サンアントニオってどんなところ?

サンアントニオの地図

サンアントニオのブログ旅行記

ダリ20回忌|食べて歩いて遊んでスペイン!

2009年1月23日 ... サン・セバスティアンで料理修行後、パラドールや5ッ星ホテル内レストラン勤務などを 経て、現在バルセロナにて .... アントニオ・バンデラス、ジョニー・デップ、 アル・ パチーノ、ピーター・オトゥール、ロバート・パティンソン。 ...

お気に入りポテトチップス|食べて歩いて遊んでスペイン!

2009年5月14日 ... サン・セバスティアンで料理修行後、パラドールや5ッ星ホテル内レストラン勤務などを 経て、現在バルセロナにてスペイン料理研究家& .... 新発売の頃はアントニオ・ バンデラスがCMに出てたっけ。 ↓こちら数年前のパッケージには ...

、トラベログ、トラベローグ、TRAVELOGはみんなの旅行情報の発信出来る ...

... サン シメオン, サンタバーバラ, サンタフェ, サンディエゴ, サンノゼ, サンフランシスコ, サンルイスオビスポ ... Rockport, Rome (GA), Roseburg, Saddle Brook, San Antonio, San Carlos, San Francisco Intl, San Pedro, Santa Ana, Santa Clara ...

【4】 リスボン - - 旅行記・いつもこころにヨーロッパ

この後もいろいろなおみやげ屋でニワトリの置物を見ましたが、ここのニワトリは、 トサカや目の形がかわいらしく、おすすめです。包装がていねいで、VISAも使えました。 (3) カテドラル。 ステンドグラスの円窓がきれい。 (4) サン・アントニオ教会。 ...

旅の景色

私たちが住んでいたアメリカ、サンアントニオでの観光名所、シーワールドに行ってき ました。 大興奮のショーあり、水族館あり、ジェットコースターあり、ビール試飲あり… 。盛りだくさんでしたよ~! ...

サンアントニオの写真・旅行記

ラテンな雰囲気満載の、サンアントニオでした。近くの、サンマルコスにあるアウトレットは、私が今まで見たアメリカのアウトレットで(たぶん、8か所以上は見てます)一番大きなところでした。 車でないと、歩いては回れません。 ここには、珍しく、グッチなどのブランドも入ってます。

有名な、リバーウオークです

クルーズもできます

街の柱もこんなタイルに

バスも街もかわいいです アメリカなのに、ちょっと欧州っぽです

教会です

大きなサンダル!

アクセサリーです

メキシコ風のドレスもたくさん

これ、洗面台なんです!真ん中に穴があります

こちらは、お皿。

サンアントニオ国際空港。 それほど大きくないごく普通の空港でした。ダラスやヒューストンからの乗継ぎが多いようで、自分もダラスから乗り継いで来ました。

空港の外。 大規模な工事中だったため分かりづらい構造になっていて苦労しました。ダウンタウンまではかなり距離があるためバスやタクシーを使う必要があります。シャトルバスを使えば往復30ドルはかかってしまいますが、公共バスを使えば非常に安いです(片道1ドル10セント)。しかし公共バスのバス停は少々遠くにあるため従業員用のシャトル(無料)にまぎれてバス停まで行く必要があります。窓口の人が親切に教えてくれました。

ダウンタウンの外観。 ビジネスの街という感じではないので高層ビルは多くないのですが、昔からの形を残したままのビルが多く並んでいて雰囲気が素敵です。建物の形に統一感がなく北部の都市とは違った印象を受けました。

宿泊施設トラベルロッジ。 ここに二泊しました。Expediaで調べた所ダウンタウンまで歩ける距離にありその中で一番安かった宿がここでした。自分が宿泊した時は60ドル程度。空港からバス(5番)一本で行けて、ダウンタウンへ徒歩で15分ほどなので便は良いと思います。

アラモの砦。 ダウンタウンの東側に位置するサンアントニオの象徴の様な歴史的文化財。砦の中はミュージアム形式になっていて当時の物品が展示されています。 テキサス州がまだメキシコの領地だった時代に有名な独立のための戦いが行われた場所です。独立阻止のために侵攻してきたメキシコ軍に抵抗すべくこの場所で大きな戦いが起こりました。残念ながらこの戦いではテキサス側が負けてしまったのですが、その何年後かに現在のヒューストンの地での戦いに勝ち、独立を勝ち取りました。そして9年間ほどテキサス共和国の時代を経てアメリカに編入されました。

アラモプラザ。 お土産店やモールなど多くの店が並んでいました。

リバーウォーク。 ダウンタウンのど真ん中を流れる川の川沿いを歩ける歩行者用の道です。サンアントニオで一番人気のあるスポット。川沿いにはレストランが多く並びとてもにぎやかです。建物の多くは外観を改装していないそうなので昔ながらの雰囲気を楽しめます。また夜はレストランがライトアップされ、昼とはまた違った一面が見えます。 リバーウォークには円形に流れる箇所と直線に流れる箇所があり、円形の方がメインになります。元々はジグザグした形の川だったのですが頻繁に起こる洪水の被害を軽減するために工事が行われたそうです。ジグザグの端と端をつなげて直線にし、残った円形部分を補整し現在のリバーウォークが生まれました。

雨のリバーウォーク。

夜のリバーウォーク。

リバーウォーク沿いのレストラン。 Mexican Manhattanというメキシカンなレストランに行きました。リバーウォーク沿いのレストランはどれも値段が高いのですがここは少々安かったです。安いなりに味も微妙でしたが(笑)上からリバーウォーク見渡せるので場所は良かったです。 二日目の昼に食べたCounty Lineというバーベキューの店は美味しかったです。これもリバーウォーク沿いにありお勧めです。

リバーセンターモール内。 アラモの砦のすぐそばに大きなモールがあります。お土産品から日用品まで色々売っていて何かと便利です。モールの中心にはリバーウォークが繋がっていてこの場所からリバーウォークを周回するボートに乗れます。自分も乗ったのですがとても心地よかったです。ボートの案内役の人がとても面白い。

タワーオブアメリカ。 ダウンタウンの南東部、へミスフェア公園の中にある大きなタワーでアメリカで2番目に大きなタワーだそうです。中ではテキサス自慢が内容の4D映画も見ることが出来ます。

タワーから見下ろした街並み。 あまり高層ビルが多くないのでそこまで絶景ではないかもしれませんが見ていてとても気持ちが良かったです。サンアントニオはメキシコにそこそこ近いので探してみたのですが、多分見えません。

夜景。 タワーは10時まで空いていて、夜になってから夜景を見るために人が集まってきます。

サン・フェルナンド聖堂。 ダウンタウンの中心部にある聖堂。観光名所になっている場所なので気軽に入れます。

聖堂の内部。

スペイン総督邸跡。 テキサスがまだスペイン下にあった時代の建物。中は歴史的な物品が展示されています。建物自体はすごく小さいのですが、裏庭があり裏庭はとても綺麗で感動しました。裏庭だけでも見る価値はあると思います。サン・フェルナンド聖堂のすぐ近くなのでセットで行くと良いと思います。

総督邸内部。

裏庭。

マーケットスクウェア。 ダウンタウンの西側に位置する大きなマーケット。主にメキシカンな品々が置いてあります。お土産に困ったらここへ行くと良いと思います。

●6月13日● アラモの碧、という場所… 帰ってきてから調べてわかったんですけどねw 居る時はここはなんぞや?という感じでうろうろ。 勉強不足はいけませんね(笑)

アラモの碧の周辺。 観光客がたくさんいました!

これが説明。 帰ったらちゃんと訳してみよっと、と思いつつ忘れてた…

アラモの碧見学の後はショッピングモールへ。 超でかい。 ショッピングモールの中庭。 ボートのアトラクションなんかもありました。

街はこんな感じ。

次の日はなんと… 400マイルのドライブ!! という事で早めにキャンプサイトへ。

●6月14日● 超ロングドライブの後キャンプサイトへ。 この日の写真はキャンプサイトの写真しか残ってなかったぁ~(ρ_;) 洗濯は洗濯機があるキャンプサイトで皆でまとめてします。 雑談しながら終わるのを待つのも楽しみの一つ♪

向こうの男の子達は元気いっぱい!! 何するんでもゲームにしちゃいます。 ゴミシュートで遊んでますw

今回の旅はこいつと一緒です MAZDA6 朝6時半出発で片道3時間。めざせSea World San Antonio

着いたのは10時前くらい 混雑はぼちぼちというところでしょうか

入場したら、ちょうど白イルカのショーが始まるところでした。8年ほど前に行ったSea World San Diegoでは何見たんだっけな。。。San Diegoのが一番規模が大きいとか 主役はこいつ

相変わらずよく飛びます

飛んだ後はお腹がお腹が空くので、スタッフに駆け寄ります バケツの中には氷で冷えた餌用の魚たちが一杯

園内にはこういう家族連れがたくさんいました 甘やかし過ぎとは言わないのでしょうか、こういうのは。中には、日除け付きの台車に乗っているお子様も。

ここでは、ジェットスキーのショーもやってました。 池が広いですね

フラミンゴ?も健在です こいつらはSan Diegoにもいました

ブロンズ像もイルカ

この急流(?)下りみたいなのに乗りました 水しぶきで濡れる程度かと思ったら、最後の最後に滝の下を通過して、半端なく濡れました カメラが無事でよかった

ペンギンさんはこちらにもいらっしゃいました San Diegoにもいたな、こいつらは

暗がりで撮るのが難しい。。。

ワニもいました。 来年から行くことになっているMississippiは、 こんなのがたくさんいるらしい

Sea Worldになぜかお馬さん

イルカがこんなに近くに。 みんなの人気者でした

水族館ちっくな建物も サメがいるとかいないとか

サメ発見

水族館なんていつ以来でしょうか たぶん8年前以来かな

シャチのショーの始まりです

相変わらずでかい

どれくらいでかいかと言うと…

これくらい

こんな芸当も、魚をもらうため…

お約束の、水かけ

魚をっ! というわけで、Sea World San Antonio終了です 3時半頃には暑さでばててしまったのもあり退散 年内にもう一回は入れるという入場パスを買ったものの、3時間かけてまた来ようという感じではなかったかな。。。

Sea Worldを後にしたその足で、San Antonioのもう一つの見どころ、アラモの砦へ。 年配の人にとっては、映画に出てくる有名な所らしいのだが。。。

San Antonio市街地の風景 アラモの砦周辺

アラモ到着

入場。 入場料は無料でした

これが正面かな

町の中心部を流れている川沿いにいろんな店が並ぶ、River Walk。風光明媚ってやつですかね

ボートで一周できるのが8ドルくらい こいつが船頭さん

結構な人気です

ちょっと川は汚すぎという気もしますが Honeymoonで行くVeneziaもこんな感じなんでしょうか。。。

結婚するカップル 行き交う人たちに祝福されていました

川の周りを囲むように、高層ホテルが建っていました。 結構観光メインの都市なんでしょうかね Houstonとはちょっと違いますね

晩御飯は、メキシカン San Antonioと言えば、メキシカンらしい 味もなかなか

ホテル、というか宿泊施設です モーテルってやつでしょうか。宿泊者はたくさんいたようです。アメリカ+モーテル=映画のワンシーンっていうイメージで、だいたい人が殺されてしまうシーンが多い気がしますが、家族連れも多く、そういう雰囲気ではなかったですね(そりゃそうか)

Travelodgeというモーテル チェーン展開しているみたいですね。ちなみに宿泊料は2名1室朝食付きで85ドルくらいだったかな 設備もぼろかったし、一人なら我慢できるけど2人で泊まるにはこれ以上予算は削れないと思うくらいのレベルでした

宿の前には教会もありました ちょっと行ってみたかったけど、路地裏なのでやめました

帰りはSan MarcosのOutletに寄って帰りました。 広すぎて疲れた。。。

いざHoustonに向けて

空が広い気がするのは気のせいでしょうか これにてSan Antonioへの旅はおしまい San Marcos Outletは予定外でしたが、楽しい週末となりました

この日は灼熱の太陽の下サナントニオを散策

アラモの砦の会館時間はすぎていたので外観のみ見てきました

テキサスは愛国というか愛州者が多くところどころにテキサスの旗が

正面からみたアラモの砦

咲き乱れた花はまさに南国気分

空港建物自体はコンパクトです

アメリカどこ言っても定番の地名が書いてあるT-シャツと帽子とマグカップは売っておりました。

軍民両用空港らしく、軍人の数も多く見られました

この空港のラウンジはアメリカンとメキシカン航空のみ。スターアライアンスは一日3便しか飛んでおらず、隅っこに追いやられてました

仕事場は空港、サナントニオ市内から車で2時間弱の田舎町です

小さい空港のためレンタカーの数も限られています。でもYARISは小さすぎた。。。

こんなハイウェイ以外何もない場所をひたすら走ります。このころは一人カラオケも飽きていたころです

やっとついた町のメインどおり。どこかの映画に出てきそうなアメリカの田舎まちです

休憩と車のブレーキをかけている(笑)。相変わらずのアメリカンジョークです。これって本当にうけているのでしょうか

こんな田舎町まで(何度も失礼)DHLは着ています。恐るべしドイツの会社

この町で普通の乗用車に乗っているひとはほとんどいません。みなトラックに乗っています。しかもでかいやつ。FORDやGMが多いのですがTOYOTAもがんばってました。どうやらサンアントニオにはTOYOTAの工場もあるらしいです

まちから工場に着くまではまたこんな道をひたすら走ります

銀行もなぜかWESTERN風

初テキサス、行ってきました! でだしでちょっと苦労したけど。 UA便がキャンセルになって、朝からリスケに大あわて。なんとか4時間遅れ便を確保。 サンアントニオに到着したのは夜10時くらい。 というわけで、初日の観光はほぼ無理。 飛行機の空き席が少なかったのは、ちょうどデンバーで野球の試合やってたからみたい。 写真は別の日にとったホテルのロビー。

部屋は、総面積は広いはずなのに、間取りが悪くて狭く感じた。ベットルームなんてベットがあったらその周りをやっと歩けるくらい。変に仕切らずに一部屋にしてしまったほうが開放的でいいのにな。

屋上にはプールが。

ホテルのメインレストラン。朝早くから夜遅くまでオープン(時間いいかげん)。 最終日に朝ごはん食べてきた。 ふつうー

アラモ!ここに行きたかったのです! アラモとは、テキサスの誇り、それから、、と語るほど歴史通でもないので省略。 映画みてみると面白いです。

アラモに隣接するMengarHotel。サンアントニオで歴史のあるホテル。

お腹すいたから、ブランチできる場所探そうと思って街を10分くらい歩いてみた。 閉鎖になったお店ばかりで、店構えは残ってても、なかがらんどうーっていうところばかり。 一軒も食事できる店がない!? この街はもう死んでるかと思って半分なきそうになった。 しょうがないから地球の歩き方にのってるところを目指すことに。遠いけど、この際飢えるよりはいいかと。

こんな感じで、川沿いにテーブルがあっていい雰囲気です。 こんなところがディズニーっぽい。 Casa Rio Mexican Foodsは、サンアントニオで一番最初にこういうリバー沿いレストランを始めた店らしい。 料理は評判どおりおいしい! お勧めのセットメニューの、さらにひとつグレードアップ版にしてみました。歩きまわってお腹へってたもので。 これ。CASA RIO DELUXE DINNER http://www.casa-rio.com/index2.htm

そのあと、気をとりなおしてツアーに参加。まずは全体像をみておかなくては。 Menger Hotel横のInfoからスタートのツアーに参加。 このツアー、おもったよりも広い範囲で、はっきりいって無駄に広すぎ。隣町どころかリバーウォークの上流まで。

ここからは街観光。 アラモ前にある、観光客めあてのお店。 どこいっても一緒だけど、めづらしいのが体験物のが多かった。お台場のセガみたいな。 スタバはなかったなぁ。

River center mall. ここが街のメインの買い物エリア。 川に面したガラス張りになってて、すごく開放的で気持ちのいいモール。

今度は、船で1時間の川くだりツアー。 これがすごく楽しかった!

楽しくって写真はいっぱいとったはずなのに、実は枚数は少なかった。 川沿いにレストランがたくさんあって、人がたくさんあるいていて、見ていて楽しい。 レストラン郡のあるエリアと、静かなエリアがあって、見る見る景色がかわっていっておもしろい。 どおりで地上の町がさびれてる訳だ。 みんな川沿いに集まってるんですねー。

アラモのまん前のハイアットホテル。 スタバがあるって言う看板にだまされて入った。 それにしても地上の街の景色と、川沿いレベルの景色が全く違う景色なのでおもしろい。

夕食。 お決まりのメキシカンセット。 はずれなくおいしい!

2階席から見下ろしたところ。

ホテルの近くを散策。 この街は地上を歩くより、リバー沿いを歩くほうが近いし、見るものもあって楽しい。 ここはMiss Congenialityの舞台になった場所。

La Villitaっていうショッピング街兼古い住宅街。 朝いちだったので人が少なかった。

にゃんこ発見。このこ以外にも3匹くらいみた。 放し飼いの猫みるの、ひさしぶりー

さらばサンアントニオ! あんなかわいい街とは。またくるよ。

これは乗り換えのシカゴ空港での景色。 夕日がきれいなので載せてしまおう。

サンアントニオ郊外にあるミッションサンノゼです。

有名な「アラモの砦」

ライトアップされたアラモの砦

まずはVisitor Information Centerで地図を仕込み、リバーウォークからスタートです。そしてランチ後はお約束のリバークルーズ。一体何分おきにクルーズは出発するのだろうかと心配していたのですが、どうやら座席が埋まると出るというフレキシビリティなシステムらしく、希望者がドッと押し寄せると2分間隔くらいで出てしまいます。

タワー・オブ・アメリカは4Dシアターが営業していなかったので、通常料金の半額くらいで登りました。

そうこうしているうちに夕方の4時になり、車を出してミッション・トレイルの修道院詣でに出発。Mission Concepcionから始めて、Mission San Jose、Mission San Juan Capistrano、Mission San Francisco de la Espadaでタイムアップ。 画像はMission Concepcionで結婚式をやっているところ。

もう一度シティに戻り、ライトアップされたアラモとリバーウォークを堪能してホテルに戻りました。

観光地にありがちな馬車です。 シカゴにもニューヨークにもあります。 とは言え1度も乗ったことがないのです。 ベタだと十分承知しているので、反応が怖くてお友達もツレアイも口説けないのですが、密かに憧れています。

街の角々にはこのようなディレクションボードがありとても役立ちます。

お昼ともなればリバーウォーク沿いのレストランに人々がどっと繰り出してきます。(でも夜はもっとスゴイ!)

リバーセンターです。ここの地階にクルーズのチケットブースと乗り場があります。

ボートに乗っていると沿岸から手を振ってくれたりします。

タワー・オブ・アメリカのチケットブース

タワーから見たTorch of Friendship

La VillitaのArneson River Theatre。 手前の石段が客席で、向かいのフローリングが舞台です。

Mission San Joseです。 ここも結婚式を行っていました。

こちらはMission San Juan Capistrano ビジターパーキングが閉まってしまっていたので、道の広いところにパークして駆け足です。

最後がMission San Francisco de la Espada こちらはおミサの真っ最中で、マイクを通して修道院の外までお説教が聞こえていました。