ロタってどんなところ?

グアムの北東約60KMに浮かぶ常夏の島。島の面積約83平方KM、人口約3200人、ほとんどの人が島の南西端にあるソンソン村に住んでいる。熱帯林や神秘的な遺跡、高原と牧場など素朴な魅力に溢れている。

ロタの地図

ロタのブログ旅行記

情報満載!元ツアコンの海外旅行れぽーと guam & saipan

ロタ島を代表するテテトビーチは遠浅で、透明度が抜群! しかもほんっとに人いない 貸切状態のビーチでシュノーケリング丸1日堪能です ... ロタ島2日目 昨日はたっぷり 寝たので今日は朝からパワーみなぎってます 部屋を出ると、なんか歩いてる・・これ ...

北マリアナ諸島、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行 ...

都市名 :. すべて表示, サイパン島, テニアン島, ロタ島. テーマ :. すべて表示, 旅行記, ホテル・宿, マリンリゾート. << 前へ 1 2 3 4 次へ >>. 北マリアナ諸島・ サイパン島 ⁄ 旅行記. サイパン2009. reported by ハッチー ( 2009/09/22 20:22 ) ...

【5-b】 ナザレ - - 旅行記・いつもこころにヨーロッパ

プライア地区 ア・ロタのメニュー ↑【左】プライア地区のライトアップ。 【右】A LOTAのメニュー。↑ ... ワイン ア・ロタ ↑【左】ハウスワインは375mLのボトルで。 【右】A LOTA。↑. ■■と●●が食事中、ポルトガル人のカップルが来店し、4人席の ...

あっちこっち歩き > 海外旅行レポート一覧

すべて表示, その他, アマルフィ, アルベロベッロ, イスタンブール, カッパドキア, カプリ島, サイパン島, タモン, バリ島, パラオ, ビュルツブルグ, フィレンツェ, プーケット, ベネチア(ベニス), ポンペイ, ローテンブルク, ローマ, ロタ島 ...

Shinoby's 旅のアーカイブス - ロタ島テテトビーチ

ロタ島・ボラボラ島・バリ島などの思い出を、写真中心に記録します, http://www.trave -l.com/blog/shinoby/ ... ロタ島のまわりは断崖絶壁だったり、珊瑚や岩だらけだっ たりそんな中で美しい白砂のビーチがあることじたい奇跡かも? ...

Shinoby's 旅のアーカイブス - 枝珊瑚に住む小魚

Shinoby's 旅のアーカイブス · メッセージを送る. ロタ島・ボラボラ島・バリ島などの 思い出を、写真中心に記録します, http://www.trave-l.com/blog/shinoby/. 1 2 3 4 5 6 7 次 >>. 枝珊瑚に住む小魚. 枝珊瑚に住む小魚. タイトル, 枝珊瑚に住む小魚 ...

ロタの写真・旅行記

ロタ島にはまだまだ手付かずの自然が残っていると聞き、グアムから日帰りで行って参りました。 この日、このロタ島1dayツアーは何と私たち二人だけ。 お抱えガイドさん状態で、ロタ島を楽しむこととなりました。 華やかな施設も高価な品の並ぶお店も無い島だけれど、逆に私はその純粋な素朴さがとても好きでした。 お金では買えない大切なものが残されている島、 ……プライスレス

まだ夜明け前にグアムのホテルを出発し、フリーダム・エアのこの小さな飛行機に乗って約30分。 乗客は皆チェックイン時に体重を聞かれ、偏らないように飛行機の真ん中辺りに集めて席が決められていました。

30人乗り位の飛行機だったと思いますが、乗客は数名のみ、、、操縦席のパイロットが見えます。

機内の窓から見えて来たロタ島。

あっという間にロタ島に到着。

こんな所に荷物が入っているのですね。

可愛いロタ国際空港

未舗装の道を車でガタゴト行くのが何だか嬉しくて☆ この光景に感動してしまい、乗客は私たち二人だけなので、運転手さんにお願いして一時停車して頂き、少しだけ降りて歩いてみました。

最初に連れて行ってくださったのは、バード・サンクチュアリ。

この岬には様々な海鳥たちが生息することで知られ、下を見下ろすと沢山の白い鳥たちが見えるのですが、この写真では解り難いでしょうか。

ボケボケですが、最大限にズームアップしてみました。 運転手さんの説明ではカツオドリと言う名の鳥だとか。

この美しい岬に生息し舞う鳥たちの姿は、今までどこでも見たことのないような光景で、このロタ旅行で最も感動したひとときでした。私の下手な写真ではこの神秘的な空気と美しさが伝わらないのが残念です。

ロタの主な産業は農業と牧畜とのことで、途中こんな牧場が。 こんにちは~♪

人が通るのが珍しかったのでしょうか、牛さんたちが一斉にこちらを凝視。

バード・サンクチュアリの後、車はホテル・ロタリゾート&カントリークラブに到着。このホテルの客室の一室を今日一日、休憩場所として自由に使用してくださいと鍵を渡されました。 そのリビングルームです。

客室はリビングルームの他に写真のようなベッドルームが4室あり、家族連れやグループ旅行に便利そうだと感じました。 が、この日一日、このホテルで私たち以外に宿泊客の姿を一人も見かけず……

この思わぬ客室一日プレゼントのおかげで、しばしば休憩タイムをとることが出来、日帰りツアーとはいえ、疲れることなく楽に一日を過ごすことが出来ました。

以下、ホテルの敷地内に咲く花々です。 プルメリア

ハイビスカス

ホテルの敷地に沢山咲いていたピンクの可憐な花々。この花の名が解らず、何人かホテルの方にお尋ねしても、皆解らないとのお返事。 どなたかこの花の名をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えくださいませ。 【追記】「ハブランサス ロブスタス」という名と教えて頂きました。ありがとうございます。 幸せを呼ぶ素敵な呪文のような名…ハブランサス ロブスタス…

お部屋で少し休んだ後、再び島内観光へ。 波打ち際の岩礁に出来た天然のプール、「スイミングホール」

千本椰子林

トゥイックス・ベリー・ビーチ

ロタ洞窟博物館。

ロタでは地上戦は行われなかったということですが、静かで美しいこの島にも太平洋戦争の残骸が。

洞窟博物館の中の日本統治時代の日用品等の展示。

高さ30m、奥行き76mという洞窟博物館

まだ奥があったのですが、これ以上は怖くて前に進めませんでした。

19世紀末の米西戦争までスペインの、次にドイツの統治下に置かれた後、1914年から1941年まで他の南方の島々と同様に日本の統治下となったロタ島。 その日本統治時代の間、ロタの耕作可能な土地は殆どがサトウキビ畑に開拓されたとのこと。 その日本製糖工場跡の建物には太平洋戦争時の爆撃の跡が。

製糖工場跡前にある、サトウキビの運搬に使われていた蒸気機関車。

次にハニー・ガーデンへ。

ブーゲンビリア

海の向こうに見えるタイピンゴット山は、その形から別名ウエディングケーキマウンテンとも呼ばれ、この山を望む景勝地ハニーガーデンはガーデン・ウエディングの会場としても使われるそうです。

南の島には珍しいマーガレット!と驚いて近寄ってみましたら、この白い花は造花でした。 日本のTV局からのプレゼントなのだと、この地の方が話していらっしゃいました。

これで午前中の観光が終わり、ホテルに戻る途中、運転手さんが道路の脇に実っているバナナを切り取ってプレゼントしてくださいました。

ホテルに戻り、ホテル内のレストラン「Pacifica」で、ランチタイム。

このレストランは南太平洋料理とのことですが、ここにもやはり私たち以外にお客さんは誰もいなくて、ロタ島、大丈夫かしら……と少し心配に。

ホテル・ロタリゾート&カントリークラブのプール

お食事が終わりお部屋で一休みした後、また車でテテト・ビーチへ。

このビーチの周囲にはホテルも民家もなく、静かな静かな時間が流れていました。 ビーチの端にシュノーケル等の貸出をする係りの方が一人いらっしゃるだけ。 ここで、「3時間半後に車でお迎えに来ます」と、運転手さんはホテルへ帰って行かれました。

さて、何もマリンスポーツをしない私たち二人だけが静かな海岸にポツン。。。

誰もいない波打ち際を少し歩いた後、ビーチチェアーに横たわり、3時間半ただただ流れる雲と海を見て過ごすことになりました。 シュノーケル等の貸出をする係りの女性も、他に誰も来ないので何もすることがなく、横になって寝ていらっしゃいます。 聞こえるのは波の音だけ。 こんな経験も初めてかもしれません。

ロタの水質はマリアナ諸島の中でも一番とか。 Rota Crystalという名のお水と、先程運転手兼ガイドさんが道端で採ってくださったバナナ。

かにちゃん、 こんにちは~♪

テテト・ビーチには一軒だけ、「MANGGE LOUNGE」という名の海の家のような小さなお店がありました。

その「MANGGE LOUNGE」にはこんなのぼりが! 何もないテテト・ビーチで異彩を放っていました。 ロタ島の観光客は日本人が殆どということが納得出来る光景でしたが、それでもこの日、この広いビーチに観光客はやはり私たち二人だけ……

テテト・ビーチからホテルへ帰る途中、咲いていたピンクのプルメリア。 今となって改めて見てみますと、そんなに似ている訳ではないのですが、車窓からこの木を見た時は、ゴッホの‘花咲く桃の木(モーヴの思い出)’に似ているような気がして、思わず運転手さんに、「ここで止めてください!」とお願いして車を降りました。

黄色のプルメリアもありますよと、運転手さんが教えてくださる。

ホテルの客室に戻ってまた少しうたたねした後、空港に向かいます。

観光客の殆どは日本人だと言われるロタ島ですが、その日本人でさえ他にほとんど出会うこともなく、こんなに少ないことに少し心配になりつつも、美しい自然がこのまま手付かずであって欲しい気もします。

最後に、お土産に買ったブレッドフルーツ・チップス。 「パンの木」という名の木の実のチップスですが、お砂糖掛けの甘いチップスでした。

サイパンからロタまでのプロペラ機です。 セキュリティチェックは一切無し!! 不安だ・・・

ココナッツビレッジ着きました。 1泊89ドル・朝食つき!素晴らしい! どうせ部屋にいないからツインの部屋にしました。 ベッドも簡単に動かせてくっつけることができます。 バスルームは昔ながらのユニットです。 水周りがいまいちなのはこの値段だから仕方ないです

ホテルのロビーです。 風が吹くと上の貝殻がしゃしゃら鳴って良い感じ。

ホテルのプールです。 いつも貸切です。 ちょっと水が汚くないか?メンテ不足でした。

テテトビーチへ。 3組位で貸切でした。 ここのビーチはかなり良いです。 フォトジェニックで、子連れでスノーケルするには遠浅で最適です。

ホテルでお願いすると指定の時間にお弁当を持ってきてくれます。 ありがたいサービスですね。

これはスノーケルトリップです。 深さが25メートルほどのところで、底のほうをサメが泳いでいるのがはっきりと見えました。 まるで空中を浮いてるみたい! 子供が大きくなったらダイビングしてみたいです。

スイミングホール。 誰も居なかったです。行くまでの道もこれでいいのか不安になるほど奥まったところにあります。

東京苑でご飯食べました。 経営してるのは現地の人でした。 一応、そうめん等の和食っぽいものもありました。

いや~、南国のビールは旨い!!

3泊でサイパンにかえってきました。 ロタ島は本当に何も無い素朴な島なので、丸2日あれば十分です。

ロタ テテトビーチ

特製バナナチップと ビールで毎日カンパイ(^^♪

昼下がりは お昼ねタイム(^_^)v

そろそろ 夕焼けタイムに

インディもサンセットの方向を見ています

満月も(^^♪

Mahi-mahi黄金に輝く>゜))))彡 お刺身に

Mahi-mahi黄金に輝く>゜))))彡 薄作りはポン酢でねぎはサイパン産 海の幸に感謝、ごちそうさま(^.^) てっさの感触です

海中から見上げると 海と空のブルーに陽光プラス

歌うダイバートリオ>゜))))彡

珊瑚と遊ぶ>゜))))彡

静まり返るロタホール ブルーもひときわ碧く>゜))彡

ドロップオフに近づくと>゜))彡

海底では 白砂に暮らす ハゼやエビにも遭えます(^^♪

港へGO

ROTA SCUBA CENTER RUBIN http://rotarubin.com http://rubin.txt-nifty.com/

フリーダムエアーでロタへ

ロタ島接近>゜))彡

これがロタブルー

ホテルのベランダから

さあ ダイビングスタート(^^♪

ロタ・アイランド観光案内 http://www.e-globaleye.com/japanese/viewpoints.html フリーダムエアーは30人乗り、 体重申告は正確に(^^♪

フルム~ン

夜明け

子供たちは学校へ

ビーチもひたすらキレイ(^_^)v

花もうたう

ROTAブルーの朝が広がります

ショップ内。 ごろごろしたり、ブリーフィングをしてくれます。 風が、もーきもちー!

ボートエントリーをしますが 船に乗ってすぐはこんな感じの海

ショップ内? 素敵な感じにバーカウンターがあるのでした。

ボートはこの子に乗せて、 この子をトラックで引っ張って 海まで連れて行きます。 大仕事。。。

ダイビングあとはここでうとうと… 日焼け注意☆ 台風のときは 全体的に飛んでいってしまうそうです・・・

今日はここから出発!

トローリング大会とかも ここから出発するそうな。

ホテルが同じだったおじ様たちが遠くに… ここの左側にボートをいれてそこから海へGO!

おじ様たちを見送りながら、ランチ ここからみても、海が青い!!

ショップでお弁当をたのむとこんな感じ~ なかなかおいしかったっす。 ビールも飲めるよ。

グアム経由でロタへ。 トランジット中、べびちゃんと遊んだ~ かーわいーんだーこの子♪ ママの肩はベビちゃんのよだれで、濡れてますっっ

ROTAまではGUAMからFREEDOM AIR プロペラの危険なにおいのする飛行機… 機内ではトロピカルジュースとスナックがもらえます

機内はこんな感じ。 ね、狭いっしょ。 クーラーを入れると上の隙間から 白い煙が…(怖!!

飛行機から見えた島!

大変! 飛行機の上からでも、こんなに海が 青い海が確認できます!!!

夕焼け。癒されますなー… THE ROTA HOTELからすぐのビーチより撮影

これまた 癒されますなー… 山の上までつれていって撮影

ROTAの空港 出国待ち中~

ROTAの空港 出国待ち中~ その2

ROTAの空港 出国待ち中~ その3

ROTAの空港 出国待ち中~ その3

ROTAの空港 出国待ち中~ その4 こやつに乗って サイパンへ! 帰りはサイパン経由なのだ。

《1日目》 成田からサイパンまでは順調でしたが、 豪雨でサイパンからロタ行きの飛行機が欠航に・・・ 小さなカフェが1件あるだけの国内線のロビーで約5時間ほど待たされた上に、今日はサイパン泊・・・ 初日からグッタリ、げっそり・・・

急きょ用意されたサイパンのファダイビーチホテル。 目の前に免税店があり、ちょっと歩くとガラパン、 場所は良いのですが、 かび臭い部屋でかなり微妙は感じでした・・・

《2日目》 次の日の朝のフリーダムエアーの便もキャンセルで、コンチネンタル航空に振り替えに・・・ また3時間ほどまたされる事に・・・ 今って乾期じゃないの?? 聞くと昨今の地球温暖化で乾期と雨期のさかえ目がなくなって来てるんだとか・・・

とりあえず無事飛ぶ事ができました!

ロタリゾート&カントリークラブホテル。 全室スイートルームのホテル。 私達の部屋には4つものベッドルームがありました。 もちろん毎日違う部屋でグッスリンでした。

予約していたダイビングもキャンセルするしかなく、 午後はゆったりとホテルのプールで過ごしました。 午前とはうって変わって、午後はピーカンになり暑くなって来ました。 プールには私達以外誰もいなかったので、 泳いだり、読書したり、昼寝したりと、 のんびりできました。

夕食はホテルのレストランで。 チャモロ料理。

《3日目》 第一の目的のダイビング。 ここ2、3日の豪雨で海がかなりうねっているらしい・・・ 雨も降ったりやんだりだし、初心者の私達でも潜れるかちょっと心配・・・

しかしメチャメチャ綺麗な海!!

エメラルドグリーン。

グワングワンな海を進んでいきます。

これがロタブルーと言われる、 コバルト色の海。 ハァ~、癒されるぅ~・・・

透明度は35mくらい。 本来のロタではないのは充分わかりますが、 お魚もいっぱいだし、 久々の水中散歩、大満足のダイビングでした。

午後は昨日と同じ、ホテルのプールでのんびり。 天気も回復してまたまた暑くなりました。

夕食はちょっとふんぱつしてバーベQ。 食べきれないくらいの量・・・ お肉が美味しくて感動。

《4日目》 午前は相変わらず雨が降ったりやんだり・・・ 午後は晴れて来るロタの天気・・・ 午後は晴れるのに期待して、 朝からテテトビーチでシュノーケリングです。

行ってみると、誰もいません・・・ まぁ、予想通りだったけど、 まさにプライベートビーチ!! しかも、メッチャキレイなビーチ。 プーケットと張る透明な海水と、真っ白なビーチ。

ビーチから10mくらい入ると、 サンゴが広がっていて、たくさんの熱帯魚が泳いでます。

この見た目はキレイな魚、目が合うと威嚇してきます・・・ 恐るべし・・

バラクーダみたいな、なが~いお魚。

ダンナさんは何時間も飽きずに潜ってました・・・ 案の定、背中がヤケド状態に・・・ 毎年の事ですが・・・少し学んで欲しい・・・な。    サイパンの旅行記に続く・・・