キヘイ(ハワイ)ってどんなところ?

キヘイ(ハワイ)の地図

キヘイ(ハワイ)のブログ旅行記

オレ~オレ~ MITSUKEN サンバ~ - 楽園HAWAII

2007年2月13日 ... キヘイのビーチパークで食べるお弁当も美味しいよ~(嬉). 18. Posted by Foo 2007年 02月17日 18:12. 5 最後の日まで、しっかりハワイを満喫できるトレパンさん!!ステキ (*^_^*) モアナルア、まだ行った事ないんですよぉ~。 ...

キヘイ(ハワイ)の写真・旅行記

2日め、今日はビーチで過ごし、夜はバーベキュー、というゆるすぎるくらいの一日。ランチ持参でまずはキヘイのビーチ。そこからもっと南下してマケナのビーチの二本立て。さらに南にドライブすると、溶岩におおわれた大地が出現。何にも知らないから、最初はずいぶん畑が耕されてるんだなー、くらいに思っていて……どこまで走っても“耕された畑”がつづき、立ち入り禁止の札もあり……そんなわけないよな、と気づいたのでした。溶岩はなぜかビッグ・アイランド(ハワイ島)のイメージで、マウイとはぜんぜん結びつかなかったのです……

まずはラナイで朝食。朝、波の音をききながら、ってあまりにベタかもしれないけれど、やっぱり気持ちいい。

ノンファット・ヨーグルトに、アップル・クランチいれて、イチゴのトッピング。オレンジジュースに、コーヒー。ビッグ・ブレックファストが日常化している私としては、これじゃ、ぜんぜんたりない! 昨日の晩もチョコレート・ケーキだけだったから、その後ビーチで燃料切れを起こし、食事は大事だと再認識。

コンドミニアムのあるキヘイはビーチしかない、と言われているようなところ。ここも車で5分くらい、サウス・キヘイ・ロードを下ったところにある、何の変哲もないビーチ。路肩に車を停める。

実はこのビーチ、翌日のラジオのニュースで、サメが出た、と言っていた。ひえっ。

人はまばら。みんな本を読んだり、寝転んでたり。レイドバックしすぎなくらい。 でもシュノーケルもできるし、泳ぐのも可。 シュノーケルギアは、ここに来る前、シュノーケル・ボブズで一週間レンタルした。 Snorkel Bob's 1279 South Kihei Road Kihei, HI 96753-5229

ビーチのうしろにはコンドミニアム。オーシャンフロント!

本を読んだり、こんな椰子の木を見上げてたら……寝てしまった。日焼けはすでにとりかえしのつかない状態に。昼になって日陰はないし、容赦ない太陽に日焼け止めもまるで効果なし。

どっかのお金持ちが開発したワイレア(地区)は通過しただけ(笑)。frugal だから。

とにかくゴルフ場と高級ホテルばかり。

ワイレアを抜けて、そろそろマケナに入る。緩やかに下る道の先に海がまた見えてくる。

だんだん島の変化に富んだ地形がわかってきた。

マケナのビーチのひとつに到着。

海のようすがぜんぜん違う。

波がおとなしいほうには人がいない!

ここは波をもとめてやってくるローカルたちのビーチ。さっきのキヘイのビーチとは雰囲気ぜんぜん違うし、観光客はおよびじゃない!

さらに南へ進んでみる。道が狭くなってきた。

道路ぎわまで波が寄せて、ちょっとした scenic drive のポイントだと思う。

もっと進むと、“耕された畑”一面に広がるのが見えてきた。

あたり一面、こんな感じ。畑なわけがない! 

どこからこんなに流れてきたんだろう、この溶岩。

われわれのレンタカーはクライスラーのタンクみたいな車だった。ウィンドウが小さく、こういうアップダウンのある道だと、視界が保てず、ほんとに運転しづらそう。

湿った土のようにしか見えなくて、不思議。

道が悪くなってきて、先はどのみち行き止まり。曲がりくねった道を戻ることに。

さっきの scenic drive ふたたび。

サウス・キヘイ・ロードに戻ってきました。

車道右端に、ちゃんとバイク・レーンがあります。 夜のバーベキューは、コンドの屋上に設備があってそこで食べるつもりだったけれど、あまりの強風のため、断念。ラナイに持ち帰るはめに。どうも、午前中は穏やかだが、午後から風が出て、どんどん強くなるパターンらしい。シュノーケルも朝行くほうがいいってのはそういうことですね。

レンタカーを借りたら、まずは食料の買いだし。オーガニック・フーズのスーパー、ダウン・トゥ・アースへ。カフルイの空港からすぐそば。食料品、マウイだから安くはないが、そんなに文句を言うほど高くもないよね、というのがアメリカ人たちの言。 Down To Earth 305 Dairy Rd., Kahului, Maui, HI 96732

泊まったのはカフルイから車で15分くらい南のキヘイにある、メネフネ・ショアーズ。このへんにゴマンとあるコンドミニアムのひとつ。ランクは高くもなく、低くもなく、だと思う。2ベッド・2バスで、コストパフォーマンスはかなりよかった。きれいに掃除されていたし(アメリカで、それが当たり前と思わない!)、なんでもそろっていて快適だったのは、わたしたちの泊まった部屋のオーナーがちゃんとしてるから、だったと思う。そのへんが、個人オーナから直にコンドを借りるところのリスクでもあり、おもしろさでもある。 Menehune Shores Condominium 760 South Kihei Road, Kihei, Maui, HI 96753

とりあえずラナイに出たら、この景色! 合格でしょ。

エントランス。オーナーさんの趣味だろうけど……。 小さなプレートが鏡の横にかかっていて、"Mahalo for removing your shoes" とあったのに数日気づかず、ビーサンのまま部屋に入ってしまっていた。ゴメンなさい。

ダイニング&リビング。

マスター・ベッドルーム。3人で2ベッドルームをシェアするとなると争奪戦になるところ……でもなかった。

マスター・バスルーム。当たり前だが、シンクは大きく、バスタブあり。

セカンド・ベッドルーム。ツインサイズのベッドって、じつはシングルベッドよりも横幅が狭いと思う! 数日後、ベッドのせいでひさびさに背中が痛くなった。

同じく、セカンド・ベッドルームの長いす。

小さなテレビあり。一度も見ずじまい。

エアコン(冷房)がないので、全部ファン頼み。シーリングファンと扇風機、両方回して寝るから、うるさいことこのうえない。

キッチンをカウンター越しにのぞむ。

ウェルカム・フルーツで南国気分。

リビングルームをもう一枚。

洗濯機と乾燥機。一体型はあまり見かけない。洗剤関係も全部そろっていて、洗濯し放題! 毎日ビーチに行って、一日に何度も着替えをしていたから、ホントに助かった。

納戸にもばっちり必要なものがそろってました。下にある重たい掃除機、週のなかばでたまりかねて使ったけれど、まぁ、予想とたがわず、ゴミをなかなか吸ってはくれませんでした。

リビング&ダイニングにかかっていた風景画。マウイがこんなに山がちだとは、島を一周めぐってようやく学んだこと。

夕暮れになって庭におりていったけど、サンセットは見逃した。昼寝しすぎたかも。

敷地内のビーチへ。

何ができるというわけでもないけど、これもビーチにはちがいない。人がいなくて、散歩にはいい。でも、夕方は相当、風が強い。

海に入るのは自己責任で!

カエル多数。

海側から見たコンド。

チョコレート・ラバ・ケーキ(Chocolate lava cake)。レンジでチンすると、まんなかのファッジがとろ~り溶岩のように流れ出す。これが初日のディナーだなんて、しょっぱなからアメリカ人みたいなことをしてしまった。

マウイに到着後、レンタカーで移動。 コンドミニアムのチェックインまでまだ時間があったので、マウイマラソンの受付場所のウェスティンホテルへ。 ロビーにはフラミンゴがいます!

ロビーから見える部屋はこんな感じ。 こういうホテルもよさげですね。 高そうだけど。

ホテルのビーチだす。 セレブな雰囲気。

コンドミニアムに到着です。 キヘイの「メネフネ・ショアーズ」。

ベランダから正面に海が見えます。

ベランダからの夕日。

ビーチからのコンドミニアム。

近くのスーパーで買ってきた惣菜(ローストチキンなど)とワインでベランダでランチ。 毎回こんな感じで外食はほとんどしませんでした。

マウイマラソン(フル)に参加。 ゴール直前です。 かなり暑かったです!

マラソンが終わって、部屋に戻って乾杯。

ベランダから見る景色は最高。

次の日は秘境「ハナ」に車で行きました。 途中で撮った風景。

途中で車を停めて、休みつつ。 キヘイから3時間くらい?

ハナホテルに到着。 おしゃれなロビーです。

こじんまりとしたホテル。

ホテルのカフェから見えるヴィラです。

カフェでランチ。ハンバーガーなどの軽食です。 車なのでワインは飲めません。

ホテルの近くのビーチを探索。 きれいなビーチで、しかも人がほとんどいません。

近くの滝に。 雨が最近降らなかったせいで、水量はあまりなかったです。

こんな感じでみんな楽しんでます。

部屋に戻って、次の日の朝食。 部屋にオーブンもあるので、自分でパンが焼けます。

鳥が近くまで寄ってきます。

この日は車で火山まで。

雄大な景色ですな。

コンドミニアムに戻って。 プールもあるので一泳ぎします。

小さいプールですが、なかなか気持ちいいです。

滞在、最後の日の夕日。 ゆっくりくつろげました!

マウイの一番人気とも言える海岸のカアナパリビーチです。右上部に虹が見えます。

お昼を食べにホノコワイに立ち寄りました。きれいな海岸では魚が泳いでいるのが見えます。

「おかずやデリ」は盛りが良く食べきれないほどです。味はう~ん、まあ、ガイドブックで取り上げるほどではないですが。

ドライブ途中での風景です。(ビデオカメラ映像を静止画にしました)

ハレアカラでの途中で。

宿泊していたコンドのラナイにて。

キヘイ⇒ワイレア⇒マケナへと南下していくにつれ、その容貌は少年⇒男性のワイルドさに変身していく。 写真はキヘイの繁華街(ABCストアが近くにあり)より近いビーチ。 まだまだ海はおだやか、「少年の顔」ですね。 これからどんどん変身して行きます。

キヘイの町を通り過ぎ、さらに南下してマケナに到着。 こちらは砂浜ではなく、岩の塊が海岸線を覆う「男の顔」。 日本の海で言えば、太平洋より日本海。 歌で言えば、ハワイアンより「兄弟舟」(笑)。

あちらに見える海岸線は徒歩でのみたどり着ける場所。 大きく荒い波を求めて、サーフボードを持った人達が歩いて行きます。 と、突然ビッグ・ウェーブが目の前に! 今まで、自分の目で見た波の中で一番大きいヤツかもしれません。 何というワイルドさ! フォ~、しびれるぅ~。

ついに、マウイ島の道路の最南端・La Perouse Bayまで来ました。 車はこれ以上進めません。 この景色、圧巻かつ神秘的。 実はこのエリア、ハワイアンにとっては神聖な場所のようなのです。 昔、儀式が行われてたような後があり、そこは立ち入り禁止になっていました。 また、「コマーシャル目的での撮影も禁止」との建て看板もありました。 こういう、ハワイアンにとって神聖な場所はハワイの至る所にあります。そういった場所を訪れる時は、「おじゃまします」という気持ちで足を踏み入れるようにしたいですね。 【参考】 La Perouse Bay http://maps.google.co.jp/maps?utm_campaign=ja&utm_medium=ha&utm_source=ja-ha-apla-jp-google-gm

山の上を覆う厚い雲。 山に負けないぐらい、雲もワイルドな風貌です。 ちなみに、山の向こうは日の出・日の入の展望スポットとして有名なハレアカラ国立公園です。

車のサイド・ミラーに突付きをし続ける鳥。 ここでは、鳥も悪ガキなようです(笑)。

子供が学校へ行っている間は・・・

ネイルサロンへ

買い物したり・・

ここに宿泊してました。

コンドの前にちょっとした、市場がありました。

月曜から金曜までスプリングキャンプへ通った感想は たくさん友達ができて楽しかったそうです。 明日は帰国なのでラハイナでお買い物。

マウイは人気がないのでしょうか? 本当にのんびりしていて人がいません。

ハードロックカフェで腹ごしらえ

さすが、ハードロックカフェ・・・

ラハイナからキヘイへの帰り道 車をとめてちょっと風に当たって

気がついたら娘たちの足は・・・

マジで車も走ってない・・

調子に乗って日本では行列ができるコールドストーンクリーマリーへ・・ ほぼ、毎日学校帰りに行ってました。

最後にコンドのビーチで遊んでいよいよ明日帰国です。

今日はマウイに出発です。 飛行機に乗る前に腹ごしらえ。 ロコモコ

娘の照り焼きチキン

国内線っていうのか・・・

今は運行していない・・・アロハ航空です。 帰国の日が最終運行だったような・・

上空からのダイヤモンドヘッド

今日から宿泊するコンドミニアム キヘイにあります。 日本人がいない!

キッチンです。 全てがそろっていて何にも必要ないです。

ベットルームです。 ベットも大きい

今日から娘たちはキヘイの学校のスプリングキャンプに参加します。日本人は家だけらしいので2人ともやや緊張気味ですがランチをみてちょっとワクワク。

車で学校まで出発

今回、大活躍したレンタカー

この学校で春休みの間子供たちを看てくれているようです。

大きな子供から幼稚園くらいの子供までみんな一緒にお世話をしてくれているようです。

学校の裏がビーチのようで・・・迎えに行くと真っ黒に日焼けしてました・・恐るべしマウイの日差しです。

名古屋からNWで成田まで。 いよいよ出発です。

成田からホノルルにむけて。

娘の洋食の機内食。

私が頼んだ和食。

ホノルルに到着後レンタカーで最初の宿泊先の シェラトンへ向かって。

とりあえず、娘の希望でアリゾナ記念館へ。

ホテルに戻って隣のロイヤルハワイアンで海を見ながらお食事タイム。

目の前が海って気持ちぃ~

私が頼んだパスタ。めっちゃアメリカンでした。

娘が頼んだステーキ。 最高でした。

下の娘にサービスでいただいた子供向けのパスタです。かなり、良心的でサービスよかったです。

最後にデザート。 ご馳走様でした。 海沿いをのんびり歩きながらホテルに戻ります。

『成田空港』 チェックインに成田空港へ入ると・・・、 物々しい雰囲気が・・・ カウンターに誰かが忘れた荷物に爆発物処理班まで出動の大騒ぎ!

今回は初めてのチャイナエアライン、\87,000+燃油サーチャージでした。 ナント、カウンターでEXIT ROWをリクエストしたところ、ジャンボの2階席10番A,Bへ・・・、 ビジネスクラスでした(食事はエコノミー)

こんな感じで映画、ゲーム、音楽が楽しめました、 麻雀もしました

食事だけは大きな落とし穴! 2人で向き合い ?を???くらいでした。

ホノルル到着後、マウイ行きのエアーに乗り換え、今回はメサエアラインの『go!』を使いました、片道$75程度です、30分であっという間に着きます。

『go!』の機体はこんなかんじの小さな、でもジェット機でした

今回のレンタカーはダラーレンタカーのJCBのパックで『6日間$346+TAX+基本の保険付き』のダッジのミニバンを借りました、2人なのですが、大きいほうがと思い、今回はバンにしてみました、高さと広さは大満足でした。

マウイに12時に到着後、3時チェックインまでの間 まず、空港近くの『クリスピークリームドーナツ』へ 日本にあると、少し感動が薄れますが・・

『コスコ』へ日本では『コストコ』ここも日本で会員になっていたので、いままでの感動が少々薄れぎみ・・

今回宿泊するキヘイのはずれにある『マウイカマオレ』カマオラーなどというブログもある人気のコンドミニアムです、私も結構参考にさせていただきました。1泊$210+TAXでした。6泊しました。

今回宿泊する部屋はA棟の104でした。海に一番近い棟で、ラナイの前は芝生、その先が海の最高の立地でした ちなみに1階のワンベッドルームですが、100平米近くあります。

『キッチン』 オール電化キッチン、ディスポーサーまでついてました。 広すぎ!、大きすぎ!

『リビング』 だけで20畳くらいはありました 写真の横におおきなダイニングテーブルとソファとオットマン付きのチェアもあります

『ラナイ』

『洗濯機+乾燥機』

『庭からの内観』

『ベッドルーム』

マウイ島のクリスピークリームドーナツです。 夜に行きました。店内は、ガラガラ・・・ 二回も試食のドーナツをもらいました。ゆっくりドーナツを楽しみました。

ハレアカラの雄大な姿です。 さえぎるものがないので、空港からよく見えました。

ワイキキビーチからサンセットを楽しみました。 とても美しい。。。

イルカと一緒に泳ぐツアーに参加しました。

ホテルの部屋からダイヤモンドヘッドを臨んで。