スポンサードリンク

ドミニカ共和国ってどんな国?

ドミニカ共和国(ドミニカきょうわこく)は、西インド諸島のイスパニョーラ島の東部にある国。西部にあるハイチと国境を接する。首都はサントドミンゴ。ドミニカ島にあるドミニカ国と区別するため、共和国をつけて呼ばれる。

ドミニカ共和国の地図

ドミニカ共和国のブログ旅行記

みんなの旅行情報発信サイト トラベローグ

セントビンセント・グレナディーン諸島. セントクリストファー・ネイビス. セントルシア. ドミニカ共和国. トリニダード・トバゴ(1) · ハイチ共和国(1) · バハマ (2). バミューダ諸島. バルバドス. プエルトリコ(1) · マルチニーク(1) ...

サミー・ソーサがカブスからオリオールズへ移籍合意間近の巻 (ユキノ ...

2005年1月30日 ... ソーサはドミニカ共和国出身で、16歳の時にレンジャースと契約。 89年メジャー デビューするが同シーズン途中にホワイトソックスへトレード。 92年カブスへ トレード。 98年上述のマグワイアとの壮絶なホームランレースを演じ、 ...

ユキノヒノシマウマ: メジャーリーグ関係 アーカイブ

ソーサはドミニカ共和国出身で、16歳の時にレンジャースと契約。 89年メジャー デビューするが同シーズン途中にホワイトソックスへトレード。 92年カブスへ トレード。 98年上述のマグワイアとの壮絶なホームランレースを演じ、ロジャー・ マリスが ...

ブログテーマ[酒・たばこ]|食べて歩いて遊んでスペイン!

今回はバルセロという名前のドミニカ共和国のラムで作ってみました。 ラムによる味の 違いはイマイチわからんけど、美味しい~~♪ 日本では食事しながらでもカクテル飲ん でたけど、 親方にとっては食事後に飲む物らしい。 食べた後で飲み始めると、何か、 ...

みんなの旅行情報発信サイト トラベローグ

ケイマン諸島. ジャマイカ(2). セントビンセント・グレナディーン諸島. セント クリストファー・ネイビス. セントルシア. ドミニカ共和国. トリニダード・トバゴ. ハイチ共和国. バハマ. バミューダ諸島. バルバドス. プエルトリコ. マルチニーク ...

、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信出来る ...

< ドミニカ共和国 >. 都市名 :. 選択してください, サント・ドミンゴ, プエルト・ プラタ, Bayahibe, Boca Chica, Cabarete, Juan Dolio, La Romana, Punta Cana, Samana, Santiago, Sosua. ホテル名 :. 海外旅行 海外の旅のレポートはこちら ...

トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信出来る ...

2010年8月13日 ... ドミニカ共和国への格安航空券を検索できます。 国内航空券予約 時刻表と料金を検索 できる国内航空券サイト。 <提供:e航空券.com> ... ドミニカ共和国に関する さまざまなホームページのリンク集です。 ...

ドミニカ共和国の写真・旅行記

2011.2.25.午前9時入港 午後4時出航 ドミニカ共和国: 広さ:49km2  人口:10090人 首都:サントドミンゴ 主要産業は、観光と農業  教育:6才~13才迄 無料の義務教育 15才以上の識字率は、87% 混血:73% 欧州系:16% アフリカ系:11%

船内

船内

船内

船内

船内

船内

船内

船内

船内

船内

ウエルカム・ダンス

ウエルカム・ダンス

シャットル・バスで市内へ US$5

コロンブス時代の要塞

参加の観光客

参加の観光客とツアーガイド ガイドは、「オバマ」によく似ていた

アルカサス王宮の玄関 参加の観光客

市内観光は、徒歩で

ひたすら歩きます

旧市内地図

旧市内地図

旧市内地図

OPツアー参加の観光客

コロンブスは、カリブ海の島を統治する副王に、3代住んだ邸宅 最終には、王に比べられる様な豪勢な暮らした、罪で断罪された

往時の病院跡

往時の病院跡

往時の病院跡

地図と歴史

旧市街地図 鑑賞すべき場所

カテドーラ

旧市街の土産物店

旧市街お土産物店

旧市街お土産物店

旧市街お土産物店

旧市街お土産物店

旧市街お土産物店

旧市街「cristobal colon」へ、向う

旧市街 王宮 大統領官邸 衛兵

旧市街 王宮 大統領官邸 衛兵交代の儀式 (写真悪くて申し訳ありません)

コロンブスの子孫の家

最新式の灯台。何十キロもの天空に向けて十字架の光が放される。

植民地時代の建物が残っている。

 レストランから見た町中

何十万年もかかってできた鍾乳洞が町中にある。有史以前にこの洞窟に不とが住んでいたことが判明された。

プエルトリコからサントドミンゴへ移動 飛行機で1時間ぐらい 世界遺産のサントドミンゴを観光 大聖堂 Cathedral Primada de America

「コロンブスの家」こと、アルカサルから パンテオンの方を見る そう言えば、パンテオンで近づいてきた現地人が 頼んでもいないのにいろいろな説明を始めた 一通り説明した後、アルカサルの前まで来て、 ガイド料をくれと言い出した お前が勝手に始めたことで、 こっちが頼んだことじゃないから払わないと一蹴 でも意外に一生懸命でしっかり説明していたので、 チップ程度はあげた 明らかに不満そうやったけど・・・

パンテオンのアップ ここには歴代大統領や英雄の遺体が収められている

日時計 こじんまりした街で1日で十分見て回れた

ボカチカビーチの夕景 プエルトリコ⇒サントドミンゴ⇒ボカチカと 短期間に移動が重なり、慌しかったが、 内容盛りだくさんで楽しかった

プライベートビーチ 他の宿泊客とバスケやバレー、バドミントンをしたり、 カリブ海で泳いだりして過ごす

寝てる間に足が・・・

サントドミンゴからボカチカに移動 コーラル・アマカ・ヒルトン ここはオールインクルーシブなので 細かい支払いを気にせず楽しめた

宿泊したホテル。炉意夫婦が経営する古いホテル。一泊6千円くらいなんだそうだ(私は招待していただいた)

カリブ海の夕日。日本海の夕日より赤いのは空気が澄んでいるからか。

波と戯れる私。多分、この世最後の海水浴。

浜辺で食べたパイナップルジュースは最高に美味しかった。

加工から500mも入るとマングローブ巣のジャングル。何万年前の地球にタイムトンネルで戻ったようだった。

コンスタンサの町中の公園 日曜日でもないのに朝から大勢の人が木陰で集まっていた。

子供たちの表情は何処へ行っても明るかった。

貧しい人達の集落。戦後の日本のバラックの家を思い出した。

写真を撮らせてもらいたいというと、ほろコンで協力してくれる。 貧しいことなんか全然気にしない。

西曜日でもないのに朝から公園で大勢の人が休んでいた。

コンスタンサの桜のUPです。

これは脇さんの農園の桜。 佐藤喜美子サント私

桜祭りをするはずだった日本人公民館の桜。 私がお土産に持っていった提灯を飾り家内が進呈した着物姿の佐藤さんと同じ、日本人移住者の西尾さん。

日本人公民館のステージには桜と富士山の絵があった。家内が進呈して着物を着て、「さくら さくら」を踊る佐藤さん。

日本人公民館の散った桜の木に2輪だけ桜の花びらを見つけることができた。私が来るのを待っていたかのような気持ちになって感動した。

コンスタンサはドミニカ共和国の北部で標高1200mに位置しており、日本の軽井沢のような所。 

沖縄の桜を一旦ブラジルに移植し、そこからコンスタンサに移植した桜がコンスタンサで咲いている。

日本からの移住者、佐藤貴美子さんと西尾容子さん。日本人公民間の前で。

カリブの海は若葉のように黄緑に輝いていた。年中、水泳ができる。

河口からちょっと遡るとマングローブのジャングルが密集している。樹齢500年もある大木が不気味に見えた。

スペイン統治時代のコロニアル調の建物が沢山残っているサントドミンゴの旧市街。

ゾナ コロニアル。歴史的な建物が沢山残っているエリア。

公園で一休み。

街並み。

コロンバス広場のコロンバスの銅像とアメリカ最初のカテドラル。

レンタカーしてビーチに行きました。 どこだったか覚えていないけど、静かで地元の人がカリブの音楽をずっと演奏していました。

自転車でココナッツやパイナップルを売りに来ていました。

水は透き通っていてとてもきれいです。

街に着いた瞬間、雰囲気も何もかも怖いって思った。

とりあえずびっくり!

現地の学生と片言の英語でトークしたけど、皆ウェルカムしてくれてとっても嬉しかった! 言葉が通じなくても、いくらでも伝える方法ってあるんだね♪

基本的に町並みはカラフル。

こういうのが日常って、なんかいいな:)

バイクタクシーに3人乗りとかいかついな。 バイクタクシーの存在を知らなかった私はリアル誘拐されるかと思った。

ラテンダンスかな? 一緒に踊ろう!って言ってくれたり、皆ノリいいー!!

教会。

道端に絵がずらり。

レストランで水分補給。 野良猫がいたり、とても自由な感じ。 US$も使えました。 あっ、トイレとかの清潔感とか期待しない方がいいかも。。

てゆうか、sleeping centerってなに!?w

右側の方は多分市場。

家を造っているのかな?

民芸品やお土産が売られている広場。 NOと言えない人が一度店員に捕まると、長い間動けない状態が続きます。。

広場で休憩。

車で港へ。 到着したときと出発するときとで、だいぶこの国のイメージが変わりました。 この国の人たちのおかげで♪

クルーズ船のバーカウンター。 英語がなかなかうまくしゃべれず凹みましたorz でもクルーの皆、理解しようとしてくれたのが嬉しかった:)

サービスも充実:) クルーはフィリピーノが多かったです。

現地でアクセサリーを売って生活してるんだって! 耳が聞こえないみたいなので筆談。 したら片言の日本語を書いてくれて! 将来日本に行きたいって言ってたなぁ~。 別れ際に即席で名前入りのクリップ作ってくれた:)

上にぶる下がってるの、全部帽子!

ハラバコアjarabacoaで見つけた。全国各地に散らばった移住者の足跡が見られる。ここには日本の鳥居もあってちょうど日本庭園の様相だ。まさしく日本を彷彿とさせる景観である。首都の北西約150kmだが直通の高速バスがある。

「桜」であるが、ここは常夏の国だ。ドミニカ共和国のスイスといわれる。コンスタンサconstanzaへの途上で見つけた。首都の北西150kmの道のりである。季節は1月下旬だった。因みに桜はスペイン語でcerezoセレッソである。がんばれセレッソ大阪!

この国ではよく米を食べる。ほとんど毎日のように食べる。調理の方法は少し違うようだ。油と塩で味付けをする。米は日本に比べ粘りがないのが特徴だ。焼き飯やパエリャ、豆ご飯などのバラエティもある。米を食べるドミニカ人には親近感を覚える。

消防署である。その斬新な色遣いと形に思わず足を止めてしまった。元の建物は「教会」だった。用途変更によって「消防署」になった。なんとも不思議な建物だった。場所はプエルト・プラタpuerto plata首都より北方に高速バスで4時間ほど。

ロサンゼルスのハリウッドの歩道の足形や手形をお思い出させる。この国の著名人の名を冠したものである。ファン・ルイス・ゲラjuan luis guerra歌手である。

警備員いわゆるガードマンであるが、皆ショットガンを持ってお店など建物の前で警備している。よく見る光景である。

この国第2の都市サンチアゴsantiagoのモニュメントである。100mの高さを誇り、上階には展望台がある。眺めは素晴らしい。市内が一望できる。

マンホールには蓋がなかった。ここは交通量の多い道路、しかも交差点である。蓋は盗難されたままである。

地球儀で日本が見つからなかった。反対側には、ドミニカ共和国のあるイスパニョーラ島がキューバ島と共にカリブ海の中にあった。

50ペソ紙幣に使用されている建物である。この写真を見たときに是非行ってみたいと思った。何とも不思議な建物である。コンクリートの打放とステンドグラスのバランスが何とも心憎い。そして異様だが斬新な形。建築は1954年である。カトリックの教会で「Higuey」イグエイにある。首都より東へ高速の直行バスで凡そ3時間。

ドミニカ共和国の独裁者トルヒージョはこの場所で暗殺された。1961年5月30日のことである。彼に敵対する者は目隠しをされこうして銃殺の刑にあった。彼の独裁政治の象徴を形にした。カリブ海を臨む通りにある。その名も「Avenida de 30 de Mayo」5月30日通りと言う。

広島東洋カープのドミニカ共和国研修施設である。ここは野球が盛んだ。ここから日本プロ球団へあるいは大リーグへ、そんな夢を見て日々練習に励む。San Pedro de Macorisサン・ペドロ・デ・マコリスという市にある。首都より東へ高速バスで凡そ1時間ほど。

出勤簿にハンコを押す、タイムカード機にカードを差し込む。ここでは暗証番号と指紋認証で出欠を管理している。毎日の出勤時、退庁時にこの機会に片方の手を置いて管理するようになっている。

ガソリンスタンドである。値段が書いてあるが単位はガロン、しかも価格の単位はペソである。真ん中の表示が普通のガソリン価格である。151.80ペソは日本円では1リットル約105円となる。一見日本のガソリンスタンドと見間違えるくらいだ。

日本ならさしずめコンビニと言うところだ。こちらではコルマドCOLMADOと称する。日常生活に必要なものを購入できる。肉や野菜に牛乳やパン、ジュースや清涼飲料水、アルコール類ももちろんだ。パンは1個から購入できる。そしてどこにでもあるから不思議だ。

この国では水道の水は飲めない。飲み水はペットボトルを購入するが、一般市民はそれの大きなペットボトル瓶を購入して使用している。5ガロン(約20リットル)入っているが場所にもよるが値段は約110円ほどである。

この国の至る所で見る日本車は圧巻だ。ここでの車両の7割から8割が日本車である。翻って、ここでの日本人の認識は希薄だ。我々アジアの代表は中国だからだ。よくチーノchino(中国人)と声をかけられる。

首都の公道を走るリヤカー付きの自転車、果物や野菜の露天商である。違和感がないのはこの国ならではだ。

選挙候補者の看板である。ポスターと言うちっぽけなものではない。ばかでかい候補者の顔写真入りの看板が市内否全国の津々浦々に掲示された。この国は選挙一色だった。2010年の5月16日が市長や国会議員の選挙投票日だった。

大きな通りでは信号の横に時間を秒数で表示している。青信号が残り51秒であることを示している。そして交差する通り名は「AV. INDEPENDENCIA」日本語では“独立記念通り”である。

中央銀行である。近代的な建物でこの国の経済のニュースの表紙を飾るとき必ず背景に登場する。

この国で最も高い建物である。もちろん共同住宅いわゆるマンションと言われる代物である。首都にあってもその高さは他を圧倒する。階数は38階、最高高さ約130mである。

カーニバルである。仮面や帽子をかぶったさまざまな仮想の行列が町の中心街を練り歩く。この国で最も盛大に行われるのはここ「La Vega」ラ・ベガのカーニバルが有名だ。首都から高速のバスで約1時間ほど北西ににある。季節は2月である。

雨期と乾期が交互に訪れる。ちょうど雨期で激しい雨の後は道路が冠水する。排水計画に問題があるのだろうか、首都でも比較的交通量の多い道路である。

野球が盛んな国である。アメリカ大リーグへ大勢の野球選手を送っているがサミー・ソーサSamuel Sosaは特筆に値する。60本以上のホームランを3度も記録しながらその間には一度もホームラン王にはなれなかった。生涯ホームランは609本である。母国ドミニカ共和国で多くの慈善活動を行った。彼の生まれ育った「San Pedro de Macoris」サン・ペドロ・デ・マコリスに彼の偉業をたたえて銅像が建っていた。首都から東へ60km程だ。

まぎれもなくこれは街中の郵便箱である。スペイン語がよく理解できないせいでもなかった。ゴミ箱かと思った。郵便ポストであった。しかし誰もこの郵便ボックスに絵葉書など入れているのを見たことがない。

首都の交通渋滞は過酷だ。道路が交差するところは特に渋滞する。一部の車線が地下道を走っている。まっすぐ進行する場合はこのように中央に近い車線を利用して信号を経ずに進行する。

映画ジェラシックパークの有名なシーンはここ琥珀博物館にルーツがあった。首都の北高速バスで3時間以上「Puerto Plata」プエルト・プラタは大西洋に面する港だ。近年は有数のリゾートで美しいビーチに魅せられ大勢の観光客が訪れる。

大統領官邸である。アメリカの影響が大きいせいかその形もなんとなく、ホワイトハウスを彷彿とさせる。スペイン語ではPalacio Nacionalと言う。

ドミニカ共和国の文化・風俗・注意点

 ドミニカ共和国では、スペイン的な気質、敬虔なカトリックの精神、アフリカ的気質等、多様な要素が一体となって、風俗、習慣を形成しており、国民は一般的に開放的といえます。

 風土病はありませんが、結核、エイズを含む性病、デング熱、肝炎等が多いので注意が必要です。特に野外に出るときは、デング熱対策として、虫さされ防止用スプレー等を持参するようおすすめします。(特に昼間帯に刺す蚊が危険であると言われています。)
 また、消化器系統の病気、寄生虫症等の病気も多く発生しています。

 一般的に外国人が利用している病院は私立病院で、ケアは良いものの費用が相当高額になります。また、首都サントドミンゴ以外の地方都市の医療施設は相当劣るので、地方で病気になった場合は必ず首都に出てくることが大切です。

 水道水の飲用は避け、市販のミネラル・ウォーターの飲用をおすすめします。