ここでアイスを買いました。 味は、、日本のアイスの方が美味しいです。 なんつーか、後味が余計な甘みがあります。 https://i.4travel.jp/shisetsu/10425805?dmos=os

路駐加減もヨーロッパ!

スリーシティーズ方面。 本当に異国の景色です。 バレッタのバスターミナルから、スリーマへ戻りました。

私はCISKというビールと共にピザを。 温暖な気候、親切な人々、素敵な街並み、そして美味しい料理。マルタの事が大好きになってきました。

ホテルからすぐのスーパー。

クリスマスの装飾? それとも常にあるのか? 夜来てもキレイだろうなあ。

看板もカッコいい! ここだったかなー? 商店でジュースを買ったのですが、たむろしている地元のおじさんたちも人懐こい!

カッコいいドア。 マルタの十字が装飾です。

昼ごはんは、スリーマのマークス&スペンサーにあるカフェで食べました。写真はないですが、ここは4Fだったかな? バレッタが一望できる素晴らしい景色を眺めながらご飯が食べられます。2歳くらいの地元の女の子が、我々に興味を持ち、その子のおじいちゃんと触れ合いました。マルタの人は、トルコと比較するとかなり控えめですが、触れ合うととても親切で、優しく接してくれます。 写真は、食後、M&S前の公園です。 https://i.4travel.jp/shisetsu/10541533?dmos=os&lid=201702_search_suggest_os_restaurant

こんな遊具が点在していて、一度もお金を入れて動かすことはしなかったですが、息子の大のお気に入りとなりました。

奥さんと娘はホテルで休憩。 息子と二人でスリーマバスターミナルとは逆側のGhadirというバス停の方へ来ました。 ここは海岸沿いの遊歩道が数キロに渡り続いています。我々の毎日の散歩コースとなりました。 レストランやカフェも沢山あり、ステキな場所です。

グランドハーバー入口

リカゾーリ砦(Fort Ricasoli)

The National War Museum 地中海の夜明け

Marsamxett Harbour

ちなみにVACHERONのマルタクロスはマルタ騎士団とは何の関係もなく、 香箱のゼンマイの巻きすぎ防止の部品が似ていた為、シンボルとして採用したらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=INsk7ZJo73Y&list=UUaHduIRMVZp-aMRsLSVggZQ

パレス広場(Palace Square)

シティゲート前

この先右手はLower Barracca Gardens

戦勝記念塔

The Siege Bell War Memorial

Upper Barracca Gardens

Bibliotheca National Library

聖ヨハネ大聖堂

幸せを感じている国2位 オランダのエラスムス大学の調査では、 デンマークが最も幸せを感じているな国だそうで、 僅差でマルタ共和国が2位なんだそうです。

カエラッタ 空港間はバスで移動

アリラッタ~ O次郎知ってるよね?

マルタ航空 アルジェ-マルタ線がこの日、就航初便だったようで、 カウンターでは、あれやこれやいろいろと質問を受けました。

どういう宣伝してるのか、初便にしては乗客10名。 しかも、半数の5名はマルタ航空関係者。 ガーラガラでした。

オチャラッタとかウマラッタ!

バテラッタだけどヨカラッタ

ラウンジはラバレッタ!

ペコラッタ

ヴィクトリア女王の像

Triton Fountain

カーマライト教会

スリーマ

Villa bighi 元イギリス海軍の病院、現在は科学技術の研究関連施設

ビットリオーザ 「聖アンジェロ砦」

この先が聖エルモ砦

Air Malta

A319

マルタの文化・風俗・注意点

 国民のほとんどが敬虔なカトリック教徒です。日常生活の中にも宗教が浸透していますので、キリスト、マリアに関するジョーク等はタブーとなります

 水道水は海水から作られているため塩分が多く含まれています。飲料用にはミネラルウォーターを利用した方が良いでしょう。

 かかりやすい病気は特にありません

 医療水準は高く、一般的な薬は街の薬局で買うことができます。また、薬局によっては専門医師の相談を受けることもできます。

 道路の排水設備が十分でなく、大雨が続くと標高の低い地域に水がたまり、水害が起こることがよくあります。