スポンサードリンク

ボスニア・ヘルツェゴビナってどんな国?

ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパの国家、地域。首都はサラエボ。バルカン半島の北西に位置する共和国。クロアチア、セルビア、モンテネグロと国境を接する。ユーゴスラヴィアからの独立後、大多数のボシュニャク人、クロアチア人に対して少数派のセルビア人が分離独立を唱えてボスニア紛争を戦った。

ボスニア・ヘルツェゴビナの地図

ボスニア・ヘルツェゴビナの文化・風俗・注意点

 ボスニア人(ムスリム)、セルビア人、クロアチア人の主要3民族から構成される国家であるため、民族・宗教は非常に微妙な問題であり、できるだけ話題にしない方が賢明です。首都サラエボは特にムスリムの風俗・習慣が支配的ですが、アルコール飲料は禁止されておらず、女性の頭巾の着用なども特に必要ありません。

 自動車は、右側通行です。現地の運転者は、一般道路でも高速で運転しており、車間距離もあまり取りません。また、ウィンカーを出さずに急に車線変更するなどマナーが良くない運転手が多く見られます。道路事情も良くなく、車線数が少ない上に路上駐車が多く、さらに歩行者もいたるところで道路を横断するため、慎重に運転する必要があります。

 大都市の医療機関では、内科、婦人科、小児科、眼科、耳鼻科、精神科の診療があり、病院によっては、外科、救急診療もあります。また、歯科を含め開業医もあります。薬局には一般的な薬は各種揃っています。ただし、常用の医薬品、一般常備薬は携行することをおすすめします。

 水道水は、上水道の一部が紛争中に破壊されたこともあり、衛生上の問題が懸念されるので、飲用は避けた方が無難です。