ラナイ島(ハワイ)ってどんなところ?

マウイ島の西15KMに位置する「静寂の島」。パイナップル畑が広がるのどかな雰囲気を残す一方、世界有数の高級ホテルがあるリゾートとして有名。*公共交通機関,レストラン等,公共の建物内および6メートル圏内等禁煙。

ラナイ島(ハワイ)の地図

ラナイ島(ハワイ)のブログ旅行記

今年もハワイな年でありますように・・・ - 楽園HAWAII

2007年1月6日 ... オアフ島を離れた私は「アロハ航空」でビッグアイランド・ハワイ島へ! 飛行機は オアフ島を東へ. モロカイ島・ラナイ島・マウイ島の上を越えていきます。 いつかは この島々にも上陸してみたいな・・・. もうじきハワイ島♪ ...

、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信出来る ...

マウイ、カウアイ、ハワイ、もちろんオアフは経験済みの私と、旦那さんがどこぞから 聞きつけてきた「ラナイ島はいい」らしいという事で相談の結果、かなりマイナーな ラナイ島に行く事になりました。 ラナイ島はロ ...

2009・10HAWAII 「とある1日⑤」~ロイヤルハワイアンにランチ ...

2010年2月13日 ... さてハワイ旅行記に戻ります。とある日の出来事。 この日はランチを食べにピンク パレスこと『ロイヤルハワイアン ... 私達は初めてのサーフラナイだったので、何か オススメがあるかTOMOさんに聞いたら「プランテーションが美味しい」と ...

ハワイ島パハラの町にて~その1~ - 楽園HAWAII

2007年6月20日 ... 私はオアフとビッグアイランドしか行ったことないけど、マウイとかカウアイ、ラナイは もっと自然豊かなのかなーと思うとこの目で ... 先週末、ハワイ島にもし足が治ったら 火山を見に行くはずだったんだけど、足が思わしくなく断念! ...

ビッグアイランド編 - 楽園HAWAII

今日はいよいよハワイ島上陸作戦です(^o^) オアフ島を離れた私は「アロハ航空」で ビッグアイランド・ハワイ島へ! 飛行機はオアフ島を東へ. モロカイ島・ラナイ島・ マウイ島の上を越えていきます。 いつかはこの島々にも上陸してみたいな・・・ ...

およよな生活 - ハワイ旅行記 -

10月6日(月), カイルア -> ホノルル空港 -> ヒロHilo空港(ハワイ島Hawai`i(The Big Island)) -> ワイオヒヌWai`ohinu ... ハワイ―オアフ・マウイ・カウアイ・ラナイ・ モロカイ・ニイハウ・カホオラウェほか 世界のバックパッカー御用達、ご存じロンリー ...

静かで自然が多いハワイの島は? 旅のQ&A(アメリカ)

A 私自身はハワイには行ったことがないので何度も行ったことのある友人に聞いてみた ところ、「島によって個性が強いので何が好きかによる・・」とのことでした。 友人の 話をまとめると以下のとおりです。 ●人が少ないところが好きなら・・【ラナイ島】 ...

およよな生活 - ハワイ旅行記 -

ハワイ諸島の島々が綺麗に見渡せる。マウイ島Maui、モロカイ島Moloka`iはもとより、 ダイビングスポットとして有名な三日月型の島、モロキニ島Molokiniではヨットの姿まで 見て取れる。そしてダイヤモンドヘッドDiamond Headが見えるとすぐにホノルルだ。 ...

ラナイ島(ハワイ)の写真・旅行記

1階にお泊りの女子6人中、3人とラナイ島へダイビング! ちなみに残り3名はボートでシュノーケリングです。 (工事中)

2年半ぶりのラナイ島ダイビング。 前回は1月だったので ボートに乗る時間はまだ暗かったけど さすが夏なので明るい。 水中用ワイコンを使うと 陸上では湾曲した写真になることを 今更知るアホな私・・・

意外と波があって 薬は飲んだが酔いそーな雰囲気・・・ いつもの薬と違うのでちょっと心配。

ヨスジの群れがお出迎え。 すごい大きな群れ・・・

私が乗っていたボートはバリアフリー。 車椅子のダイバーも同乗していました。 フィンが邪魔になるので水中ではフィンをしません。 ちょっと勉強になりました・・・

ハワイ版ツユベラ

この洞窟は何度来ても神秘的・・・

みんな何を見てるかというと・・・

ウミウシです! しかし粘れなくてピント合わず・・・ あとから写真を見た聖さんが 『こりゃ固有種だねー』って やっぱもっと粘ればよかった・・・(T_T) あいからず洞窟は神秘的・・・

ボートダイブは楽だけど 往復の海の状況次第だねぇ~ 今日は薬の効き目がイマイチで ちーとつらかった・・・(+_+;

ハレ プアマナから近いビーチで 本日のお夕食はBBQです。 17時からスタートなので まだ日が高い・・・

水着を着てたら 海に入りたかったかも・・・

食べるさんチームのテーブル。 テーブルに乗り切らないぐらいのお料理がいっぱい。

本日のメインはお肉ー!0(≧▽≦)0

こちらはスモーカーさんのテーブル。 語りに入ってます・・・(w

スナック菓子をまいたら 鳥達が集まってきました。

赤い頭の鳥、カージナル 赤がオスで、茶色のがメスです。 恐怖心より食欲が優っているので かなり近くまで寄ってきました・・・(w

だいぶ太陽も低くなって サーファーも減ってきました・・・

このヤシの木が1本あることで 写真がかなり絵的になります・・・(w

写真を見た聖さんが名言を吐きました。 『カメラは嘘をつく!』 ・・・当たってる。 確かに実物より綺麗に写ること多々・・・(-_-;

そして沈む太陽からちょっと離れた部分は ピンクと紫色の空です。

『お前ら、俺のメシは忘れてただろー!(怒)』 帰宅後、カリカリをかっ食らうモカでありました~

ホノルル空港に到着後、コミューター・ターミナルへ移動。荷物が多いと運ぶのが大変!今回はモクレレ(http://www.mokuleleairlines.com/)で予約。Go!と提携している。ちなみに、2009年1月現在、ホノルル/マウイ間で28ドル(片道)のキャンペーンを実施中。ハワイで隣島へのアクセスにも使える!と実感。

機体!に期待!(フライト中にいい風景が見れますように!)

ワイキキ・ビーチを一望

ダイヤモンド・ヘッドもきれいに見れました。遊覧飛行の気分も味わえます!

モクレレ、GO!のコミューターともに、機内のシートは革シートを採用。乗り心地も上々!いよいよラナイ島へ近づく・・・

ラナイ島へのフライトではオアフからは左側に着席すると、モロカイ島、マウイ島がきれいに見える!写真中央右はマウイ島のハレアカラ。この山頂からの眺めも素敵ですが・・・今回はラナイ!

いよいよラナイ島。島の南側に見える崖もこの島の自然を示す特徴のひとつか

ラナイ島に到着!ラナイの空港のメイン(!)ビルディングが見えます(Welcomeしてくれている!!)

フォーシーズンズリゾート、ラナイ、ザ・ロッジ・アット・コエレ。パイナップルのマークが象徴。空港から15分くらい。制限時速45マイルのハイウェイ440号→ラナイ・シティ→ロッジ

ロッジを正面から見たとき、右に生えている松の木は1875年に植えられたという樹齢130年を越す!

ロッジ・アット・コエレ(http://www.fourseasons.com/koele/)の客室。Koele Deluxe Roomに滞在

客室からお庭も見え、ソファー以外にもくつろげる出窓がグー!

訪れたときは、まだクリスマスツリーがロビーに飾られていました。暖炉で有名なロビーですが、クリスマスの飾りつけも素敵です

図書室に暖炉。音楽室にも暖炉がありました。やっぱり夜は少し寒く、暖炉の前ではぬくぬくできます

ホテルへのアプローチは両サイドのパインが迎えてくれる

ラナイ・シティのめぬきどおり。左の松がドール・パーク。道路が8th Street。

ここを中心にしたグーグル・マップ http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Lanai+Hawaii&sll=35.634079,139.747992&sspn=0.008842,0.010836&g=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E6%B8%AF%E5%8D%97%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90&ie=UTF8&ll=20.826561,-156.919168&spn=0.002542,0.002693&t=h&z=18

郵便局を中心にグーグル・マップ http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Lanai+Hawaii&sll=35.634079,139.747992&sspn=0.008842,0.010836&g=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E6%B8%AF%E5%8D%97%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90&ie=UTF8&ll=20.826837,-156.919699&spn=0.002542,0.002693&t=h&z=18

カヌーズ・ラナイ。 http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Lanai+Hawaii&sll=35.634079,139.747992&sspn=0.008842,0.010836&g=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E6%B8%AF%E5%8D%97%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90&ie=UTF8&ll=20.82622,-156.919929&spn=0.002542,0.002693&t=h&z=18

ブルー・ジンジャー・カフェ。 http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Lanai+Hawaii&sll=35.634079,139.747992&sspn=0.008842,0.010836&g=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E6%B8%AF%E5%8D%97%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90&ie=UTF8&ll=20.82622,-156.919929&spn=0.002542,0.002693&t=h&z=18

ロッジでゴルフ!グレッグ・ノーマンが手がけたザ・エクスペリエンス・アット・コエレ(The Experience at Koele)。非常にきれいなコースでした。 http://www.fourseasons.com/koele/golf.html

遠方まできれいに見渡せ、天候にも恵まれました++ゴルフコースの横には優雅な別荘も並びます。

名物17番。打ち下ろしのホールです。右奥には谷の眺めがきれいに見えます。意外といいところに打ち、フェアウェイ・キープ!!(まぐれ)

四駆でいざ!

赤土の道を進みます。この道はかなり安全なもので、およそ30マイルぐらいまで。場所によっては慎重に運転しました(また後ほど)。

いよいよか!

目的地まで、わかりやすい標識もありました。ただし、途中でいろいろな分かれ道もあります。おおむね、道なりまっすぐに進めばOK!

「神々の庭園」という「KEAHIAKAWELO(Garden of Gods)」に到着!

ラナイ島・神々の庭園(1)。逆光で撮っていますが、その土地の荒々しさが伝わるかも?

ラナイ島・神々の庭園(2)。赤土にラスベガス郊外の感じもありますが、なんと言っても風が強い!!!

ラナイ島・神々の庭園(3)。ホテルにも置いてあるガイドマップ“E KOMO MAI LANA'I”には、PLEASE DO NOT REMOVE OR STACK ROCKSと書いてあり、岩を動かしたりしていないはずですが... 重なる石も多く、「神々」のなせる業か。

モロカイ島が遠くに眺めることができます。先ほどのガイドマップによると、晴天時にはオアフ島も見えるとか。 今回は残念ながら、オアフまでは見えませんでした。

岩などが転がる道を下ると、ポリフア・ビーチ(POLIHUA)に到着。ここまでは、車は四駆でないとこれません。ザトウクジラ、その子供たちを12月から4月に見れるそうです。そのほか、アザラシ、カメなどが見れるそうです。

ラナイ島 ポリフア・ビーチ(2)。波は荒い日でした。

ラナイ島 ポリフア・ビーチ(3)。写真では風が伝わらないですが、おおむね西から東に吹いているようです(海側から陸側)。右の樹木がそのようになっていました。

ラナイ島 ポリフア・ビーチ(4)。人がほとんどいなく、風以外は静かなビーチ。心が落ち着く、ヒーリングスポットにも感じられます

ラナイ島 難破船ビーチ(Shipwreck Beach: KAIOLOHIA)1 木が山側(西側)に伸びています・・・。東にはマウイ島とモロカイ島が見えますが、その間からちょうど強い貿易風が吹くのでしょうか。

ラナイ島 難破船ビーチ 2 難破船。1940年前半に建造され、海軍で使われていたところ、この場所に意図的に座礁したそうです。難破船を右に見ながら進んで行くと、ペトログリフが見れるそうですが、ここは行きませんでした・・・

ラナイ島 難破船ビーチ 3 透きとおる水!青々とたたえています

ラナイ島 難破船ビーチ 4 砂浜だけでなく、岩場もあります

ロッジ・アット・コエレの前を通り抜ける舗装されたケオムク通りの終着点。ここから未舗装の道路になり、難破船ビーチとケオムクへの分かれる。 ケオムクには、1903年に建てられた教会があり、砂糖を精製していたころの面影が残るそう。ケオムクの先には、ハレパロア(HALEPALOA)があります。19世紀後半に捕鯨が盛んだったころ、日本人が拠点とし、お寺も建立されたそうですが、1900年のペストで当時の人口が半減したそう・・・。 その先の、ロパビーチにはマウイからダイビングツアーなどもあるようです。

番外編・ケオムク通りの道路事情 1 ん?

番外編・ケオムク通りの道路事情 2 万が一の時はTELできる・・・。ロッジ・アット・コエレから上の道しるべまで約7マイル。山を下り始めてからも、4マイルくらいの地点なので、ビーチで万が一でも時間がかかるも、あがってくれば・・・。携帯はつながってましたよ~

番外編・ケオムク通りの道路事情 3 舗装された道路わきには、地層がくっきり。

440号線を西に、カウマァパウ港(KAUMALAPA'U HARBOR)に向かう途中、ラナイ島の西岸に広がる崖

ラナイ島の西岸に広がる崖 2

ラナイ島 カウマァパウ港から 1 火山で出来た島に雨が降り、侵食して行く結果でしょうか。こうした地形が島のいたるところで見られるようです(飛行機から見えたのですが・・・)

ラナイ島 カウマァパウ港から 2 崖の手前に邸宅がみえます。眺めがいいでしょうね~

ラナイ島 カウマァパウ港から 3 こんな感じの夕日

で、ホテル・ラナイ。

ちょいと、ぶれてますが・・・ホテル・ラナイの入り口

ラナイ・シティ・グリル 1 テーブル・セッティング。ナプキンの折り方もきれいです。

ラナイ・シティ・グリル 2 09年1月のメニュー。

ラナイ・シティ・グリル 3 ジャンボ・シュリンプ・カクテル。プリップリ!

ラナイ・シティ・グリル 4 Soup of the Dayはチキン・スープ。ビーフシチューのようなコクがありつつ! あとは食べてみてください!!

ラナイ・シティ・グリル 5 Grilled Rib Eye。ボリュームはありながら、肉質もよく脂身と良い割合。ニクニク!大スキっ子としては満足

マウイは午後は海の状態が悪くなるので ダイビングは午前2本が基本。 なんと港には7時前集合! 日も昇ってません・・・ 気分は伊豆日帰り・・・ねむい(+_+;

でもISANAはマウイでも数少ない ピックアップのあるサービスなので スタッフはもっと早い時間から 働いてるんだよねー

ボートの上から日の出が見れました。 きれい・・・

まずはアオウミガメがお出迎え~ 竜宮城に連れてってくれるー?

カメラの設定間違えて 全体をうまく撮れなかった・・・・(T_T)

洞窟の穴だけだよ~

ヨスジフエダイの群れ

気持ちいー!!!

あっ、顔切れた・・・

神秘的・・・

お腹の黄色いオヤビッチャ ここにもいますねぇ~

カスミチョウチョウウオもいるのね・・・

潜ってて気が付きましたが マウイはカラフルなサカナが少ない・・・ 基本色が白・黒・黄 うーん・・・(・_・;

Gold Lace Nudibranch キスジカンテンウミウシと思いきや 別物だそーです。 和名なし。 聖さんが金網ウミウシと勝手に命名・・・ かわいくないんですけど~(・_・;

アカマツカサ

アーチもあったりして 地形的には楽しい・・・♪

ボートの傍にハシナガイルカの群れ! すごい声は近かったんだけど、写真は遠いなー

エギジットしたら 船のすぐそばにクジラがいたと 船長に教えられた・・・ 誰も見ちゃーいない! ダイバーの視界は狭い・・・(T_T)

さよなら、ラナイ島! また来るねぇ~

桟橋のカニ これ以上近づくのは無理・・・

ガイドブックによく載っている ノブさんのお弁当 お昼に米が食べたいとリクエストしたら 連れてってくれた。 おかず2種類+副菜2種で$5.50 日本人だと$5で飲み物付き♪