スポンサードリンク

カナダってどんな国?

カナダは、北アメリカ大陸北部に位置する国。首都はオタワ。世界で2番目に大きい面積の国土をもつ。南にアメリカ合衆国 アメリカと、西に米領アラスカ州と、東にグリーンランドと隣接する。1867年までイギリスの植民地であった。世界の先進七カ国(G7)の一国。旧来より隣国のアメリカ合衆国との交流が盛んであったが、1992年、北米自由貿易協定に加盟し、さらに北米3国間での交流も促進された。

カナダの地図

カナダのブログ旅行記

貼り紙あれこれ。 salut!~パリを楽しもう~/ウェブリブログ

2005年11月27日 ... U18野球 カナダ撃破で無傷6連勝 · 映画の絶妙に張られた伏線10選 · 又吉 紹介美女と ガチデート · 医療費40兆円へ 最高額更新 · 露大統領 中の戦勝行事を評価 · ニュースを もっと見る. 貼り紙あれこれ。 salut!~パリを楽しもう~/BIGLOBE ...

節約Travelaholic の Photo Gallery - 紅葉したツタが美しいダルハウジー ...

タイトル, 紅葉したツタが美しいダルハウジー大学. 目的地, アメリカ・カナダ > カナダ > その他の都市. ホテル ツアー 航空券. 場所, ハリファックス. 時期, 1997 年 10 月. 種類, 景色. コメント, カナダの名門大学の一つ。「赤毛のアン」の作者モンゴメリーが、通ってい  ...

カナダ発祥の地 シャーロットタウン: 海外の情景 今日の一枚 - ココログ

2008年9月6日 ... プリンスエドワード島の州都で人口約3万人の落ちついた港町です。1864年この町で行 われた会議でカナダの独立が決定され、その後1867年にカナダはイギリスから独立 出来たため「カナダ発祥の地」と呼ばれるようになっているのだとか。

ロクシタン注意報!| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

2005年9月2日 ... カナダにもありましたか~ これで安心、安心♪(←行く気まんまんの私です) 私の中でも ロクシタンは圧倒的 ... やはりありましたよ、カナダでもロクシタン路面店! ラベンダーの スプレイを買ってベッドリネンに振りかけて安眠を誘っておりました☆

メイド・イン・JAPN!| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

2009年1月30日 ... はやり、カナダのも切った途端グシャでしたか~ あれって、ダメな気がする~と思ってい ても、 本当にグシャっと ... カナダのは、切った途端グシャってなってしまい、使えません 。。。。 MARK'N ま~くん 2009-02-01 04:59:34 >>このコメントに ...

田んぼだ! | MSAT 幻のガイドからのメッセージ - Teacup

2007年6月4日 ... 話は飛びますが~カリフォルニアはカナダグースや水鳥が子連れでウロウロ始める頃 ですかね? 投稿者:みーこ. 2007/6/4 20:37. アメリカで田んぼは見たことありませんで した。 巨大な田んぼにヘリや小型セスナで農薬を蒔いたりしているの ...

カナダ中 - およよな生活

2007年7月、野生のベルーガを探して、カナダ、ハドソン湾Hudson's Bayに行ってき ました。気温5度で寒風吹きすさぶチャーチルChurchillの町で貴重な体験をしてきまし た。 va. puffin, 1px, 旅行記スタート>>>. 写真) バンクーバー水族館Vancouver Aquarium ...

明日から メキシコ旅行&カナダ(オーロラ)旅行 滞在33日目| 世界一周 ...

2005年12月28日 ... 年末が近づき・・・。 ってことで、明日から. メキシコとカナダ(オーロラ)旅行に行ってき ます。 やーーーーと. タイトルっぽくなってきた! たのしみーーー!! メキシコ:29日~6 日まで. カナダ:6日~13日まで. お正月はメキシコのどこかの街になり ...

カー・ルージュに乗ろう!(3) salut!~パリを楽しもう~/ウェブリブログ

2008年2月2日 ... 香里奈 連ドラ主演で完全復活か · G立岡 イチロー超えに意欲 · 水上飛行機墜落6人 死亡 カナダ · 元SB選手が接触事故 大学生死亡 · 郵便局員ら申告漏れ17億円 · ニュースをもっと見る. カー・ルージュに乗ろう!(3) salut!~パリを楽し ...

熊だぁ~| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

そっかぁ~カナダには狼もいるのですね~♪狼を見るチャンスはなかなかないだろう けれど、でも狼が同じ大地にいるってだけで、 .... なんたって、カナダのグリズリーを まったく寄せつけなかった効験あらたかな鈴ですから、北海道の熊にも効果絶大なはず です。

パンケーキと疑惑のメイプルシロップ|食べて歩いて遊んでスペイン!

2014年12月3日 ... と、一抹の不安を覚えつつ、 家で切らしていた事もあって購入してみたのですが・・。 製品名はメイプルシロップ(Jarabe de Arce)だし、 カナダ産とも書いてあるけど メイプル もみじ というよりは、 パンケーキ等にも使ってみてね♪シロップ的な、

インターネットの通り道: shukran@world

2012年8月10日 ... わかったのが、とにかくトンガからは一度カナダに行くということ。海底ケーブルマップを 見るとアメリカにつながっているように見えますが、たぶんカナダなんでしょう。カナダの どこかというと、コウィチャン・レイクという場所。そこからバンクーバー、 ...

ぼあらさんに会っちゃった | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

あと、行きづらい場所だとは思うのですが、ボリビアのウユニ塩湖は一面真っ白で、一度 は行ってもらいたい場所です。 こうやって挙げるときりがないほど出てくるのですが・・・。 カナダでのワーホリを終えて南米を周遊している人や、イースター島旅行に来ていた人 ...

テーマ「カナダ」のブログ記事一覧 GO AROUND THE WORLD /ウェブリ ...

テーマ「カナダ」のブログ記事一覧|GO AROUND THE WORLD(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)。「一緒に旅を…」"その国の美しさ"との出会いを求めて世界を 巡る。これまで約206都市、36カ国を旅する。旅の写真は数万枚。世界の美しい景色・ 音・空 ...

海外格安航空会社の一覧 - いつもこころにヨーロッパ

2008年8月19日 ... (ゴー・USA ハワイ) · WestJet (ウエストジェット・カナダ). アジア・オセアニアの格安航空 会社. Jetstar (ジェットスター・オーストラリア) · Virgin Blue (ヴァージンブルー・ オーストラリア) · Air Asia (エアアジア・マレーシア) · Tiger Airways (タイガー ...

そんなに安いんですか??| 世界一周御披露目帳 - アメーバブログ

カナダはぜひぜひ楽しんできてもらいたいですから~☆ (憎むべき犯人のためにさらに 忙しくなっているのには、私もとても悲しいですが・・・) こんてんた家族をカナダの青い森 が呼んでいる~♪♪. YONYON 2005-05-18 17:13:17 返信する. 7 □gaoyecnさま.

地図販売機 salut!~パリを楽しもう~/ウェブリブログ

2006年7月17日 ... 香里奈 連ドラ主演で完全復活か · G立岡 イチロー超えに意欲 · 水上飛行機墜落6人 死亡 カナダ · 元SB選手が接触事故 大学生死亡 · 郵便局員ら申告漏れ17億円 · ニュースをもっと見る. 地図販売機 salut!~パリを楽しもう~/BIGLOBE ...

テーマ「沖縄」のブログ記事一覧 GO AROUND THE WORLD /ウェブリ ...

... ヴィルヌーヴ・レザヴィニョン (54) · オーストリア (49) · ヴェネツィア (48) · ウィーン (47) · フード (47) · フィレンツェ (44) · バンコク (40) · アヴィニョン (39) · バンクーバー (30) · カナダ (30) · ブルガリア (28) · ミラノ (21) · ヴェルサイユ (19) · ロサンゼルス (18) ...

カナダの不夜城へ@ナイアガラ - 奥様は海外添乗員 - Gooブログ

2013年9月29日 ... 定刻で飛んだエア・カナダは予定より若干早めに到着。入国審査及び税関でも心配し ていた(結構頻繁に行なわれる)抜き打ち検査からも逃れ、しかもこの繁忙期は待たさ れることの多いバスにもすんなり乗り込めまだまだ日の高い中ナイアガラ ...

2006年4月のブログ GO AROUND THE WORLD /ウェブリブログ

しばし”カナダ記”お休みします。 ここは雲がステキです。 ...続きを見る · ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 ... ♯GO TO CANADA · ♯GO TO CANADA 今日からカナダ記になり ました。 ...続きを見る · ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5. 2006/04/06 01: ...

カナダに片道航空券で入国する際の対処方法 海外旅行Q&A(アメリカ)

入国に関してなのですが,現時点でカナダへのワンウェイチケットのみ予約しています。 カナダに入国する際に,日本へ帰国するなりカナダへでるためのチケットまたは予約なし では入国自体きびしいのではないかと思っています。 いずれにせよ,カナダを出るため ...

世界一周旅物語(せかたび)- 世界一周を中断します。 アーカイブ

2006年12月13日 ... 確かに、南米のスペイン圏や北米のカナダでもビジネスチャンスを検討していたので、 このまま旅行を続行し、一旦、世界一周旅行を終えてから、ニュージーランドに戻ること も考えました。でも、旅を中断する覚悟はルーマニアなど東欧訪問の際 ...

Mie's GO AROUND THE WORLD/ウェブリブログ

2006年5月14日 ... 2006/05/14 09:53. いろんな色のグラスがあったけどこれが一番Mie-chanぽかったか なぁ~と。 sawa 2006/05/14 11:49. そうそう、1番Mieっぽかったね。 でも、カナダっ ぽいかって聞かれると、困っちゃうのよね。 ryoko 2006/05/15 22:01.

お気に入りのヨーグルト「LIBERTE 」ココナッツ| リサのLOVEハワイ

2015年9月5日 ... カナダ・モントリオールのヨーグルトメーカーです。 いくつか種類がありますが… 私の お気に入りは「ココナッツ」. クリーミィで濃厚なヨーグルトです。 ホールフーズに行った際 … 最近は必ずコチラのヨーグルトを買って、冷蔵庫にストックしています.

カナダ、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の ...

カナダ・旅行情報の発信サイトのトラベログ、トラベローグ、TRAVELOG 。国内、海外の 旅行記、旅行日記、旅行体験記、トラベル日記、旅行写真集、旅行フォトアルバムを、 無料で作れる旅行専門のブログ、サイト.

カナダ・Vancouver近郊(Simon Fraser University): Shoの旅行記~気 ...

2006年8月13日 ... カナダ・Vancouver近郊(Simon Fraser University),日帰り旅行から長期旅行、さらに テクテクと歩いて見つけた楽しそうなところも含め案内します。目指せ世界制覇!

カナダ国会議事堂の巻

2006年12月17日 ... 1858年にビクトリア女王によって、フランス圏とイギリス圏の中間にあたるこの地が カナダの首都に選定された。 オタワ川を挟んで、オンタリオ州オタワとケベック州ハルの2 つの都市にまたがるツインシティとして成立するこのオタワは、人口100 ...

踊れないスチュワーデス物語 : バンクーバーは美しかった 1 - livedoor Blog

2007年6月28日 ... バンクーバーはシアトルのすぐ真上に位置するカナダ西海岸の美しい街。 雪を被った カナディアンロッキーの山々が街の周りをぐるりと囲んでいて、こんな風に美しい山を見 ながら暮らせるなんて本当に羨ましい。 シアトルやバンクーバーへの ...

諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』 -122ページ目

2010年1月28日 ... カナダは本当にこれまで体験したことのない寒さであるが故に見られる美しい景色に たくさん出会えて、本当に想像以上に素敵だった。かなりロマンティックな気分に浸って ました。ひとりで・・・って、やっぱり私、変質者っぽかったかもー。きゃー。

花のカナダ - 地球浪漫紀行 世界紀行スタッフの旅のお話し - Gooブログ

2010年6月4日 ... 5月はゴールデンウィークにラオスに、そして5月の後半は西カナダへ行ってきました まだラオスのご報告ができていませんが、 本日は先に先日行ってきた西カナダの写真を ご紹介します 西カナダは広大なカナダの中でも一番早く春が訪れ、 ...

カナダの写真・旅行記

ブラッコム山側からP2Pで戻ったあと、ピークエクスプレスリフトでウィスラー山頂へ。山頂での大絶景を楽しみ、その後はトレイルを歩いてゴンドラ駅まで戻ってきました。午前は雨に降られたりと不安がありましたが、この午後は天気が徐々に良くなって最後は晴れ、最高の景色を堪能しました。 □ 8/ 7 羽田→バンクーバー      バンクーバー泊 □ 8/ 8 バンクーバー観光        バンクーバー泊 □ 8/ 9 バンクーバー→ウィスラー     ウィスラー泊 ■ 8/10 ウィスラー観光           ウィスラー泊 □ 8/11 ウィスラー→シアトル        シアトル泊 □ 8/12 マウントレーニエ           シアトル泊 □ 8/13 シアトル観光             シアトル泊 □ 8/14 シアトル→サンフラン、ナパ観光  ヴァレホ泊 □ 8/15 サンタローザ、ソノマ観光     ヘイワード泊 □ 8/16 サンフランシスコ→(機中泊)       機中泊 □ 8/17 →成田 ■:当ページの旅行記で記述している部分です。 この旅行の初日からご覧になりたい方は、こちらをどうぞ http://4travel.jp/travelogue/11044391

午後はウィスラー山頂へ

ピークエクスプレスリフトへ歩きます。

リフト乗り場へは、トレイルを下っていきます。約10分歩きます

振り向くとゴンドラ駅がこんな感じ

ウィスラー山

リフト乗り場が見えてきました

リフトに乗ります

岩場を一気に登って行きます

岩が近くて、結構スリルあり

この辺りは万年雪なのでしょう

10分弱で到着

山頂にイヌクシュク

イヌクシュク、遠くにブラックタスクが見えます

山頂周辺のトレイルを歩きます

遠くにブラックタスク

ブラックタスク

どっちを向いても素晴らしい景色

先ほど乗っていたリフトを横から眺めます

この山も凄いですね

山頂に戻りました。イヌクシュク前は撮影のための行列。

遠くに見えるのがオーバーロード氷河、かな?

残雪で遊ぶ家族

この岩もなかなかすごいです

歩いて下ることにしました。 Mathew's Traverse Road

とにかく眺めがすばらしい

このリフトは冬用ですね。

午前中にいたブラッコム山

ここにもイヌクシュク

水がキレイです

P2Pゴンドラの駅が見えてきました

約1時間で、ラウンドハウスロッジに到着

カナダ国旗がいっぱい

ウィスラー山

バンクーバー五輪で使用されたボブスレー

ゴンドラ乗り場

カナダ国旗

さて下界に戻ります

ブラッコム山

途中駅。 この辺りではモトクロスのコースを眺められます

宿泊のホテルが見えました

30分かけて到着

モトクロスの人たちが大勢乗っていきます

モトクロスの人たちが本当に多いなぁと思っていたら

何とモトクロスの大会開催期間中でした。

スーパーIGAへ

本日は、リカーショップも開いていました。ワインをゲット

ステーキ!赤ワインでカンパイ!!

今回は国内線を経由するので、伊丹空港から出発 人生二回目の伊丹空港ですが、関空と同じ感覚できてしまったので、 時間つぶすのに少し困る・・・笑

まずは待ちながら乾杯!! そわそわしながら搭乗するのを待つ。

日も暮れてきてテンションあがります。

初の羽田空港でトランジェット! でもここで少し見て回りたかったが、 のちにでるアメリカ入国の為、バス予約清算をネットでしたのに まさかの印刷しないと搭乗できない事が、届いたメールで発覚 しかも印刷しないと絶対のれないらしく、そうなるとアメリカ行けないってことで 必至のパッチで聞きまわり、印刷できるとこ探す。 ホントギリギリまで粘ってようやくできたら、搭乗時間で 冷や汗たらたら。でもお酒は飲みました。

そしてここから8時間の長旅開始。 楽しみな機内食は洋食カツカレーを選択 まぁまぁこんなもんだろうってお味。 意外に和食のサバがおいしそうで、そっちにすればよかったかと後悔

そしてまさかのデザートがハーゲンダッツ!! 貧乏性の私は歓喜しました。

ちなみに雑談。 カナダドルは一部が透けててかっこいい。 あと機内の映画はいまいちでした。 おもしろいの少ないなーーー

そして二回目の軽食 ま、こんなもんでしょう!って感じのお味です。

そして到着!!! でもなぜか日本の飛行機をとってしまった。

結構ひろいのとトーテムポールが印象的でした。

そしてバスで合流して、ホテルに向かいます。 ちなみに見たことないほど、土砂降りでした。 ※写真はマシに見えますが、ひどかったです。 あと5°と非常に寒かった(大阪13°)

ホテルに到着。 階段だってしってたので、神様に一階・・・!!ってお願いしました。 そしてら最上階の3階でした。 お部屋は小さいがベットは広い。 でも十分です

そこから買い物散歩へぶらぶら~ 相変わらず雨がすごい 聞くと雨季で一番多い時期らしいですね だから安かったのか・・・

友達が傘わすれてたので セブンイレブンで傘かいました。 そのついでに再度メニューも注文。 おまけしてくれたし、おいしかった。 でもコンビニでたらたいていホームレスが居ます。 金くれって積極的にせびられますが スルーします。

そのあとまさかの通りがかりで JAPADOGを見つけてしまい入ることに。 セブンイレブンで買わなきゃよかったと後悔する羽目に でももちろん頼みます。

ちなみにテリマヨを私は頼み 友達は焼肉とチーズがたっぷり乗ったのを注文。 友達のが最高にうまかった。 そして期待したほど・・ってかんじでした。 口コミ見過ぎて期待しすぎてしまった~

弾丸ツアーなのでガスタウンに向かいます。 本当はお昼に行く予定でしたが、旅行会社から言われてた 帰りの日の時間が違ってたので最終日はほぼ遊べない事が決定したので むりやりになってしまったのです。

暗いのでホームレスやちょっとヤバそうな人もちらほら出てきてます。 ちょっとびびります。

時計台に向かったつもりが、ここに着きました どうやら見過ごしたみたいです。 こっからチャイナタウンが近くなってきたのと、 お店も少なく変な人も増えてきたので引き返します。

引き返し途中でようやく見つけました。 地味すぎワロタ。

あまりの寒さと雨に途中でお店に避難 お酒のんで温めます。

そして歩いてホテルに戻ります。

帰りしなに現地の人が集まる良い感じのPUBを見つけ入店。 満杯の中、むりやりカウンターに座る。 いいおじいちゃんにワインごちそうしてもらったりしてるうち 疲れからか、眠くなってきたので終わります。

帰りあこがれのビクシーを見る。 でもしまってる・・・・ そのまま帰宅して 日本から持ってきてた酎ハイのんで 即ねます。

そして次の日。 元々キャピラノ吊り橋行く予定でしたが、曇りすぎたのと、前日の大雨の事もあり (あと天気予報でも大雨)びびって グランビルアイランド→スタンレーパークってコースに変更

バークレーホテルから歩いて向かう事に。 途中で朝ごはんにマクドで朝マック。 正直日本と変わりません。 飲み物以外。

橋を渡るのに時間がかかり60分程でようやく入口が見えます。 (ちなみに女性だけなので歩くの遅いのと道を考えながら歩いたのでそのぐらい時間かかりましたが、早歩きですんなり行けても40分は絶対かかると思います。)

朝早かったので人は少なかったのと すこし思って感じとは違いましたが、市場のゾーンは相当楽しかった。

市場でスモークサーモンとクラブを頂く。 ここで後でサーモンブロック?のmaple味のをまた買いにくるのだが、 あまりのおいしさに100gしか買わなかった事を帰国後も後悔 行く人はぜひ

全体的にわんこでかいです。 そして可愛いすぎる。

こういうやつもいます。 まぁうるさいです。

このこ相手してくれないけど 愛おしかったw

そして気になってた一番入口にあるお店で食事を。 雰囲気も素敵です。

こちらお酒届いてテンションあがり過ぎですね。 ちなみに口コミに書きますが サーモンステーキとムール貝頼みました。 腹いっぱいすぎました。 とここで、過ごすうち10時ぐらいに到着してたのに 15時ぐらいになっており、グランビルアイランド 意外に楽しんでたことに気付く一方、時間ヤバい事に焦り タクで一度ホテルへ戻ります。 (ちなみにこの時に魚屋に戻ったので後悔する羽目になったのです。)

でホテルから20分ぐらいあるいてスタンレーバークへ この時点で16時半前ぐらいだったのですが、 レンタルサイクルが16時までや17時までばかりでヤバいことに気付く。 一件だけ18時まで行ける所を見つけ、1時間弱しか乗れないけど、無理やり行くことに。 ※ちなみに地図でみたら結構近いように感じますが、 日本人女性の歩幅やペース考えると絶対レンタルサイクルを借りる方がいいですよ!!!!! 時間に余裕ある方なら大丈夫ですが・・・

結果バタバタしましたが、日に落ちる感じや、 街頭がついた所を見れたので良かった。 でもどんなにあれでも2時間は欲しい場所だったです。

バタバタしてたの落ち着かせてスーパーへ そこでいろいろ見ますが、カナダって結構物価たかいんですね 

そして帰宅。

その途中でこのクレープ屋さんを発見。 ある意味悲劇のはじまり。。。

なぜならコレおいしすぎました。 ご飯たくさん食べて腹もう絶対入らない!!っていうてたのに 全部くらってしまったのです。 そして軽く飲みたかったけど 明日も早いのと45000歩近く歩いてたみたいなので 早々帰宅し12時にはベットに

そしてシアトルに行く日。 朝5:30の集合なので、4時起き。 歩いてセントラルステーションへ向かいます。 40分ほどかかりました。 そして朝といえど暗いので、少し変な人がいる&怖いので 心配な方はタクシー使うといいかもです。 ちなみに結構何台か走ってました。 あと、駅に着いたのはいいですが、集合場所をニアミスして 少し遅れる始末。でも駅員さん達の優しさのお陰で乗りこめました。 【ちなみに】 行きのバスがCantrail Coach Linesという 現地では有名なバスを予約したのですが、前述(※羽田空港の所)であるように 印刷しないとダメなので、気を付けないとだめなのと集合場所が他バスと真逆にあるので気を付けてほしいんですが、日本人でも有名なboltbusより 時間を気にする私達としては相対的に良かったので、記載しておきます。

ドキドキの入国審査・・・・ 税関員が怖い人かとドキドキしてたのに、 メッチャいい人でびっくりした。 たまたまだろうけどカナダの税関員よりニコニコ笑顔で優しかったです。

そして9時前ぐらいにはキングストリート駅に到着しました。 さすがアメリカ!カナダの時より海外きた!って感じがしましたw 大きいからかな~

そこの横にあるスタジアムを撮影 あまりのでかさにビビる。 あと人いなさすぎてビビッて お店空いてない事にもビビる。

とりあえず目的地に向かう為あるきだします。 でかいピザ(箱つき)持ちながら食べながら歩く人 歩きながらゲロる人を横目にみつつ これがアメリカ・・・!!!と余韻に浸る

そうこうしてる間に目的地へ やはりこの辺はまだにぎわってます。

恒例のわんこ。 わかりにくいけど、結構デカい

この子も可愛い。 でも早くて撮れなかった

そしてスタバ一号店へ。 最初近くにある店と間違えかけたけど、似た店が近くにあると 口コミで見てたので、他もまわってようやく見つける。 朝早かったので並ぶけど、まだ少ない。 ちなみにお昼ごろはスーパー並んでました・・よかった。

ちなみに限定商品は色々ならんでますが、そこから持っていかず レジで注文します。 レジにメニュー表のように各カップがいくらと書いてるので 指差しで注文できます。 私はここでしくじったのですが、 飲み物頼むならここで一緒に注文します。 ちなみに飲み物メニュー上の黒板をみて注文みたいです。 そこで注文して次は受け取りで並ぶのです。 ※友達があとからだったので飲み物はその時 一緒にたのんでもらいました。

スタバでなぜかコールドを頼んだから体をより冷やしたあとは スーパーマーケットにいきます。 写真では迫力分かりませんが ロブスターは人の太ももぐらいあります。 みてるだけでも楽しい市場、英語できたら注文してマーケットグリルで食べれそうでしたが、難易度高いので私達は断念。

この豚 めっっちゃ撫でまくる

かの有名なクラムチャウダーの店に OPEN11時らしく10:30から並んで待つ。 ちなみ私達10番目ぐらいでしたが、その後めっちゃ並んで最後尾見えなくなるぐらいになってたので、並んで良かった!

意外に小さかったのでミディアムでいきました。 具だくさんなので最後やばかった。。。。 でも冷え切ったからだに沁み渡る・・・

街中さんぽしつつ スペースニードルの方向へ向かいます。

ここがスペースニードル!髙そうなので下から撮るのみ

チーフリーにも行きました 詳しくは口コミで書きますね~

この写真が一番好きです。

色々展示物あるので写真撮るの好きな方は 飽きないと思います

そこから少し疲れたのでスポーツバーへ。 アメリカって感じの店でよかったけど タバコはすえないのね~ このあとステーキも食べますがそこも絶品。

そして最終日は11:30チェックアウトなので 朝から起きて カフェお茶と近くで買い忘れを買いに行く事に

ちなみに最終日の朝ごはんで11ドル使うバカは私です。 スープとスープに着いたパンがうまかった!

店内は勉強してたりする人が多い

最後に快晴すぎて 今からスタンレーパーク行けたら最高なんだろうな~・・・と思いながら歩く

最後はあとおいしいクレープ屋で占めると決めてたので またラ・クラブを注文。 書いててまた食べたなる

最後に晴天が悔しくて撮りまくる。

で空港に着きました。

このワンちゃんも可愛かった~ 空港内にもわんこ入れるのね~

結構ひろめだけど、 見ずにすぐ搭乗口へ向かう

水族館みたいなの?もあってキレイ

みよこの晴天 切れそう・・・w そして空港内で飲んでから 飛行機に乗り込む

ちなみにおつまみワインです。

ワインは3杯目 このときのCAさんがすっごく良い人 嫌な顔いっこもしないうえ 笑顔で好感もてたな~ あ!食事は洋食でハンバーグでした。

アメリカのアイス 固すぎて笑う

そしてラスト軽食 ちなみにワイン5杯ぐらい飲んでる。。。。。

羽田ついて、ラーメン食べたかったのに店がないから 空港内のそばで対応。 でも満たされず帰宅。 ちなみに関空ついて電車で帰るも 終電乗り間違えたせいで えらい目にあったのは悪い思い出でした

最後は幻想的だったんだけど 日が落ちると思いきや、日付変更もあってか、また明るくなって。。。。っていう景色みれた。

ホントもっと晴れてたら 最高だったんだろうな~ あと時間も足りかった~

こちらが乗ってきたバス。 時間に正確だったのが好感もてる。

この店ほんとお気に入り!! たまたま入っだけなのにビックリ

これが朝マックだ・・・・!!!! ちなみに量が多いのは飲み物だけで 他はそんなに変わらんかった

最後名残惜しみながら、とった写真。 実はトーテムポール行きたくてダッシュしまくってたけど 結果見つからなくって、急いで帰る途中でした。

クラブ行くときに通りかかった病院 ぜーーーーーーーんぶ星 星マーク好きの私としてはテンションあがる

このお店楽しそうな雰囲気で良かった ここで最後の夜を過ごしましたとさ このあと無料にラーメンが食べたくなるが、 店空いてないので、結局ポテチかって帰宅。

クラブ行きたかったのに・・・ まさかのクレジットカードがダメって言う・・・・ 結局近くのPUBで飲むことに

ホテルにチェックインした後、まずはバンフの街にでてみることに。フェアモント バンフ スプリングスをでて、ゆっくりと道なりに下って行きます。(つまり帰りはずっと登りとなります^^;) ちょうど下っていってバンフ通り(バンフのメインストリート)に突き当たるところにあるカスケードガーデン。この建物はその公園管理事務所ですが、花壇にはたくさんの花がきちんと植えられています。

バンフ通りは、こんな感じです。人がいっぱいいるところにカナダで初めて来たー

山小屋風のいい雰囲気の店内では、野球中継(MLB)が流れています。 サラダビュッフェがついています。野菜がみずみずしく、そして甘くておいしい!

そうそして、このお店の名物、プライムリブステーキです!! 大きい~と思いましたが、柔らかくてペロッと食べられました。左上に移っているベイクドポテトのサワークリーム&ベーコンがけも美味しかったです。

そして、反対側には、メインストリートとその先にカスケード山が綺麗に見えます。まさに写真撮影スポットですね。。

帰りはバスを乗り継いで戻りました~

そのままボウ川に沿って進んでいきます。 今日もとても爽やかなお天気です。

翌日。 ホテル裏からボウ川に沿って散策路を歩き、バンフ通りにつながる橋まで出てきました。(旅行記⑥から続いています。)

そのまま進み、この後、フェンランド・トレイルコースを散策。動物いるかなーと思ったのですが、残念ながら会えず、でした。。

いったんバンフ通りに戻ってお昼を食べた後、レンタサイクルしました。そしてやってきたのはカスケードポンド。

そのあと、別の湖に行こうと思ったのですが、思いのほか暑く、ここは無理をせず引き返すことに。 途中の少し標高が上がったところでは展望台のようになっていて、キレイな紅葉を見ることができました。

これは帰り道です。このように自転車専用レーンがあるので、走りやすく快適でした。 日本でも、サイクリング旅もいいなーと思いました。

そして、早速ディナーです。ガイドさんにきいて、バスに乗ってやってきたのは、バンパースです。

お店の外の雰囲気は、え、やってるの??と不安になる感じでしたが、中に入るともう人がいっぱいいるー ツアーで利用している日本人もいれば、現地の人もいました。

戻ってきたバンフの街並み。

カスケード山の山頂が夕陽に赤くそまっています。カナダに来てこういう自然の美しい景色を何度も見られて幸せな時間です。

午前中にとおったボウ川も、朝日に輝く姿とは違い、暮れゆく光に輝く神々しい美しさを見せてくれました。

カナダ、最後の夜にカンパーイ。

カナダでの食事でおなじみのサラダから。旅先でサラダがおいしいとうれしい。

メイン。夫の注文した今度はアルバータ牛のステーキです。 この高さはなんでしょうか。すごい。。

デザートも楽しみました。

メープルリーフレストラン。私たちは1階でいただきました。美味しかった~

そして、最後の夜、部屋からの眺めです。 カナダでは自然は無条件に美しく、ただ々々それだけで本当に心癒されました。

そして、カナダを離れます。バンフからカルガリー国際空港まで2時間ほど。 こういう景色をいっぱい見てきたなー カナダ、旅のスタートは大変だったけど、本当にいいところだったなあ~ 勝手にアメリカと同じような感じ、と思っていたけれど、ギスギスしたところがなく、現地の人もフレンドリーで、のんびり過ごすことができました。 遠くて高いけど(^^;)、また来ます!!

私はブリティッシュコロンビア州でとれたサーモンのステーキをオーダー。 これも立体的な盛り付けです(笑) サーモンは中がレアで、メープルマスタードソースと合って、くどくなく、美味しかったです。

山を背景に、ヨーロッパの中世のお城のようなホテルが現れました。すごい!

入口をはいると、こんな感じです。石造りの重厚感に圧倒されます。

そして、部屋へ~ ジャスパー、レイクルイーズ、そしてバンフと、どんどんと部屋が狭くなっていきます...が、それだけ、人の多いところに来たと感じました。。 こじんまりした造りですが、かえって昔の館な雰囲気が楽しめます。

お部屋はヴァレイビューです。窓から景色が顔を出しています。。

ボウ川にでました。あっという間に大自然の中です。

バンフまでのトレイルコースは、川に沿っていくので、景色と歩くことを楽しむことができて、とてもいい環境だなーと感じました。

さて、この後のバンフでの散策とお楽しみの食事は、最終編へ~! 続く。。。

翌朝、ホテルの裏側からトレイルに出られるので、そちらからバンフの街に向かいます。トレイルからホテルを振り返って。 すぐにトレイルコースに出られるのがいいですね!

正面玄関とは反対側から見ると、こんな感じです。

部屋からの景色!

あいにくの雨空で、今日の工程は約600キロのバス移動です。

ルックアウトセンターからの眺望も素敵です。

エリー湖とオンタリオ湖を結んでいる川とか?

途中で1時間ほどのルックアウト・トレイルで紅葉ハイキングが予定されていましたが、雨の為希望者のみ(5人)のハイキングになり、当然私はパス(笑)

途中でバリー・ハイウエイSAに立ち寄り、トイレ休憩を! そこでティム・ホートンのドーナツを購入(カナダ人に大人気とか)してコーヒーと一緒に食べましたが、美味しかったです。 写真は忘れました(すみません)

運転手さん長い距離をご苦労様でした、今日のホテルに到着です。

少し狭め! 荷物を広げれないです・・・・

こんな感じで、広げるときはベットの上に広げて上げ下ろしをしなければなりません!

バスタブはついていました。

ほとんど見ないTV

外の景色もイマイチ! 明日の天気が心配ですが。

本日の夕食! サラダ。

白身魚だと思いましたが!

甘いケーキ で今日はおやすみなさい! 一日移動に費やされました、カナダは広いですね!

正面に見えているグラウス・マウンテンは、上の方だけ、ほんのりと雪化粧 昨夜、風が強かったお陰なのか、雨の日続きの合間の晴れの日となりました。

バンクーバーは自転車も多いのですが、おぉ~!? こんなに高い自転車 見晴らしは良さそうだけど、どうやって乗り降りするんだろ?

正面に見えているのは、サイエンスワールド 今日はリメンバランス・ディのセレモニーの為、ダウンタウンで交通規制があり、こちらに回り込んで来る車が多いです。

この道、久しぶりに通ったら、こんなモンができていた。 車が、1、2、3、4、5… 5台 崩れ落ちてこないかな?

ダウンタウンに入ってすぐの辺り

Cambie Stにあるパーキングに車を入れたのですが、今日は、この正面にある建物付近でリメンバランス・ディーのセレモニーがあるので、ここから向こう側は交通規制があり、ここに止める車から出てくる人たちは、戦争に縁のありそうな感じな人たちばかりでした。

時間を気にするのも嫌だったので、1日、夕方6時まで$10で、支払いはクレジットカード

BCプレイスの近くの左手のビルにSmileの丸い看板が見えてきました。

この階段を上がった2階です。

Smile Thai Wellness とってもシンプルな外観です。

ドアを開けて中に入ると、外の世界から雰囲気が一転して上品なタイ風 いかにも人の良さそうなタイ系男性スタッフが、両手を合わせながら笑顔で迎えてくれました。 結婚記念日だと伝えていたので、しっかりと名前も覚えていてくれて、お祝いの言葉をいただきました。

ここでマッサージを受けるのは初めてだったので、マッサージ前に、体のコンディションやら病歴やら、どのくらいの強さの指圧が良いか~など、色々と記入しつつ… 中の雰囲気が良かったので、「写真を撮ってもいいか」とお伺いしたら、とっても快い返事だったので、遠慮なく写真撮影をさせていただきました。

中に案内されて、女性スタッフについて行くと、ほぉ~素敵だわ~♪ 思わず、ここでも「写真を撮ってもいいですか?」っと、聞いてました。 建物の外からでは想像もつかなかった素敵な空間で、思っていたよりも広いスペースで部屋数もたくさんありました。

とっても感じの良いスタッフばかりで、「こちらもどうぞ~」って。

こちらの部屋も素敵です。

壁には見事なタイの調度品

肩から首に掛けて押されるたびに、痛くて思わず息が漏れていて、終わった後、スタッフが「肩は、かなり弱くしていたんだけど、すごいこっていたわね。」って。 旦那は「フーフー言ってるから、可笑しくて笑いを堪えるのに必死だったよ。」って笑ってたけど、人のこと言えるか~!? うつ伏せになって、お尻、背中、肩と丁寧にツボを押しながら、絶妙なタイミングで反ったり捻ったりと色々なストレッチが入り、普段、あまり使われていない筋などが伸ばされていき、「気持ちがいい~」と思っていたら… 悲鳴をあげた旦那、スタッフに「大丈夫ですか?」と聞かれて、 「もう、私達は年だから、体も硬くなってきたよ。」って旦那 (今、Weって、"We”って言ったよなぁ。一緒にせんといてくれ~)と思っていたら… すかさず、私の方のスタッフが 「でも、彼女は、すごく体が柔らかいわ」って、 まるで私の心の声が聞えたかの如く、弁護してくれたので、 「Thank you~♪」 (フフ、そうでしょ、そうでしょ。わたしゃ、年でも体は柔らか~い。ダテに小さい頃から、体を動かしてきたわけじゃな~い♪)と密かに心の中でニマリ。

暫くすると、2人の女性スタッフがやってきて、タイ・マッサージが始まりました。 まずは仰向けから… 最初に、熱々の蒸しタオルを手に渡されて、手を拭いている間、スタッフが熱々の蒸しタオルで足を包みながら、ゆっくりと足のツボを押し始めました。 そこから少しづつ足の上に移動し、ぐぃっと体も気持ちよく捻ってストレッチされ、両脚が終わると、今度は手の先から肩まで、両方。 そして仰向けのまま、スタッフは頭の方から肩と首の下に手を足を入れ、ぐぃぐぃと首まわりから肩の緊張をほぐしていき、これが気持ちいいのなんのって。 あの気持ちよくツボに入っていたのは、多分、手でなくて、足の指だったんじゃないかと…。 そこから頭の付け根にあるツボを少し長いくらいに押して、押しながら指が耳の裏へ移動し、頭のてっぺんまでいって、おでこの上の髪の生え際から目の回り、顔のツボを軽く押してから、今度はうつ伏せに…

フラッシュをたくと、雰囲気がかなり違ってしまいますが… 入り口付近にはシンクがあり

かなり照明を落としていて、水のせせらぎと心地よい音量の音楽が流れていて、リラックス度満点~♪ 2つ並べられたマットレスの頭側の正面には、大きなタイの写真があり、大きな窓から外の風景を見ているような、そんな感じです。

フラッシュを焚いたら、どこの写真かわかるかな? って、タイには行ったことがないので、わからないのですが… 多分、チェンマイにある有名な寺院でしょうかね?

その横に二人掛けの長イス、壁には数枚の絵画。 イスの左横にある服に上下着替えて、着てきた洋服をハンガーに掛けて、マットレスに横になります。

CHIANG MAI(チェンマイ) 各部屋に名前が付いていて、部屋のテーマがあるようで、ここが私達の部屋です。

他の部屋も見学させてもらいましたが、全部で15部屋あるとかで、各部屋で少しづつ、趣きが違います。

マッサージの後、「お茶と水とどっちがいい?」聞かれて、お茶をお願いして、着替えてから、出て行くと、さっき写真を撮った部屋に案内されました。

ナチュラルでお洒落な感じな、大きめなカップで、たっぷりとお茶をいただきました。

とっても居心地の良い空間です。

外から入ってくる木漏れ日が何とも素敵な雰囲気をかもし出していて… 今、こうやって写真を整理して見ていると、こちらはロブソン通り沿いで、このブラインドを開けると、目の前にはビル群があり、人に車に…って雑然とした風景なので、それをブラインドで一切遮断して、この心地良い空間を作り出していたんだなぁ~っと。

誰もいないし、リラックス度満点な部屋で、たまに立っては色々と観て、ゆっくりとお茶をいただきました。

数日前に、旦那に切れたエッセンシャルオイルを買ってくるようにとリストを持たせていたせいなのか…!? 「フリー・エッセンシャル・オイルだってよ。」って、フリーって言葉に弱い旦那。 「あのね~」

「これらを買ったら… ってことでしょ。一番上のが$49、下の左のヤツは$69だって。」

ここはシングル・ルームだね~

ナマステ~はインドか… タイは、サワディー?

はぁ~~~サイコ~~~に、気持ちが良かったぁ~~~~♪

「出る前に~」とドアを開けたら

おぉ~!トイレの壁画が、凄い大作ではないですか。

ここで、靴を脱いでスリッパに履き替えます。

この空間がある事で、随分と外と中の空気を変えてる感じかな。 タイ・トラディショナル・マッサージ、60分で1人$85 とっても気持ちよく過ごせたので、チップは20%付けさせていただきました。

スタッフ全員、タイ人だという、タイマッサージのスパで、心身共に癒されました。

おんなじ車が3台、可愛い~ レンタルかな?

数ブロック歩いて、近くのイエールタウンまでやって来ました。

目的のレストランは、ここ Simply Thai

写真、誰? トムクルーズも来たみたいだね…?

そんなに広くないけど、綺麗な店内

お料理が出てくるのを待っている間 旦那が、「ラスベガスのパリスのバッフェを食べたレストランみたいだ」と、急に言い出すので、「どこが~???」 「床が似てる」って。 この床ですか…?

「そこの壁の感じも…」って、これか。

Som Tum $10 パパイヤのサラダ、美味しかった~

Tom-Yum-Goong $6 これも、なんとも言えない美味しさ。 「海老2個しか入ってなかったね。」って海老を食べながら旦那。 「ううん。3個あった。」 「・・・」

Satay Gai $8 ピーナッツ・ソースが甘すぎて、ちょっと口に合わず… サテは、バナナリーフの方が、美味しい。

Simply Thai Spring Rolls これもソースが甘すぎ… 何も付けない方が美味しかった。

Gai Ma Muang $10 チキンとカシューナッツの炒め物、美味し~い~♪

Green Curry $10 見かけはイマイチだけど 極上の味だわ。 これは、病み付きになりそうな美味しさ。 なんだけど、ビーフが硬かったので、チキンを選べば良かった。

向こう側が厨房 チップ15%込みで、50ドルちょっと払ってレストランを後にしました。 ランチメニューだったので、恐らく、ディナーメニューに比べて、値段設定は安めで、量も若干少なめなのではないかと思いますが、あれこれと頼み、2人でシェアしやすい量でした。 食べ切れなかった分は、持ち帰り、次の日のランチとなりました。 グリーンカレーやトムヤンクンなどの味は絶品でしたが、タレなどは全体的に甘めのタイ料理レストランでした。

腹ごなしに、ちょっと散歩でもしましょうか~

古い機関車のあるコミュニティーセンター

オリンピックのジャケット これ、各会場のボランティア・スタッフが着ていたヤツじゃなかったっけか…?

野外ステージ

イエールタウン

イエールタウンにもアクアバスの乗り場があり、ここからサイエンスワールドやグランビルアイランドまで、可愛い船で行けます。 【関連旅行記】 ぽかぽか陽気に誘われて~♪(グランビル・アイランドとフォールス・クリーク) http://4travel.jp/travelogue/11003701

対岸はフォールスクリークで、グランビルアイランドは対岸を右手にずっと行った所にあります。

アクアバスのマップと料金表 行き先によって値段が違います。

この辺りは、前は全くビルのない場所だったんだけど、随分と景色が変わりました。

ダウンタウンに住んでいる子ども達は、公園がこんな場所で、ちょっと可哀想かな。

向こうに見えている橋はキャンビー

ん?何これ? The Time Top

トップがすごいスピードで回転している。 次の週、凄い視界だ!

段々とゆっくりになっている! でも、見てみろ! 太平洋を越えているぞ!

今、私は過去の秘密を解き明かし、未来のミステリーを証明する。

The Time Top 時空を越えて旅行できるように設計された…とか!?

正面の丸いのがサイエンスワールドで、右の方にオリンピックビレッジだった場所、左の方にカジノ

こんな狭い所に、まだ建設中のビルがあるんだねぇ…

BCプレイス

カジノにちょっと入ってみよ~!って入って、カードを作ったら、リメンバランスディでフリーTシャツをもらいました。

カジノでもらったTシャツ

今、シルクドソレイユが来ていて、それを観に行く話もあったんだけど、明日は朝早くから仕事だしね~

ってことで、パーキングに戻り

暗くなる前に家路につきましょ。 去年は20周年記念でカリブ海クルーズに出掛けたんだけど、今年は、ささやかな結婚記念日前日のお出掛けと相成りました。 【関連旅行記】 総集編:20周年記念 南カリブ・初クルーズ http://4travel.jp/travelogue/10995094

紅葉もそろそろ終わりです。

これが、旦那の言うパリスのバッフェレストラン 床に拘って写真撮らなかったので、床が見えてないけど… どうでしょ? 似てますかね…?????

最後はアグラをかいて座り、肩をタカタカタカと連打され、60分のトラディショナル・タイ・マッサージが終わって、旦那の第一声 「この後にオイルマッサージがあると、言うことないね~」 確かに、その通り!! 60分のタイマッサージの後に、60分のオイルマッサージがある「ジャスミン」っていうコースがあるから、今度はそれにしてみようね~♪

大好きなティムホートンで甘いコーヒーを^^

迷う~~~~~

大好きなピーナッツバター味も購入! 甘すぎなかったのでもの足りなかった私^^;

有名なチーズケーキ店に寄りお持ち帰り!

家の近くを歩きます

冬らしいライトアップです。 ここは病院です。

家に一旦帰り、ゆっくりしてから、近くの有名なギリシャ料理のお店へ! すごく並んでました^^ギリシャ料理が大好きな私には美味しかったです^^友達の彼は嫌いらしいのでお留守番。

帰宅後は、trees organicで買ったメープルのチーズケーキを頂きます! 甘さ控えめ・・美味しいけど、safewayの勝ち! さてさて、翌日は早朝発の長距離バスでシアトルに向かいます!

1泊2日のシアトル滞在後のアメリカ・カナダの国境・・・だだ込み!!!!車内で2時間以上待ちました><不運です。 電車にしたら良かった!と^^;

そんなこんなで、大幅にバンクーバー帰宅が遅れましたので、遅めのディナー!お腹ペコペコ! ※Davie streetのフォーセントラルという、フォーのお店へ!

フォー激うまっ!!!沁みます!ここのお店、日本にもできて欲しいなぁ~! バンクーバー最後の晩餐です・・

翌朝。バルコニーからの最後の眺めキレイです♪

旅の色々な思い出を噛みしめながら、黄昏てます^^;

この日の昼の便で日本に帰国です・・・

友達の彼がワッフルを焼いてくれて、最高の朝食でした^^

お世話になったカワイイお部屋ともお別れ!

サヨナラ、ありがとう~

SNSで有名な写真スポットらしいです。

空港まで送ってくれてありがとう^^またね~!お世話になりました!!

もちろん私も^^;

カナダっぽいです^^;

キューバを早朝に発って、あっという間にトロント着!! ※ホリデーシーズンってことで、カナダ国内線が日本のお正月ばりにピーク>< 乗り継ぎ時間最短の便ってだけで数万円upするのは避けて、バンクーバー夜着の便をチョイス^^;ってことは、、トロントも少し観光できる!!一石二鳥^^ トロントは、夏にも訪問済みなので地理感覚もあり、気持ち的にも余裕ありました。 あと、夏にエアポートエクスプレスの飛行機遅延で乗れなかった片道分を返金してもらおうと思ってましたが、倒産?してました・・・・><、そら、空港からバスと、電車で片道$3で行けるのに、誰が$20以上も払って利用するでしょうか・・ 電話で確認しても、「カードにチャージされないから大丈夫だよ。」と言われましたが、がっつり引き落とされてましたし>< 負けじと、国際電話もトライしましたが、ナビダイアルと、時差に根負けして泣き寝入りしました><くっそー!!

そんなこんなでスーツケースを預け、身軽に外へ急ぎます! この日は、Boxing Dayって日でショッピングモールや、街中は人でごった返し、どこもいっぱいで、ゆっくり座って休憩すら出来ないほど・・ おまけに、こっちの人たちはエレベーターで歩く人もいないし、急ぐ人用に片側を開けるという習慣もないから、ストレスしました^^; 何もないキューバから、時空を超えて?モノであふれる世界にやってきたタイムトラベラーにとってはものすごく疲れました^^; なので、ショッピングは止めて、機内食も有料のドケチなエアカナダ機内で食べる食料を調達します! 食べ物も美味しくなく、種類もないキューバからの先進国のスーパーの食材に感動しつつ^^;

広~いカナダ国内!!東から西の移動でも日本から東南アジアに行ける程の時間と距離です・・おまけに時差もある・・・ あげく、機内食は有料というドケチ。 そんな、エアカナダ機内で初めての経験がありました! 映画を観てたら、機内アナウンスでさえぎられ、「●●さんが、○●さんのプロポーズを受け入れました!」 っと!!!wow!!素敵なハプニングに遭遇(遠い席の方でしたが)できて、こっちも嬉しくなりました^^ しかも、それを機内アナウンスするというサービスは素敵だなぁと^^ここは評価^^

少し早めに到着できたので、ラッキー^^ 電車で友達の家の最寄り駅まで行きます!空港から電車で20分程。空港から近いって便利^^

デザートにsafewayスーパーのチーズケーキを頂きました^^かなり美味しかった!後日食べた有名店のより美味しいと判定!

いちを、2時間前には空港にいるようにしたので、街中にはそんなにいれなかった気がします。しかも、人でいつもよりごった返してたのもあって・・・ ※一回荷物をpick upしてるので、もう一度預け直し。キューバでは余裕だったスーツケース1個25kgも、国際基準のトロントではダメと言われ(それが正論^^;)、荷物を2個に分散し直し、チェックイン完了^^;

ベランダからの夜景!都会だな~^^; 早朝にキューバを出て、トロントで少し遊んでからのバンクーバー!移動距離はけっこうなものやね^^; 疲れてるので、寝ます^^;

カウチが私の寝床!カナダのお家はあったかくて快適です!クリスマスシーズンなので、家中のデコレーションがカワ(・∀・)イイ!! 家具屋さんで働く友達の彼氏のセンス!すごくイイです^^

おはようございます!バンクーバー!曇ってますな。。向かいのマンションのレインボー&カナダフラッグが可愛いのでパシャリ^^

駅で運命的に合流できて、家まで1か月間ネットのないキューバでの出来事を永遠話しながら、歩いて到着! 街中の便利な所にあるかわいいお家!数日間お世話になります!

さてさて、昼前に観光開始!有名なロブソン通りも近くてすぐ行けました!行くまでの道で発見したマリ●。ナの看板^^;メディカルなのでok?!

カナダの冬の娯楽?!私は大嫌いですが^^;

ショッピングモールのツリーにスタバのカップがデコレート^^ナイスアイデア!! 有名なルルレモンのショップや、その他色々見ましたが、カナダはやっぱり高いので、ショッピングはアメリカでしよ~っと思います^^;

キューバのタバコあり?

ここも気になったお店

かわいい^^

あれ?!NYで見たようなビル^^

前で記念撮影!

友達おススメのArmy&Navyというディスカウント店へ^^ 私の好みを分かってらっしゃる^^ 上のセーターを購入!

お土産にアメリカブランドのチョコを購入^^;冬は解けないのでいっぱい買えます!

店内にはカフェもあります^^

お昼過ぎで小腹が減ったので、コストコのフードコートで軽め?に食べます^^ポテトにチーズとグレイビーソースかけたの。全然軽くない^^; 夜はガッツリの予定なので^^

その後はチャイナタウン散策!

庭園みたいなところへ

太陽が池に写って素敵です!いいことある予感?!(笑)

近くのスーパー!どの国でもスーパーは必須です!

おっきいツリー!

カワイイビル^^

歩いて、有名なギャスタウンへ 見たかった時計台は修復中とやらで・・・残念^^;

目立たない路地にアートな壁画!

あれあれ?!かわいらしい装いで!

わ~!!またしても、ウエディングに遭遇♪ エアカナダの機内プロポーズといい、街中ウエディングといい、来年こそは幸せになれる予感?!(笑)

※実は、この後、行ってはいけないと治安悪いとガイドブックにも書いてある所に行きました。もう、薬中の人がうじゃうじゃ徘徊してました・・・特に危害を加えられることはありませんでしたが。公衆簡易トイレが強烈なことになってたり・・雰囲気が異様でした。 気を取り直して、海沿いへ

いまいち、どこか分かってませんが^^;

キレイ~

エンパイアランドマーク、素敵なホテルでした。

カナダのお姉さんが、ちいさなチワワと散歩していました。

バンクーバーのオリンピック記念碑

柴九朗、バンクーバーを楽しめたかな?

水上から飛び立つ飛行機。

水上に着陸する飛行機。

ビューン!

観光案内所がありました。

アイスホッケーが盛んなカナダ。

肉なしハンバーガー。たまごが挟んでありました。

ホンダのCIVICですね。

ランチは山頭火にしましょうね。

小さなチャーシュー丼!

ラーメンセット!

そして、山頭火の近くのマクドナルドでフィレオフィッシュを食べました。 単品で4ドルもしやがった!味は、日本と同じ。

セブンイレブンでコーヒーを購入しました。これは、おいしい。

バスで空港に向かいます。 今日のANAさんは、スターウォーズの飛行機だということを、ここで知る。 喜んでいる女子がいました。

空港に到着しました。 きれいな空港です。

くまおがいました。

水族館がありました。

シンプルでデザイン性が高い空港です。

スターウォーズの飛行機だぁ!全日空さん、すごいぞ。

カナダを出発する時間が近づいてきました。

スターウォーズの飛行機ですが、私はスターウォーズってよく知らないんだな。

機内はこんな感じでした。

あら、おしゃれね。

雲の上を飛んでいきます。

ビールをゴクゴク!

サッポロ黒ラベルをリクエストしました。 機内食は、まぁまぁかな。

アイスは、行きの便のハーゲンダッツの方が美味しかったワン。

きれいな空を見ながら飛んでいきます。

イチゴポッキーは持ち帰りました。 このハンバーガーは、そんなに美味しくありませんでしたワン。

こんなのが乗っていました。

日本の羽田空港に到着。 楽しいカナダ・バンクーバー旅行でした。 6万円台ですけど、ホテルも付いていて送迎が付いていて、なかなか楽しめました。 サーモンを食べるために行ったようなものですが、こんな旅行も楽しいね。

中央に、蛇行して影ができているところが線路のあるところで、左のほうから列車が顔をだします。(遠くてわかりづらいですね^^;)

朝一番で向かった先はこちら、スパイラルトンネルです。

続いて、タカカウ滝に向かいます。 途中、川の色がみたこともない色です。

そして、タカカウ滝に到着ー すごいです!!カナダで2番目の落差をほこり、見えている範囲だけで250mあるそう。

すごい、水量と音で大迫力です!!

こんなワイルドな感じは今回のカナダ旅で初です~

ごつごつした岩がならぶ川岸が、地形の作られた勢いを感じさせます。

橋をわたって、滝に近づきます。

続いては、エメラルドレイクです。 すごい水の透明度! そして、湖面がほとんど動いていないので、まるで鏡のようにまわりの景色を映し出しています。

すごいすごい。 この景色を見ていると、本当に心までシーンと静まっていく感じでした。

まさにエメラルド色です。

そして、ナチュラルブリッジへ。

真ん中の岩が橋のように見えますね。

ナチュラルブリッジを上流側から。 ここも凄い水量なんです。 わきの岩場からとっているのですが、なんだか吸いこまれそう。。柵もなにもないのでご用心...

さて、ようやくお昼です。 レイクルイーズのほうに戻ってきました。レイクルイーズステーションでいただきます。 かつての駅舎を利用したレストランでとっても旅気分満載です!

ランチの後、外をウロウロしていたら...汽笛が聞こえました!

貨物列車がきました!

すぐわきを、列車が通り過ぎていきます。

貨物車両が延々と続きます。 ガイドさんが数えていました。なんと170両。スケールが違います。

スープで体を温めます。

スモークサーモンのパイです。おいしかったー

ランチの後は、モレーンレイクにやってきました。岩場を登っていった先に展望台があります。

大きなエメラルドグリーンの湖と、周りの山々の連なり(テンピークス)が合わさって、本当に雄大な景色です。

途中の岩場には、ナキウサギが!すばしっこくて、目の前を横切って行ったりしました。可愛いです~

モレーンレイクはカヌーを楽しんでいる人もいました。こちらも湖水が透きとおっていて、本当に美しい景色でした... そして、最終宿泊地のバンフに向かいます。毎日が新鮮な感動であっという間です。 続く。。。

旅行出発数日前に最終日バンフのホテルピックアップ時間を確かに確認していたのですが、実際に告げられた時間が予定より45分も早まっていました。 最終日は早朝からバンフ市内に出て、メリッサで蟹とアスパラのオムレツを食べるぞって決めていたのに… お迎えの方に迷惑をかけてはいけないので、外出は取りやめ。 最後にまた、ホテル内のグリルで朝食です。 二回目ともなると慣れてきて、オムレツを作ってくれる人に「ちっちゃめにしてね」なんてオーダーしたりできました。 やはりジュースとスムージーが美味しい。これが最後と思うと、しみじみ味わっちゃいますね。

事前にマリリンモンローの「帰らざる河」を見てきた私達、ホテル内で「Heritage Hall」というフェアモントバンフスプリングスの歴史資料を展示している場所を発見。

ありました、ありました。 帰らざる河の撮影時、あまりにお休みが無いために、足を怪我したと偽ってお休みを貰い、脚に包帯を巻きつつ楽しそうにゴルフしているマリリンモンローの写真です。お茶目で可愛い。

初めはホテルもこんなに小さかったんですね。本当に歴史を感じさせます。

昔ホテル内で使われていた食器なども陳列されています。 今回の宿泊ホテルは、ナイアガラフォールズ、バンフともに大満足でした。海外旅行では、いつもロケーション第一で選ぶのですが、今回はそれにプラスしてちょっと贅沢をしたので、ホテルの質も高く、とても納得のゆく楽しい旅でした。

最後の最後、ホテルからピックアップしてもらい、バンフ市街に向かうところで、なんとまたエルクに遭遇。今度は雄のエルクが2頭もいます。 立派な角ですねぇ、今の時期はエルクが猛々しい時期と聞いていましたが、ノンビリ草をつついているみたいです。さようならぁ。 また、カルガリーまで2時間近く、バンにて爆走。

さて、帰りのエアカナダAC009便、滑走路を走り出したら、あれあれ?なんか左に曲がって行くぞ。なんとエンジントラブルらしい、片側だけエンジンを掛けたりいろいろ確かめてます、エンジニアの方たちが機内に入ってきた。 そんなこんなで大したアナウンスもなく、2時間近く機内に閉じ込められています。限界。 ほとんどの乗客が日本人なのに(日本へ帰る便ですからね)、初め英語でアナウンス→次フランス語でアナウンス→最後に日本語でアナウンス。 こちらは良く聞きとれず、どこかのツアーの添乗員さんが説明しているのを又聞き。 とうとう、機外に出されることに。 C$10の昼食用クーポンを貰い、なんと12:45発だったところが5時間遅れになるという。 理由が「整備不良個所が見つかったから」「機長の労働時間がオーバーしてしまうので代わりの機長を見つけるので」という理由。労働時間ですか、確かに重要かもしれないけど… 実は、我が家の16歳にならんとするミニチュアダックスフントのおじいさん犬を動物病院に預けてきているのです。時間通りに帰宅し、連れ帰らなくてはなりません。5時間以上遅れたら、もしかして今日中に帰れないかも。それからは日本がまだ夜明け前とわかっていながら娘たちにLINEしまくり。何とか嫁いだ長女が来てくれることに、ほっ。 何とか出発できたのは結局5時間半以上遅れでした。 機内食で最後とばかりに、ビールにカナディアンを選び何とか最後のトラブルを回避できたことに乾杯しました。

帰路の機内食、ライスがどうしてかうまく温まっていません。 日経新聞を貰って、やっと日本の感覚に戻ります。 どうにかこうにか、日付が変わらないうちに家へ戻ることができました。 心配した愛犬ロッキーおじいさんは、グースカ寝ており、寝ぼけ眼でのお出迎えでした。(笑)

今回ワイナリーでアイスワインを4本買ってきたのですが、もうちょっと親しい方に差し上げれる小さ目のボトルがほしいなぁと思ていたら、空港の搭乗口近くの免税店でありました、50mlのミニチュアボトル6本入り。 免税だからお買い得です。即、お買い上げ。

ナイアガラフォールズの「北極」で購入したサーモンジャーキー。 家に帰ってから、おつまみに重宝しています。 辛口の味付けとオリジナルがありましたが、買ってきたのはオリジナルです。

たぶん日本には売っていないであろうメープルバター、バターといっても油脂ではなくてメープルシロップを煮詰めたもの。 まだ、食してません。大切にとっておいて、とっておきの時に使おうかな。

アイスワインはさすがに立派な箱に入っていました。 今度のお正月に開けようかしら。アイスワインは長期保存できるそうです。一般のワインが2~3年目が一番おいしくそれ以上はあまり保存しても意味が無いのに対し、アイスワインは温度管理さえきちんとできれば長期保存が可能とか。大切に飲むことにしよう。

メープルシロップのカエデの形の瓶、かわいいですよね。 缶入りや、スーパーではめちゃくちゃ大きなボトルとかがありました。 お土産には、このくらいのサイズが一番いいのでは。

ナイアガラフォールズのホテル横のハーシーズで買ったお菓子。 飴でもない、ガムでもない、グミでもない、ネチネチに歯にくっつくのがたまにキズ、日本には絶対ない味と色です。

ナイアガラオンザレイクのグレープスで買ったジャムの小瓶。 日本ではお目にかからない、ルバーブとか数種の葡萄のミックスとか桃とチェリーミックスとか、濃厚そうな色合いです。 手荷物検査で引っかかり、後ろに移っている透明袋に入れ替えろとのご指示、「ちゃんとビニールで包んであるのに…」。

アイスワインのファッジです。 開けたら、4個コロンと、箱に比べてかなり控えめな大きさのファッジが入っておりました、これで6C$は高いです。でも日本には無い味。 このほか、お肉のロースト用香辛料やスープのキューブ、フルーツ味のドレッシング等々、やっぱり食べ物ばかりのお土産なのでした。

メープルの香りのリップクリーム。 甘くはないです、乾燥が激しいカナダではこのくらいのリップクリームがちょうどいいのかも。

定番のメープルクリームクッキーです。 個別包装のを見つけられなくて、残念。 とても甘いです。

ホテルを興したウイリアム卿、こうしたホテルの歴史がたくさん、でもひっそりと、展示されておりました。

ちょっと博物館みたいですね。

カナダの文化・風俗・注意点

 個人を訪問したり医者の診断を受ける等、人に会う場合は、必ず前もってアポイントメントを取ったほうが良いでしょう。

 観光地や大きなデパート、スーパーマーケットは日曜日でも開業しているところもありますが、地方では日曜日に閉店となる商店が多くあります。

 ケベック州は人口の8割以上がフランス系で、州の公用語はフランス語とされ、また、カトリック教徒が宗教人口の圧倒的多数を占める等、カナダの他の州と比べ異なった特色が見られます。

 カナダの夏の期間には、レジャースポーツが盛んに行われますが、湖水地における初心者の単独でのカヌー遊びは転覆の危険(死亡例あり)があり、また、ナイアガラ流域観光における一種のアドベンチャー・クルーズは危険性が高い(激しい横揺れ、上下動等のための打撲傷により入院した例もある)ので、注意が必要です。

 バンフ及びジャスパー国立公園ではクマ、ヤマネコ、オオシカ等と出会うことがありますが、怪我をさせられたり、場合によっては生命に危険が及ぶ可能性もあるので、絶対に近付いてはいけません。また、餌を与えることは法律で禁止されています。更に、同国立公園内の動植物、土、石等を持ち出すことは禁止されています。

 カナディアンロッキーの山々を登山やハイキングする際は、万一の怪我や遭難の場合に備えて、Park Warden Officeに登録しておくと良いでしょう。

 自動車の運転は、日本に比べて交通量が少ないこともあり、スピードを出しがちで、スピード違反や衝突等の事故が多発しています。レンタカーを運転する場合等には、行き先の道路交通事情を予め十分調べた上で、安全運転を心掛け、十分に注意することが必要です。

 冬季には、道路凍結による事故が多発しています。

 なお、バンクーバーでは、日本からのスキー客が、空港からスキー場へ移動中、乗っていたリムジンが対向車を避けようとして路外へ転落し、途中の立ち木で止まったため、海への転落を辛うじて免れた事故(1997年)や、日本人学生が運転するライトバンがスピードの出し過ぎのためカーブで横転し、シートベルトを着用していなかった1名が死亡、4名が重軽傷を負う事故(2001年)等が発生しています。

 冬季は、室内と屋外との温度差が想像以上に厳しいので注意が必要です。例えば、室内から出て車に乗るだけの間でも、きちんとした防寒具を身に着けないと、風邪をひく原因になるようです。また、外出には現地用の防寒コート、手袋、ブーツや帽子等を着用し、凍傷にならないよう、また風邪をひかないように注意します。車で出かける場合も、車の故障や交通事故を考慮して、バックシート等にコート、帽子等を用意した方が良いでしょう。また、冬季は空気が乾燥しているため、乾燥に対する対策(加湿器の設置、保湿剤の常備等)が必要です。

 カナダで緊急入院する場合、病院の入院費が高価(1日1,500カナダドル以上)であり、保険等による十分な保証がなければ退院を要求されることがあるので、海外旅行傷害保険への加入をおすすめします。

 都市別の状況は次のとおりです。

 カルガリー

 水道の水は飲んでも差し支えありませんが、湖や川の水はきれいな水であっても飲むことは避けることが必要です。

 アルバータ州は海抜1,000メートル以上のところもあり、日中と夜の気温の差が激しいので、夏といえどもコート、ジャケットまたは厚手のセーターを忘れないように留意が必要です。

 トロント

 トロントでは冬が長く、厳冬期にはマイナス20度に達する日もあります。

 冬期の健康管理には、特に注意が必要です。

 バンクーバー

 バンクーバーでは、カナダの東部や内陸部に比べ気候は温暖で、冬季でも零下になる日は少ないですが、1年を通じて雨の日は多いようです。

 水道の水は衛生上問題のある地区もあるので、飲まない方が無難で、瓶詰めのミネラルウォーターを飲用とすると良いでしょう。

 モントリオール

 冬が長く、厳冬期にはマイナス30度に達する日もあります。また、冬期は空気が乾燥しています。