マルガリータ島ってどんなところ?

かつてはひなびた漁村のある庶民の保養地だったが,1970年政府の観光政策により,自由貿易港に指定され,デラックス ホテルが立ち並ぶ,カリブ海でも有数の高級リゾート地に生まれ変わった。

マルガリータ島の地図

マルガリータ島のブログ旅行記

世界一周旅物語(せかたび)- 2006年07月 アーカイブ

頼んだピザは、定番マルガリータ。それにレストランの主人がおすすめのペスカトーレ( 海鮮)リゾット。 (どんなピザがくるんだろう?) 数分後、奥の釜で焼かれたばかりの ピザがテーブルにやってきました!こんがり焼けたいい匂いがします~ トマト ...

世界一周旅物語(せかたび)- イタリア(Italy) アーカイブ

2006年8月6日 ... 頼んだピザは、定番マルガリータ。それにレストランの主人がおすすめのペスカトーレ( 海鮮)リゾット。 (どんなピザがくるんだろう?) 数分後、奥の釜で焼かれたばかりの ピザがテーブルにやってきました!こんがり焼けたいい匂いがし ...

マルガリータ島の写真・旅行記

日本人には、あまり知られていないマルガリータ島ですが カリブ海に浮かぶベネズエラ領の島です。 詳細はコチラ ↓ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B3%B6 今回の新婚旅行は、マルガリータ島のほか ナイヤガラの滝とギアナ高地に行きました。 ギアナ高地の滝の旅行記はこちら ↓ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/album/10103433/ ナイヤガラの滝の旅行記はこちら ↓ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/album/10103431/ 今回の新婚旅行で、世界一高い滝と有名な世界3大滝をすべて制覇 することができました! 世界一落差のある、エンジェルフォールの写真はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11472676/src.html 南米のイグアスの滝の写真はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11092015/src.html アフリカのビクトリアの滝の写真はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11091705/src.html ナイアガラの滝の写真はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11496306/src.html マルガリータ島には、合計で4夜滞在しました。 カンタンに内容をいいますと、  ポルラマール観光  島内1周のサファリツアー  シュノーケリング  ビーチでゆっくり というカンジのスケジュールでした。 一日目の到着は夜遅かったため あらかじめエアポートピックアップを手配。 これが割高で、プラヤエルアグアまでのタクシー代込みで だいたい35ドル。物価を考えると結構高い。 まあ今回は 『新婚旅行』だけに 空港に到着時点で自分の名前を書いたボードを持って 出口で人が待ってくれているのは心強い。 ツアーの代金は 島のハイライトを網羅する島一周のサファリで一人35ドル (食費や国立公園の入場料込み) 途中にマングローブのデルタや、砂漠地帯の オフロードを4WDで、ジェットコースターの感覚で 移動するなど内容も盛りだくさんで 満足度は高かった。 シュノーケリングも1日遊んで1人35ドル。 プラヤエルアグアにほど近い、無人島までボードで移動し 美しい海を見る。まずまずでした。 ここでペリカンに餌付けしたり、魚に餌付けしたりする。 現地のツアーガイドがツアー客を盛り上げるために やっているようですが、気分的には生態系を考えると ちょっと微妙。 それにしても驚いたのは、鳥のモモ肉のバーベキューなどを 魚がバクバク食べること! ものスゴイ食欲で まるでピラニアのようだった。 ちなみにツアーもエアポートピックアップも すべてホテル経由でのアレンジでした。 もっとさがせば安いツアーもあると思われます。 しかし、ホテルで頼むとものすごくラクです。 マルガリータ島で絵葉書を買って マルガリータ島から投函すると 日本に到着するのに エライ時間がかかる。 約2ヶ月弱かかりました。 時間はかかりますが投函したものは すべて届きました。 感想を正直いうと、まあ島のビーチの美しさでいうと 日本から近いハワイなどの方が上という気がします。 まあカリブ海の島という点や、日本から遠いこと、 島の名前がちょっとオシャレなこともあって なんかセレブなカンジもしますし 自然の生態系が、アジアやポリネシアの島と違うのが ポイントという気がします。

マルガリータ島で宿泊していたホテル。 コロニアル風でかわいらしいカンジ。 料金はベネズエラにしては、かなり高めの 140000ボリバール キャッシュで払うと10%引きの 126000ボリバール ヤミレートで1ドル=2500と考えると 約50ドル=6000円 ちなみに朝食付きで朝食もまずまずのブッフェ。 これなら日本のOLが宿泊しても大丈夫 というレベルでした。

マルガリータ島のポルラマールのレストランで 食べたパエリァ。 これがものすごいボリューム。 現地人であふれかえっている地元で人気の レストランでもお値段は40000ボリバール。 16ドル 一応2人分らしいが、COCO壱番で1.3kg カレーを完食したボクが2人いても とても食べられない量。 ずばり6~8人前分くらいあるカンジ。 しかも具沢山! どこもかしもシーフード。 高かったけどすごかった。 シウダーボリバルで食べたコロンビア料理はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11472844/src.html シウダーボリバルで食べたローカル料理 http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11472842/src.html

泊まっていたホテルの中庭にあるプール。 水もまあまあキレイでした。 プールサイドで飲むPOLAR(現地のビール)の 味は格別

マルガリータにはペリカンがいる。 ペリカンってヤツは、なんとなくフラミンゴのように 淡水の湿地帯にいるとイメージがあったが 実際は「かもめ」のように海の鳥というような イメージを持ちました。 (注 生物学的な生態に関しては全く知りませんが)

マルガリータ島の中央部にある国立公園 マングローブが茂るデルタ地帯 マングローブの根っこがスゴイ 15分か30分くらい、ボートに乗って コースになっている国立公園内を回る。

お土産物屋の看板(?) 手に持っているのはスイカ このお土産屋にツアーで立ち寄るのですが やはりツアー向けということで 商品はかなり割高だなあ~という印象でした。 世界のお土産屋さんはこちら ちなみにネパールのお土産屋さんはこんなカンジ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11118528/src.html ジンバブエのお土産屋さんはこんなカンジ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11091693/src.html キルギスのお土産屋さんはこんなカンジ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11122465/src.html ハイチのお土産屋さんはこんなカンジ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11122987/src.html ベネスエラのお土産屋さんはこんなカンジ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11498729/src.html

マルガリータ島は野良犬が多い。 でもさすが南国の野良犬(?)だけあって 気性は穏やかですぐ人によってくる。

ホテルの中庭

ホテルの部屋の中は、こんなカンジ しっかしたベッドもあるけれど ハンモックもある。

ホテルの中のスイミングプール

マルガリータにはいくつもビーチがある ちなみにカナイマのビーチ(湖)の写真はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11496575/src.html イースター島のビーチはこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11127844/src.html

教会はこんなカンジ 参考までに世界の教会 タヒチ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11126498/ セブ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11122393/

サンセットも美しい この場所はツアーの締め。 サンセットの前にこの場所に到着し 日が沈んでゆくまでここにいる どうやらサンセットの名所らしく 多くの旅行者がここに集まっていた。

ペリカンが海にいるとは知らなかった。 なんとなくフラミンゴ的な湿地に生息するイメージがあったのですが、印象としてはカモメに近いカンジでした。

島の西半分は砂漠地帯で こんなカンジの大きなサボテンが そこら中に生えている。 南の島のリゾートというより テキサスか、ニューメキシコか というカンジ

メインディッシュは魚を焼いたもの 左下の丸いおせんべいのようもものが ベネズエラの名物 コーンパン そしてビールはおなじみの ポーラービール 白熊が目印 バリ島の料理はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11122917/src.html ウズベクスタン料理 http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11091484/src.html白い丸は、生ビールのグラスの泡 ジャマイカの料理はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11122955/src.html ビールの銘柄はレッドストリップ 揚げパンとスペアリブ カンボジアの料理はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11099474/src.html ボリビアの料理はこちら http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11091982/src.html

砂漠のサファリはこんなカンジで ちょっとジェットコースターみたいで楽しい。 カタールやUAEで砂丘に行って 4WDで急勾配をドライブするツアーがあるが あれに少しにている。 参考 ↓ http://4travel.jp/traveler/masukarasu/pict/11135324/