スポンサードリンク

ブラジルってどんな国?

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく)、通称ブラジル(伯剌西爾)は、南アメリカの連邦共和国。南アメリカ大陸最大の国土を持つ国であり、南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国である。

ブラジルの地図

ブラジルのブログ旅行記

ブラジル・イグアス(そしてブエノスアイレスへ): shoの旅行記~気の ...

2007年11月24日 ... ブラジル・イグアス(そしてブエノスアイレスへ),日帰り旅行から長期旅行、さらに テクテクと歩いて見つけた楽しそうなところも含め案内します。目指せ世界制覇!

2007年03月09日のブログ|リサのLOVEハワイ

2007年3月9日 ... ブラジルのミラクルフルーツ ハート ・・・と、呼ばれてます^^. 【アサイ】という フルーツを使った^^その名も・・・ ビックリマーク. KICX0656 ★アサイ・ボウル★( アサイ・ストロベリー・ブルーベリー・バナナ・アップルジュース) ...

#海と空の間の街 GO TO THE WORLD/ウェブリブログ

2008年5月1日 ... みんな、陸の方を見ていますね^^♪. 湖のほとりから・・・ 2008/05/01 16:56. 昨日の ニュース思い出しました笠戸丸・・ブラジル移民100周年 ... そういえば高校生の時 の同級生がブラジルに引っ越してしまったのを思い出しました。 ...

一番よかったトコロ | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

2006年11月22日 ... どうも、初めまして北海道出身現在ブラジル、 サンパウロ市在住の平凡亭日常といい ます ブログを楽しく拝見させて頂き ... 私もブラジル関係のサイトを作成しているの でもしよろしければご覧ください南方見聞録 ~日常的ブラジル生活~ ...

びしょ濡れ。。| 世界一周御披露目帳

2007年12月8日 ... イグアスの滝はアルゼンチン側からとブラジル側からの両方から見ることができます。 ダイナミックな悪魔ののど笛をすぐ近くで見られるのは ... 基本的にはブラジルのビザ が必要で、なくてもすんなり通れるという話もあるようですが、 ...

Keali'i アローーーハ! - 楽園HAWAII

2006年8月21日 ... ちなみに彼女の出身はブラジルだそう・・・。 レコード会社に踊らされてるやんっ!( ̄◇  ̄;) と、小さなネタに突っ込みながら、帰ろうとすると・・あ!! カエル発見!! しかも かなりデカイです(- -) 10cmくらいありました。・・いったい何カエル ...

およよな生活 - ポルトガル旅行記 -

窓からは、要塞Castle de São Felipe / São João Baptistaの跡が残るモンテ・ブラジル Monte Brasil(ブラジル山?)が近くに見える。昨日のホテルが“あれ”だっただけに、 ポルトガルに来てやっと伸び伸びとした気分となれた。 一休みし、街に出る。アングラ・ド ・ ...

ブラジル対クロアチア: shukran@world

2006年6月14日 ... さすがは王者ブラジル、順当に勝ち点ゲットといったところでしょうか。でも最初は ほとんど10人で戦っていましたね。ロナウドは仲間はずれにされているんでしょうか。 というか地蔵でしたね、ロナウド。あれでは仕方ないなぁ。 ...

世界の人種・民族別血液型割合

オーストリア. 36. 44. 13. 6. Bantus. バンツー (中部・南部アフリカ). 46. 30. 19. 5. Basques. バスク (スペイン). 51. 44. 4. 1. Belgians. ベルギー. 47. 42. 8. 3. Blackfoot (N. Am. Indian) ブラックフット (北米インディア. 17. 82. 0. 1. Bororo. ボロロ (ブラジル). 100 ...

日本対ブラジル: shukran@world

2006年6月23日 ... 結果だけ見れば1−4の大敗。でも、これまでのどの試合よりも気迫が感じられました。 王者ブラジルから先制点を奪ったのには興奮しました。夢をありがとう!!。ブラジルは ロナウジーニョが交代してから急に攻撃がまったりしてしまいました。 ...

【11-b】 リスボン (ジョゼ・アルバラーデ) - - 旅行記・いつもこころにヨーロッパ

2004年12月11日 ... ポルトガルリーグでは、FCポルトとベンフィカ・リスボンに次いで、3番目に伝統のある チームですが、現在所属している選手は、ロッチェンバック、リエジソン、ロジェリオなどの ブラジル勢と、ペドロ・バルボサなどの自国ベテラン勢。名前を ...

世界一周旅物語(せかたび)- ポルトガル(Portgal) アーカイブ

2005年10月17日 ... その後、ブラジルのリオデジャデイロでも有名な大きなキリスト像{CastroRei]がリスボン にもあったんです(ビックリ!) 新婚旅行で ... やはり、昔、ポルトガルがブラジルを支配し ていたから、同じようなものがあるのかなぁ~? 山の上にある ...

ブログテーマ[ブラジル・セラード]|諸岡なほ子の『旅の途中のスウィート ...

2011年2月7日 ... 諸岡なほ子の『旅の途中のスウィートホーム』のブラジル・セラードについて書かれた 記事です。

海外の情景 今日の一枚: ・ブラジル

2010年3月6日 ... アリアウ・アマゾン・タワー・ホテル/ブラジル. このホテルの写真は生憎撮っていないの です(10数年前)。と言うかまだデジカメがまだ一般的になっていない時代でした。今 まで泊まったホテルの中で一番印象に残るホテルでしょう。 ...

アルプス登山とワールドカップ | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

ワールドカップで一番印象に残っているのは、94年の決勝。イタリア対ブラジル。PKに なってR.バッジオが失敗したんです。 ブラジルは94年5月に亡くなったA.セナにこの勝利 を捧げると。 でも、僕はこのワールドカップ以来ずっとR.バッジオのファンでした。 ...

ユキノヒノシマウマ: ペルー関係 アーカイブ

2008年3月22日 ... そんな南米でも最も犯罪率が高いと噂されるのがペルーとブラジル・・・。 peru239.jpg そんな裏通りの屋台にひょいとカメラをぶら下げた外国人旅行者が顔を覗かせたもん だから、むしゃむしゃと屋台料理を食べていたローカルも「むむむ・・・」と ...

イグアスの滝のフルムーンウォーク - 地球浪漫紀行世界紀行スタッフの旅 ...

2011年2月12日 ... パラナー州最西部のブラジル・アルゼンチン国境にあるイグアスの滝は、 大小様々な滝 が連なる大瀑布です。 世界三大瀑布のナイアガラやビクトリアと比べると、 高さは約 80mでそれほどではありませんが、 落水する滝の数は275、 ...

魅惑のカクテル|食べて歩いて遊んでスペイン!

ところで、音楽の無いサンバ・ブラジル気になります。スペインといえばバルですが、 そういうお店もあるんですね。 ... ぷぷっ(笑) 「サンバ・ブラジル」!ノリノリな 感じだけど、まったりもできるのですね。私もたまにはそんなお店で飲みたいわ。 ...

ブラジル(7) - TRAVELOG.

ブラジル/旅行情報の発信サイトのトラベローグ、トラベログ、TRAVELOG 。国内、海外の 旅行記、旅行日記、旅行体験記、トラベル日記、旅行写真集、旅行フォトアルバムを、 無料で作れる旅行専門のブログ、サイト.

中南米旅行でのブラジルビザ、治安、ガイドブックなど 海外旅行Q&A ...

はじめまして。 多少旅はしたことありますが初心者同様と考えていただいて返信をいた...

W杯ブラジル戦の頃パリに上陸|世界一周ブログ(略してセカブロ)が ...

adventure2006の■世界一周ブログ(略してセカブロ)が帰国後、社会復帰がんばる ブログの記事、W杯ブラジル戦の頃パリに上陸です。

暑い日はグラニータ - 奥様は海外添乗員

2011年7月11日 ... 簡単に表現すればシャーベット状のかき氷。モウロウとしながらも飛び込んだBARでは レモン味とミント味をミックスしてもらうというスペシャルサービスを頼み込みましたよ(笑) 。と、あらら!ブラジル・カラーのグラニータの出来上がりで~す。 ...

世界一周の軌跡~その4 | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

8/15 プエルト・イグアスから日帰りでブラジルへ 8/16 イグアスの滝(超寒かった!) 8 /17 バスでプエルト・イグアスからパラグアイの首都アスンシオンへ 8/18 アスンシオン 観光、独立の家、博物館、メルカド4 8/19 アスンシオンからバスでアルゼンチンの ...

未来へ続く足跡 - ブラジル

旅行記専門の無料ブログサービスです。旅行写真やクチコミ情報など、ユーザー個人の コメントが満載です。また、ホテル・旅館の口コミ検索、JALやANA、デルタ航空の マイレージを貯める方法も紹介しています。

レンソイス・マラニェンセス(ブラジル)の写真 - 地球浪漫紀行世界紀行 ...

2008年1月16日 ... こんにちは、川崎です。 昨日、グアテマラ・ホンジュラスから帰国しました。 その話はまた 後日ご報告いたしますが、 お休みの間に、NHKでレンソイス・マラニェンセスの特集が組 まれたとのことで、 たくさんのお問合せをいただきました。 昨年6月 ...

ガーナ対ブラジル: shukran@world

2006年6月28日 ... ブラジルの鉄壁の守りを崩せない。そしてブラジルボールがスルスルッと前に出ると、 あっという間に形勢逆転。とにかくブラジルは効率が良いというか緩急自在というか、 もう手がつけられません。それにしてもガーナ代表はよく頑張りました ...

踊れないスチュワーデス物語@HAWAII : 2006年08月

2006年8月17日 ... 並んでいる料理も大きくザックリと切られた果物や、何種類もの野菜が並んでいるサラダ バー、その先には豆類やイモ類が煮込まれたブラジル料理に続き、その場でお好みの肉を 焼いてくれるグリルがある。 デザートも各種置かれていて女心を ...

2008年02月のブログ|世界を散歩する

ブラジル、ボニート。 ブラジル人の観光地パンタナール。 既に、ブラジルを通過した旅 友の評判により、やってきました ... 食べにくるのは、もちろんブラジル人。 大好きな 大好きな沖縄そば。 それが、地球の反対側のブラジル人の口にも合うなんて。 ...

音楽の日 (Fete des la Musique) salut!~パリを楽しもう ...

2006年6月27日 ... 上写真はノートルダム大聖堂前で演奏していたブラジル音楽のグループで、 何種類も 用意された太鼓を叩き踊る全身パフォーマンス。 観客も自然とリズムに乗って辺りに一 体感が生まれてくるのだとか!楽しそう(^^*) ...

世界一 白い砂漠・レンソイス国立公園は一見の価値あり - 地球浪漫紀行 ...

2008年1月4日 ... 今年もよろしくお願いします。 今日は、私の今年一番のお薦め観光地をご紹介いたし ます。 イグアスの滝など広大な国土に世界有数の観光地が点在することで知られる ブラジル。 広大なこの国には、まだまだ知られざる美しい観光地が存在し ...

ブラジル日帰り | 世界一周オンナ一人旅 & その後の日々

なので、夜行バスの次の日はたいていぐったりしてるのに、今日は元気にここからバスで 30分くらいで行ける、ブラジル側のフォス・ド・ ... 今日はそのブラジルにちょっと 行った間以外は、ほとんど一日中雨が降っていたので、明日は是非晴れてほしいです! ...

ブラジルの写真・旅行記

半年ぶりのブラジル出張 日本を出発してからドアドアで30時間を経て、ヘロヘロになりながら目的地のベロホリゾンテに着陸したのもつかの間、お付き合いしている当地のお客様は一分も無駄にしたくないと、お客さんへ直行。どうやらみんなホテルに行ったら部屋から出ないことを知っているらしい。。。 というわけで平日は寝不足になる、時差ボケになる暇もなく馬車馬のように仕事をこなし、金曜日夜、中の良いお客さんと一緒に牛を追いに馬に乗りにく。 いつもながらハードなブラジル出張でした。。。

ハードな平日の仕事を終わらせ、牧場に到着したときは日も暮れていたが

この静けさが最高にうれしい

当日は満月。そういえば日本ではこの日は月食の日でした

翌日早朝に起きて食事をとったあと馬をのる準備に

馬に乗ること3時間、、、、マンゴーの木を探ながら牧場をさまよいます

マンゴーの木

木に登ってマンゴを取り

一番食べごろのマンゴにかぶりつきます

途中貨物線の線路を渡り

永遠一日かけて馬で牛をおっかけます

牧場のもう一つの楽しみ 今回はパイオニア時代の料理を再現してもらいました。 もちろんすべて牧場と農場でとれたものです

イグアス国立公園へGO♪

世界三大瀑布、イグアスの滝 ☆ミ 写真右下には ボートで接近している人々が・・ Σ(・oノ)ノ

見事なレインボーブリッジ!!

ビューティフル♪

直近で大雨が降ったお蔭で、例年の3倍の水量。 ヽ(゚ー゚*ヽ)ヽ(*゚ー゚*)ノ(ノ*゚ー゚)ノ ワーイワーイワーイ♪

優雅に橋を渡っているように見えますが 嵐のような凄まじさです (p>□<q*))

当然、滝の真下はズブ濡れです orz

ボタフォゴ海岸にて。

セラロンの階段です。SNOOPのビデオにも出てきますね。 http://www.youtube.com/watch?v=_FE194VN6c4

街を見下ろすキリスト像。

広告ひとつとってもカラフルでアートになっております。

ラッパ地区~サンタテレザ地区をぶらぶら。 治安は良くないエリアですが、カラフルなアートと 陽気な人々が集まってます。 彼らは昼間から何をしているか・・・ 何にせよおしゃべりで気のいいブラジル人です。

有名なカリオカ水道橋です。青空に映えますね。

さすがサッカー大国ブラジル。南ア大会の際に書かれたものでしょうか。 サンタテレザ地区にはこの手のアートがたくさんありました。

こちらも有名なカテドラル・デ・サン・セバスチャンのステンドグラスです。美しいです。

カンデラリア教会です。20年ほど前、警官がストリートチルドレンを虐殺した事件が起こった場所です。映画BUS174やシティオブマッドを見て、この場所に来ようと決めていました。教会の前には献花台があります。

コフコバードの駅近くの公園にて。重警備でトイレを守ってます。 格好に似合わず陽気な彼ら。

おなじみの列車にて丘の頂上へ! 熱帯雨林を抜けてキリスト像を目指します!

車内ではサンバの演奏が。 車内のブラジル人のりのりで大合唱(笑) こんな感じ大好きです。

見えてきました。このときアドレナリンでまくり。

ということでコフコバード頂上へ。 何年もこのキリスト像が見たかったんです! 周りは人でごった返しです。 みんなカラフルな服を着てますね。

街を眼下にながめる。

午後からはコパカバーナへ! 波は高く水は冷たいので泳ぐには適さないビーチですが 太陽の光と涼しい浜風で気持ち良く日光浴!

これぞブラジルです!(笑)ビーチには露出度高めのブラジル美女がたくさん! 水着でごろごろしながら午後をすごしました。

さすがリゾートエリアです。 歩いてるだけで本当に気持ちいい! 頭がふやけそうでした。

夕暮れにあわせてボンジアスーカルへ。 灯がともり始める世界三大美港とキリスト像の向こうに沈む夕日。

夜のラッパ地区へ!リオ随一のエンターテイメント地区です。 音楽がなりやまない!

BOM DIA RIO! コパカバーナビーチの朝日を浴びてパワー注入!

2日目はFAVELA TOURへ FAVELAはギャングが取り仕切る貧困窟。 犯罪の温床となり観光客は立ち寄ってはならないと言われる危険な場所です。 現在オリンピックやワールドカップの開催に合わせて このファベーラを一掃する動きもあるとのこと。 写真はリオ最大のFAVELA、ホッシーニャ。 ガイドに言われたことは 煙草を吸っている人と 物を買っている人は 絶対に写真を撮らないでということ。 それはドラッグの可能性が高いため。 ここの若者の中には ドラッグで生計を立てている者が多くいます。 街にはギャングの警察が来たことをしらせる爆竹のあとや マシンガンのあとが生々しく残っていました。 しかしそれ以上にそこで生きる人々の陽気さや リゾートエリアにはないフレンドリーさがとても印象的でした。 賛否両論あるツアーですが、真のリオをのぞくことができたと思います。

ファベーラにて。陽気な兄ちゃん。

いかにも下町というような雰囲気

ブラジルの若者たち。 かなりフレンドリーでした。

バンコが開くのを待つ人々

盗んだ電線をつなぎ合わせて家に電気を供給してます。 ここの住人は逞しい。

肉屋のおいちゃん

おばちゃんダブル眼鏡

FAVELA入り口のメルカド 人々でにぎわってます。

モーターバイクのタクシー。山並みに家が並ぶファベーラ。 上までは彼らが送ってくれます。

昼休み中・・・。

いい味出してたおじいちゃん。 少し日本語はなせます。

子供の笑顔は世界共通でいいものです。

午後は再びボンジアスーカルへ! なぜかというと・・・

ヘリに乗るためです! 通常3人以上でしか搭乗できないのですが 気のいいブラジル人とアイルランド人の2人組が誘ってくれて 乗ることができました。 キリスト像越しのリオの街 しっかりと目に焼き付けました。

美しいビーチ

今日のサンセットはイパネマビーチで臨みます。 広いイパネマビーチは レインボーの旗がたてられたゲイのエリアや ファミリーが集まるエリアなど いくつかのポイントに分けられてます。 ここはジャマイカンのエリア。 ウィードの匂いが漂います。

静かに沈んで行く夕日 人生で最も美しい夕日です。

この日誕生日だった僕にとって 最高のプレゼントとなりました。

ところせましと家が建ち並びます。 知らずに迷い込んだら出ることはできそうにありません。

公衆電話はこの形が目印!

皮肉にも街の景観は何とも言えない美しさがあります。

街を見下ろすキリストの勇姿

街角にはこんなスタンドがたくさん

正午の太陽のもと 晴天の空にそびえ立つキリスト像

あちこちで朝市のようなものが開催されてました。 色鮮やかな熱帯の野菜や果物が並んでます。

どこまでも続くビーチ

ホテルの屋上から ビーチを臨みます。

気持ちのいい風が吹いてます

コパカバーナのホテル群の間からの ファベーラの灯

かなり巨大なファベーラです。 ひとつひとつの家がひしめき合っています。

みんないい笑顔です!

ボンジアスーカルの向こうから朝日が昇りました。

向こう側はサンタテレザ地区です。

11月9日(火) 6時1分。

(7:00)

(7:07)

(7:25)

(7:34)

(7:46)

(7:48)

ブラジルの入国審査を終えたあとも 少しの区間はアルゼンチンの国旗の色のガードレール。 (7:58)

ここからブラジル。 ガードレールもブラジル色! 時間もブラジル時間に。 基本はアルゼンチンと同じ-12時間なのだが、 この季節はサマータイムと言う事で-11時間となり 只今の時間は、7:58(アルゼンチン)→8:58(ブラジル)となります。

(9:14)

(9:22)

(9:33)

(9:35)

(9:36)

(9:37)

(9:37) (k7)

(k7)

(k7)

(k7)

(k7)

(k7)

(9:40)

(k7)

(k7)

(k7)

(9:42) (k7)

(k7)

(9:46) (k7)

(9:47) (k7)

(9:48) (k7)

(k7)

(9:48) (k7)

(9:49) (k7)

(k7)

(k7)

(k7)

(9:54) (k7)

(k7)

はじめてみる世界。 こんなに高い場所を飛ぶんだ。 宇宙に来たみたい

長い移動時間・・・機内食って思ってたよりかなり美味しい!

地球の裏側という言葉がまさにピッタリ!

あと少しで到着だー!

現地時間は夕方。暗くなってきたなぁ

夢見てた世界が近づいてきた!

ブラジルの公衆電話 Orelhao おもしろい♪

南米最大の日系人街リベルダージ

ブラジルなのに日本みたい♪

新年おめでとー!!

アイルトンセナ道路

どこまでも続く道

歓迎ありがとう!

空の青さが日本と全然ちがう♪

ボヘミアビール 凄くうまい!!

町並みもカラフル

カラフルな建物 気持ちも自然にブラジリアン♪

初めて海外で迎える新年! カウントダウンも最高だしこんなに楽しいお正月を迎えるのは人生初だ! ビーチがクラブのように音楽ガンガンでテンションもMAX

フロリアーノポリスで有名な橋

リオへ ポンジアスーカル見えてきた

夜のコパカバーナビーチ。 本当にキレイ!

本場のマンゴー美味しい!

ケーブルカーでポンジアスーカルへ

世界でも有名なリオのカーニバルが行われる会場

マラカナンスタジアム! 2014年ワールドカップ行けたらいいな♪

途中で寄ったレストランにセレソンのサイン! すごいなぁー!

ロナウドのサイン

光が差してオーラが凄い!

リオを後にしイグアスへ・・・ありがとうリオ!

ブラジル・アルゼンチン国境を越えてアルゼンチンへ

分かりやすい国境(笑) 色が変わってるー

当日は7番ゲートから出発。

シートです。 座席前の雑誌などは、手を伸ばしてもまったく届かない程広いシートピッチでした。

ウェルカムドリンクのミックスジュース。

離陸前に配られたメニュー。

こちらも離陸前に配られたアメニティー。 たった2時間40分程度のフライトにも関わらず、しっかりしたものでした。

中身。

離陸後、このあたりでサービス開始です。

メニューは、ポルトガル語・英語・スペイン語の表記。

運ばれてきました。

Appetizers 「Green Leaves served with Parma Ham,Sundried Tomatoes and Buffalo Mozzarella Cheese」 スモークサーモンとの選択で、こちらを選びました。

Bread Basket 「Assorted Warm Breads」

オリーブオイルなど。 バルサミコは「TAM」の名前入りです。

Main Courses 「Grilled Filet Mignon in a Red Wine Sauce served with Potatoes and Green Beans」

Desserts 「Green Tea Panacota served with Strawberry Sauce」

食べ終わった頃はこのあたりでした。

このスカイマップ(エアーショー)は、コックピットから見たイメージの表示もします。

サンパウロの街明かりが見えてきたら、いよいよ着陸です。

ホテルブルーツリーの部屋です。経営者が青木さんだからこの 名前らしいです。 私が過去泊まったことのあるホテルで最大の広さでした。

広すぎて落ち着かないかんじ。

どう考えても一人でいる広さではありません。

テーブルの果物は,毎日新しくなっていました。

あいにくあまり天気はよくなかったです。

仕事です。ブラジル外務省の建物です。

この日はとても天気がよかった。

日本大使館に寄らせてもらいました。

今回はANAが取れずユナイテッドです。 早く機材を変えて欲しい。ビジネスに乗る価値がないです…

今回宿泊したホテル。なかなか良いホテルでした。朝食は和食も選択できます。(事前にフロントに予約の必要あり。)

一度、外にでて帰ってきたら、テーブルにフルーツが置かれていました。マンゴーを食べましたが、おいしかった。

ブラジルの文化・風俗・注意点

 地域によって異なりますが、寄生虫症、肝炎、マラリア、コレラ、エイズ、デング熱、黄熱病等に注意を要します。特に、寄生虫症及びA型肝炎は北部、東北部においては日常的な疾患で、日本人もしばしばA型肝炎に罹患しているようです。食事では生野菜、生魚は避けることが必要です。マラリアは、患者発生の60%前後を北部が占めています。また、中西部のマット・グロッソ州にも多く発生しています。ただし、都市部における患者の発生は稀です。

 (病気別の流行状況は下記4.参照)

 予防接種については、破傷風、B型肝炎、また、北部、東北部ではA型肝炎を受けておいた方が良いでしょう。野犬も少なくないことから、狂犬病のワクチンも事情が許せば受けておいた方が安心でしょう。なお、黄熱病について、ブラジルは黄熱病の汚染国であるため予防接種証明書(イエローカード)の提出がないと近隣諸国から出入国を拒否されることがあります。ブラジルにおいては黄熱病は2003年も流行しましたので、黄熱病予防接種を受けるよう留意して下さい。

 飲料水としては、水道水を直接利用することは避け、水道水を濾過した後に煮沸したもの、あるいは市販のミネラルウォーターで変な臭いのしないものを利用することが必要です。

 病気別の流行状況は次のとおりです。

     デング熱

     1986年頃から増え始め、以後4〜5年の周期で流行していましたが、近年、地域によっては、雨期(4月〜8月)ごとに多発しています。

     2004年の上半期においては、ミナスジェライス州で出血性III型デング熱の発生が7件、リオデジャネイロ州で5件それぞれ確認され、ミナスジェライス州では1人が死亡しています。

     デング熱は、病原菌ウイルスを持っているネッタイシマ蚊またはヒトスジシマ蚊に刺されることによって感染しますが、予防薬はありませんので、蚊に刺されないようにすることが重要です。感染すると突然の発熱、激しい頭痛、眼球深部の痛み、関節や筋肉痛、発疹が現れ、回復期に疲労感とうつ状態が続きます。死亡率は高くありませんが、デング熱に2回かかると、デング出血熱になり治療しないとショックを起こし、死亡率も40〜50%になります。軽視せず適切な治療を受けることが大事です。

     黄熱病

     一部の州で散発的に発生があり、2001年初めにはミナスジェライス州中央西部(54市を含むジヴィノポリス地域)において黄熱病が発生しました。同地においては、2001年1月下旬以降3月初めまでに、黄熱病による死亡者が12人に上りました。発生した黄熱病は野生型であり発生地は農村地帯です。また、リオデジャネイロ市内高級住宅地でも2001年に発症者が出ました。2003年にもミナスジェライス州で流行し、世界保健機関(WHO)から流行情報が発出されています。

     黄熱病は、ネッタイシマ蚊が媒介する黄熱ウイルスに感染することにより発病します。潜伏期間は3〜6日、高熱、頭痛、出血性黄疸等の症状があり致死率は高く5〜50%です。予防としては、蚊の防除とともに黄熱病ワクチンの予防接種(10年有効)があります。

     マラリア

     近年は年間40〜60万人の患者発生が続いています。患者全体の60%前後が北部地域で発生しています。

     1999年5月には、パラグアイと国境を接するフォス・ド・イグアス市周辺において、マラリアが流行しました。ブラジル、パラグアイ及びアルゼンチンの3国国境地帯において比較的症状の軽い「3日熱マラリア」に感染する例は珍しくありませんが、この流行には、感染すると症状が重く、致死率が高い「熱帯熱マラリア(Falciparum Malaria)」(患者4人、うち死亡者1人)が含まれており、いずれもパラグアイ側のサン・アルベルト市(国境より約16km)の農村部で感染した模様でした。

     予防策としては、マラリアは、マラリア原虫を持っているハマダラ蚊に刺されることによって感染するため、蚊に刺されないよう、防虫スプレー等を使用する、蚊が活動する夜間には長袖シャツや長ズボンを着用する等が必要です。また、予防薬の服用を検討することも重要です。ただし、薬品耐性のあるマラリアも発生しているほか、予防薬の服用にあたっては、服用者の体質等によって個人差があるため、医師に十分相談することが必要です。

     コレラ等感染性下痢症

     1991年以来、北部を中心に流行が続き、流行地域も広域になってきています。

     1999年3〜4月には、パラナ州パラナガ市内を流れるエンボガス川及びアニァイヤ川周辺において、コレラ(エルトール型)が流行しましたが、主な発生原因としては、ブラジル北部地方から到着した港湾関係者の汚物が河川に流れ込み、周辺に伝染した可能性が高いとみられています。

     その他、赤痢、腸チフス症等も含めた感染性下痢症は、よくある疾患です。

     コレラ等感染性下痢症は、経口的に感染する伝染病ですので、氷を含め生水は飲まない(飲料水として瓶詰めの信頼のおけるミネラルウォーターか、一度煮沸した水を用いる)、食事は信頼のおける飲食店でし、生野菜等なま物(あるいは半煮え、半焼けの物)の摂取を避ける、手洗いを頻繁に励行する、等の対策が必要です。

     寄生虫症状、A型肝炎

     両方とも北部、東北部においては日常的な疾患です。寄生虫症状については、レシフェ、ベレン等では住民の40〜90%がジアルジア、アメーバ、広節裂条虫等寄生虫に罹患していると考えられています。また、A型肝炎については日本人もしばしば罹患しているようです。したがって食事をする場合には生野菜、生魚等は避けることが無難でしょう。

     サシガメに刺されたり、その糞を口に入れると感染するシャーガス病もブラジル各地で存在します。

     狂犬病

     北部の森林地帯において2004年、流行が確認されています。吸血コウモリによって媒介されます。  ハンタウィルス感染症

     2004年、ブラジリアの近郊農村地帯で、野ネズミによって媒介される肺炎が確認されており、2004年に数十人が死亡しています。乾期に野ネズミの糞が混じった埃を吸い込むと起こる病気です。