スポンサードリンク

バハマってどんな国?

バハマ国(バハマこく)、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島にある英語圏の独立国である。アメリカ合衆国のフロリダ半島の南東、キューバの北東、ハイチの北西に位置する。首都は、ニュー・プロビデンス島のナッソー。1973年にイギリスから独立し、イギリス連邦に加盟。

バハマの地図

バハマのブログ旅行記

添乗後記~今回のお買い上げ・その3 - 奥様は海外添乗員

2009年3月23日 ... 結果、彼が到達した現在のバハマ諸島から中南米一帯がその後スペインによって植民地化 されることになる。それでも最期までその地をアジア(インド)だと信じたコロンブス によって原住民がインディアンと呼ばれるようになったことは歴史上 ...

バハマ(2) - TRAVELOG.

バハマ/旅行情報の発信サイトのトラベローグ、トラベログ、TRAVELOG 。国内、海外の 旅行記、旅行日記、旅行体験記、トラベル日記、旅行写真集、旅行フォトアルバムを、 無料で作れる旅行専門のブログ、サイト.

2010年07月14日のブログ|食べて歩いて遊んでスペイン!

2010年7月14日 ... 7月初め、バハマの友人宅にて身内だけで式を挙げたのだそう。 結婚のニュースに、 カンヌ映画祭授賞式での バルデムの愛のスピーチ(詳しくは⇒コチラ )も納得です。 2人とも恋多きタイプで知られていたけれど、 ...

トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信出来る ...

バハマ. ナッソー. by chewie. ( 2007/10/12 16:22 ). バハマ. ナッソーダイビング. by chewie. ( 2007/10/12 15:24 ). 中国. 世界遺産・九寨溝. by nick. ( 2007/10/07 18:45 ). イギリス. 冬の英国滞在記~観光編~. by 銀河. ( 2007/10/02 23:17 ) ...

肥満大国: shukran@world

2010年8月4日 ... バハマ, 60.4. 40. アイスランド, 60.4. 41. ニカラグア, 60.4. 42. キューバ, 60.1. 43. ドイツ, 60.1. 44. ブルネイ, 59.8. 45. スロベニア, 59.8. 46. ペルー, 59.6. 47 . バヌアツ, 59.6. 48. フィンランド, 58.7 ...

ブログテーマ[バハマ土産]| 世界一周御披露目帳

世界一周御披露目帳 ★のバハマ土産について書かれた記事です。

ウィーンのリゾート - 奥様は海外添乗員

2007年4月17日 ... 横を流れる河さえ見なければ「ここはバハマ?」ってな雰囲気のビーチバーも。 カリビアンリゾートを思わせる(ちょっと無理はあるかな?)バーにはプラスチックで できた椰子の木が立ち、たくさんのカクテルが並ぶ。 ...

ここどこバナナ!|諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』

2010年5月4日 ... そんなパナマそんなバハマそんなわけナイジェリアでもアルゼンチン らへんにしようか 迷いましたがww .... バナナ → バハナ → バハマの三段活用にて答えを導きだしました 。 なんか最近のここどこってハードルが高くなった気がしませんか ...

2007年4月 - 奥様は海外添乗員

横を流れる河さえ見なければ「ここはバハマ?」ってな雰囲気のビーチバーも。 カリビアンリゾートを思わせる(ちょっと無理はあるかな?)バーにはプラスチックで できた椰子の木が立ち、たくさんのカクテルが並ぶ。 ただ悲しいかな、今のドナウはお 世辞に ...

海外フォトアルバム>バハマ>rss表示ページ

TOP>海外フォトアルバム>国別新着フォトアルバム>バハマ. ■バハマの新着フォト アルバム. rssコード:, http://www.travelog.jp/rss/new_abroad_album.php3? code_country=BS. Copyright(C) TRAVELOG. All rights reserved.

ありがとう。 | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

今まで行った国は、バハマ諸島、パラオ、南アフリカ、サイパン、香港、チェコ、 オーストリア、アメリカ(NY)キューバ、メキシコ(カンクン)です。 あ、それと、私 もいつか旅日記を書きたいと思って、今月からブログ始めました☆よろしければチェック し ...

ブログテーマ[ハワイ:B級グルメ]|リサのLOVEハワイ

ヴィトン★グッチ★ボッテガ★時計屋さんにコスメ屋さん、水着にABCにトミーバハマetc ・・・. なんだかんだ^^ゆっ~~くり周りました 音譜. そういえば・・・こちらにも ^^「ホノルル・コーヒー・カンパニー コーヒー 」ありました~! ...

ブログテーマ[人間ウォッチング]|食べて歩いて遊んでスペイン!

2010年7月16日 ... 7月初め、バハマの友人宅にて身内だけで式を挙げたのだそう。 結婚のニュースに、 カンヌ映画祭授賞式での バルデムの愛のスピーチ(詳しくは⇒コチラ )も納得です。 2人とも恋多きタイプで知られていたけれど、 ...

love my life

バハマ. ナッソー. 作成日 2007/10/12 16:22. バハマ. ナッソーダイビング. 作成日 2007/10/12 15:24. 沖縄県. 石垣ダイビング. 作成日 2007/06/24 14:28. フォト アルバムをもっと見る 国内 海外 · Copyright(C) TRAVELOG. All rights reserved.

2009年3月 - 奥様は海外添乗員

結果、彼が到達した現在のバハマ諸島から中南米一帯がその後スペインによって植民地化 されることになる。それでも最期までその地をアジア(インド)だと信じたコロンブス によって原住民がインディアンと呼ばれるようになったことは歴史上有名な話。 ...

バハマの写真・旅行記

この記事は古い家族旅行を「我が家の備忘録」として残すために書いています。 家族四人で春休みに常夏の楽園カリブ海に浮かぶ「バハマ」へ行きました。 写真は、 有名な『ピンクサンドビーチ』で遊ぶ子供たちで~す^^。 綺麗でしょ~(^_^;) さすがカリブ!\(~o~)/

バハマ 私の 本当の目的は 「カジノ」 でした。(・・・行きましたが、完敗。記事に出来ませんでしたー汗)

首都ナッソーのあるのはニュープロビデンス島という島です。 その島の北の東端にパラダイスアイランドという小さな島があり、橋で結ばれています。(橋を渡るのが有料のため、治安が良い=ある意味観光客用の島) そこのホテルに向かいます。

予約を入れておいたら、 こんな車がお出迎え~\(~o~)/ ご予算約20000円(高いけど面白かったで~す!)

バハマは英国の統治下にあったので日本と同じ左側通行です。 ・・・ って、 これ、「観光馬車」なんで~す(^_^;)

路地を歩いていたら、生演奏が~♪ 音楽に合わせ、一緒にタンバリンを叩かせてもらいました(*^_^*)

結局、 やっぱり、 海!!! 底で泳いでいる魚が「丸見え」でした~♪

息子が「お土産を買いたい」と言うので、 「一人で買ってきな」 っと、言ったら 本当に一人で買いに行きました(汗)。 英語喋れるの?(爆) ・・・どういう風に言ったのか知りませんが、買ってきました・・・

いよいよエルーセラ島へ出発です。 この島は故ダイアナ妃が新婚旅行の際に訪れたんだとか。 なんと、ここの島のビーチの砂は薄ピンク色なのです!!! さて、エルーセラ島に行くには、ナッソーの港から 船で2時間弱かかります。 デッキに出て海を眺めたり、中で昼寝したり、 しばしの船旅を楽しみました。 ※ちなみにこれはエルーセラ観光という1日のオプション  ツアーを申込みました。  が、前回、書いたとおり、ほんとーーに日本人が全然  いなかったので、日本人はうちらのみ^^;  ホテル~港までの送迎は日本人ガイド、港で日本人ガイド  に船の乗車券をもらい、あとは現地のガイドさん(バハマ人  なので、英語ガイドです)についていくツアーでした。  ただ、エルーセラ島では自由行動、船の中でも自由行動  なので、島に着いたときにちょっとした島の説明を  受けたくらいで、あんまりツアーって感じではなく、  個人で行ったに近かったです(笑)  

ようやくエルーセラ島の北部、ハーバーアイランド に到着しました。

狭い島なので、島の中ではこのようなゴルフカート で各自、移動します。 ナッソーに戻る船の時間まで自由行動になりました。 このゴルフカート、日本でもたまに見ますが、私は ゴルフはやらないので、このカートを運転するのは 初めて☆ このカートの運転、結構、楽しかったです。

ガイドさんからもらった島の地図をもとに、さっそく ピンクサンドビーチに向かいます。 途中でカートを停めて歩いて行くと、海岸へ通じる道が! 既にここの砂もピンク色です♪ テンションあがる~~~♪♪♪

さっそく裸足になって砂浜を歩きます! ここの砂、今まで見たことがないくらいの きめ細やかで綺麗な砂です! なんだか小麦粉の上を歩いてるみたい…☆ ほんとに気持ちがいい~!!! ほとんど人がいなく、ピンクの砂浜が どこまでも続いていました。 ちょっと天気がイマイチだったのが残念ですが、 ここの砂浜で海に入ったりしてしばらくのんびり 過ごしました。

お腹がすいたので、島に着いたときに貰った ランチチケットが使えるお店へ移動し、お昼を を食べました。 ちなみに、お店はいくつか選べましたが、眺め がよさそうなイタリアンのお店を選びました。 人もほとんどいなかったので、海を見ながら ゆっくり食事ができとてもよかったです。

食事の後は、カートに乗って、島を一周して みました。 すると家の庭にこんなクリスマスの飾りつけ をした家が! あまりの可愛さに思わず写真を撮っちゃいました♪ 島は、時間がゆっくり流れています。 鶏が放し飼いにされていたり、子供が遊んでいたり。 すごく平和な風景で、見ているだけでも癒されて、 楽しいドライブです。

ドライブの後、もう一度、ピンクサンドビーチ で遊んだあと、そろそろ船の時間になったので、 港に戻りました。 この青い船で、ナッソーまで帰りまーす! ホテルに戻った後は、ホテルから歩いて15分くらいの ところに発見した日本食?風レストランへ。 (日本語で「すし」と看板があった) が、実際に経営していたのは中国人の方で、 全然日本食じゃなく普通の洋食でした(笑) かろうじて「すし」っぽい料理は確かに ありましたが…

経由先のアトランタへの到着が遅れたため、乗るはず だった飛行機に乗れず、次の飛行機まで、アトランタの 空港で3時間も待ちぼうけしましたが、成田を出発してから 約20時間でようやくバハマのナッソーに到着しました! 外は既に真っ暗だったためそのままホテルへ直行し チェックイン♪ほっと一息です。 が、結婚式や新居探しなど日本では時間がなく、だいたい やりたい事の目星はつけていましたが、明日からの予定が全く フリーだった私たち。。。 空港からホテルの送迎で付き添って下さったガイドさんに 相談しながら日本で目星をつけていたエールセラ島の観光と イルカと遊ぶツアーの予約をしました。 そして日本で調べてきたアメリカの旅行会社へ電話し、 ラスベガスからの1日グランドキャニオンツアーの申込みも 無事、完了。 旅行が始まってからようやく全ての準備が 完了したのでした^^;

翌朝は移動の疲れもあり、特に予定もなかったので、ちょっと 遅めに起きて、ホテルのビュッフェで朝食。 おいしそうなデザートにご満悦です♪

食後はさっそくホテルのプライベートビーチへ! お天気も良く、海もキラキラしていてとても綺麗です♪

さっそく、海に入ってみましたが、慣れるまでは ちょっと水が冷たい! でも、本当に気持ちがよかったです^^

朝、ホテルのビュッフェでたらふく食べたので、昼は全く お腹がすかず。 海で遊んだ後、一度部屋に戻って着替えてから、午後は アトランティスまで遊びに行くことにしました。 アトランティスにはダウンタウンのすぐ近くの港から出ている 船に乗って行くか、タクシーでいくのがベターです。 時間もあるので、私たちは船で行くことにしました。 船は、運航時間は決まっているのかいないのか・・・ よくわかりませんが、船にある程度の人がのると 出発してくれます。 ただし、日が落ちると船は終わってしまうので、注意です! ヒルトンはダウンタウンのすぐ近くあるので私たちは 港まで歩いていきました。

アトランティスについてビックリ! パンフレットなどでみていたけれども、ホテルの建物 を見るとで、でかい!!! なんとなく、ディズニーランドの雰囲気に似ています。 ホテルの建物に行くまでのアトランティスの敷地内は 幕張のアウトレットのように、レストランやお土産物屋さん などが並んでいました。 時間もあったので、ゆっくりお店を見ながらホテルの 建物を目指します。 そんなお店の中の一つで売っていたのが、これ。 コーラやスプライトのアルミ缶を使ってこんなものが 作れるとは! 売り物なのに、思わず写真を撮っちゃいました。

1時間ほどかかってようやくホテルの中へ。 さすがバハマ! クリスマスツリーにも貝殻が飾ってあります。 日本では考えられない、半そで姿でクリスマスツリー とツーショットです^^V アトランティスの中には水族館があり、ここにも 足をのばしました。 中が広いのでうろうろしていたら疲れてしまい、また、 時間も18時ごろになりちょうどお腹もすいてきたので、 アトランティスで夕食を取ることにしました。 アラカルトで注文して2人でシェアして食べましたが、 ちょうどいい量です。 周りの人たちは一人1皿、デザートまでガッツリ 食べてましたが^^; やはり日本人とは造りが違う・・・ 帰りはタクシーでホテルまで帰り、明日のエールセラ島の トリップに備えて早めに就寝しました。 にしても時期が時期だからか、バハマまで来る日本人が 少ないのか、全く、日本人に会いません。 なんだか遠い外国にきた!っていう実感が湧いてきます♪

今日も快晴! 午前中はドルフィン・ウィズ・スウィムツアーという ツアーに参加しました。 このツアー、最大の魅力はイルカに触れるだけでなく、 イルカと一緒に泳げる!というもの。 イルカに触るなら他の国でもできるかもしれないですが、 一緒に泳げるのはここだけ??? 昔からイルカが大好きなので、ぜひともこれは行ってみたい☆ ということでワクワクしながら参加しました。 港から船で15分くらいのところにイルカと交流できる センターがあります。 ガイドさんにはホテルから港まで送ってもらい、 船に乗る前に交流センターで説明される説明を 聞きました。 その後は私たちだけで船に乗り込み出発です! センターについたら、更衣室で水着に着替えてイルカ との交流の前に、一通りの説明を聞きますが、 もちろん英語。しかも結構、訛ってて何を言ってる んだかよくわからない。 港でガイドさんに聞いた説明を思い出しながら、ところ どころ聞き取れる単語を聞いてわかったようなフリを して頷いてました(笑) ちなみにこの日ももちろん、日本人は私たちのみ でした。

ながーい説明が終わった後はいよいよイルカと交流! イルカが泳いでいる海水プールに足だけ入れた状態で プールの淵に座りました。 と、トレーナーの合図に2匹のイルカが登場です! 目の前で鳴いたり、尾びれを出してくるくる回ったり、 ほんとにかわいい♪

その後、ライフジャケットをつけてプールに入り、 今度はイルカと握手したり、抱きついたり、 イルカがほっぺにチュッとしてくれたり♪ イルカ好きにはたまらない癒しの時間です^^ しかーし、ここで一つ失敗したことが! 水中カメラを持っていかなかったため、 イルカとの写真があまり撮れませんでした…。 このツアーに参加する時には濡れても大丈夫な カメラをお忘れなく!

そしてお待ちかねのイルカと一緒にスウィムです! 単にイルカが泳いでいるところで一緒に泳ぐ のかと思っていたのですが… 写真のように、スーパーマンみたいに両手足を 広げて水に浮きます。 そしてトレーナーの合図と共に、2匹のイルカ達が 私の両足の足裏を口先で押してくれるのです。 つまり、イルカの泳いでいる速さを体験できてしまう というもの!!! まさにドルフィン ウィズ スウィム!でした♪ 見てるだけで楽しそうでめちゃめちゃテンション 上がりました! 動画をアップできないのが残念ですが… 2匹のイルカ達は一生懸命私の足の裏を押して くれました^^ 結構なスピードだったので、海水パンツが 脱げてしまうということもたまにあるとか… 無事、事故も起こらず(笑)、本当に楽しい 経験ができました!

その後は港に戻って近くにあったレストラン に入ってお昼を食べました。 ハンバーガーを注文です。 海外のハンバーガーって日本と違って 肉厚なハンバーグが入っててほんとおいしい! 思わず、完食です。 その後は一度ホテルに戻って荷物を置いて、 ダウンタウンに買い物に行きました。 ダウンタウンにはコーチ、グッチなどなど ブランド物のお店がずらり。 バハマは免税の国なので、ブランド物を買うには とってもお買い得です♪ また沢山のお店がひしめくマーケットには 貝殻やかばんなどいわゆるお土産品が沢山 並べてあります。 そしてその中でも目をひくのが、偽ブランド品。 売っているのは中国とかアジアだけかと思ったら、 こんなとこでも売ってるんですねぇ^^;

いよいよバハマ、最後の夜。 昼間、イルカツアーに参加した時にガイドさん に教えてもらったバハマ唯一の5つ☆レストラン、 グレイクリフでディナーを堪能しました。 このレストラン、邸宅をレストランにしたもので、 中はとってもおしゃれですごく素敵なレストラン でした。 生のピアノ演奏を聴きながら、まずはシャンパンで 乾杯です。 リクエスト表には、ミュージカル キャッツの 「メモリー」が! 旦那と付き合い始めた頃に初めて一緒に観に行った ミュージカル、キャッツ。 思わずリクエストしちゃいました! 付き合い始めた頃を思い出し、思わずうっとりです。

お料理は、ちょっと味が濃い目ですが、 さすが5つ☆だけあって美味しかったです。 特に、このエビ!エビ好きな私には たまらない美味しさでした^^v そしてデザートに食べたクリームブリュレ。 めちゃウマでした!! 今回の旅行で一番美味しかったのがこれかも… バハマ最後の夜をこんな素敵なレストラン で過ごせて本当に幸せでした♪ ちなみにこのレストラン、ダウンタウンから 歩いてすぐのところにあります。 そのため、宿泊先のヒルトンからも歩いて いけました。

ATLANTIS

ATLANTISの水族館は有料になってました。Sucks!

スパイシーチキンラップ食べました。うまかった!

Twin Brothers で有名なダイキリを堪能。Miami Vice おいしかった!

Conch fritter

Conch salad Twin Brothers のは、そんなに辛くなかったです。

Arawak Cay の Fish fry いつ行っても多いですが、週末は特に混雑です。

ちょっとダウンタウンをお散歩です。

ナッソーの交通渋滞は悪化の一歩のようです。

顔みたいな木、発見!

セントラルバンク いとこが働いてます!

クルーズシップ

夕方にビーチに行きました。 Goodman's Bayという所です。

うちのちびっ子

クルーズシップが帰っていきます

バハマのファミレス

これはなんでしょう...

で、超まずい。 二度と行かない!

食事はまずかったけど、Junkanoo Rushout があって、楽しかった。さっきの写真は、ドラム缶を使った太鼓で、革をのばすために火を焚いてたんだって。

翌朝、またGoodman's Bayへ

クルーズシップが入港してきます。朝9時くらいかな。

遠くにクリスタルバレスが見えます。 この辺り一帯はホテルを崩して、少しinlandに移し、跡地はビーチを広げるそうです。すごい壮大な工事。

Ardastra Gardens ローカル動物園です。フラミンゴのショーを見たり、鳥にリンゴをあげることができます。

バハマで3Rの看板を見るなんて!目を疑いました。

マクドナルド

腹ごしらえして、島1周にさあ出発!

コンドミニアム 価格は$850,000からですけど、だれか買いたい方います??

ローカルフィッシュマーケット

トカゲの飾りをよく見ました。

ローカルのおっちゃんたちが魚を洗ってました。

ここらへん、ウニが多いんだよね~と、うちの旦那が目を皿のようにして探してました。見つけたら食うつもりだったのか!?

South Beach 遠浅で、きれいでした。時間があったら車から降りて歩いたのに! また次回ということで!

Sandy PortにあるProvenceというレストラン

チビどもはパスタを食しました

私はMediterranean Pita! すごくおいしかった。

旦那と食事をごちそうしてくれた旦那の叔母さんはLobster lasagna

I like it!

新しいビールです

新しいUSターミナルの中のレストラン、Kafe Kalik。 サービスもお料理もtwo thumbs up! おすすめです :D

お気に入りの一枚。 真っ青な海が本当に綺麗でした☆

オーランドで前泊し、空港でクルーズ専用のバスに ピックアップしてもらい、ポートカナベラル港へ チェックインを済ませ、乗船開始を待つ 今回乗るディズニー・ワンダー号の模型

内部まで精巧に作られている

乗船して部屋へ 少々高いが、バルコニー付きの部屋にした 部屋もバスルームも全体的に狭いが 船の中なので仕方ない

部屋を出てデッキへ 船から見るポートカナベラル港

ロイヤルカリビアンのクルーズ船も 同じ港から出航するみたい

出航へ向けて、セレモニーが始まった

ミッキー、ミニーも登場

ノリノリのキャストに乗せられて、 乗客のテンションも上っていく

2日目はバハマのナッソーへ寄港 朝から夕方まで停泊するので、 ナッソーの観光に出掛ける

ディズニー・ワンダー号の正面 ドナルドダックが落ちそう・・・

カリブ海の国々では中間色の建物が多い この建物もピンクで良い感じ

ディズニー以外にもクルーズ船が停まっている

ナッソーの有名なホテル、アトランティス

ナッソー散策後、船に戻る

ちょうどヘリコプターが下りてきた

今日はうさぎのタオルアート

デザートコーナーにあったミッキーのチョコレート これは食べられるのか?

デッキで夜のイベントが始まった

これはあんまり盛り上がってなかった

部屋に戻ったら、ベッドの上に何かがいた

3日目はキャスタウェーキイに寄港

ここはディズニーのプライベートアイランドなので、 ディズニーの客しか来られない

バルコニーから見える海がめちゃくちゃキレイ 早くビーチへ繰り出さねばと焦る

ここでもキャラクター・グリーティングがある 一緒に船で来たのか、ここに泊まっていたのか・・・

乗り物に乗って、ビーチへ向かう

大人専用ビーチに到着 子供は来たらアカンところなので、静かで良い

水はきれいなんやけど、ちょっと水温が低い まだ朝やからかな

魚も泳いでいる

飛行機のディスプレイ

波打ち際でデッキチェアに座って、 水を浴びていると、本当に気持ちいい しかし、かなり焼ける・・・

滑走路

海で1日遊んだのは何年ぶりかな そろそろ船に戻る

今日のタオルアートは猿

乗船してしばらくすると避難訓練がある 部屋に備え付けられているライフジャケットをつけて ホールに集まり、非常時の説明を受ける 避難案内図ももちろんミッキー ディズニーですから・・・

4日目はポートカナベラルへ帰港すべく、 ひたすら海を進む日 船内施設の見学ツアーがあったので参加してみた レストラン「トリトン」

厨房ではシェフが料理中

「ディズニー・ドリームズ」のショーを見る

少し早目に行けば、正面前目の席を取れる

美女と野獣

カーテンコール

今回泊まった5142号室 普通のホテルに比べてドアが細いような・・・

ドアを開けると、今日もいた! 犬が! お世話になったキャストにチップを配って、 楽しかったクルーズもこれで終わり 明朝オーランドに到着

無料のスナックを食べたり、ドリンクを飲んだりして、 部屋に戻ったら、タオルアートがあった ロブスターかな

プールの横の庭です。

2ベッドルームのメインベッドルーム

アメニティーは あまり多くありませんが 最低限のものが 用意されています。 そのほかのものは バトラーにお願いします。 One&Onlyのキャップとバックは 準備されていて とても役に立ちました。 帰国後も 使えそうです。

リビングダイニングです。

部屋の入口は テラスになっていて 昼寝をしたり 食事をとったりするには 十分なスペースがあります。 夜になると キャンドルがテーブルの上に用意されます。

ロビーです。 チェックイン時には ピンクレモネードと冷たいおしぼりが用意されています。 朝は テイクアウトできるように コーヒーと紅茶の準備があります。 もちろん バーカウンターが 裏にあるので なんでもお願いできます。 映画007カジノロワイヤルの舞台です。

リビングルームです。 DVDは 結構種類がありました。 スピーカーは BOSEが ここだけついていました。 日本から持って行ったDVDは 見れないのですが、 とっても親切なバトラーが 日本版も見られるDVDプレーヤーを 探してきて セットしてくれました。 おまけに 映画を見るなら ポップコーンもいるだろうと 気を利かせて持ってきてくれました。

毎晩 フルボトルのピンクのシャンパンと イチゴのチョコレートかけ そして レオニダスのチョコレートが 用意されます。 朝は フルーツとミネラルウォーターが 用意されています。

朝食のルームサービスです。 Duneスペシャルが おすすめです。 エッグベネディクトや ポテトのサーモンをのせた料理がとてもおいしかったです。 パンもいろいろな焼きたてのものがついてくるので 2人前で 4人前くらいあります。

アトランティスには 無料のシャトルを出してくれます。 深夜まで OKです。 アトランティスに泊まるべきか迷いましたが One&Onlyに泊まって アトランティスに 遊びに行くのがベストです。

2ベッドルームのサブのベッドルームです。 リビングのすぐ横にあり 段差はありません。 洗面台は 2つあります。 ドアでしっかり閉まりますので、落ち着きます。

ロビー

プライベートビーチ

庭は 毎朝 手入れされます。

透明度は30mです。 ブルーホールなどのダイビングポイントがたくさんありますが、 あまりきれいな魚は いないようです。

コテージ入口

バルコニーからパイレーツオブカリビアンの船が見えました。 旅行前に急いで、映画を見たから なんとなくわかっていて良かった。

また同じような朝食。 あの白い温かい食べ物は超まずかったけど、 何でしょうか?

一応、記念写真。 本当、キャラクターにそんな興味無いので まあせっかくだからということで。 並ばず撮れる。 TDLと比べたら夢のような所ですねー。

ピニャコラーダ。 大好きなカクテル。 バカンス気分を盛り上げてみるが、 寒過ぎて、震えながら飲みました、笑。

ここに行かれた方が皆、ここで写真を撮っているので 私も。 ミッキーとミニーがグリーティングしていたのですが、 人気すぎて撮れませんでした。

昼食は、島のレストラン? 軽食所で。 母の分。

私の分。 果物がとても美味しくなかったのが、 印象的でした。

ミッキーが何やら踊っていました!

すごい人が多くてがやがやした感じがありますが、 嫌な感じはしませんでした。 みんな外人だからかなー?

海は寒いから全然人いないし。 シュノ―ケリングしてみたけど、 きれいな魚はいなくて、普通な魚がいました。 初めてキレイな海に来たのに、残念。

寒いから早々に船に戻ることに。 暇すぎるから、色んな所で記念撮影しました。

これはトラム。 大人のビーチまで乗せてくれます。 大人のビーチは人がいな過ぎて、 ビビってすぐにファミリービーチに戻りました。 行くのが早すぎたみたいでした。

大きな船も見てるのが好き。

船に戻って、 いつもは人が多くて入れないジャグジーニ入って映画を見たり 食べてなかったものを食べてみたり、人がいなくて 船を楽しめました。

今日はパイレーツナイト!

食事の最後に子供たちやサーバーさんたちが 行進します。

チップを入れる封筒が置かれています。 明日の食事の時に渡す仕組みです。

今日のタオルアート。 猿かな? これで今日は終わり、 と思いきやパイレーツナイトはまだづづく。

パイレーツパーティー。 デザートがたくさん! デブまっしぐら。 夜なのに。 寝る前なのに。

大好きなターキー! TDLでも必ず食べるターキー! でも大きい! 夜中なのに大きい!!

バハマの文化・風俗・注意点

 バハマには特に風土病はありません。ただし、水道水については、飲料水として適していませんので、ミネラルウォーター等を購入するようおすすめします。

 タクシーについては、黄色のナンバープレートをつけたものが正規のタクシーです。 なお、料金メーターがついていないものが殆どですので、乗車時にドライバーに行き先を告げた上で、料金を確認してから乗車した方が良いでしょう。