スポンサードリンク

アルハンゲリスクってどんなところ?

アルハンゲリスク(Архангельскアルハーンゲリスク;Arkhangelsk)は、ロシア北西部の都市。白海に注ぐ北ドヴィナ川の河口近くに位置する。アルハンゲリスク州の州都。人口は343,000人(2004年)。
アルハンゲリスクとは「大天使の町」の意味。
この地域は古くからヴァイキングに知られており、12世紀にはノヴゴロド公国 ノヴゴロド人が北ドヴィナ川の入り江に大天使ミカエル修道院を建立した。1478年にはノヴゴロド公国を滅ぼしたモスクワ公国に編入された。当時、この地域の商業の中心地は現在のアルハンゲリスクより少し上流の町ホルモゴルイであった。
1555年、イヴァン4世(雷帝)がイギリス商人たちに特権を与えると、北ドヴィナ川河口に毎年船が送られるようになった。続いてオランダ商人たちも白海での活動を初め、1584年、イヴァン4世はここに町に建設した。はじめはノヴォ・ホルモゴルイ(新ホルモゴルイの意)と呼ばれたが、1613年に近在の修道院にちなみアルハンゲリスクと改められる。バルト海の通航が、ハンザ同盟とそれに代わるバルト帝国によって支配されていた時代、アルハンゲリスクは、冬期の5ヶ月間は凍結して使用できなくなるものの、ロシアの唯一の海港であった。

アルハンゲリスクの地図